1 view 婚活
遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ

遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ

  • Pairsをフォロー

住んでいる地域にとらわれず、全国にいる会員のなかから自由にパートナーを探せることが魅力のネット婚活。ただ、ネットで遠距離婚活をする場合は、相手と会える時間が限られているぶん、成婚まで辿り着くことが大変だという一面があります。そのため、成婚につなげるポイントをきちんと把握しておくことが大切です。ここでは、遠距離婚活を成功させるためのノウハウや、注意点について解説します。

都会の男性と結婚したい女性は多い

遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ
地方に在住している女性のなかには、都会に憧れを持つ人も少なくありません。そのため、結婚を機に移住しようと考えて、「どうせなら都会の男性と結婚したい」という女性も多いのです。それに、都会に住む男性は地方に住む男性に比べて、年収が高い傾向にあることも魅力です。お金は結婚にとって切り離せない問題であり、パートナーを探すうえで見逃せないポイントといえます。

さらに、地方は婚活に参加している人数が少なく、理想の相手がなかなか見つかりにくいことが現状です。都会であれば人口が多く、婚活イベントやパーティーがひんぱんに開催されているため、効率的に出会いのチャンスを増やすことができます。このような理由から、地方在住の女性が都会の男性との結婚を視野に入れているケースが多く見られるのです。

地方の女性が都会でパートナーを探す際に、気になるのが「距離」の問題です。婚活イベントに参加したり男性に会ったりするために、わざわざ都会へ出向くことが面倒だと考える人もいるでしょう。そのため、婚活のために上京しようと考える女性も少なくありません。しかし、パートナー探しのためだけに上京を考えている場合は、注意が必要です。

なぜなら、地方から上京をするには引っ越し代や家探しなど、多大な費用や手間がかかってしまうためです。それに、上京したからといって、必ずしも理想のパートナーがすぐに見つかるという保証はありません。婚活は、ただでさえパートナー探しや相手とのやり取りで精神的な負担が大きくなりがちです。そこに、金銭的な負担が加わると、気持ちに余裕がなくなってしまう原因につながります。気持ちにゆとりがなくなると、婚活を続けることがつらくなったり、途中で諦めたりするリスクが高まる場合があるため、要注意です。このような理由から、婚活のためだけに首都圏に住むことは、現実的な選択ではないといえます。お金や気持ちにゆとりを持って婚活を進めるためにも、安易に上京を決断してしまわないことが重要といえます。

最初のアプローチはマッチングアプリを使ってみよう

遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ
現在パートナーがおらず、遠距離の婚活を始める場合は「マッチングアプリ」を利用することも一つの方法です。都内の婚活イベントに参加したりパートナーを探しに出かけたりすると、移動時間や交通費がかさんでしまいがちです。マッチングアプリなら、時間や交通費をかけずに、婚活サイト上で手軽に異性と出会うきっかけをつくることができます。また、マッチングアプリは住んでいる場所を絞り込んで、パートナー探しが行えることも大きなメリットです。都会在住の男性に的を絞って検索を行うことで、効率的に理想の相手を探しやすくなることが期待できます。

さらに、住んでいる場所だけではなく、趣味や年齢、年収などの条件を絞り込み、相手を探せることもメリットです。同じ趣味を持つ人や年齢が近い人なら、会話が弾みやすくスムーズに仲を進展させやすくなります。遠距離恋愛となると直接交流する機会が少ないぶん、仲を進展させにくかったり、コミュニケーション不足を感じたりすることがあります。その点、マッチングアプリならメッセージ機能があるため、離れた場所にいても、いつでもやり取りを行うことができて安心です。メッセージのやり取りで徐々にお互いのことを知っていくことで、ゆっくりと愛を深めることができます。

それから、マッチングアプリで知り合った人とは、「仲良くなってから会う」ことが無難です。婚活サイト上で良い出会いがあると、距離を縮めようとして、すぐに相手と会おうと考える人もいるかもしれません。ただ、相手を良く知らない状態ですぐに会っても、接し方や距離感が分からずに、ぎこちない空気になってしまうケースがあるのです。何度もメッセージのやり取りをしてコミュニケーションを充分にとっておくことで、住んでいる場所が離れていても、しっかりと心の距離を近づけることができます。

コミュニケーションを重ねてお互いをよく知ってから会ったほうが、相手に対する警戒心もなくなり、スムーズに関係を発展させやすくなります。焦って相手に会ってしまうと、かえって関係を進展させにくくなる場合があるため、注意が必要です。遠距離恋愛において、焦りは禁物です。相手との歩幅を合わせて、お互いの気持ちが高まったタイミングで会う約束をするように心がけましょう。

遠距離婚活をする時の注意点

遠距離婚活を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

まず、1つ目は「相手に重いと感じさせない」工夫をすることが大切です。都心に住んでいる男性は出会いの数が多い傾向にあります。そのなかで、地方の女性を選んで交際をスタートさせることは、強い結婚の意思がないとやや責任が重く感じて、尻込みしてしまう人もいるかもしれません。男性を逃げ腰にさせないためには、「重い」と感じさせる要素を払拭する必要があります。

たとえば、いきなり都心に住む男性にアタックをするのではなく、まずは首都圏で開催されている婚活イベントに申込みをすることも良い手です。婚活イベントの参加予約をしておき、気になる男性に「イベント後に会うことはできますか?」とメッセージを入れると良いでしょう。男性の心理からすると、わざわざ自分に会うために地方から都心に出てきてもらうことは、気が引けるものです。その点、イベントに参加をする「ついで」として会う約束をするのであれば、気軽にOKをもらいやすくなることが期待できます。こうして「ついで」を強調してアプローチを行うことで、男性の気持ちに負担を与えず、効率的に出会いのチャンスをつかみやすくなります。

2つ目に、首都圏のパーティーに参加したり首都圏で男性とデートしたりする場合は、1人ではなく「複数人と会う」ことがポイントです。地方から首都圏に移動する手間や交通費を考えると、1回の移動につき会う相手が1人では、非効率的になってしまいます。もしも1人だけと会って相性が悪かったり交際に発展しなかったりすると、そのぶんの時間や交通費が無駄になってしまいかねません。このような理由から、地方から首都圏に行く際は、同じ日に複数人と会えるようにスケジュール調整をしておくことが重要です。1回の上京で複数人とデートをすることで、自分が求めている男性の傾向や、パートナーにふさわしい男性を効率的に探しやすくなります。

それに加えて、複数人と会う約束をしている場合は、男性にその旨をきちんと伝えておくことも1つの手です。同時進行で相手を探していることを伝えることで、相手に誠意を示すことができます。さらに、人によっては他のライバルがいることが明確になり、狩猟本能が刺激されて、交際に対して積極的になってくれることが期待できる点もメリットです。

3つ目には「相手に来てもらおうとしない」ことが挙げられます。ネット上でのやり取りでは意気投合していたとしても、実際に顔をつきあわせてみると、何となく違和感を覚えたり性格が合わないと感じたりするケースは少なくなりません。もしも、交際を申し込まれたとしても自分と合わないようであれば、お互いの貴重な時間を無駄にしないために、はっきりとお断りすることが大切です。

ただ、相手が遠方から自分に会いに来てくれている場合、労力をかけさせてしまったことで、交際をお断りしにくくなってしまうリスクがあります。こうしたお断りしにくい空気をつくらないためには、自分から相手に会いに行くことを基本として、相手に来てもらおうとしないことが肝心です。自分が交通費や手間をかけて会いにいくことで、相性が合わなかったときに、遠慮せずに交際をお断りしやすくなります。

ネット婚活だからこそ!デメリットもある

遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ
手軽さが魅力のネット婚活。しかし、ネット婚活だからこそ、起こりがちな問題やデメリットも存在します。たとえば、問題として挙げられるのが「面倒だと感じやすい」ことです。ネット上の出会いは直接的な出会いに比べて、どうしても相手の表情や雰囲気が伝わりにくく、相手を好きになるまでに時間がかかりやすい傾向です。そのため、本当に好きかどうかもわからない相手のために、「わざわざ出かけるのは面倒」だという気持ちになってしまうケースが少なくありません。特に、お互いが住んでいる地域が離れている場合は、予定をきちんと調整して、綿密にデートプランを練る必要があります。移動時間や交通費がかさんだり気軽に会えなかったりするぶん、多大なエネルギーが必要になるのです。そのため、遠距離婚活をする場合は、それなりのやる気や覚悟が必要になるといえます。

「結婚までの道のりを遠く感じる」ことも問題の1つです。遠距離恋愛となると、どうしても予定の調整が難しく、デートの回数が少なくなってしまうこともあるでしょう。どんなに魅力的な異性と出会えたとしても、複数回のデートで結婚を決められる人は少ないのが現状です。結婚を決めるためには、何度もデートを重ねてお互いの価値観をすりあわせたり、相性を確認したりする必要があります。

ただ、遠距離だとひんぱんにデートをすることが難しく、なかなか関係が進展せずに、お互いにもどかしい気持ちになってしまうケースが多いのです。そして、気持ちに焦りが生じて関係に溝ができたり、すれ違いが起きてしまったりする原因につながる場合があります。ネット婚活を成功させるには、焦らず着実に2人の仲を近づけていく、忍耐力を身につけることがポイントといえます。

さらに、「会わない期間が長い」ことも注意しておくべき点です。交際をスタートさせたカップルの多くは、相手のことをより深く知りたいと考えて、コミュニケーションをひんぱんにとりたくなるものです。遠距離となると直接会えないぶん、電話やメールなどが主なコミュニケーションツールにならざるを得ません。ですが、電話やメールだと意思の疎通がうまくいかずに、すれ違いが起きてしまう場合があるのです。また、会えないことでストレスが溜まったり、相手に対する気持ちに不安が生じやすくなったりするリスクもあります。遠距離婚活はなかなか会えない状況でも、うまく電話やメールでコミュニケーションをとり、お互いを信じる気持ちを維持することが重要になります。

婚活したら遠距離になった!デート方法

遠距離だけど婚活したい!婚活サイトのすすめ
婚活を成功させて晴れてカップルになったものの、なかには遠距離になってしまう人もいるでしょう。遠距離交際からゴールインに進むためには、有給などを使って「工夫して会う時間を確保する」ことが欠かせません。せっかくカップルになったのに、遠距離を理由に会う回数が少なくては、結婚が遠のいてしまう原因につながります。どんなに仕事が忙しくても、有給を使ったり休みを合わせたりして、2人きりで過ごす時間を確保することが肝心です。

遠距離交際を始めたばかりの頃は、体や精神にかかる負担が大きく、不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、デートを地道に重ねていけば、次第に遠距離の感覚に慣れていくカップルは多いものです。交際当初はさまざまな負担や不安を感じるものだと割り切り、その負担や不安を2人で乗り越えることで、より深い絆を築き上げることができます。

ただ、遠距離恋愛に慣れてしまうと、ズルズルと関係が長引いてしまうことがあるので、注意が必要です。良い意味の慣れを通り越してしまうと、お互いに結婚へのモチベーションが下がってしまい、せっかくの婚活の意味がないものになる場合があります。遠距離に慣れることは良い関係を築くうえで大切ですが、結婚のタイミングは逃さないように充分注意する必要があります。

ネット婚活を使えば遠距離でも結婚できる

遠距離恋愛はさまざまな障害があり、近場の恋愛に比べると良い関係を維持することが難しいのが現状です。しかし、そのぶんさまざまな障害を2人で乗り越えることで、より深い絆が生まれて、お互いをかけがえのない存在だと認識できるようになるはずです。
それに、近場の恋愛にこだわりすぎると、運命の人と出会うチャンスを逃してしまいかねません。都心まで足を伸ばして婚活をしてみることで、出会いの幅をぐんと広げやすくなります。

また、手軽に都心の人と出会うきっかけをつくるためには、マッチングアプリを利用することも良い方法です。ネット婚活であれば、遠距離でも費用や手間を抑えて、ライフスタイルに合わせた婚活ができます。運命の相手とスムーズに出会う確率を上げるためにも、マッチングアプリに登録をしてみてはいかがでしょうか。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー