1,696 view 恋活

【女性のワガママ】これって許せる? 許せない?

  • Pairsをフォロー

女性の面倒なワガママ

好きだからこそ欲張りになったり、ワガママになったり。困らせたいわけではないけれど、ついつい甘えてしまうことありますよね。

好きな彼女のワガママは、なるべく叶えてあげたいと思うのが男心。だけど、度を超えたワガママが重なると、男性だって疲れてしまいます。

今回は、男性が許せるワガママ、そして許せないワガママを紹介します。

①「あれ買って」

彼女が喜んでくれるなら、何だってプレゼントしたい。そう思う男性も多いでしょう。ですが、だからと言って買ってもらうことを当たり前に思ってしまっては、男性だって良い気持ちではないはず。

買ってもらって当然、お金を払ってもらって当然、とは決して思わないこと。たまにのおねだりを叶えてもらった時には、必ず「ありがとう」と感謝を伝えましょう。

②「会いに来て」

大好きな人には、いつだって会いたいもの。とはいえ、相手の気持ちを構うことなく「会いたい」「会いに来て」と言われたら、何となく義務のように感じてしまうでしょう。

大切なのは“会うのを我慢する”ことではありません。会いたければ、たまには自分が会いに行けば良いんです。

「会いたいから会いに来て」はワガママになり得ますが、「会いたいから会いに行く」は彼女の特権。相手に求めてばかりではなく、時には自ら行動してみてくださいね。

③「キスして」

二人きりのときであれば許せる可愛いワガママも、人前や街中ではしたくないという男性も多いです。彼の気持ちを試したくて何気なく言ったことでも、嫌な気持ちにさせてしまっては意味がありませんよね。

基本的に、大好きな彼女に甘えられるのは嬉しいもの。とはいえ、TPOをわきまえるのは大切なことです。いつでもどこでもベタベタしたい気持ちは、二人きりになるまでとっておきましょうね。

④「他の女の子と仲良くしないで」

一見「嫉妬してるのかな?可愛いな」と思われるかもしれない発言ですが、過度な束縛は相手にとって重荷でしかありません。

特に「●●しないで!」と命令口調で言われたら、どうしたって嫌な気持ちになってしまいます。

例えば、彼の女友達の話題になったとき。明らかに不機嫌になったり怒ったりするのではなく、「●●くんとそんなに仲良しなんて羨ましいな」と可愛くヤキモチを伝えましょう。

嫌な気持ちになるどころか、彼の気持ちをキュンとさせてしまうはずですよ!

自分がされて嫌なワガママはしない!

もしも同じことを言われたら、どれだけ大好きな男性であっても嫌な気持ちになりませんか?当たり前ですが、されて嫌なことを相手に求めるのはNGです。

彼の負担にならないよう、可愛くワガママを伝える。それが上手にできたとき、ワガママはあなたの魅力を引き出す武器にもなります。上手に甘えて、彼との距離を今以上に縮めてくださいね!

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2013/03/17/200000.html

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー