2 view 恋活
気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは

気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは

  • Pairsをフォロー

片思いの相手との距離を縮めたいと思っても、なかなかうまくいかないときもありますよね。そんなときに使えるのが「単純接触効果」という心理学の法則です。この法則を有効に使うと恋愛において高い効果を発揮するのですが、正しく使わないと逆効果になってしまうこともあります。今回は、この「単純接触効果」について詳しく解説していきますね。

単純接触効果ってなに?

気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは
単純接触効果とは心理学の法則の1つで、「接触頻度を増やすことで、相手から好意を持ってもらいやすくなる」という効果が特徴です。この法則はアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが発表した論文で知られるようになり、彼の名前をとって“ザイアンス効果”とも呼ばれています。ビジネスの場面でもよく使われており、営業の人が何度も取引先に出向いて顔を出すことも、相手との接触頻度を増やして信頼関係を築くのに有効です。また、はじめは興味のなかったテレビCMでも何度も見ているうちに流れている曲が耳に残ったり、気が付いたら口ずさんでしまったりするという経験はないでしょうか。これも「単純接触効果」によるもので、実際に相手に対面することだけが「接触」ではなく、見たり聞いたりすることも「接触」の中に含まれます。
なぜ接触頻度が増えると、好感度が上がるのでしょうか。なぜなら、毎日のように見たり、聞いたり、会ったりすることでよく知らなかったもの(人)から、よく知っているもの(人)へと変化するからです。脳は知らないものに接したとき「これはどんなものなのか」「この人はどんな人なのか」と情報処理をするのに疲れてしまいます。しかし、毎日触れることで脳が行う情報処理がスムーズになっていき、肯定的な感情を抱くようになると考えられているのです。そして、「親近感」が生まれることで警戒心が薄くなり、相手に対して好意を持つようになります。
この法則は恋愛にも応用することができ、片思いの相手との接触頻度を増やすことで、相手に自分の存在を認識させ好意を抱いてもらいやすくなるのです。もし、片思いの相手との接触が少ない状態にあるのなら、この「単純接触効果」を取り入れるチャンスといえます。特に、出会って間もないころや相手が今まで自分の存在を認識していない状態のときなど、恋愛初期の段階で使うようにすると効果的です。この段階で「単純接触効果」を使って相手の恋愛対象になれるようにしましょう。

単純接触効果を使った恋のテクニック!頻繁に会うように

「単純接触効果」を効果的に使うにはいくつかポイントがあります。正しいやり方で行わないとまったく効果が得られないので覚えておきましょう。

とにかく会う回数を増やす!

基本的な方法としては、相手と直接「会う」回数を増やすことです。「単純接触効果」で重要なのは接触する「時間の長さ」よりも「頻度」だといわれています。つまり、週に1度だけ1時間会うよりも、毎日15分ずつ会った方が高い効果が期待できるのです。よく学校や職場でカップルが誕生しやすいのは、自然と「毎日会う」環境にあるからといえます。また、いつも同じ時間の電車に乗っている人がだんだんと気になってきたり、よく行くお店の店員さんに好意を抱いたりしてしまうのも「単純接触効果」の法則の一つです。どちらも長時間の接触はないけれど、会う頻度が多いことが共通しています。

短期間で会う頻度を上げる

「単純接触効果」を恋愛テクニックとして意図的に取り入れるのなら、短期的なサイクルで会う頻度を増やすことが重要です。短い時間でも毎日会えることが理想的ですが、むずかしい場合は限りなく近づけましょう。しかし、それを何カ月も続ける必要はありません。効果が期待できるのは初期の段階のみなので、2週間から長くても1カ月程度の短期間に集中して会う機会を増やしましょう。

相手に認識されることが重要

会う頻度を上げるといっても、ただ会ってさえいればいいというわけではありません。毎日学校や職場で会っていても、クラスメイトや同僚全員に好意を持つようにはなりませんよね。「接触」は相手の印象に残らないなら、会っていないのと同じです。印象に残したいときは短くても会話をするのが良いですが、むずかしい場合は「会釈をする」「あいさつをする程度」でもいいので相手に認識されることが大切といえます。また、不機嫌な態度をするなど悪い印象を残してしまうのは逆効果です。会釈やあいさつをするとき、目が合ったときには笑顔でいることを心がけましょう。

会っていない間も大切!気になる人の記憶に残る工夫

気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは
「単純接触効果」は会う頻度を増やすほど効果が期待できますが、もともと職場が違うなど接点があまりないと、毎日のように会うことがむずかしい人もいるでしょう。しかし、実際に会っていなくても「単純接触効果」を使用することは可能です。会うのが効果的ですが、なかなか会えない相手の場合は、これから紹介する方法も併用して使ってみてください。

メールなどの連絡を頻繁にする

メールは相手に直接コンタクトをとることができるツールです。自分のタイミングで送ることができるため、送る頻度を調整することも可能です。送る内容は相手が不快にならないことなら、どんなものでも構いません。単純接触効果で重要なのは内容の良し悪しよりも、相手と「接触」する頻度なのです。1日に何通も送るのは相手にとって迷惑になってしまうので、1日1通程度で短い内容のものを送るようにしましょう。

SNSでつながりを持つ

相手がSNSをよく使う人ならば、フォロワーやお友達になってつながりを持っておくと良いでしょう。自分の投稿を毎日相手に見てもらうことができればチャンスです。特に自分の顔が映った写真が載っている場合、相手が数秒でも自分の顔を見てくれることで、「単純接触効果」としては実際会っているのと同じような効果が期待できます。また、メールで直接連絡をするよりも相手のSNSの投稿にコメントをする方が気軽にできるため、メールが苦手な人には向いています。しかし、メールと違って相手がSNSにログインしなければ「接触」できないのがデメリットです。

自分を思い出してもらえるプレゼントを渡す

プレゼントといっても高価なものである必要はありません。相手が日常的に使用するものや、身に付けるものが効果的といえます。例えば、ペンなど仕事で使うような文房具類などです。どんなものでも構いませんが、相手が日常生活の中で頻繁に目にするものであることがポイントになってきます。ここで重要なのは、「プレゼントしたもの」を相手が見たときに、自分を思い出してもらうことです。どこにでもあるようなものでは印象に残らないため、デザインや機能に特徴のあるものがおすすめです。自分を思い出してもらう機会が増えるほど「単純接触効果」があります。渡すタイミングは旅行のお土産やお礼、誕生日などのお祝いだと渡しやすいですね。

単純接触効果を使う!注意点は?

気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは
単純接触効果を使うには注意点もあります。間違った使い方をすると効果を得られないどころか、相手から嫌われてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

効果は最初の10回まで

会う頻度を増やすといっても、効果があるのは最初の10回までといわれています。10回以上会っても「単純接触効果」によってその後の印象が大きく変わることはありません。「会えば会うほど単純接触効果があるはず」と100回も会うのは効果がないどころか、会うことに慣れてきてしまい恋愛対象から外れてしまうこともあります。そんな関係がダラダラと長引いてしまうと、相手に告白したのに「友達でいたい」といわれてしまうケースも珍しくありません。相手からの好感度を上げたいのなら、最初の10回に集中しましょう。

会いたいからと相手に無理強いをしない

相手と会う回数を増やしたいからと、相手に無理強いをして時間を作ってもらう必要はありません。「単純接触効果」はあいさつなどの短い時間の接触でも効果があるのです。相手と会う機会が少ないのなら、自分から相手の方に出向くようにし、あいさつなどをすればいいのです。職場が違う場合など相手との接点がないときには、仕事の帰りに偶然を装って会うような方法もあります。この場合も無理に食事に誘うなどせず、軽くあいさつするだけでも「単純接触効果」は期待できるでしょう。

恋愛に発展させるにはプラスアルファの工夫が必要

「単純接触効果」は相手に好感を持ってもらうために使える心理テクニックです。しかし、人として好感を持ってもらえても恋愛に発展するとは限りません。この方法は相手の警戒心を解き、信頼度を高めたり親近感を持ってもらったりするのに役立ちます。しかし、このままでは「仲のいい友人」で終わってしまう可能性もあるので、異性として見てもらいたいならプラスアルファの工夫が必要です。単純接触効果で相手との距離が少し縮まったら、相手をドキッとさせるようなアクションを加えて、異性として意識してもらえるようにしましょう。

人によっては逆効果になる可能性も

気になる人を振り向かせる!単純接触効果とは
「単純接触効果」は会えば会うほど相手からの好感度が上がっていくと説明してきましたが、実は相手からあまりよく思われていない場合には逆効果になります。つまり、会えば会うほど相手は自分のことをどんどん嫌いになってしまうのです。そのようなことにならないためにも、守っておくべきポイントがいくつかあります。

しつこくしない

接触頻度を上げたいからと、メールを1日に何通も送ったり何度も電話をしたりするのは相手の迷惑になります。偶然を装って会う方法も紹介しましたが、毎日職場の前で待ち伏せするなどはしない方が良いです。なぜなら、これらの行為は相手に警戒心を抱かせてしまうことになるからです。相手が自分に対しネガティブな感情を持っている状態では、接触するたびに警戒心が強まり恋愛に発展するのはむずかしくなります。

相手の行動を制限してしまうような行動は慎む

単純接触効果は最初の10回が大事だからと、焦ってその10回の間に相手と仲良くしようとしたがる人がいます。話がしたいからと無理に相手を呼び止めたり、話を長引かせたりするのはよくありません。また、相手にも予定があることも考えずに無理やり約束を取り付けるような行為は慎みましょう。「単純接触効果」で重要なのは「接触する頻度」であり「接触している時間」ではありません。はじめは、あいさつや短い会話など軽い接触を繰り返して好感度を上げていき、ある程度仲良くなってから会う予定を取り付ければいいのです。

マイナスの印象は早めの挽回を

相手からマイナスの印象を持たれてしまっている場合、「単純接触効果」のある最初の10回のうちに印象を変える必要があります。最初に会ったとき自分が「不機嫌な態度で感じが悪かったかな」と思うのであれば、その後は笑顔で接するように心がけるなどしましょう。また、嫌われてはいないけど相手が自分に興味を示していない場合も、すぐに諦める必要はありません。最初の数回は脈のない感じでも、接触を増やしていくことで「単純接触効果」により好感を持ってもらえる可能性があります。10回程度は諦めずに会ってみましょう。

気になる人がいない!ペアーズで見つけよう

気になる人が特にいないという人は、ぜひペアーズで探してみましょう。ペアーズは累計会員数が700万人を超えている大型のマッチングサイトです。会員数が多いので出会いの幅も増え、自分にあった人を見つけられる可能性が広がります。人が多すぎると自分の理想に会う人を見つけるのがむずかしいのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、ペアーズには条件を細かく設定できる機能がついています。例えば、年齢や職業、住んでいる所などの基本的な情報だけでなく、お酒やタバコなどの細かい部分まで項目があるのが特徴です。ほかにも9万を超えるコミュニティーが存在しており、「映画大好き」「サッカーが好き」「趣味はカフェ巡り」など所属している人の趣味や嗜好がわかります。

また、安全面にも力を入れており、年齢確認が必須となっていて18歳未満は利用できないようになっているため安心です。名前は実名ではなくイニシャル表記のため個人情報が気になる人でも安心して使えます。Facebookを使用して登録しますが、ペアーズに登録していることがタイムラインに流れることはありません。また、セキュリティーも万全で24時間365日の監視体制がされています。

今回紹介した「単純接触効果」は特に出会った初期に使うと有効なテクニックです。最初の10回が肝心なので、相手と会う機会があれば積極的に行動しましょう。ペアーズで理想の相手と出会えたときには、ぜひ「単純接触効果」のことを思い出し、相手との距離を縮めるのに役立ててくださいね。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー