家事・育児は、まだまだ女性だけですか?

スーパーで、前後に1、2歳ぐらいの子どもを抱きつつ、更にベビーカーで2人の子どもを見ていると、毎回と大変だなぁと思いながら、その女性の隣にいた旦那らしき方は「子どもが泣いてるぞ。おむつじゃないか?替えて来いよ」とか「子どもが泣いてるよ。そろそろミルクの時間だろ?」を見かけると、やっぱり、男性って育児って余りしないんだなと思うと、結婚ってしない方がいいのか、でも、孤独死は怖いしなぁ…と思う自分がいるんですが、男性って、何だかんだと家事・育児は、女性に任したくなるモノなのでしょうか?女性の代わりに子どもを抱っこするとか、おむつやミルクを与えるってしない感じを見ると、とても残念に思います。

女性 33歳 その他 3

友達にもシェアする

  • Pairsをフォロー
コメントする
  1. 女性 50歳 会社員 

    デパート等の乳幼児用のエリアは女性のお手洗いエリアの中にあったり、母乳による育児だったりすると、どうしても男性では対応がむつかしいことはあります。
    後は育休で女性側が休んでいれば、どうしても女性側に育児作業は寄ることになるのでしょうね。
    「育児は女性の仕事」という認識は薄れつつありますが、ご両親や周りの育児の考えが後進的であったり、ご主人様が汚物の扱いに抵抗がある場合、まだまだ女性の仕事からは離れられない状況下ではあると思います。子育ては結婚における夫婦の重大ミッションの1つだとは思いますが、結婚にはそれ以外にも多くの経験や幸せをもたらすものと思いますので、主様の人生の優先事項に結婚生活があるなら、ぜひされたほうが良いと思います。
    孤独死は一人暮らしである以上どんな年齢でも可能性はあるので、気にしないでよろしいかと思いますよ。

  2. 男性 31歳 IT関連 

    「家事育児は女性がやるもの」というより、「普段やっている方が詳しいから、頼ってしまっている」って感じでしょうね
    世の中、育児パパも増えているみたいですが
    ・男性が誕生直後に育休とるのはやはり難しい場合が多く、最初に育児をやるのが女性になり、そのまま役割になる
    ・夫の育児のやり方が自分と異なり、産後ヒステリックで夫に当たってしまい、手を出さない方が良いと思われてしまう
    ・説明を受ける時などに「お母さんを連れてきてもらえますか?」と言われてしまう
    といった背景はあったりするようです
    幸い、パートナーと育児のやり方を共有し、経験させておけば、協力し合える男性も増えていると思います
    もし、それでも得心がいかないようであればご結婚を断念される事をオススメします
    男性を悪にしがちな思考の持ち主だとしたら、きっと育児以外でもうまくいかないので

  3. 男性 25歳 IT関連 

    その男性さ?
    超積極的に育児に参加しているよ。ちゃんと子どもが泣いてるからおむつかミルク与えろよって普通だよ。