7,125 view 恋活

国際恋愛ってどうなの?きっかけや悩み、成功のポイントとは

  • Pairsをフォロー

国際恋愛は現実離れしたことに感じる方が多いかもしれませんが、一方で憧れを抱く人も多いでしょう。今回はそんな国際恋愛について、どんなきっかけで出会っているのか、外国人男性と国際恋愛するときのメリット・デメリット、国際恋愛・遠距離恋愛でありがちな悩みや障害、成功させるポイント、長続きさせるコツなど国際恋愛について詳しく解説していきます。国際恋愛に興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

国際恋愛って?

-shared-img-thumb-BIS151026523938_TP_V

インターネットの普及によりグローバル化が進み、外国人の知り合いがいることがさして珍しくない世の中になってきました。しかし島国であり単一民族国家である日本が国際社会の仲間入りをしたのはごくごく最近であり、言語の壁・文化の壁を超えて愛を育む国際恋愛はなかなかハードルが高いと感じている人も少なくないでしょう。“外国人の彼氏”という響きになんとなく憧れを抱いていても勇気がなくて一歩を踏み出せない・・・そんな人のためにその恋愛ハウツーをご紹介します。

国際恋愛したい!出会いのきっかけって?

-shared-img-thumb-BIS151026033534_TP_V

相手が日本人であれ、外国人であれ出会いがなくてはどうにも始まりません。しかし日本人男性は見渡せばそこら中にいますが、外国人男性は・・・?素敵な彼氏を見つけるためにも、どういったご縁があるかを知っておきましょう。

外国人男性との出会いのきっかけとは【国内編】

「海外移住はちょっと・・・」という人も、日本にいながらにして国際恋愛のお相手を探せる場は実はたくさんあります。

旅行中にも素敵な出会いが!?

シャイな日本人と違って、初対面でも気さくに話しかけてくれる文化を持つ国が多く、短期間であっても出会いが期待できるのが海外旅行。話が盛り上がれば、メールアドレスを交換したりSNSで繋がりを持ったりと、その後のコンタクトもインターネットを使って容易に取れるので安心です。観光中はもちろん、ホテルのスタッフや飛行機で隣り合わせになった人など、海外旅行中のちょっとした出会いが運命の出会いに変わることもあるかもしれません。しかし治安の良い日本とは事情が違いますから、自分の身は自分で守るという意識も忘れてはいけません。

一緒に学びながら、愛を育てる

国内で外国人がよく集まる場所と言えば日本語学校が挙げられます。日本で生活する外国人のために用意されている日本語学校ですが、実践の場として授業だけでなく日本人と交流を深める機会を作ることも積極的に行われています。そういったイベントにはボランティアの協力が必須であり、一定以上の語学力があれば誰でも参加可能です。縁あって日本に訪れた外国人の日本滞在をサポートできるだけでなく、その中から素敵な彼が見つかるかもしれないと思えば一石二鳥ですよね。

異国の文化に触れながら・・・

各地で行われている国際交流イベントも見逃せません。各国大使館主催のパーティーやイベントもいろいろとありますが、民営団体による各種イベントも多く行われています。中には英語が話せなくても参加可能なパーティーも開催されていますから、語学に不安を抱える人でも比較的気軽に参加できるのも魅力です。もちろん恋人だけでなく友人も増え、海外の文化を肌で感じることができるので“海外”に免疫が無い人にとっては異文化に親しむ場としても最適です。

外国人男性との出会いのきっかけとは【国外編】

もちろん、勇気を持って海外へと飛び出せば周囲はすべて外国人ですから、国内にいる以上に出会いのチャンスには恵まれます。勉強のため、仕事のためと人によって事情はいろいろとあるでしょうが、せっかく得た機会を活かさない手はありません。

定番中の定番!?留学で広がるあなたの世界

日本人が海外へ行く、となると「留学」が1番に思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。仕事で行く場合とは異なり、自由に使える時間が多いので現地の人と積極的に交流を持てるのがメリットとして挙げられます。また留学先の学校、クラス、サークルなど自然と人が集まる場所に参加できるのでシャイな人でも出会いのチャンスが広がります。もちろん、留学の1番の目的は勉学です。語学や専門知識を学んで自分の将来のキャリアアップを目指しつつ、そこで出会う人々と素晴らしい関係が築けたらそれは素敵なことですよね。

ワーキングホリデーでアクティブに楽しみながら

留学とは異なり、働いて稼ぎながら海外に滞在できるのがワーキングホリデーです。年齢などの一定の条件を満たしていれば誰でも取得することができ、滞在中の過ごし方は自由に選べるので忙しい社会人に人気を集めています。語学学校へ通うもよし、仕事に明け暮れるもよし、自分次第でコミュニティはいかようにも広がり、それに伴い出会いのチャンスもどんどん増えていきます。通常ワーキングホリデービザは1年間という期限付きですが、国によっては条件を満たせば2年間まで延長が可能なので「1年間では良いご縁が見つけられなかった」という場合でもまたチャンスが巡ってくることもあります。

仕事をしながら、パートナー探し!

仕事で海外赴任、という場合も外国人彼氏との出会いが期待できます。海外赴任となれば長期間になることが多いでしょうから、現地の生活をする中でご近所さんや行きつけのお店など自然と深まる付き合いもあります。また現地法人への出向であれば同僚のほとんどが外国人ということになりますから、無理に探さなくても自然と向こうからアプローチがあることもあるでしょう。

外国人男性との出会いのきっかけとは【ネット編】

最近ではインターネットが発達し、海を越えての交流が活発化しています。現実世界の友人と繋がることはもちろん、ネット上で出会い親睦を深め、そこから恋愛に発展することも決して珍しいことではありません。

新しい恋愛のカタチ!?ネットでの出会い

SNSのような交流サイトはプロフィールやその人の属しているコミュニティを見ることができ、共通の趣味嗜好を持つ人を見つけやすいサービスです。共にわかりあえるものがあるので話が盛り上がることが多く、ネット上で意気投合すればオフ会などで実際に会うこともできます。そのため、新しい出会いの形としてすでに定着しつつあります。「顔が見えない相手とのやりとりは怖い・・・」という人もいるかもしれませんが、真剣に出会いを求める人のために提供されているマッチングサービスもあり、男女が出会う場としてネットが果たす役割は徐々に大きくなってきています。

SNSで簡単登録!Pairsとは?

例えばFacebookを活用して登録できるPairs<ペアーズ>もそのサービスの1つです。Facebookと連携してはいますが安全のために名前はイニシャル表記であり、Facebook上のお友達にペアーズでの活動内容が公開されることもありません。年齢や居住地、身長といった基本的な情報からお酒やタバコといった細かい項目まで検索できるので自分の理想のお相手を探しやすいシステムになっています。また、「映画好き」「カフェ巡りが趣味」といったコミュニティが多数存在しており、自分の価値観に合う人を探しやすいというのもパートナーを探している人にとっては嬉しい機能ですよね。

どの国の外国人男性が人気なの?その理由とは

-shared-img-thumb-MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531_TP_V

一口に「外国人」といっても世界には日本以外にも190以上の国々があり、文化や価値観もそれぞれです。国によっては日本では考えられないような慣習に出会うこともありますので、日本女性に合う国はどこなのか事前にチェックしておきましょう。

イギリス

“英国紳士”という言葉が示すように、イギリス人には物腰柔らかで穏やかな印象があります。もちろん個々人によって性格に差はありますが、日本人女性に選ばれるにはそれなりのワケがあるようです。

どこか似ている?日本人とイギリス人!

イギリスと日本は同じ島国であり、考え方や慣習が似ている部分が多数あります。例えばストレートに自分の気持ちを表現し自己主張の激しい他のヨーロッパの国に比べ、イギリスは自分の意見をオブラートに包み遠回しに表現することが多くこれは日本人と共通しています。他人と一定の距離感を持って付き合いたがるので、日本人には馴染みのない過度なスキンシップに驚くこともなくスマートに関係を築いていけます。

イギリス人男性の魅力とは

イギリス人は見た目の美しさだけでなく性格やキャリアなど総合的な価値観で女性を判断します。容姿にコンプレックスを抱えることなくパートナーと通じ合えるのは大きな安心感へとつながります。また、結婚しても夫婦の絆をとても大切にする人が多いことも特徴です。2人の時間を優先するために家事や育児にも積極的ですし、時には有料ベビーシッターに預けることもあります。

晴れてゴールイン!と思ったら・・・?!

イギリス人男性と付き合うことのデメリット、それはずばり結婚まで至った時に突如として現れる「ビザ」という問題です。イギリスでの国際結婚は世界一大変とも言われており、イギリス人と結婚して配偶者ビザを取得するには様々な条件をクリアしなければなりません。永住権を得たいがために偽装結婚をする犯罪者が後を絶たず、それを根絶するために複雑なルールが設けられているのですが、純粋に結婚したいカップルにとっては煩わしい問題です。

アメリカ

自由の国、アメリカ。その言葉が示すとおりアメリカには多様な考え方・価値観を持った人が存在しており、それを受容する文化があります。「人と違って当たり前」の国なので、国際結婚も珍しくありません。

「女性には優しく」が当たり前!?

日本人にとって馴染みのない慣習はいろいろとありますが、その1つに「レディーファースト」があります。ドアを開けて先を促す、荷物は全部持つ、レストランでのオーダーなど、日常生活のあちこちに“女性優遇”が散りばめられており、「大事にされている」と常に感じることができます。初めは戸惑うかもしれませんが、公共の場においてはそのようなふるまいが当たり前であり、逆にそうでないと男として情けないと思われてしまう文化なのです。しかしかといって「女だから」と差別されることはなく、家事や育児は分担、基本的には男女平等です。

アメリカ人男性だからこそのメリット

アメリカ人の特徴としてはリアクションが大きいことが挙げられます。言葉の抑揚が激しいのはもちろん、身振り手振りを使って自分の感情を表現するので何を考えているのか、何を伝えたいのかがわかりやすいというメリットがあります。英語に自信がなくても、ノンバーバルコミュニケーションで意思疎通ができればお互いの気持ちを確認することはできますよね。また、先述の通りアメリカは多数の文化や言語が混在する国です。異なる文化に対する受け入れ態勢が元々醸成されているので、国際恋愛だからと身構えなくとも自然なコミュニケーションが取れるのもアメリカ人男性の魅力です。

「曖昧」が許される日本人、許されないアメリカ人

しかし表現方法の違いは時に日本人を苦しめます。単一民族である日本人には「空気を読む」という言葉があるように、相手の微妙なニュアンスを感じ取り、はっきりと言葉にしなくともお互いにわかりあえる言語文化があります。一方移民の多いアメリカではそれぞれの抱えるバックグラウンドが異なることが当たり前なのでそれは通じず、「YES/NO」がはっきりと求められます。相手にとっては単に意見を言っているだけでも時にきつい言葉に聞こえてしまうこともあり、慣れないと神経をすり減らしてしまうこともあるかもしれません。

イタリア

ヨーロッパで1,2を争う恋愛大国として知られるイタリア。歴史が深く古代より諸外国に影響の強かった国ですがその国民性は非常に陽気でほがらか、そして義理人情に厚い人が多いのが特徴です。

誰とでも陽気に仲良く!

イタリアはアメリカ以上にレディーファーストが徹底されています。それは恋人だけでなく家族もその対象であり、イタリア人男性にとって女性はどんな人であっても等しく敬うべき存在なのです。慣れないと「この人、私に気がある!?」と思ってしまう人もいるほど「女性に優しく」が当たり前の社会です。また基本的に楽観的で開放的な性格なのでうじうじと悩んだり誰かを恨んだりといった陰険なタイプは少なく、非常に付き合いやすい人種と言えます。

情熱的、かつ誠実なイタリア人男性!

イタリア人は「遊ぶために仕事をする」という人がいるほど、人生を謳歌する事を至上の喜びとしています。その中には当然恋愛も含まれるので、パートナーのことを優先的に考えてくれる人が多いのが特徴です。「女性を見かけたら口説かないと失礼」と言われるほど恋愛に対して情熱的な国であり、それは付き合ってからも変わりません。「愛してる」「キレイだ」といったような甘い囁きをサラっと言葉にしてくれるあたりは日本人男性とは大きく異なるところです。イタリア人というとナンパなイメージが強いですが、実は宗教の影響か恋愛に対しては非常に真面目で、1人に対して一途な人が多いこともイタリア人男性の魅力です。

ママ>恋人!?

イタリア人男性は女性を大切にするあまりときに「マザコン!?」と思ってしまうような行動をすることがあります。イタリア人男性にとって女性は全て敬意を払うべき対象ですが、その中で最も大事にすべきなのが母親であり、ときにパートナーよりママを優先する姿勢が見られます。成人しても「ママ、大好き」と言葉に出すことに躊躇はありませんしママもそんな息子に全力の愛情で応えます。イタリア人にとっては当たり前のことでも日本人女性からしたら少し引いてしまうこともあるかもしれませんね。

フランス

芸術と伝統の国、フランス。旅行先として選ばれることも非常に多くいつか訪れたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか?フランスは「アムール(=愛)の国」とも呼ばれ、映画に出てくるような自由で奔放な恋に憧れる人が多い国です。中世、そして近代と激動の歴史の中で宮廷の女性たちは常に恋する乙女であり、戦後まで家制度に振り回されていた日本とは違って“恋愛”が文化として醸成されてきたのです。

恋が人生を美しく彩る!?

個性を尊重する文化の国であるフランスで育ったフランス人男性は自立心が強く物言いもハッキリしているので、恋愛においてもグイグイと引っ張っていってくれます。その姿は非常に男らしくて頼もしく、パートナーとして魅力的と言えるでしょう。日本人の考える「愛」は「人間愛」「家族愛」という言葉があるように相手のことを思いやる“情”に似た部分があるかもしれませんが、フランス人の思う「アムール」は少し異なります。それはパートナーのことを情熱的に思う気持ちであり、どちらかといえば“恋”に近いものがあります。どれほど年を重ねても人生にはこの「アムール」が必要であると考えているので常にロマンスを求めているのがフランス人男性の特徴です。

いつまでもキレイで素敵に過ごせる?

個人主義の国ではありますがそれは決して孤独でいることをよしとするわけではなく、個人が個人として非常に尊重されるムードがあるということです。日本では結婚して子供を産むと「○○ちゃんのお母さん」と言われることがあるように、時に自分のアイディンティティを疑ってしまうこともありますが、フランス人にとってはそのような事態は驚くべきことです。子供も大切だけど妻も同じように大切で、2人の時間を作るために生まれたばかりの赤ん坊をベビーシッターに預けることも珍しいことではありません。自然と常に“女”でいることを求められるので自分磨きにも積極的に取り組めます。

フランス人と付き合う前に知っておきたいこと

自由な雰囲気のフランスでは何事においても自分の意見が求められ、言うべきことは歯に衣着せずはっきりと言うのが当たり前です。自己主張が強いので好き嫌いが激しく、自分の意向に沿わないことに対しては不満を口にすることもしょっちゅうで、それは恋愛においても同じです。さっきまで「愛してるよ」と耳元で甘い囁きをしていた彼も何か気に食わないことがあれば突然そっぽを向くこともあり、その激しい感情の起伏は慣れるのに時間がかかるかもしれません。日本人は自分の感情を“言わない”ことを美徳にしていますが、フランス人は“言う”ことが美徳であり、その意識の違いは望まぬケンカを避けるためにも心に留めておくべきでしょう。

スペイン

ギターの名曲「アルハンブラの思い出」が象徴するようにスペインというとどこか情緒的で味わい深いイメージの強い国です。そこに暮らす人々も感情豊かで朗らかな人が多く、付き合いやすい人種と言えるでしょう。イタリアやギリシャと同じ地中海性気候に属するので陽気なラテン的雰囲気はどこか通ずるところもあるかもしれません。

その情熱が心を動かす!

スペイン人は非常にフレンドリーな国民性で、初めて会った人とも気さくに友達のように話せる人が多くこれは男性も女性も同じです。まるでずっと友達だったかのようにすぐに打ち解けることができるので人見知りの人にとってはありがたいですよね。喜怒哀楽が激しく感情表現もストレートなのでいさかいもありますが、大らかで細かいことは気にしない性格ですので激しく怒ったあとでもしばらくするとケロッとしていることもしばしばです。ラテンの血がそうさせるのか非常に情熱的で、ロマンティックな雰囲気でパートナーを楽しませようという姿勢を常に忘れないので、「愛されている」と実感することも多いでしょう。

仲良くなったらみな家族!?

スペイン人男性は家族を非常に大切にすることでよく知られています。他の欧米諸国とは異なり、成人してからも親と同居している人も珍しくありません。家族ぐるみの付き合いが当たり前なので両親にパートナーの存在を知らせるのも早く、日本に比べて“両親に紹介”のハードルが非常に低いです。紹介したからといってすぐに婚約、というわけではなく「家族には何でも話す」スペインの文化がそうさせるのです。しかし一旦紹介されればまるで家族のように扱われ、結婚式や誕生日など家族イベントの際にはお声がかかるようになります。なので、いざゴールインとなっても慌てて取り繕う必要がなくスムーズに家族に溶け込めます。

騒ぐの大好き!?パーティーピーポー!

スペイン人男性は人との絆を大事にするので、友人たちとの語らいや付き合いに非常に重きを置いています。街を見渡せばバルやカフェ、街角のベンチなどのあらゆるところで友達同士で大いに盛り上がるスペイン人男性の姿を見かけますし、ワインを片手に2時間3時間と長時間に亘って食事をしながら語らい合うことも珍しくありません。またみんなでワイワイと集まって騒ぐことも大好きです。これはスペイン人女性も同様なのですが、日本人にとっては馴染みの薄い文化ですので、あまりに友人たちばかり相手する彼に「私のことも構ってよ!」とつい言いたくなってしまうこともあるかもしれません。

韓国

日本のお隣、韓国。古来より人の往来があり文化交流が盛んで、“韓流”はドラマ・映画・歌謡界と日本のエンタメシーンで存在感を示しています。同じアジア人であり物理的距離も近いので親しみやすく感じられるかもしれません。

男らしくて紳士的、それが韓国の男!

韓国の男性は女性に対して非常に紳士的で優しいですが、恋愛となると意中の子には積極的にアプローチする男らしさもあります。付き合う場合には男性からの告白が基本で、女性から言うということはありません。一度の告白でOKしてしまうと「尻軽女」と思われてしまう文化なので、両思いの場合でも最初の告白では女性は受け入れません。なので2度3度、時には10回もアタックをするハングリー精神もあります。付き合ってからもパートナーを非常に大切にするのでまるでお姫様のような気分が味わえます。

心も身体も鍛え上げる!

同じアジア人でも、韓国人男性には日本人にない特徴があります。それは愛情表現をストレートにしてくれるという点です。公共の場であってもハグやキスは当たり前ですし、思わず歯の浮いてしまうようなセリフもさらっと言ってのけます。また韓国の男性は女性から頼られることに喜びを感じるので、女性を“か弱きもの”として扱うことも多々あります。肩を貸したり頭をポンポンしたりといった女心をくすぐられる行動も韓国人男性にとっては朝飯前です。また頼られる男になるためにトレーニングに励んでいる人が多いのも特徴です。2年間の兵役が義務付けられていることもあって、引き締まった身体を作ることに余念がありません。

過ぎたるは及ばざるが如し!?

韓国では「女性は男性が守るもの」という意識が非常に強く、出かけた先で男性が奢るのは当たり前ですし、女性の荷物も持ってくれます。彼女のことを常に気にかけ記念日にはプレゼントやロマンティックな演出で楽しませてくれますが、ときにその愛情は重く「束縛」とも受け取られかねません。彼氏・彼女を何より優先するので他の友人関係がおざなりになってしまうこともあり、また日本では当たり前にある“男友達との友情”もなかなか受け入れてもらえません。「あなたのことも大事だけど、友達も大事なの」という自分の意向を理解してもらえないとお互いにさみしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

中国

「中国4000年」という言葉があるように、中国は世界の中でも最も古くから文明が興った地域の1つです。古代より王朝の入れ替わりが激しく激動の歴史を歩み、ユーラシア大陸の東部を占めるに至ったこの国は現在世界一人口の多い国としても知られます。少数民族を含めると50以上の民族が中国国内には存在し、一口に「中国人」と言ってもそこには実に様々な人がおり、その複雑な背景から形成される文化も多種多様です。

身内にはひたすら優しく

中国人は人間関係を非常に重視し、特に恋人や家族は何より大事にすべきものという文化があります。逆に言うと関係のない人に対しては時に冷淡なのですが、一度知り合いになってしまえば情に厚く、困っていることがあれば自分が大変な目にあっても救いの手を差し伸べてくれます。一方で自分の思っていることははっきりと伝える国民性なので、「いいな」と思う子がいたら積極的にアプローチをし、彼女を手に入れるための努力を怠りません。

もう彼女しか見えない!

そんな中国人男性の恋愛はとにかく一途です。好きでもない女性にヘラヘラと愛嬌を振りまくことはありませんし、恋人に対しては常に真っ直ぐで真剣です。物静かな日本人と比べれば愛情表現が豊かで、「今日もキレイだね」といった褒め言葉も惜しみなく伝えてくれます。基本的に遊び人は少なく、浮気の心配が少ないので安心ですね。

目指すは勝ち組?!中国人男性の恋愛観

古来より世界をリードしてきた歴史を誇り、「中国が世界の中心」という“中華思想”を抱く人が少なくありません。そのため中国人男性は常に自信に溢れており、メンツを何より大事にします。仕事を選ぶときもパートナーを選ぶときも、「この人は自分にふさわしいか?」とメンツを優先して選ぶ傾向にあるのでその目は結構シビアです。また男性が女性を見るときに重要視するのが「美貌」と「若さ」であり、それらはその男性の才能や成功を示すものと捉えられるため、美人妻を得ることは男性にとっては何よりのステイタスなのです。昔から結婚の際に中国人男性に求められるのは「持ち家」であり、結婚してまで賃貸物件に住むなんてありえない!という風潮があります。今でこそ徐々に価値観も多様化していますが、このこともからも中国人男性がいかにメンツに重きを置いているかということが窺えます。

広大な国土ゆえ・・・

中国の男性について一般論を紹介してきましたが、前述の通り中国は国土が広く多民族国家のためひとくくりにはしきれない部分もあります。北部では亭主関白、南部ではかかあ天下といったように地域によって風習が異なるので、自分のお相手が中国のどこの出身なのかは気にかけた方がよいかもしれません。

台湾

台湾は沖縄からすぐの場所にあり、日本とは昔から親交が深く親日家も多い国です。歴史的に複雑なバックグラウンドがあり、様々な文化を受け入れてきたため基本的に明るくて親切、大らかな国民性です。

とにかく優しい台湾人男性!

台湾人女性は気性が荒く気が強いことで有名で、台湾には女性優位の雰囲気があります。そのため台湾人男性は女性に対してとても面倒見がよく優しい人が多いのが特徴で、温厚であまり怒らず、彼女のわがままに笑って応えてくれます。とにかく女性を大切にするので彼女のためならばどんな犠牲も厭いません。どんな場所でも彼女の送り迎えは当たり前ですし、出かけた先では荷物を持ってくれ、長い買い物にも嫌な顔一つせず付き合ってくれます。女性にどれだけ優しくできるか、という点で男の度量が測られる傾向にあるのです。

彼女には一切隠し事なし!

台湾人男性はコミュニケーション好きな人が多いので、毎日のように電話をかけてきたりメールを送ったりとマメに連絡を取ってくれます。「彼氏と連絡が取れないと不安」という人には台湾時人男性のこうした真面目さは安心するかもしれませんね。また、特に結婚を意識していなくても家族や仲の良い友人に紹介してくれます。彼氏の友達とグループで遊ぶことも珍しくないので、会えない時間にやきもきしたり浮気を疑うこともありません。

あなた無しでは生きていけない!?

台湾人男性はどんなときでも彼女の意向を優先するので、男性にリードされることに慣れている人にとっては“物足りない”と思ってしまうこともあるかもしれません。「君の好きな方でいいよ」と言われると最初は自分の意志を尊重してくれてる!と思って嬉しいかもしれませんが、ずっとそれが続くとなると時には男らしく引っ張っていってくれないかな・・・と不満に思うこともあるでしょう。また、“恋愛至上主義”の一面が否めないので、仕事中でもお構いナシに連絡をしてくる人も珍しくありません。彼女のことを大切に思っての密なコミュニケーションも行き過ぎると束縛と感じてしまう人も中にはいることでしょう。

別れの原因にもなる!?国際恋愛に多い悩みと障害とは

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK57_konoatodoushiyoukanato-thumb-1000xauto-15669

国際恋愛は、国境を越えて愛を育むもの。そんなロマンティックなイメージが大きいでしょう。しかし、現実は遠距離恋愛だったり、言葉の壁、文化の違いなどたくさんの問題があるのです。日本人同士の恋愛と同じで、楽しいこともあれば、悩むことも。ここでは、国際恋愛において多い悩みや障害をご紹介いたしましょう。

言葉の壁にぶつかってしまう

国際カップルは、必ずどちらかが相手の母国語を話すことになります。ネイティブレベルとは行かなくても、ある程度コミュニケーションが取れないと関係を続けることは厳しいものです。「言葉の壁」が厚すぎると感じたなら、今以上に勉強をすることが重要ですが、お互いがそれぞれの母国語に興味を持ち、理解を深めながら前に進んでいくことが大切なのです。とはいえ、言語の違う人と付き合うことで言語の勉強は普通よりは捗るはずです。なので、大きな壁にはならないというケースが多いかもしれません。

彼の本性が見抜けないと感じ不安になってしまう

留学やワーキングホリデーで出会った場合は、帰国というものがあるため、一緒に過ごす時間が限られています。また、SNSで出会った場合は、最初は顔も知らないこともありますし、メールやSkypeでの会話で関係を深めていくことになります。同じくワーキングホリデーから帰国した場合も、同じくメールやSkypeで関係を持続していくことになります。不思議なもので、離れていると言葉だけでは相手の本性が見抜けなくなってきます。
日本国内で出会った場合は、近くにいることから安心感はありますが、彼は外国人だから・・・と思いがちです。人前での愛情表現や、他の女性とのデートなど、これが普通なんだと思いながらもモヤモヤしてしまうことに。そんなことから、外国人の彼の本性が見抜けないと悩む女性が少なくありません。ここで必要なのが彼は外国人だからではなく、同じひとりの人間として彼を見るようにしましょう。

文化の違いや食文化の違いに戸惑いを感じてしまう

文化の違いといえば、まず時間の感覚や、約束に対する考え方が違います。時間にルーズだったり、約束をドタキャンしたり、すぐに忘れるということも。しかし、それに対し悪気がないのです。また、彼の友人との食事には同伴するのが当然のことだったり、自分の意見を強く主張し、議論をはじめることに戸惑いを感じてしまうことも。
次に食文化の違い。食事の好みが合わないのは辛いですよね。生まれ育ってきた国が違うのですから、好みが合わないのは当然のことです。毎日お米を食べてきた日本人にとって、毎日パンを食べ続けるのは厳しいことですし、その逆も同じです。ましてや、中にはベジタリアンの方もいます。一緒にいるから、同じものを食べたいという気持ちがあるならともかく、そうでなければ別々の物を食べてもいいのではないでしょうか。そのほうが気持ちも楽ですよね。

価値観の違いが大きなストレスになってしまう

価値観の違いも国際恋愛において尽きない悩みです。デートの時のお金は必ず割り勘、公衆の面前であっても堂々と愛情表現する、自分の過去の女性関係を語るなどの悩みが多いようです。また、食事のマナーの大きな違いや、波風の立たない平和主義な会話を嫌うなど、少しストレスを感じてしまうこともありますが、個人差があることが見受けられます。

相手の国が好きじゃないと感じてしまう

相手の国の悪口や批判をすると、喧嘩になってしまいますが、相手の国が好きじゃない理由として挙げられるのが、治安の問題、環境の問題、宗教の問題、家族間の礼儀、食習慣といったものです。今自分が住む場所や環境が当たり前になっているので、大きく違うところを発見すると、受け付けられなくなってしまうのでしょう。しかし「違い」がある事は、お互いわかっているのです。大切なのは違いを受け入れられるかどうかなのです。きちんと理解して受け入れることができれば、好きになっていくのかも知れません。

経済面や金銭感覚の違いに不安を抱えてしまう

国が違えば金銭感覚も違います。国によっては、日本人がアルバイトで稼ぐお金が、数ヶ月分の生活費に値する場合もあります。また、「貯金はしない、お金は今を存分に楽しむためのもの」と考える外国人も少なくありません。そういったことから、お金の使い方は国によっても、個人的にも差があります。お金に几帳面な日本人から見ると経済面での不安は大きいかもしれません。

結婚観のズレに未来を見い出せなくなってしまう

日本では専業主婦も珍しくありませんが、欧米やヨーロッパでは共働きが一般的です。また、ヨーロッパでは事実婚が多いですし、フランスでは籍を入れないカップルが交わすPACS(連帯市民協約)と呼ばれる制度が存在します。PACSをしてみて、うまく行きそうだったら結婚するという考えのカップルも。このあたりに結婚観のズレがあるといえます。

会えないという不安や先の見えない不安にかられてしまう

遠く離れて住んでいる場合は、会えない不安がいちばん大きいのではないでしょうか。メールや電話では、意思の疎通が不安定になりやすいですし、先が見えなくなり不安になることも。また、結婚を考えると国籍が違うため、いずれはどちらかの国で暮らすことになるという不安も出てきます。

遠距離のため彼の浮気が心配になってしまう

不安の中で圧倒的に多いのが不安といえば彼の浮気です。連絡が途切れると、もしや浮気をしているのでは?そう思いはじめると落ち着きませんよね。しかし、そんなカップルならではの浮気防止策がちゃんとあるのです。それは「二人で節約し貯金すること」です。次に会うための航空券代や将来に向けての資金を二人で貯金するのです。そうなると彼も自然に節約するようになり、外に遊びに行く機会も減るというわけです。

国際恋愛で勝者になる!国際恋愛を成功させる・長続きさせるポイントとは

-shared-img-thumb-MAX85_konosyouhinwoteian20140531_TP_V

お互いが惹かれ合い交際しているわけですから、距離の問題や文化の違いが原因で離れていくのは悲しいことですよね。現に国際恋愛というもの自体が「壁」になっていることもあるのではないでしょうか。障害に負けない恋を成功させるにはどうすれば良いのでしょうか。いくつか考えるべき点があると思いますので、紹介いたします。

国際恋愛を成功させるポイントとは

国際恋愛のはじまりは、お互いの違いが魅力と感じるのですが、時間が経つに連れ、さまざまな問題が発生しやすいようです。国際恋愛を成功させていくうえでは、覚悟や見極めも必要になってくるようです。順にご紹介していきましょう。

文化の違いや価値観の違いは理解して無理なく受け入れること

実は仲の良いカップルほど、一緒に過ごしている中で文化の違い、価値観の違いを感じていないようです。国際恋愛では、どうしても相手を外国人だと意識するため「違い」に悩みがち。しかし、相手が外国人だからではなく「人として違う」と考え、違いを理解し受け入れる。理解し難いことに対しては、遠慮なく口にすることが大切なのです。

お金と時間をしっかり確保する努力を怠らないこと

遠距離恋愛の場合は、会いに行くためのお金が必要になってきますし時間もかかります。現地滞在時にもお金が必要ですし、ビザで決められている滞在期間もあります。また、仕事を持つ方なら滞在できる時間が限られていますし、そういった面での覚悟は絶対しておくべきなのです。

自分の気持ちを相手にストレートに伝えること

外国人は気持ちをストレートに表現します。しかし、日本人はどちらかというと、自分の意見を伝えることが苦手で恥じらうことが多いです。自分の気持ちを相手にストレートに伝えることが互いの絆を深めます。離れていればなおさらなのです。

日本人女性なら誰でも良いわけでないことをきちんと見極めること

外国人男性の中には、日本人女性に強い憧れを持っている人も少なくありません。自分のことが本当に好きなのか、もしや日本人女性なら誰でも良いのでは?と思うことも。恋人は自分を理解しようとしてくれているか、不安にさせないか、気持ちを形や行動にして表してくれているか、きちんと見極めることが重要です。

【番外編】国際遠距離恋愛を長続きさせる方法とは

国際遠距離恋愛でネックになってくるのが時差と距離の問題です。国によって時差は異なるものの、北米と日本の間では17時間。会いに行こうと思えばいつでも会いに行けるという距離ではありません。どのようにして距離の問題を乗り越えているのでしょうか。

電話・メール・Skypeは一定のペースと量を保ち連絡を取り合う

遠距離恋愛中のコミュニケーションで欠かせないものといえば、メール、Skypeですよね。電話も今は無料通話のLINEがあるので、昔に比べるとずいぶん便利になりました。このツールをうまく利用することも恋愛を長続きさせるポイントです。メールは一日一回必ず、Skypeは時間のある土日のどちらかなど、一定のペースと量を保ちながら無理のない範囲で連絡を取り合うのが理想的です。

彼と一緒に楽しみながら長期目標を立てる

未来が見えにくい遠距離恋愛だからこそ焦りは禁物です。自分の中で具体的な長期目標を立てることで、不安からも開放され未来の為にがんばれるのです。まず、次はいつ会うかなどの短期目標を立て、次に一緒に暮らすことに関してなどの長期目標を立てるのです。彼と一緒に楽しみながら計画を立てることをおすすめします。

彼のいる国のイベントや料理に興味を持ち話題を作る

国の文化が違うからこそ、季節ごとのイベントが違いますし、食文化が違うからこそ、伝統料理や家庭料理も違います。外国人も日本特有のイベントや料理に非常に興味を持っています。彼のいる国にも興味を持てるものが必ずあるはずです。それについて話すことで会話も広がっていきます。

離れているときこそ前向きに自分の時間を楽しむ

彼と離れていると、一人の時間の過ごし方が分からず、電話やメールで寂しさばかりを打ち明けてしまうことも。寂しさを紛らわしてくれるのは、離れている彼ではなく、前向きにがんばる自分なのです。次会うまでにキレイな自分になろうとジムに通ったり、彼の国の料理を学んだり、もっと語学を勉強したり、女性としての魅力を身につけておくことで、より彼に愛される自分になれるのです。

家族の理解を得るために下準備は欠かさない

彼氏が外国人だと、家族に打ち明けられなかったり、同意を得られない方が多いようです。結婚を見据えた交際なら、家族の理解を得ることが絶対条件になってきます。早い段階から、何気なく両親に外国人男性の友人がいることを伝えておくのも良いかもしれません。その彼が日本に旅行しに来るとなれば、少しは両親にも親近感が湧くはずです。その先に繋がる交際ならば、家族の理解も得られる可能性が高いといえるでしょう。

SNSでしっかり繋がっておく

海外では日本よりもFacebookユーザーが多く、友人や知り合いの情報をFacebookで取得しているという人も多いです。そのため、恋人とSNSで繋がっておくことはもちろん、他人への牽制として恋人と写っている写真をアップしておくということも有効です。それにより、恋人を奪われるということを多少なりとも防ぐことができるからです。

国際恋愛はゆるやかなペースで進むことが正解

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CAFEnomadojyosi15221149-thumb-1000xauto-16096

生まれ育った国が違うので、文化や習慣、考えにおいて国際恋愛には大変なことが多いです。しかし、その分新しい発見や楽しみがあるため、自分の人生感や人生そのものが大きく変わることも。出会い方もさまざまですが、やはり恋は運命、例え自分がどこにいたとしても、外国人の彼と出会うことがあるのです。人気の外国人男性といえば、アメリカ人やフランス人、イタリア人。顔立ちが良いことに加え、愛情表現が豊か、ロマンティック、ポジティブという面が共通しています。
また、外国人の彼と交際するうえでは必ず言葉の壁がつきまといますが、結婚したならば、これは一生勉強になるのです。そして、文化の違いにおいても悩みは尽きません。家族を大切にする外国人は、その距離感もとても近く家族優先になることもしばしば。しかし、自分の常識が相手にとっても常識とは限らないのですから、理解を深めていくことが大切になってくるのです。
お互いの文化の違いを理解し楽しみ、それについて学ぶことで、前向きに恋愛を続けることができます。長期目標を立て、それに向けてお金を貯めれば動きたい時に動くことが可能です。遠距離恋愛の場合は、時差の関係でコミュニケーション不足になりがちですが、電話とメールのペースを保ち、自分の気持ちをストレートに表現していくことで絆も深まります。国際恋愛を成功させるには焦りは禁物です。ゆるやかなペースで進んでいくことが成功につながるのです。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー