689 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【乳液】人気ブランドのおすすめ乳液をご紹介!

  • Pairsをフォロー

乳液とは

スキンケア化粧品には化粧水、乳液、美容液などがあります。化粧水は、洗顔後の肌に水分を補うもので、乳液はその水分が蒸発しないように肌に一枚覆いをかけるよう油分を加えるものです。美容液は乳液よりも更に一歩すすんで、保湿や美白成分を含んだもの、というのが一般的な分類です。また乳液は、油分を中心にするものですが、美容液は油分ではなく水分とよくなじむようにできています。油分をメインに保湿性を高めたものはクリームと呼ばれます。

乳液を使うメリットって?

乳液を使うメリットは、肌の水分を蒸発させない点にあります。化粧水だけではそのときは水分が補給されても乾燥する季節にはすぐに肌から逃げていってしまいます。細胞に含まれた水分にふたをするために適度な油分が必要で、乳液はこのふたの役目を果たすのです。つまり、化粧水で整えた肌の水分や栄養分を乳液が手伝って肌にとどめておくというわけです。さらに、乳液に美容成分が入っていれば同時にそれも肌にとどまりますから、両者を併せて使うことで肌を美しくすることができます。

乳液の種類にはどんなものがある?

乳液といってもその種類は一つではありません。まず乳液は20~30%は油分でできています。化粧水の成分はほとんど水分なので、肌から水分を蒸発させないようにするのが乳液の役目です。そして、この乳液には3つの種類があります。保湿乳液とUV乳液、そしてティント乳液です。乳液といった場合、ほとんどは保湿乳液に当たります。さらにUV効果が付与されていればUV乳液と呼ばれますし、下地にもなる機能が備えられたものはティント乳液という名になります。

保湿乳液は、乳液よりも先に肌につける化粧水や美容液の美容成分や水分が蒸発によってなくならないようにする役割を果たします。UV乳液の機能には二つあって、乳液を塗ることで紫外線をカットできるということと、紫外線を浴びた場合にメラニンの合成を妨げるような成分を含んでいるということがあります。ティント乳液は化粧下地なので、同時にUVカット成分も配合されていることがあります。

乳液の正しい使い方をご紹介

乳液はごく身近でありふれた化粧品ですが、きちんと正しく使っている人は多くないようです。まず、乳液の機能を確認すると肌の細胞から水分や栄養分が逃げてしまわないようにふたをしてしまい保湿を行うのが乳液です。そして、乳液には3種類あります。保湿乳液が一般的で、これは洗顔後に使います。UV乳液は外出前に使用します。ティント乳液はメイク下地に使えるものなので、朝メイクをするときにメイク前に使用します。

次に、スキンケアで乳液を使う順番ですが、洗顔したら化粧水、乳液の順につけていきます。美容液を使う場合は、化粧水、美容液、乳液の順になります。またつける際には手でとってつけるようにします。コットンなどを使うとコットンに吸収されてしまって肌にのせる量が少なくなってしまいますし、乳液は体温で温められると肌への浸透がよくなります。ですから、手で適量をとったら少し手のひらで温め、肌にのせてからもう一度手で顔を覆うようにしてしっかり肌の奥まで成分を届けるようにしましょう。

AGOS ビューティークリニックのROSYってどんな乳液?

AGOS ビューティークリニックが出しているROSYという乳液をご存知でしょうか。30代からの女性におすすめの乳液です。ゲルマニウム配合の乳液でマッサージして血行促進しつつアンチエイジングすることができます。天然成分で肌に優しく潤い、控えめなローズの香りで心癒されます。マッサージを習慣として日々のスキンケアに取り入れたいという方は、このROSYをおすすめします。美容液にもなれるリッチさなのでオールインワン化粧品のように使うこともできます。

キュレルの乳液ってどんな乳液?

キュレルの乳液は、センシティブな肌も優しく保護する優秀アイテムです。敏感肌や乾燥肌に併せたスキンケアでは定評があるメーカーですが、この乳液も2種類の有効成分(潤浸保湿セラミドとユーカリエキス)がたっぷりの潤いをもたらしてくれます。体調によって肌の様子が変わりやすい敏感肌を整えるのによいでしょう。ちょっと肌の調子が悪いなと思うときには刺激のある化粧品は安心して使うことができませんが、キュレルの乳液ならそんなときでも安心なのが利点です。

2e(ドゥーエ)の乳液ってどんな乳液?

おすすめの乳液に資生堂の2e(ドゥーエ)の乳液があります。水分だけでなく油分も保湿成分も配合してしっとりとした商品です。1プッシュでしっかり潤います。肌に負担になるような成分は含まれておらず、皮膚科においてあることもあります。ドゥーエのシリーズには赤ちゃんコスメもあるところからも、このシリーズが肌に優しいものであることが分かります。スクワランやホホバ油などが配合されていて成分は優れているのに、心おきなくたっぷり使えるのが魅力の化粧品です。

薬用 純肌粋の乳液ってどんな乳液?

コーセーから出ている薬用 純肌粋の乳液は、大人ニキビにとてもいいと評判の高い乳液です。乳液の香りもハーブ系でとても爽やか、清々しい香りです。ニキビだけでなく年齢肌にも対応できる保湿力があります。緑のボトルで爽やかな印象。この乳液の目的は肌のバリア機能を取り戻すことです。潤いのヴェールを乳液によって一枚かけることで、肌を滑らかに整えていきます。ニキビはできるけれど部分的にはかさ付いていて乾燥肌でもあるという方に一番おすすめする化粧品です。

ベリーベリーのミルクってどんな乳液?

ベリーベリーのミルクは乾燥肌が気になる方におすすめの乳液です。この乳液はほど良いカバー力もあって下地に使うことができます。保湿成分としてはセラミドα、セラミドS、潤い成分ユーカリエキスも配合されています。種類はミルクの他に、モイスチャーミルク、フレッシュミルク、ライトミルクがあります。好みや肌質に併せて適切なものを選ぶことができるのもおすすめの理由です。使い続けていくうちに肌が整えられていき、手に吸い付くような肌に変わっていきます。

エクス・ヴィのミルクってどんな乳液?

エクス・ヴィのミルクは、少量でも伸びが良く、ぐんぐん肌に浸透していくアルビオンの乳液です。自然の成分がたっぷり入って保湿力があります。アマチャヅルエキスが保水力を高め、健康効果で人気があるエゴマ油やシソ種子油なども含んでいます。カッコンエキス、トウキ根エキスなどの生薬成分も配合されて肌に優しく香りもよい商品です。乳液としては比較的高価な商品ですが、一度試しただけで顔が変化したという声もある乳液です。

デリエ(Deliaid)のエマルジョンってどんな乳液?

おすすめの乳液としてデリエ(Deliaid)のエマルジョンがあります。NMFという肌の持つ保湿成分の働きを補う機能性アミノ酸が配合された乳液です。香りや刺激が少なくて肌にとても優しい低刺激処方。敏感肌の方でも使うことができます。エマルジョンシリーズには他にも種類があり、アクネケアエマルジョン、ホワイトニングエマルジョン、UVカットエマルジョンがあります。どれも刺激を抑えてあり、肌本来の力を引き出すような乳液になっています。

キュレルの美白乳液ってどんな乳液?

肌を優しくいたわりながら美白もできるキュレルの美白乳液。潤浸保湿セラミド配合、ユーカリエキス配合で保湿力と美白力の高い乳液です。キュレルならではの低刺激処方。白いボトルで美白のイメージを作っています。キュレル二は他にも乳液がでていますが、この美白乳液はテクスチャが軽めでさらりとした使用感が特徴。植物由来のセラミドで肌本来の健康さを取り戻し、冬場の厳しい乾燥など外部からの刺激に強い肌を作ることができます。

ボーテ ド コーセーのダブルミッションってどんな乳液?

ボーテ ド コーセーおすすめの乳液はダブルミッションです。この乳液の特徴は、2層式タイプであるということ。使用するときに振って混ぜ合わせて使います。3種類に分かれていて、オイルフリーでさっぱりしているダブルミッションI、しっとりしているII、 コクがあるIIIのいずれかを肌質にあわせて選ぶことができます。化粧水のような軽めのテクスチャが気持ちがいい乳液。さっぱりタイプもリッチなタイプもたっぷりと肌にのせて良くなじませるのがコツです。

ロコベースのロコベースリペア ミルクってどんな乳液?

ロコベースのロコベースリペア ミルクは、従来のクルームタイプでは塗りにくいという声から生まれた乳液タイプのロコベースリペアです。成分は変わらず赤ちゃんも使える優しさで、ミルクタイプはさらに水分量が特殊な乳化手法によってアップしています。生体膜類似成分がナノ化されて配合されており、さらにセラミド類似成分も入って保湿力に優れているので、乾燥が気になる季節にたっぷり使いたい乳液です。低刺激で敏感肌におすすめ。顔だけでなく全身に使うことができます。

シスレーのエコロジカル コムパウンドってどんな乳液?

シスレーエコロジカル コムパウンドは肌に優しいおすすめの乳液です。朝鮮人参エキス配合で、肌のハリを取り戻します。他の成分もスギナエキス、ローズマリーエキスなど自然由来成分でナチュラル。香りの良さにもファンが多い商品です。乾燥肌の方に特に愛用者が多いようで、他にクリームや美容液を使わなくてもOKのコクのある乳液です。テクスチャはサラサラでべたつきがありません。使用感はさっぱり、しかし保湿はばっちりの優秀な美容乳液です。

ベリーベリーのフレッシュミルクってどんな乳液?

普通肌に合う乳液として、ベリーベリーのフレッシュミルクはおすすめです。花王ソフィーナの製品で、さらっとしたテクスチャで滑らかな肌触り。肌の角質層にあるセラミドの働きを促進する成分が入っているオイルフリーの乳液で、肌の水分を逃しにくくしてくれます。油分が多いものではニキビなどができてしまうという方におすすめ。角栓を作りにくい処方にもなっているところがポイントが高いです。べたつくから乳液は好きではないという方でも、この乳液ならさっぱりと使うことができます。

無添加工房 OKADAの岡田UVミルクってどんな乳液?

おすすめの乳液の中にはまだまだ知る人ぞ知るという商品があります。無添加工房 OKADAの岡田UVミルクは赤ちゃんでも使えるほどの肌への優しさが魅力。紫外線吸収剤やシリコンなど肌に負担がかかるものは一切使用していません。使われているのは植物由来エキスや食品にも使えるものが中心。テクスチャはかなりライトで、サラサラとまるで水のようい流れる軽さ。もちろん石鹸で落とせます。UVケアをしたいけれど、普通のものでは強すぎて肌がピリピリしてしまうという方におすすめです。

ミノンミノンからのお知らせがありますのアミノモイスト モイストチャージ ミルクってどんな乳液?

ミノンミノンからのお知らせがありますのアミノモイスト モイストチャージ ミルクは、敏感肌や乾燥肌の方におすすめの乳液です。ピンクのキャップが見るからに優しい感じの乳液で、アミノ酸が主成分の低刺激で高保湿のコスメです。さらっとしたテクスチャですが、保湿力は十分。肌にのせるとサッと浸透していく使用感にファンが多いです。べたべたする保湿コスメが苦手な方におすすめ。使ってみれば、肌に負担がかかっていないことを実感できます。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー