3 view 結婚

「結婚は無理・・・」と思ってしまう人、「あの人と結婚するのは無理」と思われる人はどんな人?

  • Pairsをフォロー

結婚したいと望んでいるけれど、なぜかうまくいかないことが多いと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特に、自分なりのアピールが相手に伝わらないまま結婚を断られてしまうと、どこをどう改善すれば結婚へとつながるのだろうという悩みがでやすいです。この記事では、結婚は無理と思ってしまう人・逆に結婚するのは無理と思われる人はどんな人なのかなどについて紹介します。

自分には結婚は無理…と思うのはどんな時?

相手から結婚を断られるのではなく、自分には結婚は無理だと思う理由はさまざまです。たとえば、自分だけで何でも楽しいと感じるようになったときがあるでしょう。料理やほかの家事などが趣味になっている場合やどこかへ出かける際も1人で楽しめるようになると、相手を必要としなくなります。また、何かをするときに限らず、相手に合わせることが疲れると感じる場合もわざわざ相手を探そうと思わなくなりがちです。結婚は一生を共にすることであり、一緒に過ごす時間が長くなるのでお互いに妥協が必要となる場合もあります。また、場合によっては相手のほうに合わせる必要がでてくるケースもあるでしょう。それが疲れると感じる人は、やはり結婚は無理だと諦めてしまうことがあるのです。出かけるときも外食も1人のほうが気楽だと感じていると、誰かと行動すること自体がストレスになってしまうケースがあります。

ほかには、単純に恋愛や結婚の相手を探すことが面倒だと感じたとき、相手を探したいと思っていても紹介してくれる人がいなくなったときなども結婚できないかもしれないと思う人がいます。さらに、現実的なことを考えたとき、結婚式や子育てに必要となる費用が高額であるために無理なのではと自信をなくしてしまうケースもよく耳にします。

一般的に結婚できない人はどんな人?

一般的に結婚できない人はどんな人なのか、気になる人も多いのではないでしょうか。例をあげれば、結婚相手に対する理想が非常に高い場合や金銭感覚が一般的な感覚からずれている場合があります。結婚は一生を共にすることなので、ある程度自分の理想に近い人を求めたくなるものでしょう。しかし、あまりにも理想が高すぎると、それだけ結婚する可能性がある相手の人数が減ってしまうことになるのです。高い理想に近い人はそれだけライバルも多くいます。少ないチャンスの中で勝ち抜く必要が出てくるため、とても厳しい道のりです。

また、結婚するときには相手からも選ばれるのだということを忘れてはいけません。自分が理想の人を求めるように、相手も同じように求めているのです。もし、理想の人が見つかったとしても、それだけ条件が良い人であればいろいろな相手からアプローチをかけられている可能性が高く、結婚相手として自分が選ばれる道は困難になってしまいます。

また、金銭感覚が一般的な感覚からずれている人も敬遠されることが多いです。贅沢な暮らしに慣れていたり、逆に倹約する心が強すぎたりすると、共に暮らしていくのは難しいと判断されやすくなります。結婚する際には生活費などの管理も必要になるため、金銭感覚はできるだけ一般的であることが望ましいのです。

また、容姿が整っている人はモテるのであえて結婚せずに楽しみたいと考える人もいますし、自立心が強く、仕事に没頭するタイプの人も結婚へとつながる交際を続けにくい傾向があります。

日本は結婚しづらい環境??

2015年に行われた国勢調査によると、30~34歳の男性の2人に1人、女性は3人に1人が未婚だという結果が出ています。日本では晩婚化が進んでいるといわれていますが、はたして結婚しづらい環境にあるのでしょうか。結婚しづらいといわれる理由として、結婚式の費用が非常に高くなることが多い点があります。個人差はあるものの、一生に1度だという思いから豪華な式をあげるカップルも少なくなく、オーダーメイドなどこだわりのある結婚式にする場合などを含め、非常に費用面では高くなりがちです。また、結婚後に子どもが生まれると、子育てにも非常に費用がかかります。生まれてから成人するまでに通う学校をすべて私立にした場合、1人あたり2000~3000万円必要です。子どもの人数が多ければ多いほど、子育てにかかる費用は高くなってしまいます。

ほかには、日本の結婚に関する概念に変化が起きており、年頃だから必ず結婚しなければいけないという固定概念がなくなりつつある点があります。結婚にこだわらなくても人生を楽しめるという価値観が少しずつ広がってきているため、独身を楽しもうとする人が増えてきています。

女性が思う「こんな男性とは結婚できない…」というポイントは?

・女性ぐせが悪い・女性の友達が多い
結婚すると、一生を1人の女性一筋で生きていくことになります。つまり、一途に愛し、支えていく男性でなければ結婚生活は続けにくいといえるでしょう。女性ぐせが悪く、すぐに浮気をするタイプや女性の友達が多いタイプは結婚できないと考えられやすいです。友達なのだから問題ないのでは?と考える人もいますが、友達とはいえ、異性には間違いなく、恋愛感情を抱く可能性がまったくないとは言えません。数人程度であればともかく、あまりにも多くの女性の友達がいる男性は信頼性に欠けると思われる可能性が高いです。

・ゲームやアニメ、アイドルなどにお金を多く使っている
生活を共にする以上、お金の使い方はお互いに考えなければいけません。そんな中、趣味にお金を多く使ってしまう人は生活に支障がでると考えられ、結婚相手の対象外となるケースがあります。まったく趣味を我慢する必要はありませんが、月にいくらまでと決めるなど計画的に使う人でなければ結婚するのは難しいと考えられてしまいます。

・仕事に対して後ろ向きで愚痴が多い
一般的に、男性が大黒柱となって家計を支えることが多い日本では、仕事に対する意欲がある男性を魅力的に感じる人が多いです。そのため、仕事に対して後ろ向きで愚痴が多い男性は頼りがいがないと判断されがちです。

・基本的にネガティブ
明るい家庭を作りたいと理想を抱いている女性は多く、基本的にネガティブに考える人との結婚は望まれません。楽しい会話をしたいと思っていても、愚痴や悩みばかり話されては女性側も気持ちが沈んでしまうからです。また、常にネガティブな人は自分に自信がない人も多く、相手と正面から向き合おうとしない傾向があります。ときには真剣に会話し、お互いに向き合うことができなければ、夫婦として意思の疎通をはかることが難しくなってしまいます。特別おしゃべりだったり面白かったりする必要はありませんが、できるだけポジティブに考え、行動できる人は好感を持たれやすいでしょう。

・親戚が非常に多い
結婚はお互いの家族だけではなく、親戚との関わりもあります。お盆やお正月などに挨拶に出かけるご家庭もあるのではないでしょうか。親戚が非常に多い場合、親戚に対してそれだけ気を使う機会が増えることになるため、できるだけ親戚が少ない男性と結婚したいと考える女性が少なくありません。

・母親が何にでも介入してくる
結婚したときによく聞くのが嫁・姑問題です。息子を大切にしてほしいと考える姑と、もう結婚したのだから夫のことは任せてほしいと考える嫁の間でトラブルが起きるケースはよくあります。そのため、距離感をある程度保てる母親がいる男性は、結婚に1歩近づけるといえるでしょう。

男性が思う「こんな女性とは結婚できない…」というポイントは?

・酒癖が悪い
夫の酒癖が悪くて困ると悩む女性の話はよく耳にしますが、同じように、女性側の酒癖についてもしっかりチェックされています。酒をよく飲むということは費用もかかりますし、酒癖が悪いとさまざまな問題を起こすこともあります。自分としてはたいした問題ではないと考えていても、結婚するとなれば別です。酒を飲みすぎて前後不覚になったときなど、男性に襲われてしまうこともあるかもしれません。また、将来的に子どもが生まれる際には妊娠・出産・育児などに悪影響が出やすいのです。そのため、お酒は飲んでもたしなむ程度の女性が好ましいと考えられることが多いです。

・アイドルやアニメなどに夢中でお金を多く使っている
女性が結婚できないと考える男性の条件にもありましたが、男性側も趣味にお金を使い過ぎる女性との結婚は望まない人が多いです。アイドルやアニメのグッズは高額なものもあり、そういったものを次から次に購入していては計画的なお金の使い方ができにくくなります。趣味はあっても、お小遣い内で購入できる程度にしておくのが無難です。

・束縛が強い
女性の中には彼氏や夫の浮気を過剰に心配し、束縛が強くなる人もいます。軽いやきもちであれば可愛らしく、男性側としても嬉しく感じることもありますが、激しい嫉妬で追い詰められるのは苦手な人が少なくありません。

・家事をほとんどやらない
結婚した際に共働きの家庭もありますし、妻が家庭に入り、家事・育児に専念する場合もあります。どちらの場合も、家事をほとんどやらない女性は結婚に向かないと考えられてしまいます。特に、後者で家庭に入って専業主婦となった場合は、夫が外で働いている間に家庭を過ごしやすい状態にしてほしいと望む男性が多いので、家事をほとんどやらないことが大きな問題になることが多いです。

・金銭感覚が違いすぎる
夫婦として生活するうえで、金銭感覚が似ていることは非常に重要なポイントです。生活するために使うお金は独身時代とは違い、お互いに考えなくてはいけません。しかし、女性の中にはブランドものが好きでファッションやメイクなどにこだわりがある人もおり、毎月高額な費用をつぎこんでいる場合もあります。1人で生活しているのであれば問題ありませんが、家族ができたときにもその調子では困ってしまいます。

恋人を作らない人が増えているのはなぜ?

恋人を作らない人が増えているのはさまざまな理由があります。まず、現在の生活の中で恋人がいなくても楽しめる環境がある場合は、1人でも十分満足感を得ることができるので恋愛をしようと考えない人もいます。ネットの普及によって自宅にいながらでもさまざまな買い物ができ、友達を作ることも可能です。スマホゲームもたくさんの種類があり、そういったゲームに夢中になっているので、恋人を作りたいと考えないケースもあります。ほかには、恋愛ゲームや恋愛小説など二次元の恋愛を楽しむ人が増え、心が満足しているので1人でも幸せだと感じる人もいます。

また、お一人さまでいても以前より周りからの圧力が低くなり、抵抗を感じにくくなっていることも理由の1つです。特に、ヒトカラと呼ばれている1人で出かけるカラオケにハマる人は男女ともに多く、専門店ができているほどです。1人でカラオケに出かけても寂しいのではと思う人もいますが、逆に1人だからこそ好きな歌を思いきり歌えることが人気となっています。他人の目を気にせず、自分のペースで楽しめるので、ストレス発散にもなります。

そして、昔のように、親から結婚をせかされることが減っていることも恋人をあわてて作る必要がないと考える理由の1つです。ゆっくりと相手を探せばいいという考えの親も多く、結婚に対して焦りを感じる機会が減っています。周囲からの圧力が低くなっていることで、1人でいることにストレスも感じにくく、恋人を作らなくてもいいという安心感につながっているのです。

ほかには気軽に新しい人と出会えるようになったので、特定の人に依存しなくても楽しめるからということがあります。昔と比べて、誰かと気軽に出会える場はとても増えてきています。たとえば、1人でも出かけられる立ち飲み屋はカウンターのみという店もあり、隣の客との距離も近いです。そういった場で新しい人と出会える機会があり、恋人にならなくても楽しい時間を過ごすことができます。もし、その相手と気が合わなければ店をでれば良いだけなので、難しく考える必要もありません。

さまざまなサークルがあったり、イベントなども開催されたりしているので気になるものに気軽に参加できます。同じことに興味をもった人が集まっている場所なので自然と会話もはずみますし、イベントなどが開催される日に再び会う約束をすることも可能です。

結婚するには気を張りすぎないことも大切

自分は結婚できないかもしれないと思っていても、気張りすぎずに行動することが大切です。気を張りすぎてしまうことで本来の魅力を十分発揮できず、それが原因でチャンスを逃すこともあります。逆に、気張りすぎないことで、かえって力が抜けて良い結果につながることもあるので、リラックスして相手と接するように心がけましょう。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー