71,710 view デート

男性の本音!2回目のデートに誘わないときの6つの理由

  • Pairsをフォロー

2回目のデートに誘わない男性

なぜか1回目止まりになっていませんか?

1回目のデートを終え、「2回目のお誘いは?」と思ったものの、誘いがない……なんてことはありませんか?

一体、何が原因で1回目止まりになったのでしょうか。この記事では、2回目のデートに誘われない理由を6つご紹介いたします。

2回目のデートに誘わない理由

1 男は奢るのが当たり前だという態度

バブル時代ならともかく、今は割り勘をする男女も多いもの。

ご馳走してほしい気持ちはわかりますが、ここはきちんと支払う意思を見せましょう。

もしも男性が「ここは俺が」と言ってくれたのなら、素直にご馳走になり「ありがとう、美味しかったよ」と感謝を伝えればOK。

間違ってもご馳走してもらう前提で「ありがとう」なんて言わないように。あくまで、相手から支払いを断られたときにお礼を言ってくださいね。

2 食事のマナーが良くない

女性=品がある、というのは男性の勝手なイメージでもありますが、やはり品のある女性は魅力的なものです。

食事ではできる限り品よく食べましょう。ソースやおかずがぐちゃぐちゃの状態で食べ残したり、お箸の持ち方が悪かったり……。

そんな姿を見せられたら、男性の食欲も失せてしまいます。もし食べ方に自信がないのなら、せめてデートのときくらいは自分が上品に食べられるメニューを選んでくださいね。

3 店員さんへの態度が悪い

お金を払っているからといって、お客様は神様だというわけではありません。

店員さんの悪口を言ったり、店員さんへの態度が悪かったりすると、男性が女性に抱いていた好感度は一気に急降下します。

「結婚したら俺にもこんな態度をとるんじゃないか?」「俺には優しいが、実は裏表のある人間じゃないか?」などと余計な疑いをかけられてしまいます。

そんなことにならないよう、誰に対しても優しく接していてください。

4 脈がなさそうな態度を取り続ける

「男は狩猟本能があるから、追いかけさせないと」と、むやみやたらに「つれない女」を演じていると、男性のテンションは下がってしまいます。

狩猟本能は、あくまで「頑張れば捕まえられそう」という気配があるからこそ起こるもの。もし男性に「あ、この人は完全に無理そう。まったく脈がない」と思われたら追いかけてくれません。

希望がないなら次のお誘いをしないのも当然です。小悪魔アピールもほどほどにしてくださいね。

5 一緒に楽しもうという気配がない

デートは「楽しませてもらう」ものではなく、「二人で楽しむ」ものです。

それなのに、すべてを男性に丸投げにして「一緒に楽しもう」という気配をだしていなければ、男性は疲れてしまいます。

一緒に盛り上がり、楽しめるからこそ楽しいデートができるというもの。自分だけが楽しませてもらおうとせず、相手を楽しませようという気持ちでデートをするのがいいですよ。

6 忙しい・充実しているアピールをしすぎ

忙しくて充実した生活を送る女性は素敵です。頑張っているオーラがでていますもんね。しかし、忙しい女性はデートに誘いにくいものです。

女性が充実していると、男性から「俺がいなくてもいいよね……」「忙しいなら誘っても来ないよね……」なんて思われてしまうことも。

どんなに忙しかったとしても、忙しいアピールは控えたほうが無難です。どうしても忙しいときは「忙しいけれど、あなたとデートしたい」という気持ちを伝えておきましょう。

いざとなればこちらからお誘いも

待っているだけでは始まりません。

2回目のデートのお誘いがないのなら、こちらからお誘いするというのも手ですよ。

もしもお誘いに乗ってくれれば、挽回のチャンスがあるということ。頑張ってくださいね!

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー