288 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【歯ブラシ】人気ブランドのおすすめ歯ブラシをご紹介!

  • Pairsをフォロー

歯ブラシとは

歯ブラシとは、歯を磨いたり、歯茎をマッサージ、入れ歯の手入れをするためのブラシです。柄の先端についているブラシの材質はナイロンなどの化繊が主流ですが、豚毛や馬毛の天然毛は歯の表面や歯茎を傷つけにくく、磨き心地もいいと言われています。ナイロンのブラシのものは、硬い材質、柔らかい材質、その中間など好みによって選ぶことができます。また、手で磨くための歯ブラシと電動タイプの振動を利用して歯磨きをするものがあります。

歯ブラシを使うメリットって?

歯ブラシを使用するメリット(目的)は、第一に歯磨きをすることです。歯ブラシを使用して歯を磨くことにより、歯の表面や歯と歯の間、歯間について食べ物のカスや汚れを取り除くことができます。また、歯磨きで汚れを除去すると同時に歯茎のマッサージ効果も得ることができ、歯茎の血行を良くして、引き締めることで歯周病や歯肉炎の予防につなげることも可能です。日頃入れ歯やマウスピースを使っている人も、歯ブラシで手入れすることで細かい部分も清潔に保つことができます。

歯ブラシの種類にはどんなものがある?

歯ブラシの種類は、まず毛質によって分けられます。ナイロンなどの化繊でできたものが主流ですが、馬毛や豚毛など天然の毛を使ったブラシも販売されています。また、毛の硬さによっても種類が分かれますが、硬いものから柔らかいもの、その中間の普通の硬さのものに分かれています。柄の角度や先端のヘッドの大きさも製品によって異なり、自分の年齢や歯の形状、歯茎の状態によって使い分けします。また、手磨きをするタイプの歯ブラシと電動の電動歯ブラシや音波振動歯ブラシがあり、手磨きではできない細かい振動によって歯の汚れや色素を落とすと言われています。手磨きでも正しいブラッシング法で時間をかけて磨くことで、電動歯ブラシや超音波歯ブラシに劣らない効果があるそうです。歯ブラシにかかるコストでも歯ブラシの種類を分けることができ、手磨きの歯ブラシが100円程度から手に入るののい対し、電動歯ブラシや超音波歯ブラシは数千円もする上に、替えブラシの価格も数千円することがあり、維持費がかかります。

歯ブラシの正しい使い方をご紹介

虫歯を予防するには、自分に合った歯ブラシを使用して、歯垢を落とすため正しい歯磨きをする必要があります。まず、歯磨きをする時は、1カ所につき20回以上歯を磨きます。歯並びに合わせて磨くように注意します。歯ブラシの毛先を歯と歯の間、歯と歯茎の間にきちんとあてたら、歯ブラシの毛先が広がらない程度の力を軽くかけて5~10mm幅に細かく歯ブラシを動かします。歯1~2本程度ずつ磨くのが目安です。歯磨きには工夫も必要で、前歯のほうの歯並びがでこぼこしている人は、歯ブラシを横にあてるのではなく、縦に歯ブラシを動かし、1本ずつ磨きます。奥の方の背の低い歯の場合、歯ブラシを斜め横から差し入れて磨きます。また、歯茎のマッサージをするために、歯と歯茎の境目に45度の角度で歯ブラシをあて、5mm幅で動かします。歯磨きの一番の目的は虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くことです。舌で歯を触った時にざらざらするところは、それが歯垢なので歯ブラシの毛先を届かせてきちんと落としましょう。歯垢は水に溶けにくいので、うがいではケアできず、歯ブラシを正しく使った歯磨きで除去する必要があります。

リーチのホワイトニングってどんな歯ブラシ?

リーチのホワイトニングは、その名の通り歯のホワイトニングを主にしたい方におすすめの歯ブラシです。歯ブラシの先端についたステインクリーナーとステインクリーン毛、ホワイトニングパッドの3つの機能で強力にステインを除去します。ステインクリーナーは、特殊ラバーでできていて、歯を磨く時に自然にステインを取り除きます。また、ステインクリーン毛は、ブラシの表面に微細な突起があり、歯と歯の間のステインを歯磨きと同時に落とします。ヘッド裏面のホワイトニングパッドは、前歯にあてて円を描くように使うことで、前歯についてステインを除去します。3つのステイン除去機能に加え、柔らかくしなる極細毛とサイドエッジ加工毛が虫歯や歯周病の原因となる歯垢を除去してくれます。

デンタルプロの歯間ブラシってどんな歯ブラシ?

普通の歯ブラシによるブラッシングに加え、歯間ブラシを使って、歯と歯の間の歯垢も除去するとより効果的にブラッシングをすることができます。デンタルプロ歯間歯ブラシは、I字型シリーズ、L字型、ソフトラバーの3種類があり、I字型は歯ブラシでは取り除きにくい歯垢の除去に、L字型は奥歯の歯垢を掻きだしやすい構造になっています。ソフトラバーはワイヤーの歯間ブラシを好まない方のために作られた歯間は歯ブラシで、柔らかい素材でできています。

ケントの歯間ブラシってどんな歯ブラシ?

ケントの歯間ブラシは、家だけでなくオフィスなど外でも歯間ブラシを使って口腔ケアをしたい人におすすめの歯ブラシ(歯間ブラシ)です。スライド式の構造で、先端のブラシ部分を使用する時には出して、使用しない時には、本体の内部に収納することができ、ブラシ先端を清潔に保つことができます。ワイヤー部分が折れにくい強化ワイヤーなのに対し、ネック部分の樹脂が思い通りにしなってくれる、非常に使いやすい歯間ブラシです。

Super Cleanの歯間ブラシってどんな歯ブラシ?

Super Clean歯間ブラシは、国産つまようじメーカーからはじまった広栄社が、オーラル・ケアの専門メーカーとして、人間工学の見地から作った歯ブラシ(歯間歯ブラシ)です。日本歯科人間工学会に所属して作った歯間ブラシは、徹底的に使いやすさにこだわった仕様になっています。歯間ブラシは通常3本の指で使用することから、軸の太さは3.4mm、軸の長さは55mmで奥歯もきれいに磨けます。折れにくく、耐久性があります。

リーチのデンタルフロスってどんな歯ブラシ?

リーチデンタルフロスは、歯磨きの後に、歯と歯の間や歯と歯茎の間の、歯ブラシでは取り除きにくい食べ物や歯垢を除去する時におすすめの歯ブラシ(デンタルフロス)です。種類は5種類。「ワックス」はフロスにワックス加工を施してあるため歯間に入りやすく、「ノーワックス」はワックス加工していないため、歯間に密着、歯垢をしっかりキャッチします。「クリーンバーストペパーミント」は爽やかなミントのフレーバー、「やわらかフロス」は柔らかい極細繊維が歯垢を取り除きます。「やわらかスライド」はミクロの突起がついていて歯垢を除去、歯間が狭い人におすすめです。

GUMのデンタルフロスってどんな歯ブラシ?

セルフケアで虫歯や歯周病を予防する場合、歯ブラシだけで落とせる歯垢や食べ物は全体の61%といわれていて、残りは歯間ブラシやデンタルフロスで落とします。GUMデンタルフロスは3種類。WAX加工が施してあるフラットな繊維のフロスは、歯間が狭い人でも入りやすく使いやすい形状です。唾液によってふくらむタイプのGUMデンタルフロスは2種類。歯茎に優しい柔らかいフロスで、ワックス加工してあるものとノーワックスの製品があります。

Kiss You(キスユー)のマイナスイオン歯ブラシってどんな歯ブラシ?

Kiss You(キスユー)は、マイナスイオン歯ブラシ。マイナスイオンの力で歯垢を落としやすくします。ボディの真ん中あたりに指か手のひらが触れるだけで、ヘッドの部分からマイナスイオンが発生、ブラッシングすると同時に歯の表面に吸着している歯垢を落としやすくします。ヘッドの形状も極細レギュラーのように奥歯に届きやすいものなど6種類と子供用歯ブラシもはつばいされています。毛の硬さ別に、歯と歯茎の隙間に届きやすいブラシだったり、歯茎が弱い方に向いている柔らかい毛のヘッドなど3種類用意されています。簡単にホームケアしたい方におすすめの歯ブラシです。

ルシェロのフロスってどんな歯ブラシ?

ルシェロのフロスは、歯ブラシでは取り除けない食べ物のカスや歯垢を取り除きます。くさび状になった極細の繊維が束になっていて、香りは爽やかなミントのフレーバーです。ワックス加工を施してあるので、歯間に入りやすく、動かしやすいので、フロスを初めてお使いになる方でも、使いやすいフロスです。パッケージのカラーはピンクやブルー、グリーン、パープルのスケルトンでデンタルケアが楽しくなります。ノンワックスタイプは歯科衛生士の方に向いています。

オーラルアクセの歯ブラシってどんな歯ブラシ?

オーラルアクセの歯ブラシは、柄の中間にプニプニとしたネコの肉球の感触に似た肉球状のアクセサリーがついています。毎日の歯ブラシタイムが、この肉球状のものを触るだけで楽しくなりそうなおすすめの歯ブラシです。ブラシ部分の先端は硬い毛になっていて、奥歯もしっかり磨けます。また、ブラシ部分は替えブラシが発売されていて、清潔で経済的。一般的なブラシと歯周ポケットに届きやすい極細毛、舌のケアができる舌ブラシの3種類が用意されています。

フィリップスのソニッケアー ダイヤモンドクリーンってどんな歯ブラシ?

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンはフィリップスの歯ブラシで、音波水流で歯垢を強力に除去します。また、ブラシヘッドの回転数は、毎分31,000回という超高速。ブラシヘッドの振幅幅も広く、歯垢を効率的に除去することができます。新しく開発されたダイヤモンドクリーン ブラシヘッドは、ブラシ先端がひし形にカットされていて、高密度に植毛された毛が歯の広い面積に密着して歯垢を除去します。歯間の歯垢を強力に掻きだすインターケアブラシヘッドとともに新搭載のホワイトモードはステインを除去、他にもガムケアモードなど多彩な機能が搭載されている音波水流電動歯ブラシです。

小林製薬の糸ようじってどんな歯ブラシ?

小林製薬の糸ようじは、フロスを使い慣れていない人にもおすすめの歯ブラシ(フロス)です。柄の先がU字型になっていて、そこに6本の細いフロスがついているので、ゆっくりと前後させて歯間に挟み、歯の側面に添わせるように上下に動かすだけで、簡単に歯垢を掻き出すことができます。歯垢を取り除くときに、歯茎をフロスで優しくマッサージすると歯周病や歯肉炎の予防にも効果的です。糸にはミントのフレーバーがついていて、使い心地はさわやかです。

フィリップスのソニッケアー エアーフロスってどんな歯ブラシ?

フィリップスのソニッケアーエアーフロスは、先端以外は歯ブラシのような形状をしていますが、歯磨きのあと歯間洗浄をするためんのエアーフロスです。独自の技術で空気と水を歯間に噴射することにより、歯間の歯垢を99.9%除去します。ワンプッシュするだけの簡単操作なので、約1分で歯垢を除去。約2週間使い続けると歯のエナメル質が輝きを増し、歯茎が引き締まるのを実感できます。早く、簡単、確実に歯のケアができるフロスです。

ROLLY BRUSH(ローリーブラッシュ)のローリーブラッシュってどんな歯ブラシ?

ROLLY BRUSH(ローリーブラッシュ)の歯ブラシは、水や歯磨き粉がいらない歯ブラシなので、携帯したり災害の時におすすめの歯ブラシです。口の中に入れてコロコロと転がすだけで、3段構造280本のブラシが歯と舌の汚れを取り除いてくれます。コロコロ転がすうちに唾液も出るので、口腔内が虫歯になりにくい環境になります。ドライマウスの人にもおすすめです。キシリトール配合なので、虫歯予防にも効果があります。さわやかなミントフレーバー。

エビスの舌クリーナーってどんな歯ブラシ?

エビスの舌クリーナーは、歯ブラシや歯間ブラシのように歯や歯茎のケアをするものではなく、舌専用のクリーナーです。扇状の形状のブラシ先端についている3枚のラバーが、舌の表面にある舌乳頭の間の汚れを除去。柔らかく舌にフィットしやすい形状にカットされた高密度の植毛がラバーが掻き出した汚れをそっと取り除きます。ヘッド全体が柔らかくしなるので、ケア中も下に余分な力がかからず、嘔吐反射しにくい構造になっています。

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー