533 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【美容液】人気ブランドのおすすめ美容液をご紹介!

  • Pairsをフォロー

美容液とは

美容液とは、保湿成分や美白成分が多く入ったスキンケアコスメのことをいいます。保湿などの有効性がより高いものと考えればよいでしょう。ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分を高濃度で配合しているのが美容液ということです。日常のスキンケアで化粧水や乳液などを使うことが従来は一般的でした。化粧水のあとは油分を含んだ乳液で肌から水分を逃がさないようにするというスキンケアでしたが、現在では化粧水の後に水分ベースで美容成分を肌に入れ込む美容液を使用することが増えています。

つまり、使い方としては化粧水の後につけ、美容液を使うなら乳液やその他のクリームは基本的に必要ありません。テクスチャの違いでいうならば、乳液はさらりとしているものが多いですが、美容液は濃度が濃いのでとろりとしています。高濃度なのでたくさん使う必要はなく、少量を薄く伸ばす程度で十分な効果を期待できるのも乳液と異なるところです。肌にのせたら手で温めて浸透させるようにするのがポイントです。

美容液を使うメリットって?

美容液を使用するメリットは、有効成分をより浸透させやすくできるということです。美容液と呼ばれるものは美白や保湿などの成分が高濃度に配合されています。ですから、サイズの割に値段が高価になっているのです。化粧水や乳液などにも有効成分は含まれていますが、美容液を使えば化粧水や乳液などよりも手早く肌を改善することができます。自分が欲しいと思う効果を実現してくれる美容液を日々使い続けることで、理想の肌に早く近づくことができます。

美容液の種類にはどんなものがある?

美容液の種類は実にさまざまですが、大きく分けて保湿用、美白用、シワ用などに分けることができます。保湿用の美容液にはセラミドや、レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が主成分として入っています。美白用の美容液に入っているのはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタなどの美白成分です。シワ用はコラーゲンを作るレチノールなどが配合されています。もともと乾燥肌の方や季節で肌の調子が変わり冬はかさつく方などは保湿タイプ、シミやそばかす、日焼けが気になる方は美白タイプ、加齢によるシワやほうれい線などが気になる方はシワ用を使うことをおすすめします。

化粧品の中には年齢ごとにラインが分かれているものがありますが、美容液も同じように年齢ごとにアンチエイジングをうたっているものもあります美容液には本来使うべき年齢というものはなく、肌質に合わせればいいのですが、年齢ごとに分類されているものであれば、その年齢にありがちなトラブルを想定して作られているので効率がよいといえます。

美容液の正しい使い方をご紹介

美容液には美白用、保湿用などさまざまな種類がありますが、テクスチャとしてはとろりとしていてコクがあるものが大半です。有効成分がたっぷりと高濃度で配合されているのが美容液ですから、正しく使って効能を十分肌に入れ込むことが重要です。

使い方としては、まず洗顔後に化粧水でしっかり保湿します。美容液は水分となじむようにできているので、肌に水分がきちんとあることで浸透力が違ってきます。化粧水で肌を整えたら乳液は使わず美容液を使用します。このとき、手で顔と美容液を温めるようハンドプレスを行うことがポイントです。美容液は高濃度なので使う量は少なくて構いませんが、肌にのせたら両手で顔を覆うようにしてじっと押します。手の温度で肌の奥まで美容成分を届けるようにゆっくり時間をかけて顔を包み込みましょう。さらに乾燥が気になるようなら美容液を重ねづけするか、乳液やクリームなどを重ねるのもいいでしょう。しっかりなじませる手間を惜しまないことが上手に使うポイントです。

ザ・ダイソーのヒアルロン酸ってどんな美容液?

優秀なコスメが揃うことでも有名な100均のザ・ダイソー。ヒアルロン酸のおすすめの美容液が出ています。保湿成分として名高いヒアルロン酸ナトリウムが入っているのに100均というのが驚くところ。コスパも良くて、たっぷり使えるのがメリットです。とろとろのテクスチャで保湿性もバッチリ。コスパにすぐれたコスメです。日本製というのも安心して使える理由です。スーパーヒアルロン酸もあります。手持ちの化粧水に数滴混ぜて使うということもできます。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のヒアルロン酸ってどんな美容液?

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)からはヒアルロン酸の美容液が発売されています。薬の瓶のようなシンプルなボトルが特徴。チューンメーカーズは原液シリーズで、保湿成分としてセラミドをはじめとして、いま注目のアロガンオイルやコラーゲン、スクワラン、ヒアルロン酸の原液が販売されています。ヒアルロン酸はさらっとしていて肌への浸透が良いです。しっかり肌に伸ばせば、いつまでも潤う素肌に。香りもおとなしく気にならないので香料が苦手な方でも使えます。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のセラミドってどんな美容液?

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)からはセラミドというおすすめの美容液が出ています。ナノセラミドが肌の潤いをしっかりキープ。セラミドという商品とセラミド200という商品があります。美容液はとろりとしたテクスチャであるのが一般的ですが、こちらは高濃度であるにもかかわらずさらっとした美容液なのが特徴。パシャパシャとつけて化粧水のように使うことができます。チューンメーカーズの商品は原液のシリーズで自分でカスタマイズできるのがポイントです。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のフラーレンってどんな美容液?

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のフラーレンという美容液は、フラーレンという1996年にアメリカ人研究者がノーベル化学賞を受賞した貴重な成分を含んでいる美容液です。宇宙空間から偶然発見されたというこの成分は、紫外線から肌を守る機能に優れています。紫外線を浴びてもダメージを肌に蓄積させないという素晴らしい成分で、日焼け止めよりもさらに一歩進んだケアをすることができます。ビタミンC誘導体も入ってしっかり紫外線対策ができます。

肌極(はだきわみ)の美容液ってどんな美容液?

おすすめの美容液、KOSEの肌極(はだきわみ)は、素晴らしいしっとり感のある美容液です。美しいダークブルーのパッケージが大人の印象。米ぬかの発酵技術を活用したライスパワーNo.11という独自の有効成分が入っています。アミノ酸やペプチドなど健やかな肌づくりに有効な成分がたっぷり入っている米ぬかに酵母菌や乳酸菌などを加えて90日間かけて抽出した成分は、肌のセラミドを補ってぷるぷるの肌を作ってくれます。自然成分の威力を感じることができるコスメです。

バッサの美容液ってどんな美容液?

バッサ(WASSER)の美容液とは、今話題の高濃度水素イオン水のジェルからできている美容液です。通常は化粧水の後につける美容液ですが、この商品は洗顔後すぐにつけるタイプというのが特徴です。優しいピーリング効果があり、つけてこするとぽろぽろと古い角質が落ちてきます。使ううちに肌のターンオーバーが正常になって肌のきめが整っていきます。保湿と除菌と両方の効果が期待できるので、アトピーの治療などでも使用されている安心の美容液です。

キュレルの美白美容液ってどんな美容液?

敏感肌や混合肌などセンシティブな肌に合わせたラインナップが魅力のキュレルから、おすすめの美容液が出ています。キュレルだけあって低刺激性なのが特徴。カモミラETという植物由来成分が肌のきめを整えて美白へと導いてくれます。同じラインで美白化粧水や乳液、クリームも出ているので、併せて使って美白効果をさらに高めることができます。もちろん無香料・無着色、アルコールフリーの美白美容液で肌に刺激になるものは使用していません。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のハチミツってどんな美容液?

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のハチミツという美容液は、自然ノ優しさで肌をしっとりさせてくれる美容液です。太古の昔からはちみつは肌にも塗る物として使われていたらしく、優しい香りで潤う素肌を実現します。スキンケア用に精製されたハチミツなので結晶化しにくいため使い心地もバツグン。配合成分がハチミツとグリセリンだけというシンプルさも魅力です。シンプルな分、自由な使い方ができます。リップクリームにしたり、ハンドクリームにしたりもできます。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のレチノールってどんな美容液?

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)のレチノールというおすすめの美容液があります。これは原液シリーズの一つで、お手持ちの化粧水などに混ぜて使うこともできます。レチノールは保水性が高い成分で、たるみが目立つ肌やシミに対しての有効成分です。この商品の優れているところは、安定性を欠くといわれているレチノールに脂溶性ビタミンなどを誘導体として配合することで安定性を保てるようにしているところ。有効成分がしっかり肌まで届きます。

PG2のPURE ESSENCEってどんな美容液?

美容液PG2のPURE ESSENCE。この美容液にはプロテオグリカンという成分が原液で入っています。この成分はヒアルロン酸以上に保湿力があると話題の成分です。人間の肌にはコラーゲンとヒアルロン酸がありますが、さらにもうひとつ組成成分としてあるのがプロテオグリカン。このプロテオグリカンを補う美容液がPURE ESSENCEなのです。原液なので一回一滴でOKで、スポイトが付いています。原液ですがさらっとしていてべたつきがないのもメリットです。

ビューティーボルテージのプロテクトってどんな美容液?

おすすめの美容液に資生堂のビューティーボルテージのプロテクトという商品があります。この化粧品をおすすめする理由は、これ一本で美容液も日焼け止めも下地も兼ねることができる点にありあます。SPF27、PA++で紫外線対策ができます。爽やかな香りで、美容液でもあり同時に下地にもなってくれる便利さ。下地をわざわざ使うのは面倒と敬遠していた方におすすめしたいコスメです。ラメが入っているので、顔のくすみもとってくれる点も嬉しいところです。

アルビオンのエクラフチュールってどんな美容液?

大人の肌質に合わせたスキンケアコスメがそろうアルビオン。エクラフチュールという美容液は、「輝く未来」という意味。その名の通り、女性の輝く素肌を作ってくれます。洗顔後すぐにつける美容液で、ナノセスタBLというアルビオンのオリジナル成分が配合されています。人間の毛細血管よりも小さいサイズの美容成分が肌にしっかり行き届き、ハリのある肌を作ります。他にもリュウキュウガネブやクパスバターといったやや聞き慣れない成分を独自に配合しているコスメです。

リバイタル グラナスのセラムってどんな美容液?

おすすめの美容液をひとつご紹介します。資生堂のリバイタル グラナスのセラムという美容液です。最初のテクスチャはとろりとしていて粘りけがあるのに、肌にのせるとさらっとするのが不思議な美容液。シカクマメ種子エキスが有効成分として配合されています。フローラル系の香りが心地よく、使い方としては軽くマッサージするのがおすすめ。美容液を顔に数カ所のせたら、顔の内側から外側へ向かってマッサージしながら伸ばしていきます。

グラングレースのセラムってどんな美容液?

グラングレースの美容液セラムは、クイック・トランスダームAPISというビタミンC誘導体成分をエイジングケアに使うコスメです。ドクターズコスメなので安心して使える美容液。4種類のペプチドで肌のきめとハリを取り戻します。とろみのある美容液を肌にのせてしばらくなじませると、さらっとしてしっとり肌が落ち着きます。クリニックですすめられて使用し始めてファンになったという方も多く、美しいパッケージも人気があります。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー