6,583 view カップル

恋人の束縛への対処法・10選

  • Pairsをフォロー

恋人の束縛への対処法
大好きな人とは一緒にいたいもの。

その人のすべてを愛しているんだから、他の誰にも触れて欲しくない。こう思うのは当然のことですが、それは¥がいつの間にか束縛へと変わってしまうことがあります。

相手が束縛しないために、またはすでに束縛されてしまっている人はぜひ参考にしてみてください。

① 安心させる

束縛は不安から来ています。自分の目の行き届かないところで何かあったら困ると思い、すべてを管理したくなっています。

まずは大丈夫だとうことを伝え、安心してもらいましょう。

② 異性と遊ばない

最も多い束縛の原因は「浮気防止」です。器が小さいようにも思いますが、そう思ってしまうのであれば仕方ありません。

それでも付き合っていくのであれば、異性と遊ぶのは止めましょう。

③ お互いに1人の時間を作る

常に一緒にいることも愛情ですが、信じて1人にしてあげることも愛情です。ただ、頭で分かっているつもりでも不安が押し寄せてきています。

まずは小さなことから始めましょう。お互いに1人になる時間を作り、それを少しずつ広げていきましょう。

④ 束縛し返す

どれだけ嫌な思いをするかを思い知らせてあげましょう。あなたがされている以上の束縛をし返しましょう。

相手が嫌がるまで徹底的に束縛しましょう。

⑤ 正直に伝える

あなたが現在辛く苦しんでいることを伝えましょう。ただ「束縛が辛い」とストレートに言ってしまうと逆上するかもしれません。

「あなたの愛情は嬉しいけど、ちょっと窮屈で辛い」こんな風に少しオブラートに包みましょう。

⑥ ルールを作る

自分の行動、お互いの行動に関してルールを作りましょう。

ルールを守っているうちはお互い手出しをしないようにしましょう。

⑦ 共通の趣味を持つ

常に一緒にいて監視されていると思えば苦しくなります。だからこそ、一緒に楽しめる趣味のようなものを見つけましょう。

そうすれば一緒に過ごしながら、あなた自信も楽しむことができます。

⑧ マメに連絡を取る

束縛するようなタイプは「本当はもっと連絡をとりたいけど我慢している」と考えています。何も言われる前から、連絡を取ってみてください。

相手に与える安心感や満足感は相当なものです。

⑨ 証人を作る

束縛タイプは例え同性の友人と遊びに行くと言っても許してくれません。しかしプライドはあるので、第3者の前では理解者であるフリをします。

どうしてもやりたい場合は友人を連れて来て、その場でお願いしてみましょう。きっと理解者のフリをして「ああ、いいよ」となるはずです。

⑩ 別れる

束縛は心の虐待とも言われます。

もしあなたが苦しんでいて、相手がどうしても改善してくれない場合は「別れる」というのも選択肢の 1つです。

まとめ

恋人の束縛の根底にあるのは、あなたへの愛情です。ただ、あなたを信用していないのではなき、あなたの周りをまったく信用していないのです。

まずは安心させてあげること、これが一番です。

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2013/07/21/200000.html

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー