可愛い女の子が生まれました!
Hさん 37歳 福岡 ♡ Mさん 32歳 福岡

「やっと会えた、生まれてきてくれてありがとう。」

Mさん

結婚までも早かったのですが、年齢的な事も考えて早めに子どもが出来たらと二人で話をしていました。

意気込んでた時にはなかなか授かりませんでした。
結婚して、地元を離れるために私が3月末に退職し、結婚式の準備のラストスパートに取り掛かる頃に妊娠が分かりました。

主人は周りの環境に子どもの存在がなかったせいか、私の甥っ子姪っ子たちの対応もぎこちなく、どうなるかと心配していました。

そんな主人も、検診の度に見るエコー写真や日増しに目立って来る私のお腹を身近に感じながら、胎動が分かるようになった頃には、お腹に触れて話しかけてみたり、育児の情報紙をたくさん読んだりしてくれました。自ら区の両親学級に参加してオムツ替えや服の着脱の勉強もしてくれました。

そして帝王切開での出産が決まり、
2014年秋、午後1時45分、2,438グラムの小さな体で無事元気な産声をあげ私たちの元へ産まれてきて来てくれました。

ご結婚写真 ご出産写真

私が手術室に入り、助産師さんに声をかけてもらうまで、主人と母は病室にて待機し、産まれて来る少し前に手術室の前で待っていてくれました。

取り出された瞬間元気な産声をあげ、まず私の横に連れてきてくださいました。顔を初めて見た時には、

「やっと会えた、産まれてきてくれてありがとう。」

と娘に声をかけました。
主人は娘の元気で綺麗な産声を聞き、感動のあまり涙が出て身震いしたそうです。

術後、私の容態が低体温症になったり高熱が出たりしたこともあり、そばに付き添ってくれていた主人も気が気じゃなかったみたいです。
そんな中、産後の私を気遣い、お手紙と出産祝いにと可愛いプリザーブドフラワーをプレゼントしてくれました。

今では本当に良き父親になってくれています。
甥っ子姪っ子の相手もかなり慣れてくれ、今では私の実家に行くと、彼らからはご指名がかかるほどです。
産まれたその日から娘の育児にも協力的ですごく助かっています。
基本的に男の人はオムツ替えとかミルクをあまりされない方が多いと思うのですが、主人は積極的にしてくれます。

娘の出産までお腹に抱えて何をするにも一緒だったから、どこか寂しくも思ったりもしました。
ホンのちょっとですけど。

お陰さまで、あと数日で娘も4ヶ月になります。

Hさま、Mさま、この度は誠におめでとうございます!
また、心のこもったレポートとお子様のお写真をありがとうございました。お二人の尊くかわいい命に触れ、チーム一同大変感激しております。
この世界にHさま、Mさまのような素敵なご家族やカップル様がますます増えるよう、pairsチーム一同引き続き努めてまいります。
Hさま、Mさま、そしてお子様の、今後の人生が沢山の笑顔と幸せで溢れるよう心から祈っております。
末永く、お幸せに。

pairsチーム一同