5,097 view カップル

感情に振り回されたくない! 恋人に嫉妬しない方法・10選

  • Pairsをフォロー

恋人に嫉妬しにあ方法
嫉妬は劣等感や敗北感、または羨望の気持ちから沸き上がってくる感情です。

嫌だと思いながら、その感情に振り回される人は多いですね。それを防ぐために嫉妬とどう向き合えばいいのかをご紹介します。

① 選ばれた存在だと思い出す

大好きな恋人が、好きになって一緒にいたいと望んだのは他でもないあなたなのだということを思い出して。

あなたが好きな人を傷つけないのと同じように、あなたの恋人もわざとあなたを傷つけることはしません。二人の愛情を信じて、嫉妬は必要ないのだと自分に言い聞かせましょう。

② 良いことだけを妄想する

人は誰しも妄想が大好き。細かい部分まで妄想できるとそれは叶うという考え方があります。

だったら、あなたの理想や願いが叶った姿を細部に至るまで妄想して、現実にしてしまいましょう。

③ 恋愛以外にも目を向ける

特に恋愛初期は、他のことが考えられなくなりがちです。恋愛に依存し過ぎず、自分の時間を満喫しましょう。

自分の幸せを自分で作ることのできる人こそ、恋愛で成功を収めることができるのです。

④ 友人とたくさん話す

ふと思いついた小さな疑問を自分の中に留めておくといつの間にか手に負えない大きさに育ってしまうのは珍しくありません。

自分たちの関係を客観視して、大切なことを見間違わないためにも友達に話していつも心をすっきりさせておきましょう。

⑤ ストレートな愛情表現

嫉妬は、不安な気持ちから生み出されるもの。不安の源である本人に向かって愛情も不安もストレートに表現すればいいのです。

あなたの愛情がしっかり伝わったと感じれば、不思議と嫉妬心は消えていきます。

⑥ 愛の本当の意味を考える

実は嫉妬とは、思い通りにいかないことに対するあなたのわがままな感情から生まれます。

愛とはもらう物ではなく、惜しみなく与えてこそ満たされるのです。お相手にどれだけ愛をもらってもあなたが与えることをしなければ、決して満たされることはなく、嫉妬心も消えることはありません。

⑦ 嫌がられない程度の嫉妬ならOK

あなたの嫉妬は、恋人を好きな気持ちが強いからこそ起こるもの。それはお相手も分かっているはずです。

嫌気がさすようなわがままな束縛は二人の関係を壊しますが、相手が嬉しくなる程度の嫉妬の仕方ならむしろ愛情を確かめ合うことができます。

⑧ 嫉妬も恋の一部

どれだけ順調な恋愛をしていても、少なからず嫉妬心は沸いてくるもの。

誰かを好きになった以上、嫉妬は仕方ない感情といえます。大げさに考えずに、そんな感情も含めて恋愛を楽しんでみてはいかがですか?

⑨ 恋人を信じる

どれだけ愛し合っていても、恋人はあなたとは別の人格を持つ他人です。すべてを管理し把握することはできません。

信じる気持ちほど二人の絆を強くするものはありません。一日の行動を詮索するよりも、恋愛も仕事も友情も楽しんでいる恋人を誇りとしましょう。

⑩ 他人と比較しない

あなたと恋人の関係は、二人だけのもの。他と比べても何もいいことはありません。

必要のない嫉妬心や疑念を煽られるだけです。他人に振り回されることなく、二人のオリジナルな恋愛を充実させましょう。

ふと生まれてしまう嫉妬心

例え非の打ち所のない恋愛をしていたとしても、嫉妬心はわずかな隙間に生まれます。そういうものなのです。

嫉妬心に振り回されて恋人との関係をダメにするか、程よいスパイスにして関係を深めるかは、あなたの対応次第です。嫉妬やマイナスな感情ばかりに捕らわれず、恋愛を楽しんでくださいね。

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2015/01/07/050000.html

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー