572 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【白髪染め】人気ブランドのおすすめ白髪染めをご紹介!

  • Pairsをフォロー

ヘアカラーとは

ヘアカラーとは、染毛料やブリーチなど髪の色を変化させるものの総称です。ヘアカラーは別名を酸化染毛とも呼ばれ、ヘアカラーの染料が髪の毛の奥深くまで浸透して、毛髪内部の奥深くで組織と結合し色が付くので、とても色落ちがしにくい特徴があります。アレルギー反応を確認するパッチテストが義務付けられており、体質の変化などでもアレルギー反応を起こす事があるので使用の際は必ずパッチテストでのアレルギー反応確認が必要になります。全部の説明書にもしっかりと記載されています。

ヘアカラーを使うメリットって?

ヘアカラーは、色持ちもよく、長時間持つので満足できる使用感が得られます。コスト的にも安く収まりますので、「コストが安く、かつ長持ちがいい」というのはヘアカラーの大きなメリットとなっています。コスト面だけではなく、使いやすいというのも見逃せないメリットです。ヘアカラーは自分で簡単に使用できるので、人の手を借りずとも自分で髪を染める事ができます。大抵のドラッグストアなどで安い価格で購入できるので、急ぎで必要な際にも助かりますね。ヘアカラーにも様々な種類があり、自分で色々使用してみるのが良いでしょう。ただメリットばかりではなくデメリットもあります。ヘアカラーは髪への負担が結構大きいので、髪にはダメージとなります。ヘアカラーを使用する際はしっかりとヘアケアする事が大切になります。

ヘアカラーの種類にはどんなものがある?

ヘアカラーには、髪の毛を染める時の種類として大きく分けると3つあります。それはヘアカラー、ヘアマニキュア、ブリーチです。やり方も違い、髪へのダメージも3つで大きく違ってきます。ヘアカラーは色素に色を混ぜて色をつけるヘアカラーです。ブリーチ程明るくなりませんが色のバリエーションが多く好きな色を入れることができます。ブリーチほど髪のダメージはなくても色素に色を混ぜている分、髪への負担は大きいと言えます。持続は主に2~3ヶ月です。ヘアマニキュアは、爪につけるマニキュアと同じで髪の毛の表面にマニキュアをつけて色をつけます。色素を分解するわけではないので一番髪へのダメージは少ないと言えます。ただ表面に色をつけるだけなので持続は一番短いと言えます。ブリーチは主に髪の毛を脱色させます。ブリーチ使用することにより色素が抜いていく効果があるので髪へのダメージは他の種類に比べて大きいです。ダメージは大きくても色素を抜いてしますので明るくする効果はあります。一度黒めにしてなかなか明るくならない方などかなり明るい髪色にしたい時はブリーチを使用したりします。

ヘアカラーの正しい使い方をご紹介

ヘアカラーの正しい使い方として、まずは色選びが大切です。ヘアカラーを選ぶ際は自分の髪のトーンと色を把握することです。その後はパッチテストを行う事です。ヘアカラーの説明書全てにも記載されていますが、パッチテストをした上で塗布に移ることが大切です。髪全体をムラなく綺麗に染めるためには、髪を分けながら主にブロッキングしながら塗布することです。いっぺんに塗ろうとせずにまずはここからと少しずつ丁寧に塗ることが大切です。髪の量にもよりますが、髪全体を5~6つくらいに分けます。それぞれゴムでしばっておくと塗りやすくなります。カラー剤を作る際は、箱に固定穴がある時は使用し、箱を使用しない場合は平らで汚れてもいい場所で使用します。カラー剤を出す際は手袋をした手にカラー剤を出して塗ると便利です。クシを使用して塗る事も綺麗に染めるコツになります。塗り始めはトップから塗ってしまうとすぐに明るくなりやすいので必ず後ろから塗るようにし最後にトップがくるようにします。塗布が終われば放置が必要になりますが放置をする際はラップを巻く事でムラがなくなります。さらに汚れてもいいタオルを上から巻くようにし液だれ防止にも繋がります。放置時間は短すぎると染まらないので時間と髪の状態を見ながら説明書の放置時間の目安を守ります。最終確認は少しティッシュで拭きとってみるなどし丁寧に洗い流します。ヘアカラーについているヘアカラートリートメントがあれば使用することをおすすめします。

フレッシュライトのブリーチってどんなヘアカラー?

フレッシュライトのブリーチは明るいプラチナから、ほんのり明るいブラウンまで好みの明るさに仕上がる全4種のブリーチです。トリートメント付きなので髪もしっとりとまとまる仕上がりになります。ブリーチは傷みやすいのでしっかりとトリートメントしてヘアケアすることをおすすめします。フレッシュライトのブリーチヘアカラーは、お値段もお手頃で、明るい髪色からほんのり明るい髪色までお好みに合ったカラーを選べるおすすめのヘアカラーです。

Le Kiara(ル・キアラ)のHAIR COLORってどんなヘアカラー?

Le Kiara(ル・キアラ)のHAIR COLORは、価格が安いのが魅力です。価格が安い分、量は少し少ないのでロングヘアーの方ですと2箱は必要になります。液体タイプなので多少のギシギシ感はありますが、ご自身のトリートメントケアが大切になります。価格が安い分惹かれたり心配になったりと感じ方は様々ですが、染まりずらい方は少し長めに髪を置くことをおすすめします。塗る時には気になる多少のギシギシ感も洗い流しはサラサラなヘアカラーです。

ルシードエルのミルクジャムヘアカラーってどんなヘアカラー?

ルシードエルのミルクジャムヘアカラーは伸びが良く、髪の毛にシッカリとくっつく特性を持つホームヘアカラーです。どこから塗ってもムラのないツヤ感のある髪色に染まるのが特徴です。髪の毛への栄養成分としてコラーゲン、パールエキス、シルクエッセンス、ツバキオイルの髪に優しい成分が配合されています。髪全体に重みがあるヘアスタイルもバランスよく染まりやすいです。ヘアカラー、白髪染めランキングでも1位をとったことのあるおすすめのヘアカラーです。

エブリのカラートリートメントってどんなヘアカラー?

エブリのヘアカラートリートメントは1つで二役です。これ1本があれば、白髪を染めるのにも使えますし、髪の色を明るくしたいという用途にも使えるのです。シャンプー後のトリートメントとして使えるので手間はかかりません。色は全8色となり、ボトルのデザインもシンプルなのにお洒落で好まれる可愛さです。髪や頭皮も傷めないので毎日使用できますし、簡単にカラーリングもできます。素手で使えて肌についた染料は石鹸で簡単に落とせるので使いやすさもあります。ですが爪や指などに染料がつくのが嫌な方は手袋を使用することをおすすめします。

ブローネの泡カラーってどんなヘアカラー?

ブローネの泡カラーは全22色と色のバリエーションが豊富です。後ろ、内側の気になる白髪も染めている間消えずにとどまるパワフル密着泡で補修します。髪の毛を保護する作用のある成分や、髪のうるおいの元になるロイヤルゼリーの抽出エキス等も配合しています。髪に優しい保護成分とうるおい成分が入っているので髪にも地肌にも優しいですし手触りは指通りのいいしっとりとした質感です。カラーのバリエーションも多くサラサラな仕上がりになるおすすめのヘアカラーになります。

リーゼ プリティアの泡カラーってどんなヘアカラー?

リーゼ プリティアの泡カラーは濃密泡でさらに根元への密着力を強化した泡カラーです。泡をもみこむとふんわりとしたもっちりな濃密泡になるので濃密泡が染めたい部分に密着します。染め方も簡単でふわふわの濃密泡をくしゅくしゅともみこむだけです。よく髪にもみこむことで、髪全体に泡が行き渡り、ムラのない綺麗な仕上がりになります。色のバリエーションも豊富で、染まるだけじゃない、しっとりしたツヤ感もあるのでしっとりツヤツヤのヘアカラーです。

サロン ド プロのカラートリートメントってどんなヘアカラー?

サロン ド プロのカラートリートメントは髪のパサつきを防ぎ、髪にハリを与えます。トリートメントしながら徐々に白髪を目立たなくします。しっとり感もあり、刺激も少ない使いやすさです。お値段も安価で、素手で使えますし肌についた塗料も石鹸で洗い流すことができるので安心です。カラーの退色を防ぐのにぴったりな肌に優しいおすすめのヘアカラーです。髪の染まりよりもツヤにこだわる方におすすめでもあります。素手での使用は爪や手が染まってしまうので手袋を使う事をおすすめします。

テンスターのカラートリートメントってどんなヘアカラー?

テンスターのカラートリートメントはミクロカラーコート処方で染まりやすいヘアカラーです。ヘナエキスという髪の毛を守る作用がある成分、そして加水分解作用がある成分も配合したヘアカラーで、洗い流して使うタイプとなっています。数回の使用で白髪を目立たなくする効果があります。色はライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン、チャコールブラウン、ソフトブラックの計5色です。サラサラしっとりするのでトリートメント効果の高いヘアカラートリートメントです。

シエロのカラートリートメントってどんなヘアカラー?

シエロのカラートリートメントは海の成分である海泥、高い密着性を実現する成分が配合されたカラートリートメントです。色はナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウンと全3色になります髪と地肌の健康を守りながら染め、使うたびに白髪を目立ちにくくします。さらにダメージを受けて傷んでいる髪までも補修しながら潤いのある仕上がりへと導きます。シャンプー後のトリートメントとしてもヘアカラーとの併用も可能なおすすめのヘアカラーです。

テンスターのカラートリートメントってどんなヘアカラー?

テンスターのカラートリートメントはヘアケア効果の高いヘナエキスと加水分解作用を持つ成分を贅沢に配合した、洗い流して使用するタイプのカラートリートメントとなています。クリームタイプで塗りやすさもあり、サラサラしっとりとするのでトリートメント効果は高いです。説明では5分で染まるとのことですが時間を少し長めに置く事でしっかり染まりやすくなるので時間を置くことをおすすめします。使い続けることで白髪を目立たなくするヘアカラートリートメントです。

ブローネのヘアマニキュアってどんなヘアカラー?

ブローネのヘアマニキュアは、泡がキッチリと髪に馴染み、浸透力が高く、浸透しやすいのが大きな特徴のヘアマニキュアです。目立つ白髪を綺麗に色付けて綺麗な仕上がりにすることができます。髪に優しい成分の3つの種類の天然由来成分を配合しているのも嬉しい限り(天然の海藻エキス)(ロイヤルゼリーエキス)(シルクエッセンス)この3つの美容成分で、ダメージによる髪内部の空洞に浸透し、ツヤとしなやかさを感じるまとまりのある髪にします。とてもおすすめのヘアカラーです。

シエロのヘアマニキュアってどんなヘアカラー?

シエロのヘアマニキュアには、海洋コラーゲンが髪の傷んだ部分に浸透します。隅々まで潤いの行き渡る事を可能にしたヘアマニキュアです。2つの美容成分、アミノ酸を配合。綺麗に染まって髪色長持ち!しっとり感とツヤツヤ感を感じられる仕上がりに。ボタンワンプッシュ!泡を出し、髪をとかすように髪に塗るだけ!誰でも簡単、手軽に染められます。 なじみやすい泡で伸びがよく、髪に浸透。ムラなくしっかり染まります。匂いも気にならないグリーンフローラルの香りです。生え際用クシ、肌についたヘアマニキュアを落とす、クレンジングジェル付きです。ヘアカラーも種類が豊富。自然な髪色、ツヤを出せるのには、ツヤケア成分を沢山配合しているから。髪の状態を整えながら、ツヤやかでなめらかな染め上がり。白髪までムラなくキレイに染め上がり、色が長持ち。初心者にもおすすめです。

クイスクイスのデビルズトリックってどんなヘアカラー?

クイスクイスのデビルズトリックというヘアカラーは痛んだ髪ほど良く染まると話題の商品です。ヘアカラーの概念を覆したトリートメントで染めるヘアカラートリートメントです。たった5分で!しかも素手だ染められる!痛んだ髪ほど良く染まる!というのも、痛んだ髪は水分、タンパク質が無くなってしまっている状態。そこに、クイスクイスのデビルズトリックのヘアカラートリートメントはイオン化した色素を配合、イオンのマイナスと、イオンのプラスをくっつけ植物油+潤いエキスでコーティングしてくれるのです。植物油には、ホホバオイル、ツバキオイルが配合、潤いの元のエキスには、イチョウ葉エキスを配合。ヘアカラーをしながら、ヘアケアしちゃう、とい事なんです!約一週間程で、元の髪色に戻るので一週間ごとに好きな色に染めるのが可能で、楽しく、簡単に染められるおすすめのヘアカラー、トリートメントです。気分や、シーンに合わせて染められるというのと、痛んだ髪程染まりやすい、というのが最大のおすすめポイントです。

綺和美のヘアカラートリートメントってどんなヘアカラー?

綺和美のヘアカラーは、トリートメントで染める白髪染めです。綺和美のヘアカラートリートメントは国内外でも人気の高い無添加白髪染めのヘアカラー。ビバリーヒルズにて、人気のサロンで活躍していた、世界的にも有名な日本人カズミさんという方が手作り、デザインされたものです。綺和美のヘアカラートリートメントは多くのメディア、マガジンにも掲載。世界的にも有名な商品であり、話題性だけで無く本当に熱い支持を受けているからこそ、ここまで人気の商品なのです。その理由はノンシリコーンであり、天然由来成分配合の髪や、頭皮に優しく、髪や頭皮の弱い方でも使えると言うのが最大のポイントです。22種の植物エキスにより、使えば使うほど、白髪も染まり、健康的な髪へ導いてくれます。なんといってもおすすめなのが一回の使用から、確りと染まるという事です。そして、痛んだ髪もトリートメントなので、白髪を染めながらさらに美しい髪へと導いてくれるのです。ヘアカラーはダークブラウン、ライトブラウン、ブラックのカラーバリエーションがあります。お家で簡単に、髪を傷めずに染めたい!と言う方は、白髪染めは綺和美のヘアカラートリートメントがおすすめです。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー