1,831 view デート
恋愛やカップルのコラムpairs

川越のおすすめデートスポット30選!ディナーや遊びを楽しんじゃおう!

  • Pairsをフォロー

ロッククラフト川越でロッククライミングをしよう

川越にあるロッククラフト川越はフリークライミングを楽しむことが出来る施設であり、男女や大人子供関係なく利用する事が可能となっています。130坪のフロアにはボルダーウォールがあって、初心者用の7メートルリードウォールなども設置されているのです。クライミングカップやキッズクライミングコンテストなどのイベントの行っているので、休日に参加するというのもいいでしょう。体験クライミングというものもあるのですが、これはすぐにフリークライミングを楽しむことが出来るコースとなっています。一般の大人向けワンポイントレッスンというものもあり、こちらはロープワークレッスンやリードクライミングレッスンなど料金を支払い受講できるのです。

川越市立博物館で歴史を知ろう

川越市立博物館というのは川越にある博物館であり、川越市の歴史を知ることができるのです。郷土の歴史や文化を知ることが出来るのですが、それだけでなく公園などもしておりより知識を深めることが出来ますよ。炭火アイロンや足踏みミシンなどを実際に体験することができて、定期的にイベントなども開催しているのです。常設展示室には発掘調査の結果や縄文時代や平安時代、原始時代の生活文化を知る事が可能となっています。平安末期や戦国時代などの文化も知ることができて、さらに職人の仕事場コーナーなども設けられているのです。これは職人の工房を再現しているもので、芋煎餅と焼き芋なども道具が設置されていますよ。ふるさとまつりコーナーでは川越で行われている祭りを年4回展示しているのです。

長い歴史を誇る中院は桜の名所としても人気

天台宗別格本山「中院」は、川越市小仙波町にある天台宗の寺院です。平安時代に淳和天皇の勅許の元、慈覚大師が建立した同院は東国580ヶ寺の総本山として勅書を受け、隆盛を極めました。長い歴史において戦乱や失火などによって何度も本堂や伽藍などが失われましたが、その度に再建された歴史があります。

「中院」の見所の1つが、境内の至る所に植えられた数種類のしだれ桜です。「中院の春は桜」と呼ばれるほどつとに有名で、3月に入ると順を追うように次第に咲いていきます。ソメイヨシノよりもやや早い開花が特徴で、3月の終わりから4月初旬にかけては満開の桜を楽しめます。

また同院は河越茶、狭山茶の発祥の地としても著名です。開山当初に慈覚大師が京より持ち帰った茶の実はこの地で栽培され、今でも寺院内に残っています。

縁結びの神様で有名な川越氷川神社は良縁祈願もおすすめ

川越市の宮下町にある「川越氷川神社」は、今から約1500年前の古墳時代に欽明天皇によって創建されたと伝えられる神社です。御祭神が複数おり、これらの神々が家族のため「夫婦円満・縁結びの神様」として古くから有名で、今でも多く人がご縁や縁結びを願って同神社を訪れています。

「川越氷川神社」のおすすめは、境内で売られている各種縁結びのお守りや絵馬です。お守りにしておくと良縁に恵まれるという言い伝えがある「縁結び玉」や「縫いつけ守り」、「縁結び絵馬」などは2人の関係をより深めてくれるアイテムです。

また毎月第四土曜日と、縁起の良い末広がりである8日には良縁祈願祭も開催されており、全国から多く人がご縁を求めて訪れます。ブライダルフェアも随時行われているなど、特別な関係の2人が訪ねるにはおすすめの神社です。

日本三大東照宮の一つ仙波東照宮の魅力とは

仙波東照宮は埼玉県川越市にある神社で、日光や久能山と並ぶ日本三大東照宮の一つです。川越は都内からも近くデートで行く事ができる距離で、鉄道も通っているので車を持っていないカップルでも安心です。仙波東照宮は国の指定重要文化財にも選ばれており非常に歴史がある神社です。始まりは喜多院第27世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀った神社です。東照宮の周りは多くの木があり、夏でも非常に涼しく過ごせます。赤い社が特徴的で落ち着いた空間の中に威厳を放っています。この東照宮の魅力は何と言ってもその歴史にあり、境内に説明がありますが、歴史が詰まった石碑や建造物を勉強する事ができます。歴史好きのカップルデートにはピッタリのスポットです。

隠れ屋のような古民家カフェ!パチャンガとは

パチャンガは、川越駅と本川越駅との間の裏路地にある古民家カフェです。隠れ家風のたたづまいが特徴的でとても落ち着いた空間がポイントです。クレアモール商店街から近く買い物帰りにふらっと立ち寄る事ができます。オシャレでキレイな街のカフェよりも時間の流れがゆっくり感じる事ができるのがポイントです。

店内は昔ながらの民家の面影を残しており、ノスタルジックな雰囲気がとても居心地良く、デートでゆっくり過ごすにはピッタリの空間です。

店内はとても広くテラス席もあるので、とても開放的です。またドリンク、フードのメニューも豊富でオリジナルカレーなどが人気で美味しいです。夏にはシャーベットなどが提供され避暑地として立ち寄ることも可能です。

喜多院を巡って歴史に触れる散策デート

喜多院は川越大師とも呼ばれ、徳川家康、家光や春日局などとゆかりのある、歴史ある寺院です。多くの観光客に親しまれていて、地元はもとより、全国からも多くの観光客が訪れます。

徳川家光公の誕生の間である客殿や、春日局化粧の間である書院など、多くの建物は文化財に指定されており、美しい歴史ある建物は見ごたえ十分です。また、日本三大羅漢の一つである五百羅漢は観光スポットとしても有名です。羅漢様のさまざまな表情や恰好が訪れる人を楽しませます。ほかにも小江戸川越七福神大黒天など、見どころも満載です。

広い境内には四季折々の緑が美しく、秋には紅葉を楽しむことができます。好きな人とゆっくりと季節を感じながら散策するのも良いかもしれません。

川越散策。おなかがすいたらばぁ~ぐば~ぐへ

川越は喜多院の他にも多くの観光スポットが点在しています。歩いて町を散策するのがオススメです。散策を楽しんで、おなかがすいたら「ばぁ~ぐば~ぐ」へ。ハンバーグがおいしいと評判の、地元でとても人気のあるレストランです。

ステーキやハンバーグはすべて黒毛和牛を使用しているというこだわりよう。だからとてもジューシーで美味!あふれ出る肉汁がおいしさを物語っています。メニューも豊富でどれにしようか迷ってしまいそう。お店もとてもオシャレなので、デートにもピッタリです。デザートも手を抜いていません。美味しいのはもちろん、見た目もとてもキレイで楽しめます。誕生日・記念日を祝うコースもあり(要予約)、大好きな人を喜ばせてみるのも良いかもしれません。

川越の私的迎賓館として名高い旧山崎家別邸

埼玉県川越市の松江町に所在する「旧山崎家別邸」は「東仙庵」の別名を持ち、老舗の和菓子屋「亀屋」の五代目当主が隠居生活を送るために、大正14年に同地に建造しました。特徴としては、数寄屋造りの和室棟にホール形式の洋館が融合した和洋折衷の独特の造りが目を惹きます。母屋の南側には和風庭園が広がっており、庭の東側には茶室も建てられています。

「旧山崎家別邸」のおすすめのポイントは、邸内の各箇所に使われている美しいステンドグラスです。建てられた当時のままのステンドグラスが今でも残っており、食堂をはじめ階段の窓、洋室など至るところで目にできます。

また敷地内にある和風庭園も、国の登録記念物して名勝地に指定されており、枯山水及び茶庭などが見どころですが、常時公開されている訳ではないので、訪問前に事前に確認しておきたいところです。

川越のはな甚はランチや懐石料理が人気

平成2年に開業した川越の名店として知られるのが「はな甚」です。料理雑誌や有名料理番組などでも紹介された同店は、和料理を提供しており、生のマグロや鯛などもすべて天然物を使い、その場で調理をしています。掘りごたつ個室という珍しいタイプのお店で、こたつで団欒しながらゆっくりと料理を味わうことができます。

「はな甚」での人気は、土日のみ注文できる「ランチコース」です。複数のコースが用意されていますが、お顔合わせにおいても人気のメニューであり、初めてのデートや少し豪華なランチが食べたい、といった方に特におすすめです。

また予算に余裕があるならば、懐石料理のコースもおすすめの1つです。刺し身や寿司などがメインのコースやしゃぶしゃぶ料理がメインのコースもあり、料理に舌鼓を打ちつつ、個室で2人だけの時間を過ごすことができます。

川越体験工房青い鳥でかわいい雑貨を手作り

川越市にある川越体験工房では、とんぼ玉やキャンドルなど、さまざまな雑貨が手作りできるカップルに人気の工房です。体験のほとんどが2000円以下でお手頃なのに本格的な雑貨をつくることができるんです!カラフルでほっこりするガラスやキャンドルを見ているだけで笑顔になってしまいます。お互いに出来上がったものをプレゼントしたり、家に飾ったりすることでいつまでも残る素敵な思い出になりますよ。おすすめは彫り絵のグラス。ガラスの器に自由自在に絵を描くことができ、所要時間も2時間程度で本格的なグラスができちゃうんです!バス停から徒歩一分と、アクセスもしやすく、周辺には多くの観光スポットが点在しているので一日を通して川越観光を楽しめます。

本川越つけめん頑者でおいしいランチ

川越を代表するつけ麺店、頑者。極太麺、濃厚つけダレ、魚粉という新スタイルを考案し他の店にも影響を与えているというこのお店には人が途絶えません。太麺はモチモチで濃厚スープと魚粉と相性ばつぐんで、ラーメン好きカップルはぜひ一度試してみたいもの。外装も内装もキレイにしてあり、カップルで来ても何も問題はありません。本川越駅から徒歩二分とアクセスもしやすく、川越観光の途中で寄ることができます。接客もにこやかで居心地が良いと評判です。ただし日曜日が定休日なので気を付けて下さい。人気店ゆえに並ぶこともあるので暇つぶしのものを持っていくと良いかもしれません。たまにはがっつりご飯を食べたいという二人にぜひおすすめのつけめん店です。

一番街を観光してみよう

川越にある一番街というのは複数のお店がある商店街で、各種イベントなども開催しています。イベントは川越蔵まち宵の市というものを行っていて、伝統的な工芸品などを路上で販売するというものになっているのです。一番街エリアには蔵造りの資料館があるのですが、こちらは様式規模などを理解できるところになります。まつり会館というところもあり、これは大型スクリーンに祭りの様子が上映されているのです。この場所には薬師神社があって、お稲荷さんが飾られており鳥居なども設けれられています。大沢家住宅という観光スポットもあるのですが、こちらは1792年に立てた蔵造りのお店となるのです。この建物は国の重要文化財に指定されているものになります。

はすみで手打ちそばを食べよう

はすみというのは川越にあるお店で手打ちそばを食べる事ができるのです。全国から原料を集めてそれを使いそばを作っていて、これは北海道や新潟県のほか福島県などがから取り寄せています。入り口にはのれんや木製の看板が付いており、昔ながらの雰囲気のある外観をしているお店と言えるでしょう。

どのようなものを食べる事ができるのかというと、これは鴨味噌煮込みやさくらそばを食べられるのです。他には天付き2色そばや鴨うどん、鴨焼きやそば豆腐なども堪能できます。山ふぐや竹の子焼き、鴨汁や深山そばなどもオーダーできるのです。ドリンクに関しては日本酒や焼酎を飲むことも可能で、3000円以下のコースを満喫する事が可能となっています。

川越のデートスポット時の鐘

川越のランドマークとも言われているときの鐘は、江戸時代に川越城主によって建てられた歴史ある鐘で、「残したい日本の音風景100選(環境省)」にも選ばれた由緒正しい建造物です。江戸時代には時計は普及しておらず、人々はその鐘の音を聞き時間を知っていたといいます。周辺は観光スポットとなっており、おいしいきんつばのお店などが立ち並んでおり、江戸時代を感じられる空間が楽しめるでしょう。おすすめのポイントは何といっても鐘の音。鐘が鳴るのは6時12時15時18時の一日四回。周辺にいればしっかりと鐘の音を聞くことができます。鐘の音を聞きながら、タイムスリップしたような感覚を楽しめる時の鐘の周辺ではゆったりとした時間が流れ、デートスポットとしても人気です。

大正モダン香るシマノコーヒー大正館

川越の大正浪漫夢通りにある、喫茶店です。JR・東武東上線川越駅より徒歩20分で比較的アクセスしやすい場所に位置します。大正浪漫通りは大正ロマンの風情が漂うお店が立ち並ぶ人気観光スポットで、このシマノコーヒー大正館もまるでタイムスリップしたような趣を持つ喫茶店になっています。おすすめポイントは何といってもコーヒーと手作りケーキ。自家焙煎のおいしいコーヒーは濃厚なクリームチーズが相性抜群です。そのほか風情あふれる柱時計やポットなど、今ではそうそうお目にかかることのないようなインテリアで訪れる人々を楽しませてくれます。通り全体がゆったりとした雰囲気となっているので、年配のカップルにはなつかしさを、若いカップルには新鮮さを与えてくれる場所です。

人情味とロマンあふれる菓子屋横丁

菓子屋横丁は、狭い路地に22軒もの菓子屋・駄菓子屋が肩を寄せ合うようにして並んでいる通り。石畳には、キラキラ光る色とりどりのガラスが埋め込まれていて、遊び心いっぱい、ロマンいっぱいです。昭和チックな木造の駄菓子屋の店先には、ノスタルジーを感じさせる駄菓子の数々が所狭しと並んでいます。ハッカ飴に、チョコレート、おせんべいなど、誰もが子供の頃にお世話になった駄菓子が勢揃い。子供だけでなく、大人も童心にかえって楽しめます。今ではすっかり川越を代表する人気観光スポットとなりました。駄菓子屋以外にも、江戸時代から続く菓子屋で伝統の味に舌鼓をうったり、甘味処でちょっと休憩したりと、いろいろな楽しみ方ができるのも魅力。菓子屋横丁の楽しさに取り憑かれ、何度も訪れるリピーターも増殖中です。

江戸時代から続くうなぎの名店「小川菊」

小川菊は、文化4年(1807年)創業という伝統と格式あるうなぎ店。2014年には、厳しい審査で知られる埼玉S級グルメにも認定され、その味はプロの料理人のお墨付きです。小江戸と呼ばれる川越には、江戸時代を彷彿とさせる古い商家や蔵が、街のあちこちに残っていますが、この小川菊の店構えにも、江戸の情緒が色濃く感じられます。

一番の人気メニューは、やっぱりうな重。うな重は、並、上、特と3つのランクに分かれていて、予算におうじて選べます。うな重の蓋を開けると、そこにはご飯が見えないほど大きな鰻の蒲焼き。国産にこだわっているので、うなぎの身が肉厚で、プリプリした歯ごたえが特徴となっています。平日でも長い行列ができますが、並んででも食べる価値あり。

川越市立美術館でアートを満喫

普段は芸術には興味はない、興味はあるけれどもどちらかというと西洋絵画、フェルメールやラファエロなどが好みというかたも多いのではないでしょうか。しかし西洋絵画だけでなく日本画にも魅力的な作品は多いもので、デートで日本画を中心にコレクションしている美術館を訪れるのも、今まで知らなかった分野を共有し合えるのはきっといい思い出になるはずです。そこでオススメしたいのが川越市にある川越市立美術館です。この美術館は地元を中心にした日本画家の作品を多く収容しています。特に明治の日本画壇において中心的な役割を果たした橋本雅邦の作品は見逃してはいけないものです。その他にも魅力的な特別展などを順次開催しているのでそちらと合わせてご覧ください。

山屋で和の料理を堪能

デートでの食事というとどちらかというと洋食になりがちという方も多いのではないかと思いますが、毎回洋食続きだと飽きがきてしまうという方にオススメのデートでの食事に利用したいお店が川越にある山屋さんです。山屋は明治時代から脈々と伝統の味を受け継いできた料亭であり、その広大な敷地には美しい庭が形成されており、お食事中に四季に合わせた美しい情景を楽しむことができます。料理のメニューは本格的な懐石料理からリーズナブルなランチメニューまで揃っているので、自身のお財布に相談してお好みのものを召し上がっていただけます。また料亭でのウェディングも行っており、将来の結婚の際に参考になると思い、お試してみるのもオススメです。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー