2,514 view 恋活

夏に起こる肌トラブルの原因と対策まとめ

  • Pairsをフォロー

ムシムシ暑く、汗もダラダラ、食欲も落ちる…そんな夏特有の肌トラブル3つの原因とその対策をまとめました。

トラブル1:夏限定ギトギト脂性肌

冬は乾燥肌なのに、夏は脂性肌、という方も多いのではないでしょうか?
実はこの夏限定の脂性肌、厳密には脂性肌ではないかもしれません。というのも、乾燥肌が原因で皮脂が過剰分泌される隠れ乾燥肌「インナードライ肌」であることが多いのです。

皮脂の過剰分泌…その原因

皮脂は多いものの肌は乾燥している隠れ乾燥肌「インナードライ肌」。冬はただの乾燥肌、もしくはここまで皮脂分泌が多くなかったのに、なぜ夏になると皮脂分泌が多くなるのでしょうか?理由は大きく3つ。
1つ目は、汗が分泌されると皮脂分泌も増えること。汗の水分と皮脂の油分でできた天然のクリーム、皮脂膜のバランスを保つために起こります。
2つ目は、油である皮脂が、気温が低いときより高いときの方が肌表面に出やすくなること。チューブ入りのラードを同じ力で押しても、気温によっての出やすさが違う、といえばイメージがつきやすいでしょうか。
3つめは、冷房による乾燥でインナードライ肌が悪化すること。夏に皮脂の過剰分泌が起こるのは、このような原因があったのです。

皮脂分泌の抑制と乾燥肌対策

夏の皮脂の過剰分泌は、皮脂分泌の抑制と乾燥肌の改善がポイントとなります。
まず、皮脂の過剰分泌を防ぐため、こまめに汗をふき取りましょう。原因の1つ目でもご紹介したとおり、汗の分泌により皮脂が増えるのを防ぐためです。皮脂コントロール機能のある化粧水も皮脂分泌の抑制となるためおすすめです。
乾燥肌対策としては、こまめに保湿するようにしましょう。特にエアコンの効いた屋内は肌も乾燥しがち。化粧の上からミスト化粧水をふりかけ、ティッシュで余分な水分と皮脂をオフするテクニックは、保湿しつつ適度に皮脂が取れるためおすすめです。

夏限定脂性肌の原因と対策の詳しい内容はこちらをご一読ください。

夏の脂性肌対策~皮脂の過剰分泌を防ぐとっておきの方法~

夏は脂性肌、冬は乾燥肌…という方も多いのではないでしょうか?毛穴の詰まりやニキビだけでなく、シミなどの肌トラブルの原因にもなる皮脂の過剰分 泌。実は冷房による乾燥でも引き起こされるのはご存知ですか?一...
http://s.pairs.lv/1SfvcZE

 

トラブル2:頬と顎の肌荒れは身体からのSOS?!

頬と顎、Uゾーンの肌荒れは目立つうえなかなか治らず悩ましいですよね。
夏にできやすい、という方は生活習慣に問題があるのかもしれません。原因と対策、ご一読を!

頬と顎の肌荒れ、それぞれの原因

■頬の肌荒れ…内臓からのSOS

内臓の不調は、頬の肌荒れとして現れることがあります。
脂質や糖質の摂りすぎなど食生活の乱れや、ストレス、便秘、肝機能などのトラブルなどが原因です。夏の暑さに食欲が落ちていませんか?食べやすいからと、そうめんや蕎麦ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。また、ビールの美味しい季節ですが、アルコールの摂りすぎもNGです。

■顎の肌荒れ…ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、頬の肌荒れとして現れることがあります。
睡眠不足やストレス、食生活の乱れはホルモンバランスを乱します。夏は暑く寝苦しいため、知らず知らずのうちに睡眠不足に陥りがちです。また、女性の場合は生理前に黄体ホルモンが増えることにより、肌荒れしやすくなります。

Uゾーンの肌荒れ対策

頬の肌荒れは、内臓の調子を整えることで改善します。
食生活の見直しをしましょう。また、保湿も重要です。夏はべたつくから…と保湿を怠っていてはいけません。顎の肌荒れは、しっかり睡眠を取ることと、ストレスをためない生活を心がけることで改善します。冷房をつける、扇風機をかける、水枕を使う…などなど、暑い中でも快適に寝られるよう睡眠環境を整えましょう。
また、顎は洗い残しやすい部分ですので、洗顔にも気を付けてくださいね。

頬と顎の肌荒れ、それぞれの原因と対策の詳細はこちらの記事を参考にしてください。

頬の肌荒れとあごの肌荒れ、その原因の違いとははいったい何?

頬やあごの肌荒れには色々な原因が考えられますが、頬の場合は胃腸など内臓系のトラブル、あごの肌荒れはホルモンバランスの乱れが主な原因だと言われています。食生活の改善やスキンケアで肌荒れ対策をしましょう。...
http://s.pairs.lv/1DaxhPA

 

トラブル3:顔がムズムズかゆい!

夏になると顔がムズムズかゆい!そんな経験ありませんか?
化粧をしていると掻くわけにもいきませんし、何より不快ですよね。その原因と対策を見てみましょう。

なぜ夏に多い?顔がかゆい原因

汗がダラダラ、皮脂でテカテカ…そんな夏の肌で何が起こっているのでしょう?
顔がむずがゆくなる原因は大きく3つ挙げられます。
1つ目は、汗や皮脂、化粧品が混じったものをエサに雑菌が増えること。
2つ目に、皮脂が酸化することにより弱酸性の肌が酸性寄りに傾いてしまうこと。
3つ目は洗いすぎ。皮脂や汗が気になるからと洗いすぎることにより、肌のバリア機能が低下します。
かゆみは一種のアレルギー反応です。雑菌、肌のphバランスの崩れ、バリア機能の低下、などなど…肌への刺激がかゆみを引き起こしているのです。

顔のかゆみ対策

先ほど原因でも触れたとおり、夏の顔のかゆみは汗と皮脂が原因の多くを占めています。
汗はこまめに拭きましょう。
また、化粧品・日焼け止めの見直しも有効です。夏だけニキビケアの化粧品に変えたり、かゆみが酷い場合は敏感肌用に変えたりするなど工夫してみましょう。
また、クレンジングが強すぎる、逆に弱すぎて落とし切れていないこともかゆみにつながります。
自分に合う製品を探してみましょう。それでもかゆみが酷い、炎症を起こしている場合は皮膚科を受診してください。

顔のむずがゆさの原因と対策を詳しく知りたい!という方は、こちらをご一読ください。

顔がかゆい!夏になると起こる顔のムズムズ、原因と対策とは

顔がかゆい!汗をかく夏になると起こる現象。メイクしているのでボリボリ掻くこともできずかなり不愉快ですよね。原因はいったいなんなのでしょうか?対策はできるのでしょうか?汗をかくと顔がかゆくなる、その原因...
http://s.pairs.lv/1Daxket

 

いかがでしたか?夏は体調と共に肌調子も崩しがち。長い夏を涼しい顔で乗り切るために、生活リズムを整え、正しいスキンケアを行うようにしましょう。

記事提供元:美肌総合研究所

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー