12,861 view デート

ドライブデートで男性に好まれる服装は?カジュアルvsクール

  • Pairsをフォロー

imasia_8384454_S-600x399

女性なら誰もが憧れるドライブデート。

一緒に綺麗な海を見に行ったり、ちょっと遠出して綺麗な夜景を観に行ったり……。

何よりも特別なのは彼とふたりっきりでいつもより距離が近いこと。

せっかくのドライブデート、どうせなら彼に好まれる服装で行きたい……!

あなたならどんな服を選びますか?

動きやすいカジュアルな服装?それともドキッとさせるようなクールな服装?

Pairs(ペアーズ)では、男性会員1,696名にドライブデートで女性にどちらの服装を着てほしいかアンケート調査を実施しました。

「カジュアルな服装」を好む男性が7割強!

drive_date_clothes

調査の結果、ドライブデートのときは「クールな服装」より「カジュアルな服装」の方が男性から好まれることが分かりました。

なぜここまで差があるのでしょうか。

男性にその理由を聞いてみました!

カジュアルな服装が好まれる理由とは

カジュアルな服装が好まれるのには大きく「3つの理由」がありました。

カジュアルな服装が好まれる理由① 行けるところが増える

ドライブがてらどこかにふらっと立ち寄れるから(30代前半 / 男性)
ドライブだけでなく、軽く歩く事もあるかもしれないので、楽な服装の方が良い(30代後半 / 男性)
行き先によるけど、動きやすい方が選択肢が増えるから(40代前半 / 男性)
動きやすいから色んな所に連れて行きやすい(30代前半 / 男性)

ドライブデートとなると、彼もあなたを普段行かないような素敵な場所へ連れて行きたいはず。

せっかくのドライブデートなのに、気合を入れすぎて動きにくそうな服装を選んでしまうと、連れて行ける場所が限られてしまいます……。

カジュアルな服装を選ぶことで、彼もデート先の選択肢が増え、デートプランを立てやすくなります!

カジュアルな服装が好まれる理由② お互いリラックスできる

キレイな服装だとデートのクオリティを上げなきゃって思っちゃう(20代前半 / 男性)
ドライブなのでリラックスして欲しい。自分もリラックスしたい(50代前半 / 男性)
気合いが入り過ぎているとこっちも緊張するから(20代後半 / 男性)

気合を入れすぎた服装は、知らずに彼にプレッシャーを与えてるかも……?

プレッシャーから彼もいつも通りに振る舞えず、知らずしらずのうちに疲れさせてしまっている可能性も……。

お互いがリラックスして楽しむためには、気軽でカジュアルな服装がおすすめです。

カジュアルな服装が好まれる理由③ がんばりすぎていないくらいが好印象

がんばってないくらいが、ちょうどいいです!(30代前半 / 男性)
気楽に構えて飾らないところがいい(20代前半 / 男性)
ドライブデートに気軽な服装で来ると好印象を持てる(30代後半 / 男性)

男性はカジュアルな服装の方が好感を持てるようです。

憧れのドライブデートだからこそ、いつも以上に服装はこだわりたいところ。

しかし「がんばってないくらいが、ちょうどいい」という声もあるように、攻めすぎないところに好印象を持たれるようです。

ではクールな服装が好まれない理由は?

ここまで、カジュアルな服装を好む理由を見てきました。

一方で、クールな服装を好む男性が少ないのにも理由があるようです。

クールだと、決めてきたオーラが満載だから(30代前半 / 男性)
クールな服装は気を張っていると思ってしまう(40代前半 / 男性)

女性としては、ドライブデートだからこそ気合を入れたいところですが、男性の本音としては頑張りすぎず自然体のあなたで来てほしいようです。

ドライブデートで男性に好まれるためのアドバイス

bsYUKA863_ok15185909

ドライブデートとなると気合を入れたくなりますが、一番大切なのはお相手の男性もあなたも楽しめるかどうか。

もしもカジュアルな服装かクールな服装か悩んだ場合は、カジュアルな服装で挑むの賢明です。

それでも悩むときは、お相手の男性に「明日はヒールを履いていかない方がいいかな?」「動きやすい服装の方がいいかな?」と聞いてみましょう!

きっと「気をつかってくれるいい子だな」とデート前から好感を持ってもらえるはず♡

コンテンツ協力

iQON

新着人気のファッションアイテム、おしゃれなコーディネート、人気のトレンド記事を無料で毎日更新!気になるアイテムはファッション通販サイトから買えちゃう、おしゃれになりたい女性のためのファッションサイト。
https://www.iqon.jp/

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー