3 view 出会い

なぜ出会えないの?理由を知りたい!

  • Pairsをフォロー

彼氏、彼女が欲しいけれど出会う機会がない。悩みを抱えている人は少なくないでしょう。なぜ自分には出会いがないのか考えてみたことはありますか。出会えないのには理由があるはずです。これから真剣に出会いを探そうと考えはじめたら、出会えない理由を知っておくことが大切です。
ここでは、出会いがないと悩んでいる人に向けて、すてきな出会いを見つけるための方法と改善ポイントを、具体的に見ていきましょう。

出会えないのは環境が原因?ありがちな6つのケース


出会えない理由は自分の置かれている環境かもしれません。普段の生活環境をふりかえってみて、思いあたるところがないか考えてみましょう。少し環境を変えてみることで出会いの場が広がることもあります。出会えない可能性の高い環境とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

仕事が忙しすぎる

仕事が忙しく、毎日覚えることがたくさんあったり、先輩や上司などにそれなりに気を遣ったりするような環境下では、自覚していなくても精神的にストレスを感じていて疲れが溜まっているものです。さらに、慣れない仕事や苦手な仕事もしなければならないので残業時間も増えていくことがあります。精神的にも肉体的にも疲れてしまうので、ほかのことを考える余裕はないという状況になっていませんか。仕事に真剣に取り組むことは大切ですが、生活のすべてが仕事中心になっている場合には注意が必要です。

出会いがないまま同じような状況を続けていくと、年を重ねるたびに出会い自体をあきらめてしまうことになりかねません。出会いがないと嘆く前に、仕事が慣れてきたらオンとオフを切り替える習慣を身につけましょう。仕事は集中する、疲れたら休みをしっかりとることから始めてみませんか。上手に切り替えができるようになれば、週末はしっかりリフレッシュして出かけてみようという気持ちになるものです。新たな出会いは、自分から行動を起こすことが大切です。

出会いが少ないとされている職業はこちらを参照下さい。
えっあの人気職業が!?意外と出会いが少ないお仕事5つ

休みが原因?

休みが不定期になったり、急な出張が増えてしまったりすることで、いままで交流していた友達と疎遠になってしまうことがあります。そのため、いつも会社の先輩や同僚と行動をともにする機会が増えていき、新たな出会いがないという環境に置かれてしまいがちです。解決策のひとつは、SNSを利用して仕事以外の知り合いと定期的に近況を報告しあうことです。

異性の友達が極端に少ない

もともと異性の友達が少ない人ほど、気軽に異性を紹介してもらえる機会が少なくなります。また、異性の気持ちがよくわからないので、自分から積極的に行動しようにもどのようにアプローチしていいか不安に感じることもあるでしょう。

無理に異性の友達をつくろうとする必要はありませんが、職場に異性はいませんか。好みのタイプの異性である必要はありません。年齢や趣味、既婚であるかどうかは問わずに、周りにいる異性に気軽に話しかけてみましょう。恋愛対象でなくても、何かのきっかけで彼らの知り合いを紹介してもらえることがあるかもしれません。また、異性の気持ちが少しわかるきっかけになることがあります。

異性が少ない職場にいる?

異性の同僚や先輩が身近にいる環境であれば、一緒にプロジェクトに関わったり、仕事の相談に乗ってもらったりしているうちに恋愛に発展することがあります。飲み会など仕事以外で気になる異性の同僚や先輩にアプローチできるので、出会いの機会が増える可能性が広がります。一方で、異性が少ない職場に配属されることもあります。

仕事で異性と接する時間が少なくなりますので、どうしても出会いは限られるでしょう。しかし、本当に異性が少ない職場なのでしょうか。自分が所属している部署は異性が少ないだけかもしれません。職場の共用スペースで気になる異性を見かけることはありませんか。社内を見渡してみると出会いの場が隠れていることがあります。職場のイベントなどに参加するなどして、異性の知り合いをつくることも出会いの場を増やすきっかけになるでしょう。同じ職場の異性であれば、自然な出会いを期待できる可能性がありますよ。

家と職場が近すぎる

通勤の負担を減らすために、できるだけ職場の近くに住むという人も多いのではないでしょうか。たしかに通勤は楽になりますが、毎日同じ通勤ルート、朝家を出て、仕事が終わったらまっすぐ家に帰る。毎日決まった行動パターンでは出会いは期待できないでしょう。時には、一駅歩いていつもと違う景色を楽しんでみる、会社帰りにお気に入りの店を見つけて一人で立ち寄ってみる、これだけで気分もリフレッシュしますし、新しい出会いにつながることもあります。マンネリ化した行動パターンを少し改めてみてはいかがでしょうか。

職場の年齢層が高いときは

職場に異性はたくさんいるものの、年齢がかなり上の人ばかりという環境にいることもあるでしょう。そのため、職場にいる殆どの異性は既婚者で話も合わないし、恋愛対象にはならず出会いは期待できないと悩んでいる人も少なくありません。

しかし、職場での出会いは期待できなくても、話しやすい異性の先輩や上司はいませんか。積極的にコミュニケーションをとることで仕事もしやすくなりますし、仕事上の信頼関係ができていけば、あなたの信頼度は上がります。自然に彼らから異性を紹介してもらえることがあります。恋愛対象は職場の中の人だけではありません。同僚や上司だからこそ、あなたが信頼に値する人かどうかを見極めることができます。彼らが出会いを探している友人や知人を知っていることがありますので、あなたを信頼し、安心して紹介してくれる可能性もあります。募集中の場合には積極的に上司や同僚と仲良くなって相談してみましょう。

性格が原因で出会いがない?恋愛向きの性格ってあるの?

出会えない理由は環境の問題だけではありません。実は自分自身の性格が影響していることもあるのです。恋愛にはある程度の勢いが必要で、興味のある異性に自分からアプローチしていく積極性がないと何も始まらないものです。そのため、恋愛に向いている性格、向いていない性格の傾向はあります。出会えない性格の傾向を知って、自分に思いあたることはないか見ていきましょう。

人を好きになれない

もともと1人でいることが好きな人は、恋愛だけでなく、人との出会いに対しても消極的になりがちです。恋愛は相手がいるからこそ成立するものです。しかし、相手に自分のペースを乱されるのは好きではないという人もいるでしょう。そのため、出会いを求めていくことに対して面倒に感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

1人ですべてのことをこなし、悩みを解決することができるのは大人としては立派ですが、人を好きになれない気持ちをなくすためにはどうしたらよいのでしょう。自分と同じ価値観の異性を、趣味を通して見つけていくことを心がけるのもひとつの解決策です。

過去の恋愛をひきずっている

恋愛をしたことがあれば、時には振られてしまうこともあります。過去の恋愛が辛く感じていればいるほど、次の恋愛に向けて消極的な気持ちになることがあります。そのため、心を閉ざしてしまい、仮にあなたのことが気になっている異性がいたとしても近づけないと感じている場合があります。

過去の辛い思いをひきずることで、出会いのきっかけを自ら逃してしまう原因になることがあります。過去は過去と割り切ることは大切です。最初は難しいと感じるかもしれませんが、時間が解決してくれることもあるでしょう。気持ちの切り替えをするように心がけてみてはいかがでしょうか。新しい出会いで幸せになることに気持ちを集中してみませんか。

理想が高い

恋愛に失敗したくないし、合わない人と居ても幸せに感じられないのではと頭の中だけで相手に求める理想だけが高くなってしまうことがあります。恋愛していない期間が長くなると、出会いに高い理想を求めがちです。さらに、理想を求めすぎていると、出会いの機会は周りにたくさんあるにもかかわらず、自分では気づかない可能性があるので注意が必要です。

自分の好みでない異性からアプローチされても、相手のマイナス面だけが気になることもあるので、恋愛には発展しないことがあります。自分のことを理解して、どのような相手がよいのか考えることは大切ですが、自分でつくりだした理想に合わないと無理と考える癖がある人は、少し気持ちを楽にして異性と気軽に話してみるようにしてはいかがでしょうか。そのなかで、気の合う異性が見つかるかもしれません。

難しい恋愛をする癖がある

既婚者の異性だけに魅力を感じる人もいます。また、遠距離恋愛で殆ど会えないような恋愛に走る傾向にある人もいます。特殊な環境でないと気持ちが高まらないと考える癖がある人は恋愛がなかなか続かないでしょう。仮に出会いがあったとしても、将来が見えてこないので結果的に疲れてしまうことがあります。恋愛にスリルを求める傾向がある人は、気持ちを少し変えてみてはいかがでしょうか。身近なところの出会いにも目を向けてみることも、時には大切です。

異性として見られない

同性・異性を問わず、誰に対しても同じように接している人は出会いの機会を逃しているかもしれません。人としての好感度は高いので、友人が多い傾向があります。そのため、恋愛のことを考えなくてもそれなりに楽しいと感じてしまうことがあります。しかし、友人は多くても、恋愛に発展する出会いがないと悩んでしまったらどうしたらよいのでしょうか。時には友人の中から、ふとしたことがきっかけで恋愛感情が芽生えることもあります。気になる人がいたら自分の気持ちに正直になることが大切です。いつでも誰にでも平等に接することを改めて、少し相手に意識してもらえるように行動や態度を示すようにしてみましょう。

男らしくない/女子力が低い

出会えない理由は、異性を意識していない可能性があります。ちょっと出会いが少ないなと感じているのであれば、少し意識を変えてみてはいかがでしょうか。男性であれば、女性に親切にしてみることを心がけてみましょう。女性は男性に対してちょっとした気遣いを見せることで異性を意識してもらえることがあります。

明らかに押しつけの親切や気遣いは逆効果になるので、注意したいところです。しかし、心から異性ができないことを手伝ってあげたい、困ったことを解決してあげたいと考える気持ちを持つことで、自然に異性を引きつけるようになるでしょう。

初対面では必ず人見知りしてしまう

初めて会う人に対して必ず緊張してしまい、自分から話すことができないという人は案外多いでしょう。人見知りする傾向があると、どうしても人間関係全体が受身になりがちです。いつか出会いがあるだろうと待っているだけでは機会は狭くなってしまうでしょう。性格を変えるのは大変ですが、少しずつ苦手意識を克服してみてはいかがでしょうか。気になる人を見つけたら、自分から積極的に話しかけてみるように努力してみましょう。

意識してしまうので無理と思うかもしれませんが、リラックスして気軽な気持ちで雑談するくらいの気持ちになれば、それほど苦痛には感じなくなります。もしかしたら、自分が動いたことで出会いのきっかけになるかもしれません。積極性を身につけましょう。

自分に自信がない

自分は魅力なんかないから、自分から気になる異性を誘っても相手にされないのではと考えていては、出会えない期間がさらに長くなってしまうでしょう。自分に自信を持てないと、異性に好きな気持ちを伝えても迷惑かもしれない、嫌われたら傷ついてしまうので怖い、恥ずかしいなど頭の中で勝手にネガティブな思考に陥ってしまうことがあります。

消極的な気持ちのために、自分の行動を抑えてしまっていませんか。自分に自信がないと感じていても、何事もよい方向には向かいません。少し積極的になってみることも大切です。少しずつ、自分のことを好きになり、自信をつけていきましょう。

見た目も大切?気をつけたいポイントは


出会えないのは、職場などの日常環境、自分の性格などの理由が考えられます。最後に気をつけたいポイントは見た目です。大切なのは中身とはいえ、第一印象で相手を判断されるのは否めません。ここでは、見た目が与える影響についてみていきましょう。

おしゃれに無頓着

メイクや服装に無頓着になっている人は、華やかさを打ち出せずに出会いのきっかけを逃している可能性があります。特別におしゃれでなくても、性別を問わず身だしなみがしっかりしていると好感度は上がるものです。見た目に気を遣うことを意識してみましょう。自分磨きをすると、気持ちも前向きになる効果も期待できます。

おしゃれが個性的過ぎる

ファッションは個性のひとつですが、なかには奇抜なファッションが好きな人もいるでしょう。しかし、職場であまり個性的なファッションをしていると、異性は少し声をかけづらいと感じてしまうこともあります。TPOを考慮して服装を考えましょう。

清潔感が大切

見た目で印象が決まってしまうことで、一度不潔な人というイメージが付いてしまうと挽回するのは簡単なことではありません。清潔感がないと恋愛対象にはなりにくいでしょう。毎日少し時間をつくって、鏡を見て身だしなみを整えることを習慣にしたいものです。タバコや汗の臭い対策も大切です。

出会えない理由がわかればあとは行動!


出会いがないと嘆く前に、出会えない理由を考えて自分で改善できることをひとつずつ試してみてはいかがでしょうか。環境はすぐに改善することは難しいかもしれませんが、性格や見た目の変化は自身の努力で可能です。少し変えてみることで理想の出会いが見つかる可能性が高まります。出会いがないと思ったら、まず行動を心がけてみましょう。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー