4,455 view 婚活
婚活 条件

結婚相手の条件を決める時に気をつける事とは?

  • Pairsをフォロー

婚活がうまくいかない理由のひとつ、相手に多くの条件を求めすぎる点について考察しています。男女ともに高望みをしすぎて結婚相手を逃してしまうのはありがちなこと。そうならないためにも、自分自身を見直し、条件を緩和したり取り払ったりすることも大切でしょう。理想的な結婚よりも幸せな結婚生活を続けられる相手を見つけるのが婚活ではないでしょうか。

婚活がうまくいかないのは条件のせい?

婚活 条件

みなさん婚活はうまくいっていますか?うまくいっている人はなによりですが、そうでない人は行き当たりばったりに婚活をするのではなく、どうしてうまくいかないのか自分自身を客観的に見つめ直す必要があるかもしれません。今回は婚活する人なら多かれ少なかれ持っている、相手の条件について、考えてみることにしましょう。

結婚相手にはひとそれぞれ「条件」がある

婚活をしている人に限らず、人は必ずといっていいほど恋愛対象に条件を付けているものです。人によって条件は様々でしょう。たとえばお金持ちと結婚したい人がいれば、顔がいい人と付き合いたい人、あるいは性格がよければそれでいいという人もいるでしょう。これらはすべて結婚相手へ求めることであり、条件ばかりになってしまうと身動きが取れなくなってしまうものでもあります。

婚活がうまくいかない人は高望みしている事が多い

婚活がうまくいかないとお嘆きの方に多く見られるのが、相手に多くを求めすぎるケースです。婚活条件厳しい中で活動していてもうまくいかないのは、はたから見れば自明の理ですが、案外本人は気づいていないもの。失敗が続いているのであれば、まずは自分が相手に求める条件を洗い出して、紙に書き出す作業から始めてみるといいかもしれません。リストの長さは多くの場合婚活期間の長さに比例するものです。

男女それぞれの結婚相手に求める条件とは

婚活がうまくいかない理由のひとつに、条件が厳しすぎることを挙げました。では実際に男女それぞれ相手にどのような条件を求めているのか見ていくことにしましょう。男性と女性とでは相手に求めるものも異なるもの。相手の求めるものを知ることで、婚活でも有利になるかもしれませんよ。

男女共通の結婚の条件

婚活 条件

男女別々の条件を見ていく前に、共通する項目を先に挙げておきましょう。これらの項目は男女ともに相手に求める資質であり、いわば婚活の第一関門。とはいえ、その条件は決して満たしやすいものばかりではありません。男女が共に相手に求めるものだからこそ、普遍的で高い要求が挙げられています。

相性の良さ

いきなりハードルが高い条件が挙がってきました。とはいえ、ここを突き詰めて考え過ぎてしまうと、いつまでたっても結婚できないなんてことにもなりかねません。結婚して長年連れ添った夫婦であっても、相性が合わないことを理由に離婚することもありますから。婚活の時点、それもごくごく初期の段階では簡単に考えておくのが吉。ここでは、「一緒にいて不快ではない」「同じ席にいても問題ない」のような最低限度のものとしておきましょう。よくいわれる言葉を使えば、「生理的に受け付けない」人でなければオッケーというわけです。

思いやりの気持ち

結婚相手の条件として、挙げられそうで挙げられない思いやり。思いやりの気持ちは持っていて当たり前と思うのか、思いやりなんて曖昧な条件を要求しないのか、真実のほどはわかりません。ですが結婚生活を続けていく上で、必要不可欠なのが思いやりです。相手も自分も疲れているときに、自分から「今日もお疲れさま」といえるか、当たり前のように毎日食事を用意してくれることに「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えられるか。自然に思いやりの気持ちを伝えられる人はごく一部。意識している人はそれだけで有利に働きます。

楽しい・癒される

一緒にいて楽しい、気持ちがホッとするかどうか。感覚的な条件ですが、案外バカにならないものでもありますよね。どれだけ収入や身長、年齢などの他の条件を満たしていても、一緒にいて楽しくない、心が休まらない相手では、長続きは難しいでしょう。

男性が求める結婚相手の条件

ここからは男女別に相手に求める条件を見ていくことにしましょう。多くの男性が結婚相手の女性に求める第一の点が外見にあることは間違いありません。もちろん世間一般でいわれる「可愛い」「美しい」だけでなく、その人なりの基準があるもの。世間的な可愛さを身につけているからといって、すべての男性からモテるわけではないことも理解しておきましょう。

年齢

多くの男性が自分より年若の女性に惹かれ、結婚します。その理由はさまざまでしょうが、ひとつには女性の出産適齢期も関係していそうです。これは男性の雄としての本能のようなもので、如何ともしがたいものなのかもしれません。とはいえ最近では年上女性と結婚する男性も随分と増えてきました。芸能界でも女性が一回りほど年上のカップルも珍しくありませんよね。これは男性が本能よりも社会性を身につけた証なのでしょうか。謎は深まりますが、少なくとも多くの女性にとっては朗報といえるでしょう。

ルックス

多くの男性が女性を見た目で評価していることは事実です。ですが、男性はそれほど女性の見た目を気にしていないのもまた事実なのです。相反するように聞こえますが、これは女性が同性同士で相手のルックスを評価するよりはるかにおおらかに、男性は女性の見た目を評価しているということ。男性の評価基準は女性のそれとは異なることは理解しておきましょう。「なんであんな子がいいんだろう…」と思ったら、そこには男性なりの評価基準が働いていると思っていいでしょう。

性格

女性が男性の性格を褒めるときの定型句が「優しい」だとすると、男性が女性を評価する決まり文句は「家庭的」でしょう。これは性格なのか?と問われると答えるのが難しいですが、多くの男性が家庭的な女性を求めているのは事実です。背景には「自分のできない苦手なことを代わりにやってほしい」といった、自然とも図々しいともいえる欲求が隠されています。それ以外の性格ももちろん見ているのですが、手作り料理というのは男性のハートを掴む要素でしょう。

趣味

女性よりも男性のほうが趣味に打ち込みやすいといわれます。趣味に熱中しすぎるあまり、家庭を疎かにしてしまうタイプも見受けられます。女性が男性に求める条件と決定的に異なるのが、この趣味の項目でしょう。自分の趣味を共有してもらえればそれに越したことはないし、そうでなくともせめて理解してほしいというのが、男性諸君の心の叫びです。ちょっと変わった趣味であっても受け入れられる度量の広さがあれば、それだけで多くの男性を虜にすることができるかもしれません。

女性が求める結婚相手の条件

婚活 条件

続いて女性が男性に求める条件を見ていくことにします。女性の場合職業や年収といった現実的な面に目が向けられているのが、男性とは大きく異なる点でしょう。行き過ぎると非難の対象となりますが、そうでなければ女性として当たり前のことといえそうです。

職業

女性が結婚に求めるのは生活の安定と出産。それまで第一線で働いていた女性でも、出産の時期には仕事を休む必要がでてきます。そんなときに男性が家計を力強く支えてくれるかどうかは、死活問題といえるでしょう。最近では医者や弁護士といった高収入の職業ではなく、公務員のような安定性の高い職業が人気のようです。最低でも職を転々とするような人であっってほしくない、と考えるのは高望みとはいえないでしょう。

経済力がある

前項とほぼ同じ内容になります。女性は家庭を守り、男性は家計を守る。21世紀になってもこの傾向に大きな変化は見られません。男性が女性に若さを求めるのと同じように、女性が男性に経済力を求めるのも本能に近いものかもしれませんね。

ルックス

男性が女性の外見を気にするように、女性も男性の外見を見ています。もっとも女性が男性の外見を評価する目は、それほど厳しくないようにも思われます。清潔な格好をして、髪型や服装に気をつけていれば、それ以上を求める女性はそれほど多くないのではないでしょうか。逆にいえばそれ以上を求める女性には、茨の道が待っているといえるかもしれません。

性格

男性の項目でも述べた通り、女性が男性を「優しい」と評価するのはよくあること。といってもそれが結婚相手未満の相手に使われるのもまた、よくあることですよね。男性が女性に優しいのは当たり前のことであり、それ以上を求めるのが女性という生き物。決断力や包容力といった昔ながらの男性らしさは今も女性から支持されています。仕事のできる男性がモテるのは、なにも経済的な理由だけではないのです。

結婚相手は条件通りでないと幸せになれない?

ここまで男女ともに多くの条件を見てきました。これらの条件のひとつやふたつ、当てはまるものがあったのではないでしょうか。すべてが当てはまるという人もいるかもしれません。婚活とはその後の人生を共に歩むパートナーを見つけること。それだけに慎重になり、多くを求めたくなるのもわかります。ですが本当に条件通りでないと幸せになれないのでしょうか。

条件通りのお相手と結婚するメリット

婚活 条件

条件通りの相手と結婚できる人はよほど恵まれた人でしょう。年収も外見も性格もすべて自分の思い通り。これほど理想的な結婚は他にないかもしれません。理想の相手が見つかった、そのこと自体が最大のメリットであり、喜びだといえるでしょう。

条件通りのお相手と結婚するデメリット

婚活 条件

すべての条件を満たした相手との結婚は祝うべきことではありますが、一方で結婚そのものがゴールとなる危険性もはらんでいます。理想の相手と結婚した事実が、結婚後に重くのしかかります。どんなに相手をよく知っていると思っても、自分の知らない一面は必ずあるもの。結婚後に相手の思わぬ部分や欠点を見つけたときのダメージは、理想の相手を見つけたと思っていただけに計り知れません。

結婚相手の条件を決める時に気をつけるべきこと

婚活 条件

条件通りに結婚することがゴールではなく、結婚後に予想外のことは必ず出てくることも覚悟している。それでもやっぱりこれだけは譲れない!そんな条件を誰しも持っているでしょう。では最後に相手に条件を求める際の注意点を見ていくことにします。

世間の相場を知り、高望みをしない

「年収1,000万以上」「身長180cm以上」といった条件を当たり前のように思っていませんか。条件を出す前にまずは世間の相場を知っておくことが大切です。日本人男性の平均年収は527万円ですが、結婚適齢期の20代後半や30代前半はもっと低く、それぞれ371万円と438万円となっています。さらに日本人男性の平均身長167.3cm。これらの数字を知っておくだけで、最初の条件がいかに低確率であるかが理解できるはずです。婚活条件年収や身長という条件を共に満たす男性となると、それこそ天文学的な確率となりそうですね。

自分自身を客観的に評価する

相手を評価するということは、自分自身も評価されること。自分の理想を厳しい目で見定めると同時に、自分自身も見つめ直しましょう。先ほどの身長や年収のように、数値化できるものはしてみて、世の中の平均と比べてみると、自分が人からどう見られているか少しはわかるのではないでしょうか。

他の誰かを基準にしない

これは男女に共通するルールであり、絶対にやってはいけないこと。心の中で「あの人の方が良かった」と思っていると、その気はなくとも顔に出てしまっているもの。他の誰かを基準にすることは目の前にいる人に対する敬意を失する行為です。

隣の芝生は青いと心得る

これも大切なルールといえます。隣の芝生は青く見えるもので、結婚をして幸せそうな友人はすべてを持っているように錯覚しがちです。実際には意見の不一致や喧嘩が全くない家庭などこの世に存在しませんし、夫婦互いに少なからず我慢をしているものです。知人の結婚生活の良いところだけをみて理想を築き上げてしまっては、難攻不落の山城が出来上がってしまいます。

高い条件には高い要求がつきもの

相手に高いものを要求するほどに、自分自身もそれだけのものが要求されます。先ほど紹介したような「年収1,000万円以上」で「身長180cm以上」と同じような条件を女性に求めるのであれば、「大学などのミスコン優勝」かつ「仕事もこなしつつ家庭のこともすべて自分でやって文句ひとつ言わない」くらいの資質は要求されてもおかしくありません。相手も同じように結婚対象を見定めているのだということを、くれぐれも忘れないようにしたいものですね。

条件闘争に陥らないために

婚活 条件

結婚相手に条件を設けるのは当然のことではありますが、あまりに求めすぎると条件同士がぶつかり合い、収拾がつかなくなる条件闘争に陥ってしまいます。そうならないためにも、自分の提示する条件はしっかりと見定めると同時に、自分自身も客観的な視点で見つめ直し、条件の変更や緩和をしていきたいものです。あくまでの婚活のゴールは理想の結婚ではなく、幸せな結婚生活であることを忘れずに。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー