2,131 view 恋活

自宅でシミ対策〜効果的なスキンケア方法まとめ〜

  • Pairsをフォロー

美容 イメージ見た目年齢を左右してしまう「シミ」。
歳を重ねるごとにいつの間にか増えてしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに、シミの原因と自宅でできるさまざまな対策をご紹介します。
適切なスキンケアで数年後のシミの数が違ってきます。是非参考にしてくださいね!

シミの原因を知ろう

シミの最大の原因は紫外線です。
といっても、紫外線を浴びたからといってすぐシミができるわけではありません。そして若い頃はいくら紫外線を浴びてもシミはできませんでしたよね。
ではなぜ加齢と共に増えるのでしょうか。
それは、紫外線を浴びてできたメラニン色素が、ターンオーバーと共にうまく排出されなくなったから。肌は新陳代謝の働き(ターンオーバー)で28日程度かけて新しい肌に生まれ変わります。
しかし、肌の乾燥や炎症、外的刺激などでそのサイクルが乱れます。若い頃は肌の再生能力が高かったため、ターンオーバーが乱れてもすぐに元に戻りシミはできませんでした。
しかし、加齢によって再生能力の衰えた肌は、ターンオーバーが乱れるとなかなか元に戻ることができません。そして、メラニン色素が肌から排出されずシミとなってしまうのです。
シミの原因と対策はこちらの記事もおすすめです。

「シミ」、「くすみ」、「くま」の原因と、効果的なスキンケア方法は?

「シミ」、「くすみ」、「くま」は「加齢」や「新陳代謝の低下」など体質的な要因や、「紫外線を浴びる」「正しいスキンケアを実行していない」などの生活習慣問題も関係してきます。また、ホルモンの乱れやストレス...
http://s.pairs.lv/1LPdHdL

 

シミ対策、自宅でできることは?

シミを予防したい、シミを消したい…でもどうやって?そうお思いではないでしょうか。
確かにできてしまったシミを消すことは難しく、美容皮膚科などのレーザー治療が確実です。
しかし、シミを薄くする、シミを予防することは、ホームケアでもある程度可能です。どのような方法があるのか見ていきましょう。

できる前に…シミ予防

シミの予防には、紫外線対策はもちろんですが、美白化粧品を使うことも重要です。
日焼け止めを塗ったり、衣類で紫外線を遮断したりすることにより、シミの最大の原因である紫外線から肌を守りましょう。
そして、美白化粧品。メラニン色素の生成を抑えたり、ターンオーバーを整えたりすることができます。

できてしまったシミを薄くしたい

できてしまったシミ…確かにホームケアでは対処できない種類のものもあります。
しかし、できはじめのシミやそばかすなどであれば、美白化粧品で薄くできる可能性があります。メラニン色素を減らしたり、肌から排出させたりする効果のあるものを使いましょう。
ホームケアは非常に重要です。いくらレーザーなどで除去しても、ホームケアを軽んじていれば新たなシミが早く、そして多く出てきてしまいます。
ホームケアの詳しい方法は、こちらも必読です。

シミ・そばかすをホームケアだけで消したいと考えるあなたに

年齢を重ねるごとに肌に蓄積されていくシミ・そばかすを消したい!短期間で消すならレーザー治療が確実ですが、その前に自宅でできるスキンケアはあるのでしょうか?シミ・そばかすは化粧品だけではなかなか消えませ...
http://s.pairs.lv/1HcoBa7

 

シミを化粧品で予防・薄くするには?

シミを薄くする・予防するには、美白化粧品でのホームケアも効果的、ではどのような化粧品を選べばよいのでしょうか?

「シミ予防」の化粧品の選び方

シミの原因は紫外線、そして紫外線を浴びると生成されるメラニン色素がシミの正体です。
そのため、紫外線から肌を守る日焼け止めは必須といえます。UVカット力が高いものは肌への刺激も強いため、日常生活を送るうえではSPF30程度のものでよいでしょう。
逆にアウトドアスポーツなど紫外線を多く浴びるシーンではSPF50程度のUVカット力の高いものがおすすめです。
また、美白化粧品も重要です。シミ予防の美白化粧品には、アルブチン、ルシノール、エラグ酸などメラニン色素の生成を抑える成分がはいっています。その中でもビタミンC誘導体はおすすめ。メラニンの生成を抑えるだけではなく、活性酸素を除去し、シミを薄くする効果があります。
つまり、シミを薄くする・予防するどちらの効果もあるのです。

「できてしまったシミ」に効く化粧品は?

シミにもさまざまな種類があり、レーザーや内服薬でしか消すことのできないものもあります。
その一方で、美白化粧品で薄くすることができるものもあります。その代表格が、ハイドロキノンとビタミンC誘導体。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほどシミに効果があります。
シミ予防の効果も高く、メラニン色素の生成を抑えるだけではなく、メラニンを生成する組織の働きを弱めます。そして、できてしまったシミをも薄くし、状態によっては消すこともできるのです。
しかし、肌への刺激も弱くはないため、敏感肌の方の使用は配合量など注意が必要です。ビタミンC誘導体も、ハイドロキノン同様シミを薄くする・予防する効果があります。
ハイドロキノンと比べ、シミを薄くする効果は低いものの、抗酸化作用が高く、ターンオーバーを整える効果もあります。

美白化粧品を選ぶときは、保湿成分にも注目しましょう。
ターンオーバーを整えることも、大切なシミ対策です。また、冒頭でも触れましたが、シミのあるなしは見た目年齢をも左右します。シミを隠すため、メイクにもひと工夫を。
小さなシミはコンシーラー、大きなシミはBBクリームなどカバー力の高いファンデーションで隠しましょう。
こちらの記事では、シミの種類とその種類に合わせた化粧品でのシミ対策をご紹介しています。是非ご一読ください。

シミができやすい人の化粧品選びー何に気をつければいいの?ー

紫外線を浴びれば浴びるほど、シミはできてしまいます。しかし「できやすさ」には個人差が。自分の体質を知って、シミ対策の化粧品でシミができるのを上手に回避しましょう。「シミができやすい人」は早めに美白化粧...
http://s.pairs.lv/1Cj91dN

 

いかがでしたか?シミを薄くする・予防するには、食生活の見直しも重要です。
ターンオーバーを整える栄養素、ビタミンA・C・B群、亜鉛などを意識して摂るようにしましょう。
また、シミ予防に限ったことではありませんが、なるべく不摂生をせず規則正しい生活を心がけ、体調を整えましょう。
生活の乱れはターンオーバーを乱します。そして、セルフケアでできることは限られています。シミがどうやっても消えず気になっているのであれば、美容皮膚科で相談してみるのもよいでしょう。

記事提供元:美肌総合研究所

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー