「マッチング=好き」ではない

以前、マッチングした方とカフェに行ったのですが、私が食べているケーキが美味しそうだと言って「あーん」を求められました。 その時点で既にキモイのですが、そのあと公園を歩く際にも「手を繋いでいい?」や「肩組んでいい?」「ツーショット撮ろう?」など、私は都度きつくお断りしていたのですが、懲りずに何度も何度も聞いてきました。 流石にきもすぎて、適当な口実をつけて逃げました。 マッチングしたんだからもう俺ら付き合ってるよね、みたいな感覚だったのでしょうか。 バカも程々にしてほしいですね
女性 21歳 学生

このトピックにコメントをする

コメント: 500文字以内