4 view 出会い

女性が出会いの印象を良くするには服装と会話が大事

  • Pairsをフォロー

異性と出会い、そのあと関係を継続させ発展させていくためには、最初の印象が大事です。良い印象を与えるために注意するべきなのは、服装や会話です。ただ、どんな場面でも同じような服装と会話が適しているわけではありません。
場面別・シチュエーション別に出会いの印象を良くするための注意点をお伝えします。

出会いの場面別おすすめの服装


出会いの場所はさまざまで、時には予想もつかないような場所ですてきな異性と出会うこともあります。その反面、出会いを狙ってその場所に赴くこともありますよね。場所ごと・シチュエーションごとに第一印象が良くなるおすすめの服装があります。

おしゃれなbarでの出会い

日常を忘れさせるようなおしゃれなbar、お酒の席で見知らぬ人と出会って恋に落ちるというのは多くの人が憧れる理想の出会いの場面ではないでしょうか。おしゃれなbarで男性に良い第一印象を与えるのは、何と言ってもドレッシーでエレガントな服装です。もちろんフェミニンさも忘れてはいけないので、ワンピース、またはスカートで、シフォンやサテンのような光沢感のある生地やふんわりした生地がおすすめです。靴は高めのヒールで女性らしさを演出しましょう。アクセサリーはゴールドやシルバーで、上品なデザインのものを選びます。

居酒屋での出会い

居酒屋はおしゃれなbarと違って庶民的でワイワイと騒げるのが楽しい場所です。居酒屋で出会うなら、エレガントさよりも気軽に親しめる雰囲気を出すことが大切です。流行りを意識しつつカジュアルさと明るい雰囲気を押し出していきましょう。白やピンク、クリーム色などの明るい色のトップスを着ると暗めの照明の下でも顔色が明るく見えます。アクセサリーはそれほど必要ではありませんが、ネックレスやピアスなど、ワンポイントに目立つものがあるのがおすすめです。

屋外でのBBQ

アウトドアはそれだけで開放的な気分になり、見知らぬ人とも仲良くなりやすい場です。BBQは、友達が友達を連れてきて多くの人が集まる可能性が高く、貴重な出会いの場になりやすいイベントです。おすすめの服装は何といっても屋外なので動きやすさに注目することです。火を扱うためヒラヒラした服装よりはタイトな服装がおすすめです。スカートはカジュアルなデザインを選びましょう。

マキシ丈やかわいすぎるフレアースカートは避けます。野外なので椅子に座るときにお尻が汚れてしまうことがあります。気にならないように黒やこげ茶など、濃い目の色のボトムがおすすめです。反対にトップスに色味を持ってきましょう。アウトドアなので歩きやすいように靴はスニーカーで元気に動き回れるようにします。スニーカーは服と色を合わせるとおしゃれ度があがりますし、靴紐の色を変えるなどしてカスタマイズすることが可能です。また、野外にいると日差しを浴びますので、帽子もファッションアイテムに取り入れましょう。選ぶならキャップよりハット、リボンなど女性らしいワンポイントがあるデザインが良いでしょう。

スポーツジム、スポーツイベント

スポーツジムやスポーツイベントに出かけるなら、やはりカジュアルでスポーティな服装がおすすめです。ボトムをジーンズなどのパンツにし、上半身に女性らしさを感じさせましょう。おすすめは、カジュアルなテイストながらも少し肌見せを意識した服装です。タンクトップで二の腕を出す、背中が少し開いたデザインのトップスを選ぶなど、健康的でいながらも女性らしさをアピールしましょう。

アクセサリーもシンプルかつ少なめが馴染みます。ブレスレットだけ、ネックレスだけと絞りましょう。靴は、ジムならヒールがあるものでも良いのですが、スポーツイベントなど長時間立つ可能性があるときや動き回るときはスニーカーやバレエシューズなどフラットな靴がおすすめです。

カフェ

カフェは普段の自分に近いファッションで出かけられるところですが、パンツよりスカートがおすすめです。デザインはヒラヒラしていても裾が長くても大丈夫なので、自分らしいシルエット、自分が好きなシルエットを選びましょう。しかし、ここは出会いを求めているので、女性らしさを押し出すことを忘れてはいけません。色や素材、デザインで女性らしさをアピールします。

レースやフリルが付いた服や、女性らしい色の重ね着を楽しみましょう。色はカフェの雰囲気に馴染むように、白やベージュなどのニュートラルカラー、カーキやこげ茶などのアースカラーを多目に着用するのがおすすめです。原色などの強い色を使いたい場合はワンポイントなどにとどめましょう。座ったままなので足元は高めのヒールでも大丈夫です。服の色やテイストと相性が良いものを選びます。昼間のカフェは明るい場所なのでメイクは控えめにしましょう。アクセサリーも数点に絞り過剰にならないように注意します。

登山

自然の中で親睦を深められる登山も出会いのチャンスが広がる場所。とはいえ、しっかり装備をして周囲に迷惑をかけないことが何より大切です。登山では、その人が魅力的に見えるかどうかということと同じくらい、場の空気を読むことができるかどうかも見られています。トレッキングシューズ、登山用のウェアを着用して山に挑みましょう。

その中で自分を魅力的に見せるためには、色の選択が重要です。黒やグレーなどの暗い色を避け、明るいピンクや水色など、女性らしさを感じさせる色、山の緑の中にも自然に馴染む色のウェアを選びます。ボトムは黒でも良いので、顔色が明るく見えるトップスの色選びが重要です。登山では帽子やリュックも大切なアイテムなので、全体のバランスを見ながら明るい色を取り入れていきましょう。

シチュエーション別!おすすめの服装


初めての出会いでは、お互いにお互いがどんな人物なのかが分かりません。場所ごとに適した服装の選択も大切ですが、その中でどんな人だと思われたいのかという自分自身の演出をすることも大切です。ここでは、シチュエーションに合わせた第一印象を演出の仕方をお伝えします。

まもってあげたいと思われたい

男性にまもってあげたいと思わせるために大切なのは頼りなさ、優しい雰囲気の演出です。かっちりした服よりもふんわりとしたシルエットの服、柔らかい素材の服がおすすめです。色もピンクや黄色など淡いパステルカラーを選びましょう。アクセサリーも控えめにし、ピアスだけ、ネックレスだけ、と絞った使い方をします。アクセサリーはシンプルで華奢なデザインを選びましょう。

髪は巻いてもストレートでも良いのですが、ダウンスタイルがおすすめです。靴は3cmから5cmくらいの高さのヒールにすると脚がきれいに見えて上品です。ストラップがついた靴やチャームがついた靴もフェミニンさを演出できます。

かわいいと思われたい

かわいい女性だと男性に思われるためには、過剰な露出を避け、甘い雰囲気を作ることが第一です。スカートは膝丈にし、5cmくらいのパンプスを履いて健康的で程よい露出を目指します。男性うけが良いかわいい印象のトップスの素材はニットです。柔らかい布のイメージは、そのままかわいらしさにつながります。色もパステルカラーなどの柔らかな色調を選びましょう。

ビジューなどがついたデザインの服もおすすめです。アクセサリーもキュートなチャームが付いたものや、ビーズなど使ったカラフルなもの、花などの女性らしいモチーフが付いたものを選んでみましょう。反対に避けたほうが良いのは柄物と原色、そしてゴールドの大振りのアクセサリーなど存在感がありすぎるものです。

明るいと思われたい

明るい女性、元気な女性だと思われたい場合は顔回りが明るく見えるようにVネックやデコルテが開いた服を選びましょう。髪型をアップにすると、それだけで健康的で明るい印象になります。色は黄色やオレンジなどの元気なビタミンカラーを選ぶのがおすすめです。服に取り入れにくい場合は、ピアスやペンダントトップなどアクセサリーで使ってみましょう。ボトムは膝丈くらいのスカートのほか、ショートパンツで脚を出すのもおすすめです。また、顔色も明るく華やかになるように、サンゴ色のチークやピンクベージュの口紅などでメイクを工夫するとなお良いでしょう。

サバサバしていると思われたい

サバサバしている女性を演出するには、甘さよりもクールさを出していくのがおすすめです。服の色はモノトーンや原色を基調にし、髪もタイトにまとめます。アクセサリーはおおぶりなデザインをうるさくならない程度に付けましょう。ボトムはスカートならタイトなシルエットのもの、あまり丈が短すぎないものを選びます。サバサバしていても女性らしさを忘れてはいけません。足元は黒のプレーンなパンプスなどがおすすめです。アクセサリーはゴールドやシルバーのシンプルなものを選びましょう。

ノリが良いと思われたい

一緒にいて楽しいノリの良い女性だと見せるためには、明るい色の服装選びが第一です。黄色、ピンク、オレンジなど暖色系を取り入れてみましょう。素材はかっちりしているものよりも柔らかめ、ニットやコットンが良いでしょう。髪はまとめてヘアアクセサリーなどで華やかに飾ります。変わった素材やデザインのブレスレットや腕時計、ピアスなどで遊び心を見せると、会話のネタになるかもしれません。華やかなネイルもおすすめですが、ゴテゴテしてしまわないように注意しましょう。

知的だと思われたい

仕事ができる女性、頭がよさそうな女性を演出するには、かっちりした服装がおすすめです。しっかりアイロンがかけられたシャツやジャケットは知的さの演出になりますし、メガネを小物として使用するのもおすすめ。髪はまとめ髪にして、乱れが無いようにきっちりとスタイリングしましょう。

このなかから女性らしさを出すためには、スリットの入ったスカートでチラ見せをしたり、ヒールが高めのパンプスを履いたりして脚のラインがきれいに見えるように意識しましょう。また、アイメイクとチークを控えめにしたうえで、レッドの口紅を使って一点集中で女らしさを演出するのも有効です。

初対面の人と会話で良い印象を残すコツ


初めての出会いで良い印象を残すためには、服装以外にも会話に気を配る必要があります。仮に見た目の第一印象があまりよくなくても、そのあとの会話で挽回することも可能です。会話をすることで、お互いの人となりを理解し、共通の趣味や考え方がわかれば、また会いたい、話をしたいと感じます。会話をお互いが楽しむことができれば、2回目・3回目の出会いに繋げていくことが可能なのです。

会話をするうえで気を付けたいことは、明るく笑顔でハキハキと話すことです。緊張のあまり声が小さくなってしまい、何を言っているか聞こえないということが無いように注意しましょう。また、相手の目を見て話すことも大切です。もし賑やかな場所で声が届きにくくても、視線が合って笑顔が交わせればそれだけでもコミュニケーションになります。シチュエーションによって臨機応変な対応が必要ですが、基本は目を見て笑顔だと覚えておきましょう。初対面の会話で大切なのは、相手を否定せずに受け入れることです。否定されてしまうと楽しいとは感じにくいですし、そのあとの会話に繋げにくくなります。

相手の意見が自分の意見と違う場合でも、いったんすべて聞いて受け入れたうえで自分の意見を伝えましょう。また、共通の話題があると話が盛り上がりやすくなりますが、それでも初対面同士だと共通の話題は見つけにくいもの。共通の話題になりやすいのが流行についてです。流行りの場所や食べ物、スマホアプリ、映画などの話題を振ってみましょう。流行の話題で会話が続かないときは、旅行の話や健康の話、天気や通勤についてなどを話題にしてみましょう。相手を質問攻めにするのではなく、自分でも会話を楽しむことが大切です。

お互いにリラックスして会話を楽しむことができたら、初対面で良い印象が残すことに成功したと思って良いでしょう。
より詳細な会話でのポイントは下の記事を参照ください。
初対面の会話を成功させる異性との会話術とは。ネタやコツをご紹介

服装と会話に気を付けて初対面を2回目に繋げていこう

出会いの第一印象を良いものにするためには、その場に応じた服装で出向き、視覚から好印象を与えたのちに、会話によって楽しい時間を共有することが大切です。服装の選び方によっては、こんな印象に自分を演出したいというシチュエーション作りをすることもできます。服装はスカートとヒールが基本ですが、パンツとフラットシューズがふさわしい場もありますので、TPOをよく考えた服選びをしましょう。

会話では笑顔でいることと、明るい口調で話すことが大切です。共通の話題から会話を広げていき、お互いにリラックスして会話を楽しむことができることを目指しましょう。初対面での第一印象を良いものにして、次の約束に繋がると良いですね。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー