144,088 view 恋活

モテたい!女性がしょうがないほどモテるようになる方法とは

  • Pairsをフォロー

モテたいという気持ちがないと言えば嘘になるくらい、女性は誰しも「好かれたい」「モテたい」という気持ちは持っているものなのかもしれません。今回は、モテたいと思っている女性のために、モテる女性とはどんな女性なのか、モテるためにはどんな男性の心理を理解しなければならいのかを解説して、実際にモテる方法をご紹介していきます。徹底的にモテる女、モテる方法を分析していきましょう。

モテたい!でもなぜモテたい?あなたはどのタイプ?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-09-150912435755-thumb-1000xauto-19282

モテる、モテない。それだけで人の価値が決まるわけではありませんが、どちらがよいかと言われればモテた方がいいですよね。でも、一言で「モテる女性」と言っても、そのタイプは色々。どうしてあの子はモテるのか?実際にモテる女性を分析してみましょう。

そもそもモテるってどいう状態?

モテる女性になるためには、まず「モテる」ということが具体的にどういうことなのか、考えてみましょう。

女性に人気

男性にモテることはもちろん、女性にも人気がある人っていますよね。普通は異性にモテることで、同性にはひがまれるものですが、このタイプの女性はよほど魅力的な人なのか、空気を読むことが得意で、どんな時も上手く立ち回れる器用なタイプなのでしょう。
どちらにしても、男女両方を虜にできるというのは、うらやましい限りです。

告白される

多くの人が「モテる」と聞いて思い浮かべるのはこの「告白される」タイプでしょう。花束を持った男性が、1人の女性の前に告白待ちの行列を作っている、そんなイメージです。このタイプの代表的な特徴として、見た目が明らかに可愛らしいケースと、そこまで可愛いわけでもなく、地味な印象の女性であることの2種類が挙げられます。
前者の場合は、こんなに可愛い子相手じゃ砕けて当たり前!とりあえず当たってみよう!という最初から諦めた告白が多く、後者の場合はこの地味な子なら自分でもOKかもしれない!という、競争率の低さを狙った告白が多いのです。どちらも、告白した男性自身が傷つきにくい結果が予想ができるという共通点があります。

よく誘われる

一方で、見た目に関係なく話しかけやすいタイプの女性もモテます。このタイプはとにかくポジティブで明るく見える人が多いようです。
急に飲みに誘っても、嫌な顔をされたり、ネガティブな反応をされたりしないという安心感があります。そのため、男性にとっては気軽に誘いやすく、恋愛の相談などをすることも多いのです。最初はただの相談相手だったのに、だんだん好きになってしまう・・・・・・なんてことは、よくある展開ですよね。
このタイプは相手を不快にさせないような返答をすることに長けていますので、男性としても思い切って大胆なお誘いを持ち掛けやすいということもあるでしょう。

求められる

また、モテる女性というのはとにかくどこでも求められるもの。何となく一緒にいたい、二人で楽しいことをしたいと思わせるようなフェロモンが出ているのでしょうか。本人がそれを自覚していることが少ないため、このタイプは生まれつきのもので、目指してなれるようなものではないのかもしれません。常に男性が周囲を取り囲んでいるような女性はこのタイプが多いと言えます。

あなたのモテる目的は?

モテたい!と思っていても、改めて「どうしてモテたいの?」と聞かれると、意外と答えに困ってしまうもの。
モテたいとは思っているけれど、それは何のためなのでしょうか。モテることで自分はどういった展開を期待しているのでしょうか?

彼氏が欲しい

彼氏が欲しいからモテたい!というのは一番自然な考え方。今すぐ結婚したいと思っているのではなくても、彼氏は欲しいですよね。
この場合には誰にでもモテたいというのではなく、特定の男性にモテたいということになるのでしょう。
また、お目当ての男性がいない場合には、とりあえず広い範囲でモテる方が有利です。
しかし、早めにターゲットを絞って、その相手にモテるための施策を打つのが目標達成の一番の近道と言えるでしょう。

結婚相手を探したい

当然ですが、結婚するのであれば相手がいなくてはいけません。彼氏がほしいだけの場合とは違って、難易度はグッとあがります。
「彼女にしたい女性と、結婚したい女性は違う」という話もよく聞きますので、結婚を狙うのであれば「結婚したい女性」としてモテる努力が必要です。
相手を探しながらも、自分を磨く必要がありそうですね。

都合の良い相手が欲しい

縛られたくないけれど、ひとりぼっちで寂しいのはイヤ。そんなちょっぴりワガママな女性が目指したいのは都合のよいモテ方。飽きっぽいので、一人の相手と長く続かないというのも、特徴のひとつです。そのため、このタイプは途切れなくモテる必要があります。
いつでも新しい出会いができるように、常に気を抜かずに、自分のクォリティを保つための努力をしなくてはなりません。

男をモテ遊びたい

小悪魔、悪女、色々な呼び方はあるけれど、ちょっぴり悪いことをしたいタイプです。自分に振り回されてオロオロしている男性をもて遊んで、その姿に満足する女王様のような印象です。弄ぶくらいですから、男性を惹きつけて主導権を握ることができる程の強烈な魅力がないと難しいでしょう。
ただし、今回は大勢にモテる必要はなく、特定の男性を強く惹きつけられるピンポイントな魅力があればよいと言えます。
しかし、そのような魅力を手に入れることはなかなか難しいでしょう。

とにかくちやほやされたい

広く浅くモテたい。それがこの、どこに行ってもちやほやされるタイプ。大きく分けて、周囲が従ってくれるような姉御タイプと、みんなが可愛がってくれる妹タイプの2種類がいます。
人には守られたい、守りたいという両極端な欲求があるものです。どちらのタイプもその欲求を満たしてくれる人ということになるのでしょう。
このタイプの人は、どんなシチュエーションでも話題の中心にいて、周囲の人に当然のように特別扱いされます。

モテる女性はどんな女性?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_nayandahyoujyou-thumb-1000xauto-14535

では、実際にモテると言われる女性にはどんなタイプがいるのでしょうか。タイプ別に見て行きましょう。

モテる女性の特徴【彼氏がすぐできるタイプ】

まずは長続きするしないは別として、彼氏が途切れないタイプの女性の特徴を挙げてみます。

男性と女性に対する態度が違う

これは明らかな男性ウケ狙いの女性です。少女マンガなどでは、明らかな悪役。けれど、実際の世界にいれば、外見が可愛くてちゃっかりした女性はモテるものです。男性がいる時だけ、か弱いそぶりを見せたり、マメに働いたりして自分をよく見せようとします。
時には周囲の女性を下げてまで、自分をよく見せようとするので女性のウケはよくありません。常に男性を意識した行動を取っているので、周りの男性が放っておかず、すぐに彼氏ができます。

器用な女性

二股をかけているというわけではないのですが、何となく複数の男性をその気にさせてキープできる女性。このタイプはターゲットを、無意識に自分よりも少しランクが低い男性に定めている傾向があります。付き合ってあげてもいいけど、どうしようかなという、思わせぶりな態度で、他の男性の存在を決して匂わせません。
嘘をついているわけではないけれど、彼氏がいてもそのことを尋ねさせない空気を作るのが上手です。または、彼氏がいることを公言していても、あまりその存在を相手に気にさせないという不思議な能力を持ちます。
キープしている人が複数いるため、彼氏と別れてもすぐに次の彼氏ができます。

見るからに頼りない女性

放っておけない、自分が支えてあげなくては、と男性に思わせることが出来る女性です。
外見的にも、今にも泣きだしそうな、はかない可愛さがあるということが必要ではありますが、小さな声で話したり、少しドジなところがあったりなど、危なっかしいところを上手くアピールすることが一番大切。女性にとっては多少イライラさせる存在になる可能性が高いですが、男性は分かりやすく頼られることを好む人も多いため、このようなタイプには弱いのです。
彼氏と別れたとしても、ちょっとしょんぼりして見せるだけで、男性を「次は俺がこの子を守る番だ!」というヒーロー気分にさせることができるのです。

モテる女性の特徴【一途に好きになってもらえるタイプ】

モテる女性の中には、彼女しか目に入らないと言う程に男性から一途なモテ方をするタイプもいます。
そのようなタイプにはどのような女性がいるのでしょうか。

母性本能の強いタイプ

男性の中には、包まれるような安心感を好むようなタイプもいます。このケースでは特に、年の差カップルなどで、男性が若く女性が10歳以上年上というパターンも珍しくありません。
一般的にも、マザコンとまではいかなくても、奥さんになる人には母親としての部分を求めるとも言われます。そのため、母性を女性に求める男性は少なくないのではないでしょうか。
一緒にいて包み込まれるような居心地の良さがあれば、もう男性はその女性を離したくなくなるでしょう。

とことん女性らしいタイプ

このタイプは見た目が様々。
それなりに可愛らしい人もいますが、中には外見的にはあまり魅力的といえない人も。そんな女性でも、強烈な女性らしさを持っている人は一途に愛されることが多いのです。体型や顔に自信のない人は、是非このタイプを目指すとよいでしょう。
コンプレックスを感じさせない、堂々とした女性らしさ。そんな揺るがない自信が輝いて見えるのでしょう。
「自分にしか見つけられない隠れた魅力を見つけた」と、男性に思わせることができるのがこのタイプです。

わかりやすく裏表のないタイプ

このタイプは男性にとって一番付き合いやすい女性。男性が安心してありのままでいられる相手になることができるでしょう。
ミステリアスなタイプの女性を好む男性であれば、物足りないと感じることもあるかもしれませんが、そういった謎の魅力がある女性には憧れは抱いても、なかなかお付き合いまでは踏み込む気になれないもの。
一見、がさつで女性らしさが足りない印象もありますが、意外と表裏のないわかりやすい性格の女性というものは少ない傾向にあるので、、このタイプは思いのほかモテると言えます。

モテる女性の特徴【小悪魔タイプ】

モテるタイプの中でも、女性も憧れる人の多い小悪魔タイプ。悪魔になってしまうとただの恐ろしい女性ですが、小悪魔であればキュートな印象ですよね。
どんな特徴があれば、小悪魔になれるのでしょうか。

見た目重視!とにかく可愛い

小悪魔、と聞くととにかく可愛らしい印象がありませんか?顔が完璧に可愛い、スタイルもバッチリというのが一番の理想ですが、そうでなくても何かしら可愛いと思わせる部分があればOK。
最近はメイクのテクニックなども、インターネットで公開されているので、元々の顔に自身がない人は小悪魔メイクから始めてもよいでしょう。
そんな「ちょっと作られた可愛さ」は、むしろ自然な可愛さよりも、小悪魔らしさを演出できます。

ちゃっかりしていて憎めない

人をムカつかせる女性は、小悪魔ではなくただの悪魔。小悪魔でいるためには、他人に憎まれない存在であることが必要です。
ただし、単に愛されているだけでは少しも悪魔要素がありません。
そこにはちゃっかりしているという要素が必要となります。周囲の人が少しずつ損をして、小悪魔だけが得をします。

必要なときに威圧感を出せる

小悪魔であるためには、周囲の人に一目置かれる必要があります。しかし、その程度が大きすぎて君臨してしまうようになると、大悪魔になってしまいます。可愛らしさを失わないためにも、普段はほかの人よりも下の位置に存在していることが必要です。
しかし、肝心な時にも常に周囲の人の下のポジションに位置していては、ただなめられているだけです。ここぞというときに、急に主導権を握り、周囲を圧倒する威圧感を出せるというのがポイント。
威圧感を出して制圧した後には、何事もなかったかのように可愛らしさをアピールすれば、小悪魔感満載です。

モテる女性の特徴【色んな男性からちやほやされるタイプ】

一番得をしていそうなのが、たくさんの男性からちやほやされるタイプ。
どんな特徴が男性にちやほやさせるのでしょうか。

明るくポジティブな女性

そこにいるだけで、やわらかい光が差し込んでくるような明るさ。そういった女性は多くの男性に愛されます。
特に、少しネガティブな男性にとっては、凍えた心を温めてくれる暖かいストーブのような存在。寒い日にはストーブの周りに人が集まってくるのは当然のことなのです。
常に笑顔で相手の気持ちを明るくすることができる、そんな特徴を持っています。

癒し系の女性

ポジティブな女性とも通じるものがありますが、他人を癒すことが得意な女性の周りにも男性が集まってきます。
学校でも会社でも家庭でも、生きていく上ではストレスというものはどうしても発生してしまいます。そのストレスを軽くしてあげることができるというのがこのタイプの特徴。
疲れているときに、暖かい飲み物を口にしたような、相手がホッとする言葉を投げかけてきます。「心にしみる言葉」といった、書籍やインターネットで出回っている定型文ではなく、その相手にぴったりのオリジナルな言葉を使うので、嘘くささやチープさがなく、多くの男性を癒すことができるのでしょう。

声が大きく目立つ女性

これは不思議なのですが、目立つ女性というのも案外ちやほやされやすいのです。
目立つ女性の多くは「声が大きい」という傾向があります。大きな通る声で話をしていると、知らず知らずのうちに耳に彼女の言葉が入ってきます。直接話したことがなくても、その女性の考えていることや周囲の情報などを知ることができるので、親しい気持ちがわいてくるのです。
さらに突っ込みたくなる話をしていたり、気になる話をしていたりすれば、自然と呼び寄せられて話の輪に。
ただし、大声でクレームや文句ばかりを言っている女性はちやほやされる対象にはなりませんので、ご注意を。

モテるためには男性の心理を理解しよう!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ93_dareda-20150208133504-thumb-1000xauto-18247

同性から見てそれほど魅力的とは思わないのに、とにかく男性からよくモテるという女性、心当たりありませんか?モテる女性とモテない女性の違いは、実は男性の心理を理解しているかしていないかの差が大きいものです。男性の心理は女性の心理とは違います。この記事では、さまざまな男性の心理を紹介し、モテる女性への変身を叶えます。

彼女が欲しい男性の心理

男性にとって彼女が欲しいと思うときはどんなときなのでしょうか?普段は彼女なんて要らないと言っている男性でも、ふとした時に、彼女がいればいいなと思うことはあるはずです。そんな男性の隙をつけたらモテること間違いなしです。

楽しい時間を共有したい

女性も同様の理由で彼氏が欲しいと思っている人が多いのではないでしょうか。一緒に遊園地に行ったり、映画を観たり、休日に彼女と一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っている男性は意外に多いです。他愛もない話をして笑ったり、ショッピングを一緒に楽しんだり、美味しいものを食べに行ったり、特別な人と時間の共有をしたいという心理です。そんな男性と女性が出会えば、楽しい時間を共有できるに違いありません。

辛い時に慰めてほしい

男性は強くたくましいというのは身体的にであって、精神的にも強いかというと、そうではありません。どちらかというと男性は精神的に弱い生き物です。あまり弱音を吐かない男性ほど、ショックを受けた時の落ち込みが激しいものです。仕事で失敗をした、友人と意見の食い違いで言い争いになった、上司に努力を認めてもらえないなど、そんなとき女性であれば女子会でストレスを発散!ということも少なくないでしょうが、男性は違います。基本的に男性は同性に弱みを見せたくないものです。そんな時こそ優しく慰めてくれる彼女が欲しい瞬間なのです。

周りに仲の良いカップルが多い

人間だれしも周囲の影響を大きく受けます。周囲といえば育った環境が大きく、両親の仲が良いと、彼女を探すのは当たり前と思っている男性もいます。また男友達の影響も少なくありません。周りの友人にみんな彼女がいるという環境であれば、自然に自分も彼女が欲しくなってしまうものです。特に友人に仲の良さを見せつけられると、刺激されてうらやましくなっても不思議ではありません。

結婚相手を探す男性の心理

彼女が欲しいという心理と結婚をしたいという心理は必ずしも同じではありません。むしろ違うことが男性の場合は多いといえます。出産をすることがない男性は女性に比べて結婚に対して焦りが少ないと言えますが、どんな時に男性は結婚を意識し始めるのか、女性としては気になります。男性の結婚に対する思いを理解できたら、モテる女性にさらに近づけるでしょう。

将来ずっと独身なのは不安

独身時代を存分に楽しみたいと思っている男性は少なくありませんが、そのうちの多くは、いずれは結婚したいと漠然と考えているものです。若いときは結婚なんて考えたことが無いという男性も、年齢があがり経験を重ねると、自分の老後について考えるときがあるものです。親がいなくなり、兄弟や友人には家族がいることを想像します。今は身体的にも精神的にも元気だけど、年老いて、このまま独りでいいのだろうか?とふと考えます。そうなると欲しくなるのが結婚相手。ぐっと結婚に傾いてしまうのが人間の心理というものです。これが女性を結婚相手として意識し始める瞬間です。

男性だって子供が欲しい

子供好きなのは何も女性だけではありません。子供が好きな男性は意外に多いものです。息子とキャッチボールがしたいとか、可愛くおめかしした娘とショッピングしたいとか、家族で遊園地に行こうなど理想の家族像みたいなものを持っている男性も中にはいるものです。特に仲の良い家庭で育った男性は、家族を育むという行為がごく普通のことだと考えています。自分が付き合った人と理想の家族像を築くことができそうだと判断すれば、いつでも結婚したいと、そういう男性は考えているものです。

周囲に刺激されて

結婚なんて意識したことが無かったけど、周りの友人が次々と結婚を決めるのに刺激されるというパターンです。結婚に対して悪い印象も良い印象も抱いていなかったという男性に多く、周りの結婚をみて、結婚について初めて考えさせられるのです。女性と違って男性には結婚への焦りというものは少ないですが、友人が築く幸せな家庭を見て、「俺も…」と結婚に期待を寄せることは、よくあることです。この娘となら幸せになれるかもと思わせたら、思わぬポロポーズを受けることになるかもしれません。

恋する一途な男性の心理

男性も素敵な女性に出会ったら恋に落ちます。周りが見えなくなるほど、のめり込んでしまう男性も意外に多いものです。女性であれば、それほどまでに男性に深く愛されてみたいと願うところではないでしょうか。男性が女性のどんなところに惹かれて恋に落ちるのか、その深層心理を探ってみましょう。

女性の内面に惹かれる

自分の考えをしっかり持っている人は、異性を問わず共感がもてるものです。男性もそんな女性に好意を寄せます。男性が女性に惹かれるパターンは、主に女性の考えが自分に近い場合と真逆の場合の二通りです。価値観が近い人と一緒に過ごすことは、苦にならず、夢を語り合うのも楽しいということは安易に想像できます。真逆の場合を好むタイプは、自分とは違った女性の価値観から受ける刺激を楽しみます。自分には思いつかない意見に刺激され、二人の時間が楽しく感じるのです。注意しなければならないのは、違う意見を述べることは決して相手を否定することではないということです。男性に限らず、自分を否定されるのは気持ちの良いものではありません。相手を認めたうえで、違う意見を述べる、そんなことができる女性に男性はグッと惹かれてしまうでしょう。

女性の外面に惹かれる

男性が惹かれるのは女性の内面だけではありません。男性にとって女性の外面はとても大事です。パッとしない男性と綺麗な女性が仲良さげに歩いている姿を見たことがある人は多いでしょう。女性は男性を総合的に評価する傾向があるのに対して、男性はまず女性の外面から入ります。もちろん外面が良ければ内面はどうでもよいわけではありません。男性に最も響くのは意外性です。美人なのに意外に優しい、ばっちりきめているのに意外に家庭的、可愛らしいのに意外にしっかりしているなど、外面プラス意外な一面があると、男性は惹かれずにはいられません。

母性本能にくすぐられる

男性は多かれ少なかれマザコンです。そんな男性のマザコンの部分を刺激すると、男性は女性にぐっと惹かれることがあります。落ち込んでいる時に、さりげなくかけられた言葉が心に響いた、取れたボタンをさっとつけてくれた行為に感動したなど、お母さんに当たり前のようにしてもらった行動を思い出してみましょう。きっとヒントが隠されているはずです。

都合の良い女性を探す男性の心理

男性にモテることと、都合の良い女性になることは違います。都合の良い女性になってしまわないように、男性の心理を知って、時にはNOと言う勇気を持ちましょう。

一人に絞る必要がない

モテる男性に多い心理です。絶えず女性が寄ってくるので、女性一人で満足せずに二股、三股と複数人と付き合うタイプです。女性の扱いには基本的に慣れていますから、女性を喜ばせることは得意です。あなたからの急な連絡を嫌がる、クリスマスやバレンタインデーに丸一日スケジュールをあけない場合は注意が必要です。

元カノが忘れられない

前の彼女に未練がある男性は、次の恋に入り込めなくて、都合の良い女性を探すことが多々あります。寂しい時に彼女の代わりを求めているだけのパターンですから、隠し持っている写真などに気がついたら要注意です。

自分の時間を邪魔されたくない

自分のことが大好きなナルシスト的な男性に多い心理です。相手の都合は顧みずに自分の都合だけで食事の誘いや、遊びに行く連絡をしてきます。自分の気分がのるときには楽しい二人の時間を過ごせるのですが、自分の気分がのらない誘いには応じようとしません。要はわがままです。

モテたい!その願い叶えます!モテ女になる方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

女性の外見に惹かれない男性はいません。男性にウケるファッション、男性にウケるヘアスタイル、男性にウケるしぐさについて紹介します。男性ウケの良いものだけでなく、同時にタブーも知っておくと、間違ったサインを男性におくらずにすみます。

モテたい!モテ女計画【ファッション編】

外見の中でも大きな部分を締めるファッションに関して、モテポイントを紹介していきます。

清楚なワンピースは男性ウケが良い定番

清楚に見える女性は男性ウケが抜群です。女性にしてみたら、物足りないぐらいでも男性にはぐっと響いたりするものです。アクセサリーも誇張しすぎないぐらいのものが喜ばれます。

デザインよりも色に注意

デザインにこだわる男性は少ないものです。デザインにはあまり目がいかない代わりに、男性には色の印象が強く残ります。清楚な女性を好む男性が多いように、派手な色は男性ウケが悪く、控えめな色に男性は好意的です。どうしても物足りなさを感じるようなら、派手な色をポイントで使うようにしましょう。

ミニスカートは丈に気を付けて

男性は確かにミニスカートが好きですが、ミニスカートをはくのは関係が接近してからにしましょう。初対面や、近い関係でない場合のミニスカートはタブーです。丈の短いミニスカートをはくと軽い女性だと勘違いされる可能性があります。言い寄ってくる男性はいるかもしれませんが、身体が目当てのことも少なくありません。ミニスカートの丈は膝が見えるぐらいまでに抑えるのが無難です。

モテたい!モテ女計画【ヘアスタイル編】

外見の中でも表情を引き立ててくれるヘアスタイル。ここで男性をグッとさせることもできます。

腕の良い美容師を見つけよう

あなたの髪質や髪の量など全てを理解してくれて、あなたに似合う髪型に仕上げてくれる美容師を見つけておきましょう。男性ウケが良いからと自分の顔の輪郭に合わない髪形をしてしまっては逆効果です。自分になじむヘアスタイルをすることが、まず一番のポイントです。自宅でのヘアケアの仕方からヘアアレンジの方法までアドバイスしてくれるような美容師さんがベストです。

時々見せるアップの髪が男性をドキッとさせる

いつもはフワッとおろしている女性が、会社の飲み会の時にはアップにしてきた、又は職場ではきちんと髪の毛をまとめているのに、休みの日には綺麗なロングヘアだったなど、普段とのギャップに男性はドキッとしてしまいます。ショートの人は耳に髪の毛をかけるだけでも表情が違って見えますし、小物を使ってみるのもいいですね。日頃からアレンジの仕方を勉強しておくといざというときに役に立ちます。

うなじにドキッとする

男性が浴衣姿の女性にうっとりするのは後ろ姿が多いです。浴衣のときは女性は髪の毛をアップにすることが多いことも影響しているのでしょう。たまに見せるうなじに男性は思わず目をそらしたりすることもあります。それほどにドキリとしてしまうのがうなじです。

モテたい!モテ女計画【しぐさ編】

いくら外見が良くても女性らしさがないと恋愛対象外 という男性はいるものです。ここでは男性をおとすためのしぐさを紹介していきます。

素敵な笑顔が作れたらイチコロ

ドキッとさせる笑顔を作れる女性は大きな武器を持っているのも同然です。笑顔にも色々あり、いつもニコニコ笑顔を絶やさない癒し系の女性や、時に見せる笑顔にドキッとさせられる女性など、自分の笑顔の良さを見つけておきましょう。意外にばれてしまうのが作り笑いです。いくら口で笑っても目で笑っていないと、すぐにバレてしまいます。鏡の前で自然に笑えるように練習してみましょう。

おもむろに髪をかき上げるしぐさ

女性が何気なく髪の毛を触るしぐさが好きな男性は多いものです。髪の毛を耳にかけてみたり、かき上げたり、ふとした時にするしぐさに男性は女性らしさを感じるようです。また、風でフワッと髪の毛がなびいたときにする香りもポイントです。男性との距離が何かの拍子で近づいたときに良い匂いがすると、悪い気がする男性はいないでしょう。

チラリと見える胸元

ミニスカート同様に初対面かあまり面識のない男性のまえで、胸元の大きく開いた服は勘違いされてしまうことがあります。大きな胸は服の上からでも十分アピールは可能です。逆に見せるつもりがないのに、チラリと見えてしまった胸の谷間に男性はドキッとすることが多いようです。女性は気が付かなくても、何か落ちたものを拾うとき、お辞儀をした時など、意外にチラリと見えるシチュエーションはたくさんあるようです。

モテたい!モテ女計画【会話編】

自分はモテないと感じている女性は、どうしても自分に自信をなくしがちになります。しかし、そこまで落胆する必要はありません。ちょっとしたコツで、どんな女性もモテ女としての1歩を踏み出せるのです。
その中でも重要になってくるのは、やはり普段の会話の運び方でしょう。会話の印象でその人に好感を持つことにもなりますし、逆にそっぽを向かれてしまうこともあります。では、モテ女の会話のコツとはどのようなものでしょうか。

声の大きさや話す速さに気を付ける

人は、ゆっくり話をしたいときに大きな声で話されたり、また聞き取るのに苦労しそうな速さでまくしたてられたりすると、話をする気をなくしてしまいがちです。こういった話し方をされてしまうと疲れてしまいますし、自分のことを話す隙間も見失ってしまうのです。
お互いのことをもっと知るための手段が会話ですから、会話中はリラックスして「この人なら話しやすい」と感じてもらうことが大切です。コツは、相手の声の大きさや速度を見て、それに合わせて会話をすることです。それだけで、相手に「話しやすい女性」という印象を与えることができます。

相手の言葉を反復する

これは心理学的にも相手に有効な会話術として知られていますが、相手が発した言葉を反復するというのもテクニックの1つです。これによって、相手に「自分の話に興味を持ってくれている」と感じさせることができるのです。
例えば出身地や趣味のことなどを相手が話したとして、それに対して相槌を打つだけでは話がそこで終了してしまいます。そこで、その会話で出たキーワードを反復して会話を進めていくのです。具体的には、相手が「○○出身なんです」と言えば、ただの相槌だけではなく「へぇ、○○なんですか」と返せば、それだけで印象がアップするわけです。さらに、「○○ってどんなところなんですか?」といったように返すことができればなおよしです。

相手の目をちゃんと見て話す

これは基本中の基本とも言えることでしょう。しかし、自分が話さなければと思って焦っているときや、相手に対して緊張してしまっているときには、ついついその基本をおろそかにしがちではないでしょうか。
自分に当てはめてみたときに、自分の目をきちんと見て話をしてくれる人が相手なら、安心して話ができると感じるはずです。特にメールやチャットと異なって、会話は相手と直接向き合って話せる貴重な機会ですから、視覚で見てわかりやすいテクニックを有効活用しましょう。

モテたい!モテ女計画【電話編】

次は、さらに相手との距離を縮められる電話でモテ女になる方法です。電話は相手の顔が見えませんし、自分と相手の話したいタイミングが合うとは限りませんから、注意しておきたい点はいろいろあります。また、女性にとっての電話への意識と男性が持つ意識にはズレがある場合もありますから、その点も合わせて気を付けましょう。

男性は基本的に電話が嫌い

女性は長電話が多いと言われていることからもわかるように、女性には電話をすることが好きな人が多い傾向にあります。気づけば何時間も話し込んでいたという経験がある方も多いのではないでしょうか。しかし、男性も同じ感覚を持っているかというと、そうではないことを覚えておきましょう。
男性は、基本的に電話をあまり好まない傾向にあると言われています。もちろん全ての人が電話が苦手というわけではありませんが、女性の感覚で男性に長電話を求めるのは避けた方が無難です。男性と電話をするときは、事前に電話が苦手な人でないかどうかをそれとなくリサーチしておきましょう。
また、比較的電話が好きという男性でも、あまり頻繁に電話がかかってきたり1回の電話が長時間になってしまったりすると、面倒くさいと思ってしまうこともあるのです。
女性はどうしても相手の声を聞きたいと思ったり、また電話の回数で愛情を示そうと思ったりしがちですが、これが全くの逆効果になりかねません。毎日でも電話したいという気持ちはいったん抑えて、相手の都合のよい日や時間帯などに気を遣うのがポイントです。

自分の話ばかりしない

一般的に、女性は自分の話を聞いてもらいたいという傾向にあると言われます。そのため、電話でもついついその日にあったことや職場での愚痴などをつらつらと語ってしまいがちなのですが、これを延々と聞き続けることは苦痛に感じられてしまうこともあります。自分からかけた電話でも、相手の話を聞き出したり、また相手が話し始めたらそれを遮ることなくじっくり聞いてあげたりすると、相手もまた電話で話したいと思ってくれるものです。
自分の話を全くしてはいけないというわけではありませんが、夢中になりすぎて話す側にばかりなってしまわないように気を付けましょう。

自分から電話を切ってみよう

気になる男性といつまでも話をしていたいのはやまやまですが、話を終えるときはあえて自分から切るというのも1つのテクニックです。相手が自分ともう少し話したいと思ってくれたとしたら、こちらから話を終わらせるとちょっと寂しいなという気持ちになるはずです。そして、切る前に「また電話するね」と一言添えると、男性は次の電話まで待ち遠しく思ってくれるでしょう。その気持ちは、恋愛感情に発展するきっかけになるのです。

モテたい!モテ女計画【ライン・メール編】

親しくなると、何でもないようなときにもラインやメールでやりとりしたくなるものです。これらの連絡手段なら、電話のようにタイミングに気を遣わなくてもよいですし、気軽につながっていられるような感覚になれて便利です。しかし、ここにもモテ女になるためのテクニックがあります。返信の仕方や内容によっては、これまで築き上げてきた好印象が崩れてしまうことにもなりかねないのです。では、ラインやメールで注意しておくべきポイントとはどんなものでしょうか。

返信はちょっと時間を置いてから

ラインやメールは、自分の都合のよいときに返信できる反面、気になる相手からメッセージを送信されると嬉しくなって、すぐに返信してしまいがちです。また、すぐに返信することで「自分の好意をそれとなく伝えられるかも」ともくろんでいる方もいるのではないでしょうか。
しかし、速攻で返信してしまうのは実はNG。相手は、もちろん返信がいつ来るかわからない状態で女性にメッセージを送っていますから、返信を待っています。すぐに返信されれば「自分に好意があるのかな」と思わせることも可能ではあります。ただ、モテ女は自分の好意を相手に気づかせることよりも、相手に好意を持たせるのが上手な女性です。そんなモテ女になるためには、相手に自分のことを考えさせる時間を作ることがポイントです。
ラインやメールの返信にちょっと時間を置けば、その間男性は返信を待ち、その女性のことを少なからず考えていることになります。気になる気持ちが大きくなってきた頃に返信が来ると、嬉しさも倍増になってまたやりとりをしたいと思わせることができるわけです。

長文は避ける

これは電話にも通じることですが、女性はラインやメールで会話をしたくて男性にメッセージを送ることが多いものの、男性にとってはそうではないことが多いと言えます。男性には、ラインやメールは長い話をやりとりするツールではないという意識を持っている方が多く、長文は敬遠される傾向にあるのです。
直接話ができないとき、次に会う予定を立てるときなどにはラインやメールは便利なツールですが、自分語りをするツールという認識は男性にはないと思っておいた方がよいでしょう。

相手が返信しやすい文面をおくる

例えば、自分のことばかり書いてしまったり、画像やスタンプだけをポンと送ったりすると、相手はそれに対してどのように返信したらいいのかわからなくなってしまいます。送った側としては、その感想などから話を広げてほしいと考えているのかもしれませんが、そこまでの話の展開を相手に求めてしまうのはいささか酷です。
相手が深く考えなくても返信できるような内容を送りましょう。

モテたい!モテ女計画【デート編】

デートでは、もう1度会いたいと男性に思ってもらえることが大切になりますから、ここで失敗してしまうとモテ女とは程遠くなってしまいます。必要以上にガチガチになる必要はありませんが、ちょっとしたことに気をつければさらにモテ女に近づくことができます。

服装はTPOを意識する

デートのときの服装は、より自分を可愛くみせようと気合が入りがちです。しかし、ここで気合を入れ過ぎてしまって、デートの場所やシチュエーションに合っていない服装で行ってしまうと、イメージダウンにつながってしまいます。
例えば、アクティブなアウトドアデートでタイトなスカートやハイヒールを履いていってしまっては、歩きにくいし足を痛めてしまうことにもなりかねません。それでは、せっかくのデートが台無しです。どのような場所に向かうかにもよりますが、気負わずに動きやすい服装を選びましょう。また、ショッピングなど街中を歩くデートで過度に露出が高い服装や派手な服装を選んでしまうと、目立ってしまって男性も気後れしてしまいます。
そして、食事に出かける際にはきつい香水の匂いは避けるのがベターです。香りが強すぎると食事の味に影響を与えてしまい、せっかくの料理をおいしく味わえなくなってしまいます。つけるなら、かすかに香る程度にとどめておきましょう。

ドライブデートではくつろぎすぎない

男性の車に乗せてもらってドライブデートに出かけるときは、いわば密室のような状態で2人きりになるわけですから、助手席に乗せてもらっているときの振る舞いには気を付けたいところです。例えば、車の中で眠くなってしまったとしても、何とか頑張って起きているようにしましょう。デートで眠るのはマナー違反ですし、運転している男性が退屈に感じてしまいます。ただし、運転している人は安全運転に気を配っている状態ですから、過度にちょっかいをかけたり気を散らせるようなことをしたりするのはNGです。
ハンドルを握っている男性に、タイミングをみはからって飲み物やガムを渡してあげたり、横で道案内のサポートをしてあげたりすると好感度が上がります。

カラオケデートでモテる方法

カラオケ好きな相手の場合には、デートでカラオケに行くこともあるでしょう。そんな時にはこんなポイントに気を付ければモテ度アップです。まず選曲についてです。ただ自分が好きな曲というだけではなく、シャウト系の曲を避けて可愛らしく歌える曲にしたり、男性の年代に合わせた曲を前もってリサーチしたりといった気遣いをしておきましょう。自分と男性が同年代で音楽の趣味が合う場合には、あまり深く考えることもないかもしれませんが、年上の男性と一緒に出掛けるときには、男性が青春を送った時代の曲をレパートリーに入れておくと男性の心にも響きますし、また男性への気遣いが見えて好感を持ってもらえます。
また、お互いに知っている曲を探し合って歌うというのもコミュニケーションが取れるいい方法です。

モテたい!モテ女計画【性格編】

これまで、わかりやすい態度やテクニックなどについて書いてきましたが、最後には小手先のテクニックよりも、その人自身の性格がものを言います。お互いの相性もありますが、男性が自然と惹かれてしまう女性の性格というものが存在します。男性は2人きりのときだけではなく、普段の振る舞いについても意外によく見ています。普段からモテ女である女性とはどんな性格なのでしょうか。

裏と表の顔に違いがない人

モテたいと思いすぎるあまりに、男性の前ではいい顔をして同性に対しては全く違った顔を見せるような人もいます。それだけではなく、上司や先輩が見ているところでは頑張っている素振りを見せるのに、いなくなった途端にだらけるなど相手によって態度が違うような人は、やはり敬遠されても仕方がないでしょう。裏表のある人は自分に対しても嘘の顔で接しているのではないかと思って、信頼を置けなくなってしまいます。男性はそんな一面を見てしまうと、どうしてもその女性を好きになることはできないでしょう。
人によって態度を変えたりせず、誰にでも同じ対応ができる女性であれば、男性も安心して心を開いてくれるでしょう。

いつも笑顔でいる人

いつも沈んだ表情や機嫌の悪い顔をしている人には近づきたくないですよね。ましてや、そうした顔しかしない人に好意を持つ機会はあまりないでしょう。
やはり魅力的に見える女性は、いつも笑顔で周囲を明るくしてくれています。多少口下手でも、笑顔が素敵ならそれだけでモテ女に近づけるのです。とはいえ、無理に笑顔を作ろうとしても不自然な笑顔はどこかでばれてしまうものです。いつも笑顔でいられるように、自分の気分の沈みや機嫌の悪さを、適度なストレス解消でスッキリさせてみましょう。自分の内側が明るくなれば、自然と笑顔も増えてきます。

前向きな考えを持てる人

いつも前向きな考えでいることは、実は難しいことです。ネガティブな発想になってしまうことは誰にもありますし、その発想を必要以上に隠すのも大変です。しかし、いつも後ろ向きなことばかり言っている人にはあまり魅力を感じず、男性からモテる道も遠ざかるというものです。
何かに行き詰ってしまったとき、いつまでも後悔し続けるよりも、今後の対処を考える方が前向きで建設的です。いつもポジティブな気持ちで過ごしている人の表情は魅力的なので男性からの注目も集まりやすくなります。

モテ女に近づくには相手と自分を知ること

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-1000xauto-16092

これまでの内容について共通していることは、相手の男性についてよく考えること、そして自分自身のことをよく知ることです。男性のことを気遣い、その心の動きも理解しながら、今自分がどのような態度や言動を取っているかを意識することがモテ女に近づく道なのです。
もしかしたら、これまで自分のことを知ってもらおうとするばかりに失敗を重ねていたかもしれません。相手と自分のことを常に考えながら、そのバランスを取ることができれば、より素敵なモテ女になれるはずです。まずできることから少しずつ始めてみましょう。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー