カップルライフ

「人生最後に食べたいものは?」答えが一致した2人の餃子デートと結婚生活

2019年9月5日 28歳男性・29歳女性 東京
ペアーズでご結婚されたKazuyaさんとSakiさん
お二人のプロフィール
Kazuyaさん
生年月日:1990年11月25日生まれ
出身:東京都
職業:会社員
趣味:サッカー観戦、旅行、ドライブ
Sakiさん
生年月日:1990年6月9日生まれ
出身:東京都
職業:会社員
趣味:買い物

まずPairsを使い始めたきっかけを教えてください。

Kazuya:僕は2016年の秋くらいにPairsを使い始めました。キッカケは当時付き合っていた彼女と別れたことです。

バス会社に勤めていますが、なかなか会社では出会いがないんですよね。そんな僕を見かねて友達が教えてくれたのがPairsで、「じゃあやってみるか」と試しに始めてみました。

Saki:私も2016年の冬くらいに使い始めたと思います。当時仕事が忙しくて、しかも大学時代から付き合った彼氏と別れて、気づいたら26歳になっていました。

周りでも結婚する人が出てきて、「仕事もいいけど、26歳の今年は恋愛を頑張る年にしよう」と決めたのがキッカケですね。ちょうど私の友達がPairsを使っていたのと、会員数が多いと聞いていたのでPairsを選びました。

実際に会ってみようと思ったきっかけは何でしたか?

Kazuya:2人とも東京出身なんですが、東京の中でも出身エリアが近いことがわかって、僕はそこで親近感がわきました。あとは…何かある?

Saki:うーん、私は出身もそうなんですけど、メッセージのテンポが合うなーと感じてたのが大きいですね。人によっては質問ばっかりしてくる人もいるんですが、それは私はちょっと苦手で…笑

マッチングしてからすぐに会ったわけじゃなく、メッセージを重ねてから会ったんですが、その間もやり取りは全然苦じゃなかったですね。自然に感じました。

会ってみた時の印象はどうでしたか?

Kazuya:第一印象ですけど、写真よりも可愛い人が来た!と思いました。

Saki:私は、写真のほうがカッコいいなと思いました…笑 あ、でもそれが悪い印象になったとかじゃないんですけどね!

Kazuya:ホントかよー笑 あと好きな食べ物の話題になったときに、「じゃあ、人生最後に食べたいものは何?」って話になったんですね。

そしたらお互いに「餃子」を答えて、この人とは気が合いそう!って思ったのをよく覚えています。

Saki:その日は初めてだったので、カフェでお茶をして終わりの予定だったんですが、餃子の話をしていたら、2人とも餃子を食べたくなってきちゃって笑 そのまま晩ご飯も一緒に食べに行きました。

そこで餃子だけじゃなく、実はお酒好きという共通点もわかって、私もこの人とは気が合いそうだなーと感じました。

Kazuya:3回目のデートで付き合うことになったのですが、正直デートらしいデートはしていないですね。毎回、お互いに好きなご飯とお酒を楽しんでいるうちに、自然と距離が近づいていった感じです。

最初のデートについて話してくれるKazuyaさん

Pairsで出会ったことを周りには言ったりしましたか?

Saki:言いました!母と弟妹は知っているのですが、父はそもそもPairsが何かよくわかっていなそうです笑

おふたりの普段について教えてください。おふたりの中で生活のルールはありますか?

Kazuya:明確なルールはないんですが、共働きなので、先に帰ったほうがご飯を作るようにしてます。

Saki:あとは面倒くさいなって思ったことは、都度じゃんけんで決めてますね。お金まわりも基本的にはかかる費用は折半で、共通の口座を作ってそこに2人で貯金していくスタイルにしてます。

ケンカはしたりするんですか?

Kazuya:うーん、ほとんどしないですね。

Saki:ケンカじゃないんですが、一度注意されたことがありますね。私ハードワーカーなところがあって、毎日じゃないんですけど朝6時に家を出て23時に帰宅する、みたいな生活をしていた頃があったんです。

一人暮らしの頃はそれを注意されることなんてなかったんですけど、一緒に住み始めて「その働き方おかしいよ」と彼に指摘されて。頭のどこかでしんどいなーと思ってはいたので、改善するキッカケになりましたね。

当時の働き方を振り返るSakiさん

休日は何をして過ごされているんですか?

Kazuya:朝は一緒にランニングをしています。午後は別行動にしていて、僕はサッカーを観に行ったり、本を読んだりしていますね。

Saki:フラっと買い物に出かけることも多いんですが、家にいるときは彼の観ているサッカーをながらで一緒に観てます。

Kazuya:サッカーは仙台のチームを昔から応援していて、旅行を兼ねて、彼女と一緒に応援しに行ったりすることもありますね!

お互いのどういうところが好きだったり尊敬をしていますか?

Kazuya:さっきハードワーカーって単語も出ましたが、タフなところを尊敬しています。僕は一人暮らしをしたことがなかったんですが、しっかり働きながら、家に帰ったら家事もこなしているので、すごいなと思いますね。

Saki:学生時代はスポーツをやっていたので、基本的な体力はある方だと思います。あとお客様や他部署の方など、関わる方に迷惑をかけないようにと、準備に時間をかけたりするのがハードワークになってしまう一因ですね笑

ちなみに私はけっこうイライラする性格なので、彼のいつも穏やかで怒らない部分を尊敬しています。日々忙しいんですが、家に帰ると穏やかな人がいるので心が落ち着きます。

パートナーの尊敬する部分を教えてくれるSakiさん

これからやってみたいこと、楽しみなことはありますか?

Kazuya:フラメンコをやってみたいんですよ。新婚旅行でスペインに行ったんですが、そこで観たフラメンコがかっこよくて、自分でもやってみたい!と。

Saki:私は本を読む習慣をもっとつけたいなと思ってます。彼はよく読書をしてるんですけど、私は全然読まないので、彼を見習ってそろそろ…笑

あとはやっぱり子どもですね!今は忙しいのですが、落ち着いたら考えていきたいなと思っています。

最後に、これからPairsを使う人にアドバイスがあれば教えてください。

Saki:周りを見ると、Pairsを使っていて途中で投げ出して放置しちゃってる子もいるんですが、もうちょっと頑張ってみたらいいのになと思います。

あと最初、自分の顔写真をアップするのに抵抗があったんですが、私がどんな人かわからないと相手も不安かなと思ったので、そこは割り切りました。ちゃんと様子がわかるほうが、きっとお互いにミスマッチングも少なくなるんじゃないかと思います。

Kazuya:面倒くさがらず、根気よく続けることですね。最初もし上手くいかなくても、そこで「もういいや」にならないで、プロフィールを変えたり、メッセージ付きいいねを使ったり工夫してみると良いかなと。

そういう繰り返しを続けているうちに、自分にとって良い人に巡り会える可能性が高まっていく気がします。

インタビュー:Tamaki Tetsumoto
撮影・文:Shu Kayashima

取材に協力いただいたKazuyaさんSakiさんご夫妻
関連するキーワード
20代 共働き 東京都
気に入ったらシェア!
facebook twitter line hatena-b