貯金がないことが気になります

親しくなってからわかったことですが、「将来を見据えて不動産投資をしている。そのために貯金がない。」と告げられました。不動産投資で収入はあるそうですが、ほぼ全額がローンに消えるので余裕はないことも告げられました。
ローンの支払いは60歳で終わるらしいです。
正社員で働いていますし、お給料が少ないために工夫していて、人生に前向きでいいとは思うのですが、今は家賃をローンに回せているけど不動産の修繕費や維持費もこの先必要になってくるだろうし、結婚や万が一働けなくなった時を考えると不安です。
時代が変化し、雇用に頼るばかりでは生きていけないとはわかっているのですが、貯金がないことがどうしても気になってしまいます。
投資している方は貯金がないものでしょうか?

女性 31歳 アパレル・ショップ 4

友達にもシェアする

  • Pairsをフォロー
コメントする
  1. 女性 32歳 接客業 

    投資している人でも、ちゃんと貯金している人はいると思います。
    私だったら、莫大な遺産がない限り 貯金がなければ(老後負担があるなら) その男性とはさよならします。
    男性が60歳まで元気に生きて、ローンを払える保証ってないじゃないですか?
    ローン払う前に亡くなったら、誰がローンを払うんですか?

  2. 女性 28歳 金融 

    貯金がない人が不動産投資?借金まみれになりそうですね。投資って余剰金があるひとがするべきものでは?不動産投資って相当お金に余裕がないと厳しいかと。。生活費の足しにって考えはマイナスにしかならなさそう。。いい歳してその考えは怖すぎます。。

  3. 男性 40歳 製薬 

    何かあった時の備えとして、預貯金はある程度は有ったほうが安心だ、無ければ不安だというお話ですね。
    それは彼一人で生きている場合には、私も同感ですが、将来的に彼が誰かと一緒になり、その配偶者にも働いてもらえれば、解決する問題では?配偶者の収入や貯金をアテにしたらマズそうですか?
    もちろん、出産育児で女性が働けない時期もあるかとは思いますが、その辺りの、配偶者の役割に関するお話が一切出て来なかった点がやや不思議でした。あなたは専業主婦にでもなるおつもりですか?
    彼には、もしかしたら、あなたには言わないだけで実は預貯金があるのかもしれませんし、また、何かあれば、親のお金(将来的な遺産を含め)もアテに出来るのかもしれません。もちろん、あなたの心配されているような、備えの無い人生の可能性も有り得ます。
    彼に貯金の必要性を説き、理解を得るか、あなたの経済力でカバーするか、別の男性を選び直すかは、あなた次第。良い答えが見つかる事を祈っています。

  4. 女性 45歳 事務員 

    あの〜、住宅ローンを組まれてるという事ですよね、だったら銀行系住宅ローンは「団体信用生命保険」に加入しているはずで、これはローンを組んでいる契約者が死亡したり、高度障害者になったりした場合にローンの残債を肩代りしてくれる保険です。もし結婚後に契約者が先に亡くなられたら支払いはなくなり、物件は残された家族の手元に残ります。60歳で完済後は自分達が住まない物件は家賃収入が見込めます。老後に確実な収入が見込めるのは、年金がもらえるかもわからないこのご時世、安心できます。
    更にそれだけのローンが組めるといい事は年収が高い証拠です。
    わたしは今現在の貯蓄が無くても将来を見据えて運用されてるのは良いと思います。
    結婚資金がないのが嫌なんですか?それならそれで話合いで妥協点を見つければいいのでは?!