6 view 婚活
婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介

婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介

  • Pairsをフォロー

婚活サイトに登録したものの、なかなか出会いに繋がらないという人は少なくないのではないでしょうか。出会いを次に繋げるためには、メッセージ機能がカギとなります。今回は、出会いのきっかけとなるメッセージを送る際のポイントや例文を紹介していきます。

婚活サイトの出会いを次に繋げるために

婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介
同性、異性にかかわらず、初対面の人と出会ったときは第一印象が重要という話をきいたことはないでしょうか。仲良くなればその人の本質もみえてきますが、そうでないうちは第一印象のイメージで相手をみてしまいます。それは婚活サイトでも同じですし、婚活サイトでは最初から直接顔を合わせて挨拶するわけではないので、より想像がふくらみがちです。そのため、相手への初めてのアプローチとなるメッセージは、出会いを次に繋げる大切なカギとなるわけです。カギというと肩に力が入ってしまうかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば問題はありません。メッセージで何よりも重要なのは「相手を嫌な気分にさせないこと」です。まだ直接会ったこともない人から、急に嫌なメッセージが送られてきたら返事をしたくなくなりますよね。たとえば、いきなりタメ語で書かれていたり、一方的に自分のことばかり書き込んでいたりする内容です。

親近感を出すために、あえて敬語を使用しない人がいますが、軽い人や失礼な人という印象を与えかねません。初対面の人にタメ語で話しかけられたら良い印象はもちませんよね。もしも相手が年下だとしてもです。受け取った側からすると、初めてのメッセージがタメ語と敬語では印象がまったく違います。それから、ノリの良さをアピールするために若い子の間で流行っている言葉を乱用するのも、軽い印象を与えやすいのでやめましょう。最初のメッセージでは、敬語を使用して誠実さをアピールすることが大切です。とはいえ、いつまでも敬語でやり取りする必要はありません。メッセージのやり取りのなかで、少しずつタメ語を増やして距離を縮めてみてください。

また、自分のことばかり事細かく書き込むのもいけません。家族構成や職場、住んでいる場所などを細かい部分まで書き込めば自分のことを知ってもらえますが、相手は重いと感じてしまう可能性があります。お互い真剣に結婚相手を探しているとはいえ、あまりにも細かい情報まで書き込まれているとガツガツした印象になってしまうのです。最初からすべて報告してしまうと相手から質問することもなくなってしまうので、相手が自分にそれほど興味がなければ、それ以上話題が広がらなくなることもあるでしょう。それに、恋愛以外のシーンでも、職場や友人のあいだで自分のことばかり話す相手と一緒にいても楽しくないですよね。最初のメッセージが自分のことばかりだと、普段もそんなタイプの人なのかなと思われてしまうので気をつけましょう。

異性の心に響くメッセージを送信するポイント

婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介
異性の心に響くメッセージを送信するポイントは3つです。

1つ目は「相手の興味をひく内容を書き込むこと」です。ありきたりな挨拶だけのメッセージでは、あまり印象に残りません。たとえば、趣味や特技を書き込むなら具体的に書きます。「料理が趣味で、よく料理をしています」よりも「料理が趣味で、特に○○が得意です。よく友人にリクエストされます」というほうが興味がわくはずです。リクエストされるくらいおいしいなら食べてみたいと思いますよね。また、カラオケが得意なら「カラオケが趣味で、○○の歌が得意です。この前は95点をとりました」などアピールすれば、実際に歌声を聞いてみたいと思うでしょう。

2つ目は「必ず質問を入れて相手の情報を聞き出すこと」です。友人とのメールやSNSで、一方的な内容を送信されて返事に困ったことはありませんか。自分に関係することや興味のあることなら返信しやすいものですが、そうでない場合は「そうなんだ」で終わってしまいますよね。知らない人からのメッセージなら、なおさらです。しかし、質問が含まれていると、質問に答えるために返信しようとします。だからといって、個人情報を細かく聞き出そうとしてはいけません。よく知らない相手から細かいことまで聞き出そうとすると、警戒心を抱かれてしまう可能性があります。最初は躊躇せず答えられるような、簡単な質問が良いでしょう。仮に、メッセージに趣味の話題を書き込むなら「○○に行くことが好きなのですが、行ったことはありますか?」「映画鑑賞が趣味と書いていましたが、どんな映画が好きですか?」など、答えやすい質問にします。簡単な質問にすることで返信をもらえる確率があがりますし、相手に興味があることも伝わるのです。さらに、質問をすることで相手の情報を聞き出し、話題を広げやすくなります。

3つ目は「あいさつや感謝の言葉、労いの気持ちで誠実さを示すこと」です。これは、最初のメッセージに限らず意識したいポイントです。社会人としてあいさつは基本ですよね。特に初対面で、きちんとあいさつができない人は印象が良くありません。初めてメッセージを送るなら「初めまして」「こんにちは」といったあいさつも忘れずに書き込みましょう。返信がきたなら「返信ありがとうございます」、仕事が終わってからメッセージをやり取りしているなら「おつかれさま」など、感謝の言葉や労いの気持を示すことも大切です。感謝の気持ちをもった、相手のことを考えられる誠実な人だと伝わるはずです。ただ、返信がうれしいあまり、大げさに感謝の気持ちを伝えると引かれてしまう可能性があるので注意してください。

メッセージに含めるべき内容とは

最初のメッセージには、どんなことを書き込めば良いか悩みますよね。重くなりすぎず自分のことを知ってもらうためには「簡単な自己紹介」「アプローチした理由」「2人の共通点」「相手への質問」を書き込みます。まず、初めましてのあいさつのあとに、名前と年齢、職業など簡単な自己紹介をします。早く仲良くなるために、あだ名で呼び合いたいと思う人もいるかもしれません。そこで、最初のメッセージで「周りからは○○って呼ばれてるので、○○って呼んでください」などアピールすると、異性慣れしている印象を与えます。あだ名は少し仲良くなってからにしたほうが良いでしょう。職業は会社名まで記入する必要はありません。営業をしているのであれば「○○関係の営業の仕事をしています」、飲食店で働いているのであれば「○○の料理を出す飲食店のスタッフをしています」といった感じで書き込みます。

相手にアプローチをしようとした理由も書きましょう。メッセージを受け取る人のなかには、もしかすると相手はいろいろな人にメッセージを送っているのかもしれない、と考える人もいます。どうしてアプローチしようと思ったのかを書き込むことで、手あたり次第メッセージを送っているわけではないと伝わります。プロフィールで気になった部分など、その人を選んだ理由やきっかけを書き込んでみてください。相手の趣味に以前から興味があった、誕生日が同じだったなど些細なことでも構いません。その人だからこそアプローチしたという気持ちを伝えるのです。

趣味やライフスタイルなど、類似点があればその部分を書き込みましょう。自分と共通点がある相手には、親近感をもちやすいものです。たとえば、映画鑑賞が趣味で、好きな映画が一緒なら「わたしも○○が好きです。特に○○のシーンが好きです」など具体的に書きます。具体的に書くことで本当に好きなんだと伝わりますし、話題が広がります。ほかにも、仕事帰りはジムに通っているという共通点があるなら「わたしもジムに通っています。体を動かすのは楽しいですよね」と、共感していることを書き込めば親近感がわきます。同じ趣味やライフスタイルがある人ならではの話題を書き込んでみてください。

最後に相手への簡単な質問と、終わりのあいさつを書き込みます。趣味やライフスタイルなどで気になることを簡単に質問します。ここで質問攻めにすると相手が引いてしまう可能性があります。また、最初にいろいろ質問をしてしまうと、話題が尽きてメッセージが続かなくなることも考えられるので1つ2つの質問で終わらせましょう。それから、終わりのあいさつが「返信待ってます」「早く仲良くなりたいです」などでは、必死さが伝わり相手は負担に感じます。「興味があったら返信してくれるとうれしいです」「まずはメールから仲良くなれたら良いと思っています」など、強制ではなく返信は相手の気持ちに任せるというニュアンスで書き込みましょう。

メッセージの例文をご紹介

婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介
これまで説明してきたポイントを踏まえて、例文をいくつか紹介します。

まず1つ目の例文です。「〇〇さん初めまして。Aといいます。今年で28歳になる、薬品会社の営業マンです。プロフィール拝見しました。1人カラオケが趣味ということで、自分もよく1人カラオケするので気になってメッセージ送らせてもらいました。自分はCとかDの歌が好きなんですが、○○さんは誰が好きですか?ちなみに、いつも駅前のカラオケに行くんですが、あそこはカラオケ店なのにオムライスがおいしいんですよ!オムライス好きって書いてあったから知ってるかな?オススメのお店の話なんかができたらうれしいです!」共通の趣味があることや、その趣味に関する話題をアピールしつつ、相手のプロフィールをきちんとチェックしていることも伝えられます。

次の例文を見てみましょう。「初めまして。Aといいます。イタリアンのお店でホールスタッフをしている28歳です。これまで自分からメッセージを送ったことはないのですが、ワインに詳しいとプロフィールに書いていたので気になってしまいました。今はまったく詳しくないのですが、最近ワインが好きでいろいろ知りたいと思っていたので!○○さんはどんなワインが好きなんですか?良ければおいしいワインとか教えてください。よろしくお願いします」相手の趣味や興味のあることに詳しくないなら、素直に伝えて教えてもらいます。無理をして詳しいふりをしていると、仲良くなるにつれて自分も辛くなってしまいます。「興味はあるけれど詳しくないので教えてほしい」といわれれば、気分が悪い人はいないはずです。話題も広がるので、正直に伝えましょう。

相手のプロフィールをチェックして、ノリの良い人が好きそうなら少し砕けた感じでメッセージを送るのもありです。ただし、最初のメッセージでは敬語が基本です。たとえば「プロフィールみてマジで良いと思ったんで!自分も同じ趣味なんでよろしくっす!」は、敬語ではありませんし、チャラチャラした印象を与えます。「プロフィールみて『おっ!』と思いました。自分も同じ趣味です!気が合いそうなのでお相手候補に名乗り出ます!興味があればよろしくお願いします」というように、あくまでも少しだけ砕けた印象になるように心がけます。

返信がきたら、なるべく長い期間メッセージのやり取りをして出会いに繋げましょう。ポイントは、相手のメッセージにきちんと反応しつつ話題を広げることです。やり取りをしているうちに、自分にはあまり興味がない話を話題にされる可能性があります。そこで、よく分からないからと内容を無視して次の話題に触れ始めると、話を聞いてくれない人だと印象がダウンします。仮に、自分にはまったく興味のない映画を見てきて楽しかったという話をされたなら「○○系の映画が好きなんですね!わたしは○○系が好きなんですが、見たことはありますか?」などと返信しましょう。相手の話に反応しつつ、話題を広げていけます。

メッセージを送る時に!気を付けるべきこと

婚活サイトから出会いに繋げる!メッセージの例文を紹介
婚活サイトでは細かいプロフィールが記載されているので、相手のプロフィールをきちんとチェックすることから始めます。隅々までチェックをすれば、相手の好きなタイプや恋人に望む条件、嫌なことなどがみえてくるはずです。これらを読み取り自分ができることや共感してあげられることを意識して、メッセージのやり取りをしてみてください。最初のメッセージでは、相手が嫌な気持ちにならないような内容を考えて送ります。敬語を使用し、一方通行な内容にならないよう気をつけましょう。

メッセージには、相手の興味をひく話題を取り入れて、相手にアプローチした理由や簡単な質問も書き込むのがポイントです。また、共通点があることで親近感がアップするので、些細なことでも探してみてください。それから、あいさつや感謝、労いの気持を伝えることも忘れてはいけません。これは最初だけでなく、メッセージのやり取りが続いても意識しましょう。婚活サイトには気軽に活用できるアプリもあります。素敵な出会いが待っている婚活サイトのアプリをダウンロードして、理想の異性との出会いをみつけてください。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー