444 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【アイブロウ】人気ブランドのおすすめアイブロウをご紹介!

  • Pairsをフォロー

アイブロウとは

アイブロウは、「眉墨(まゆずみ)」とも呼ばれます。まゆげを形よく、美しく見せるためのメイクアイテムの一つです。

顔の印象を決めるのは目だと思っている人が多いと思いますが、実は顔の印象の7割を作るのは眉なのです。眉の形を整えることで目元をより引き立たせる効果と、顔の表情を作る効果の二つの役割で、アイブロウはとても重要なアイテムです。

どんなにアイメイクに力を入れていても、まゆげのお手入れをせずボサボサなままだと、せっかくのアイメイクも台無しになってしまいます。

アイブロウを使うメリットって?

アイブロウのメリットとして、眉の形を変えるとガラリと印象が変わるので、そのときのシチュエーションや着ていく洋服などに合わせて、うまくアイブロウを活躍させましょう。例えば、眉の形は基本となる4種類があり、ナチュラル、スクエア、ストレート、そしてアーチ型です。それぞれに特徴があり、ナチュラルは自然な印象、スクエアは知的な印象、ストレートは活動的な印象、アーチは柔らかい女性らしい印象といわれています。大事な仕事が入っているときにはスクエア型、彼氏とデートのときにはアーチ型などにしてみてはいかがでしょうか。

アイブロウの種類にはどんなものがある?

アイブロウの種類は、二つに分類できます。

ペンシルアイブロウタイプ:色鉛筆のような形状で、鉛筆削りのようなもので削りながら使うタイプやシャープペンシルのように芯を出しながら使うタイプ、口紅のように使うときだけひねり出すタイプなどがあります。いずれにしても芯が硬すぎると、描きにくかったり芯が折れたりしてしまうので、芯が柔らかいものを選ぶのがポイントです。細いラインを描きたいときに向いています。

パウダーアイブロウタイプ:チップやブラシなどを用いて、パウダーで眉を整えるタイプです。自然にボリュームを出したいときに描けることができます。まゆげの生え方にムラがある人や薄い人に適しています。

よく使われているのは、ペンシルアイブロウタイプです。

ペンシルアイブロウタイプはシャープで硬い印象、パウダーアイブロウタイプは優しく柔らかい印象になりやすいです。特に眉尻などは、どちらも併用すると、より自然にキレイに仕上がると思いますよ。

アイブロウの正しい使い方をご紹介

アイブロウの正しい使い方ですが、種類により異なります。

ペンシルアイブロウタイプの場合、眉山から眉尻にかけて、少しずつペン先をずらしていくように描くのがポイントです。一気に描いてはいけません。眉頭は薄めに描くこと。そして、眉尻はペン先を立てて、少しシャープにします。このとき、左右のバランスを見て、長さが同じになるように注意しましょう。

また、パウダーアイブロウタイプの場合は、パウダーをブラシやチップにとり、眉山から眉尻にパウダーを乗せるようなイメージで描いていきます。眉尻はブラシまたはチップを立て気味にして、少しハッキリと描くといいでしょう。眉尻のみペンシルアイブロウを重ねることも効果的です。

また、アイブロウの色は髪の毛の色とまったく違う色味だと、眉だけが浮いてしまい不自然に見えます。明るい茶色の髪の人は、自まゆげの色と髪の毛の色の中間色をとると、自然に仕上がります。パウダーの場合は、色を混ぜて調節することも可能です。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー