『彼と連絡を取っていると毎日がキラキラしていて、もっと彼のことを知りたい、もっと近づきたいと思い気持ちを伝えました。』

– Sさん 22歳 福岡(女性)

始めは相手からいいねがきたのですが、偶然同じ大学で顔がタイプだったのと、趣味が同じだったので会って話してみたいと思い「いいね!ありがとう」を送りました。

最初はPairsのメッセージで話していましたが、話が弾みすぎたためLINEに切り替えました。
毎日遅くまでLINEをして色々な話をしていくうちに惹かれていきました。

たまたま同じ大学ということもありすぐに会うこともでき、一気に距離を縮めていきました。
実際に会ってみると想像をはるかに超える格好よさ、声の良さ、笑顔の良さに惹かれ、気づいた時には好きになっていたため付き合おうと思いました。
彼と連絡を取っていると毎日がキラキラしていて、もっと彼のことを知りたい、もっと近づきたいと思い、気持ちを伝えました。

初デートでは水族館に行ったのですが、生き物が大好きな彼が可愛く、また、館内を回るときも手を繋いでくれたりリードしてくれたおかげでとても楽しくて忘れられない思い出になりました。

Pairsのおかげで、かけがえのない大切な人に出会うことができました。本当に運命の相手だと思っています。
初めて利用したマッチングアプリでしたが、本当に使いやすくて、他の人にも勧めるくらい良かったです。
ありがとうございました。

『最初は私がサッカーのコミニティでみつけ、アプローチ。
やり取りをする中で、好きなスポーツだけでなく色んな共通点が見つかり始めました。』

– Sさん 20歳 福岡

大学の先輩や後輩に勧められ、軽い気持ちで始めました。
出会いなんてそんなにない。ましてや、自分と価値観が合う女性なんて現れない。最初はそんな風に思っていました。

マッチングのきっかけは、「サッカー」のコミニティで彼女をみつけ、私からアプローチしました。
それが彼女の目にとまり、メッセージをやり取りするようになりました。

やり取りをする中で、好きなスポーツだけでなく、中高生時代の部活が同じ吹奏楽部だったこと、しかも、同じテナーサックスを担当していたこと、そして、同じ大学に通っていることなど、色んな共通点が見つかり始めました。

同じ大学でありながらお互いの存在は特に知らず、とりあえず会ってみようとなりました。
会うまではしっかり者という印象でしたが、実際会ってみるとしっかり者の反面、ほどよく抜けているところもあって話しやすい印象を受けました。

趣味が複数以上合い、出身地は違いながらも似た人生を歩んできたことが分かり、価値観が合ったことからだんだん彼女を意識するようになりました。
その後、LINEでやり取りをする中でお互い好意を持ち、意識するようになり、彼女から告白の一言を言ってもらい、交際に至りました。

初デートの日はバレンタインデーでした。水族館に行きました。
お互いはじめてのデートで緊張してたけど、さっそく手も繋いで写真も撮って楽しみました。
帰宅してからバレンタインチョコとネクタイと手紙のプレゼントをもらい、本当に感動しました。

Pairsを始めた頃の予想に反し、こんなに価値観の合う方と出会えて幸せです!

Pairsの共通のコミュニティを通じて糸が繋がったお二人。
「サッカー」という共通のキーワードから、次々に他の共通点が見つかって急速に距離が縮まっていったんですね!
お二人にサプライズな出会いのお手伝いができましたこと、Pairsチーム一同、大変嬉しく思っています^^
お二人の毎日がこれからもキラキラしたものとなりますように!

Pairsチーム一同