6,024 view カップル

彼氏の好きなものを好きになれない時の対処法・3つ

  • Pairsをフォロー

彼の好きなものを好きになれない
「大好きな人の大好きなものを好きになりたい。」「彼氏と一緒に好きな気持ちを分かち合いたい。」

恋する女性であれば、誰しも一度は考えることだと思います。

だけど「いくら大好きな彼が好きなものだからって、私は好きになれない……。」という瞬間がたくさんあるのもまた事実。これぞ複雑な女ゴコロです。

今回は彼氏の好きなものを好きになれない時の対処法をご紹介します。

彼氏の好きなものを好きになれない時の対処法① ファッション

ファッションにこだわりがあるのは、女性だけではなく男性も同じ。もしかしたら男性の方が、こだわりが強いかもしれません。

彼のファッションが「好みじゃない……何ならちょっとダサイ!」そんな風に思う時もあるかもしれません。

だからと言って「その服あんまり好きじゃない」なんて、口が裂けても言えないですよね。

そんな時にオススメなのが買い物デートです。

特にショッピングモールやアウトレットなど、色々なお店が集まっている施設であれば、自然と“一緒に見て回る”という行為に繋がるはず。

それこそがチャンスなんです!メンズのお店で、さり気なく「これあなた似合いそうだね!」と好みの服をオススメしてみましょう。

最初は乗り気じゃなかった彼も「絶対似合うよ!」「着たところ見てみたいなぁ」というあなたの言葉に、「試着くらいなら」と思うはず。

試着まで行けば、あとは褒めまくりましょう!「とっても素敵!」「いつもと雰囲気が変わってイイね!似合うよ!」好きな彼女にこう言われて、嫌な気分になる人はいないでしょう。

こんな風に、徐々に自分好みのテイストに導いていく。それも、彼を“嫌な気分にさせずに”。これこそが大切なんです。

プロデュースするつもりで、彼のファッションをあなたも楽しんでみては?

彼氏の好きなものを好きになれない時の対処法② 彼が好きな女性芸能人

自分が一番可愛い!だなんて思わないけれど。でも、誰だって彼氏の“No.1”でありたいもの。キレイな女性芸能人に勝ちたいだなんて考えなくても、「あの子可愛いよな~」なんて彼が言ったら、やっぱりあまり良い気分ではないですよね。

何だか妙に落ち込んでしまったり、逆にその芸能人のことが嫌いになってしまったり。

そんな時は「それでも彼の一番傍にいるのは私」と思うようにしましょう。

嫉妬してしまうのは、自信がないから。どれだけ自分磨きをしてようが、それでも“絶対的な自信”なんてなかなか生まれないものです。だからこそ、彼の何気ない一言にモヤモヤしてしまったり。

だけど、忘れてはいませんか?あなたは彼に“選ばれた”人なのだということを。TVに映る華やかな女性芸能人は数多くいますが、彼にとっての恋人はあなただけなのです。

落ち込みそうになったら、この言葉を思い出し、ネガティブな気持ちを吹き飛ばしてしまいましょう。

気持ちが明るくなれば自然と笑顔が増え、彼のことも明るい気持ちにさせられる。そんな存在でいられるのは、やはりあなたが唯一無二の存在だからです。

彼氏の好きなものを好きになれない時の対処法③ 行き過ぎた飲み会

「仕事上の付き合いで仕方なく……。」ということはもちろんありますが、基本的に男性は飲み会が好きな生き物。

お酒の強い・弱いに関係なく、気の知れた仲間とワイワイ楽しむことが嫌いな男性はいないでしょう。

そして、ついつい飲みすぎてしまい、泥酔して帰宅。なんて経験も、一度や二度じゃないかもしれませんね。

一方で女性同士の飲み会は、理性の上に成り立っていることが多いため、よっぽどのことがない限り“泥酔”になるまで飲むということにはなり得ません。

ですから「こんなに酔っ払って帰ってくるなら、飲み会に行かなければ良いじゃない!」なんて思うこともしばしば。特にお酒が苦手な方だと、なおのこと理解に苦しむのではないでしょうか?

では、どうやって乗り越えるのか。それはずばり「彼の飲み会に着いていく」です。

これは、女性側にとってのメリットが非常に多いです。例えば、

・彼の友達に、自分が彼女であるということをアピールできる
・“友達の彼女が同席している”という点から、場じたいが行き過ぎない
・彼が飲みすぎそうになったとき、隣で自然に制御することができる

彼の仲間内の顔なじみになることで、今後の飲み会にも参加しやすくなりますし、サッと料理を取り分けたりしようものなら「良い彼女だな」と彼の株も上がり、お互いにとって良いことが多いように思います。

彼自身、気持ちよく酔っ払って帰ってきても、仏頂面な彼女が待っていたら気分は台無しのはず。

もちろん毎回毎回ついていくのでは嫌がられるかもしれませんが、同じ時間を共有するという意味でも、たまには「私も一緒に行ってみたいな」と彼にお願いしてみてはいかがでしょうか?

彼氏の好きなものを、2人の好きなものに!

彼の好きなものを、無理やり好きになる必要はありません。けれど、好きになる努力はしたいものですよね。

一緒にいる時間を長く共有していくためにも、歩み寄りは必要です。ぜひ“彼の好きなもの”を“自分の好きなもの”にしてみてくださいね!

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2015/01/25/210000.html

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー