結婚にメリットがあるかというより......

結婚する価値のある女がどれだけいるかって話だと思う。外国はどうか知らんけど少なくともこの国の女は男に損を強いる傾向にある。金も労力も時間も奪い、けれど大した見返りは与えない。自分にどれだけ金や労力をかけてくれるかで愛情を図るような生き物と一緒にいても、男は損をするばかりではなかろうか?しかもかけた愛情の分だけ相手が愛してくれるかといえば、50~60代で夫を愛している妻の割合はたったの14%。離婚率35%と合わせて考えれば、最後まで愛される夫はたったの9%しかいないのである。まさに愛情の一方的搾取。こんな女という生き物と結婚する価値はあるのだろうか?
男性 29歳 上場企業

このトピックにコメントをする

コメント: 500文字以内