23,498 view カップル

恋人から特別な人に! 彼女に惚れ直した「5つの瞬間」

  • Pairsをフォロー

彼女に惚れ直した瞬間
ずっと愛される女性になるためには、すでにお付き合いをしている彼氏ですら、惚れ直させる必要があります。では、どうすれば男性を再びときめかせることができるのでしょうか。

そこで今回は、「彼女を惚れなおした瞬間」について男性にインタビューし、まとめてみました。

1落ち込んでいるときに側にいてくれた

「僕が仕事でミスして落ち込んでいたときに、社内恋愛をしていた彼女が家に呼んでくれました。手料理をごちそうしてくれたあとは、ずっと僕の隣に座っていてくれてたんです。言葉にしないでも伝わる優しさってあるんだな、と思って、感動しました」(20代後半/ディレクター)

男性が落ち込んでいるときに有効なパターンです。男性から話してこないのなら、落ち込んでいる原因を掘り返すのはNG。黙って側にいてあげましょう。

2体調が悪いときに看病してくれた

「ひとり暮らしでひどい風邪をひいたとき、彼女が看病に来てくれました。そこで作ってくれたおかゆの味が優しくて、弱った体に染みましたね。ずっと一緒にいたいとすら思えました」(20代前半/コーダー)

風邪をひいたときは、彼女の優しさをみせるチャンスです。ただし、「風邪の時は放っておいて欲しい」と思う人もいるので、無理に押しかけてはいけません。事前にアポをとってから訪れるといいでしょう。

3怒っているときにたしなめられた

「仕事でイライラしていて、僕が彼女に八つ当たりをしてしまったときに、上手にたしなめられたんですよね。言いがかりもいいところだったのに許してくれて、こいつにはかなわないなと思いました」(30代前半/教師)

彼氏の機嫌が悪く、八つ当たりされたときに有効なパターンです。売り言葉に買い言葉でケンカするのではなく、なぜイライラしているのか、何か辛いことがあったのではないか、など、イライラの原因を尋ねて、上手にガス抜きさせてあげるといいでしょう。

4愚痴を聴き続けてくれたとき

「サークル内で人間関係のトラブルに巻き込まれたときのことです。僕はもらい事故みたいな感じだったんで、不満が溜まっていたのを彼女にグタグダと聞いてもらってまして……。一切嫌な顔を見せず、真剣に聞いてくれた彼女に『この人がいないと俺はダメだな』と気付かされました」(20代前半/大学生)

彼氏の愚痴を聞いてるトキに有効なパターンです。このテの話に、アドバイスや彼の落ち度を指摘する必要はありません。ただひたすらに話を聞き、彼の理解者となりましょう。

5自分を肯定してくれたとき

「就活で選考に落ち続けていたときのことですが、自信を失っていました。そんなときにずっと励まして、自分を信じてくれたのが彼女だったんです。その後無事に内定をいただいたけたのは、彼女のおかげですね。一生側にいて欲しいです」(20代前半/メーカー営業)

彼氏が自信を喪失しているときに使えるパターンです。こんなときは、ドヤ顔で彼の欠点を指摘するのではなく、彼のすべてを肯定し、味方であることを伝えましょう。

彼がマイナスの感情を抱いているときはチャンスかも

人は余裕がなくなるときにこそ、心の支えを必要とするもの。彼の精神面や肉体面をサポートするだけでなく、ときには叱咤をすることで、ただの「恋人」から「特別な人」へステージアップできるのかもしれませんね。

 

画像出典:http://free.gatag.net/2010/04/20/170000.html

素敵な恋人を見つけませんか?

Facebookで、友達に自慢できる彼氏をつくりませんか?

あなたの理想の恋、ぜひPairsではじめてください。

・旅行好きな人がいいな〜
・身長175cm以上、土日がお休みで子供が大好きな人!
・出身地が同じで趣味も合う人
・年が近くて話しやすそうな人がいい!

Pairsは豊富な検索機能で、あなたの理想のお相手を探すことができます。
年齢、職業はもちろん、結婚への意思、お酒、タバコといった項目まで検索可能!
また、コミュニティ機能で共通の趣味や興味を持つお相手とめぐり逢うこともできます。

 累計会員数400万人突破のPairs。

あなたにぴったりなお相手、きっと見つかるはずです。

 

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー