831 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【ミルククレンジング】人気ブランドのおすすめミルククレンジングをご紹介!

  • Pairsをフォロー

ミルククレンジングとは

化粧を落とすクレンジング剤にはいくつかの種類があります。クリームタイプやオイルタイプ、ミルクタイプやジェルタイプ、拭き取りタイプなどがあります。これらを肌の状態や肌質に合わせて選びます。ミルククレンジングの特徴は肌への優しさ。オイルクレンジングのような洗浄力はありませんが、乳液のようなテクスチャで肌への負担が軽いですが、その分洗浄力がやや劣ります。普段軽いメイクが多い方ならミルククレンジングでもいいでしょう。

ミルククレンジングを使うメリットって?

ミルククレンジングにするメリットは二つあります。まずは肌への負担を減らすこと。オイルクレンジングは確かに洗浄力に優れていますが、肌質によっては強すぎて肌トラブルの元になる場合もあります。もともと繊細な肌質の方はミルククレンジングがおすすめです。また、メイクがそれほど濃くない場合にはオイルクレンジングほどの洗浄力はそもそも必要ありません。薄化粧もしくはあまりメイクをしないという方ならミルククレンジングで十分です。

ミルククレンジングの種類にはどんなものがある?

ミルククレンジングには実はさまざまな種類があります。ミルククレンジングは乳液クレンジングともいわれ、肌への刺激が少ないクレンジング剤です。ミルククレンジングには主に2種類あります。拭き取りタイプと洗い流すタイプです。つまり、使い方が二つあるということです。基本的には拭き取りタイプではないほうが肌への負担は少なくて済みます。シートにクレンジング剤がしみ込んでいて、そのシートで顔を拭きながらメイクを落としていくので、どうしても肌をこすることになってしまいます。旅先や忙しいとき、丁寧なクレンジングをしている余裕がないときなどは良いですが、普段はあまり使用しない方が肌にはよいでしょう。

洗い流すタイプは、ごく普通に肌にのせてくるくる広げながら汚れを絡めとっていきます。軽いメイクなら肌にのせて汚れが浮いてくるのを待つだけでも十分です。洗い流すタイプのミルククレンジングは洗浄力が弱めですので、アイメイクなどポイントメイクには専用のリムーバーを使うことが必要です。

ミルククレンジングの正しい使い方をご紹介

ミルククレンジングを持っていても、正しい使い方を知っている人は少ないようです。ミルククレンジングはまずポイントメイクを落としてから使います。油分が多くなく洗浄力が弱めですから、アイメイクなどは専用リムーバーで落としておきます。ウォータープルーフ・ファンデーションやUVクリームなどもミルククレンジングでは落とせないので注意しましょう。ミルククレンジングで落とせる範囲をしっかり把握しておくことも正しい使い方の基本です。

次に適量を出してクレンジングしていきます。一回の洗顔で500円玉程度が適量です。それを手のひらで温めます。温めることでミルククレンジング剤の油分、つまり洗浄成分が水分をなくして表に出てくるので、ここではじめて洗浄に適した状態が作れるのです。体温に十分なじませたら顔に広げていきます。額やほお、あごなどに伸ばしたら、最後に皮膚の薄い目元にのせて優しく洗います。十分にすすいでクレンジングは終了です。

ジェナティックのグリコってどんなミルククレンジング?

おすすめのミルククレンジングを挙げるならば、ジェナティックのグリコが挙げられます。グリコプロテインが配合されていて、肌をしっとり潤しながらクレンジングすることができます。W洗顔不要の手軽さも魅力です。朝の洗顔にも適していて、乾燥が気になる方であれば、このクレンジング剤をのせた後は洗い流さずにティッシュオフするか化粧水を含ませたコットンで拭き取るかすれば大丈夫です。香料もきつくなく、とても肌に優しいクレンジング剤です。

トリロジーのクレンジング クリームってどんなミルククレンジング?

ミルククレンジングにトリロジーのクレンジング クリームは、自然派で肌に優しいのが特徴です。オーガニック認定がされているローズヒップオイルをたっぷりと配合していて肌はしっとり、アーモンドオイルが入っているのでメイクもしっかり落とします。洗顔料でのW洗顔不要で、これ一本で済むところもメリットです。クレンジングというよりも化粧品で洗顔しているようなリッチな洗い心地にファンが多い商品です。肌が乾燥しやすい方におすすめします。

エンビロンのクレンジングクリームってどんなミルククレンジング?

エンビロンのクレンジングクリームはおすすめのミルククレンジングです。弱酸性で泡を立てない優しい洗顔料です。ナチュラルメイクなら一回、少ししっかりとメイクしたときは二回洗顔すれば汚れがきれいに落ちます。ミルクタイプのクレンジングの優しさを実感できるクリーム。ドクターズコスメであるという安心感も大きいです。余分なものが含まれていないので、使用開始後12週間以内で使い切るよう推奨されているのも、新鮮で肌に良い証拠です。

クレンジングリサーチのミルククレンジングってどんなミルククレンジング?

クレンジングリサーチのミルククレンジングは角質ケアもできます。フルーツ酸やパパイン酵素といったピーリングできる成分が配合されているので、洗いながら古い角質を取り除きくすみをとって、肌のターンオーバーを正常に導いていきます。肌への負担になるものとして有名な合成界面活性剤も使っていません。ピーリングのような効果があるとはいえ、洗浄力はかなりマイルドなので、乾燥肌の方やナチュラルメイクの方におすすめします。

Miala(ミアラ)のミルククレンジングってどんなミルククレンジング?

おすすめのミルククレンジングとしてはMiala(ミアラ)のミルククレンジングをご紹介します。ミルククレンジングは洗浄力が弱めのものが多いですが、このクレンジング剤はまずサンゴの粉末とゼオライトが配合されているので汚れをしっかり吸着します。また、植物性オイルやハチミツが配合されているのでしっとり柔らかな肌に洗浄するのが特徴です。じっくり肌になじませて汚れを浮かび上がらせるのがポイント。優しい香りもメリットで

ラルムナチュレルのミルククレンジングってどんなミルククレンジング?

ラルムナチュレルのミルククレンジングは、美容成分がたっぷり配合されています。プラチナナノコロイド、銀、ノーベル賞の成分フラーレン、自然界の竹エキスなど、肌に良いとされる成分をたくさん含んだクレンジング剤です。ミルククレンジングはマイルドな分メイク落ちがあまり良くないと言われますが、この商品は良く肌になじんで良く落ちると評判です。また、たっぷりの美容成分でしっとり潤いも保ちます。ミルククレンジングがいいけれど落ちがイマイチと感じている方はこちらを試してみるといいでしょう。

アスタブランアスタブランからのお知らせがありますのミルククレンジングってどんなミルククレンジング?

エイジングケアを目指すアスタブランは、気になる目元、口元を中心にハリや潤いを与えるスキンケア商品を展開するブランドです。突っ張りがちなメイク落としもアスタブランのミルククレンジングだと洗い上がりがしっとりと潤っています。優しくなでるようにマッサージするだけで、毛穴の中の汚れまですっきりと落とすことができます。スクワランオイルが配合されているので、保湿効果も抜群です。滑らかな洗い上がりがくせになるおすすめのミルククレンジングです。

クラランスのクレンジング ミルクってどんなミルククレンジング?

クラランスはフランスのブランドでスキンケアをはじめボディケア、メイクアップなど幅広いコスメ製品を展開しています。植物性成分にこだわった肌に優しい製品が特徴です。クレンジング ミルクはノーマル肌用、オイリー肌用の2種類から選ぶことができます。やわらかな感触のミルクでマッサージするようにやさしくなじませるだけで、肌の汚れを取り除きます。うるおいを保ったままの洗い上がりは、とてもしっとりとしています。お肌をいたわる方におすすめのミルククレンジングです。

BISAKI(ビサキ)のクレンジングミルクってどんなミルククレンジング?

おすすめのミルククレンジングとしてBISAKI(ビサキ)のクレンジングミルクがあります。このメーカーは自社農園で育てたオーガニックハーブで商品を作っています。保湿成分にも自然派のものがずらり。ライスエキス、カモミール、ゼラニウム、アボカドなどナチュラルで安心できる原材料だけを厳選して使っているところが素晴らしい点です。クレンジングをしっかり肌で温めてからこすらないように洗顔するようにするのがおすすめです。

Dr.ハウシュカのクレンジングミルクってどんなミルククレンジング?

Dr.ハウシュカのクレンジングミルクは、ほっと心が和むようなミルククレンジングです。ミルククレンジングというのは乳液タイプの洗顔料のこと。この商品も配合成分はもちろんのこと、テクスチャもゆるくて気持ちよく顔を洗うことができます。ミルククレンジングであることを生かし、こすらずに肌にのせるようにしてそっと洗います。ちょっと濃いメイクのときは二回にわけて丁寧にメレンジングすることもできます。それでも突っ張りにくい、非常に優秀なクレンジング剤です。

レセプト ツーのクレンジング ミルクってどんなミルククレンジング?

おすすめのミルククレンジングにレセプト ツーのクレンジング ミルクがあります。乳液タイプで肌への馴染みが良く、するすると肌に吸収されていきます。角質の除去にも効果があり、肌のくすみを取ってくれます。オイルタイプではちょっと刺激が強すぎるという方には、ミルクタイプがおすすめですが、こちらの商品は本当に使用感がマイルド。敏感肌でうっかりいつもと違うものを使えないという方でも、こちらのクレンジングミルクなら低刺激で安心して使えます。

DHCのクレンジングミルクってどんなミルククレンジング?

ミルククレンジングはマイルドな洗い心地で冬場に特に人気がありますが、DHCのクレンジングミルクもリピート率の高い、乳液タイプのクレンジング剤です。DHCの代表的な成分であるオリーブバージンオイルはもちろんのこと、植物由来成分メドゥフォーム油なども配合されています。ミルククレンジングは肌にのせたらそっとマッサージしながらメイクを落としていきます。マイルドな洗浄力で、肌が弱い方にもおすすめのクレンジング剤です。

アベンヌのクレンジングミルクってどんなミルククレンジング?

おすすめのミルククレンジングにアベンヌのクレンジングミルクがあります。温泉水で有名なアベンヌですが、クレンジングミルクも同じように肌に優しい処方です。乳液状ですっと肌になじんで汚れを取り除き、するりと洗い流すことができます。アベンヌ温泉水は59%も配合されていて肌をしっかり保護してくれます。優しいクレンジングなので洗い流さずに拭き取るだけでもOK。乾燥肌で洗顔時に水をあまり使いたくないという方におすすめです。

エスプリーク プレシャスのクレンジング ミルクってどんなミルククレンジング?

肌にとても優しいミルククレンジング、エスプリーク プレシャスのクレンジング ミルクは、とろとろしたテクスチャで肌にのせるととろけるように広がります。ミルクタイプは洗浄力が弱めなので、会社へ出勤する日などしっかりメイクするときに使うよりも、休日にメイクしない日や軽めのメイクのときに使うのがおすすめです。洗い上がりはとてもしっとりしていて、乾燥肌の方でも安心して使うことができます。洗い流しでもいいですが、乾燥が気になる季節には拭き取りで済ませるのもいいです。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー
  • HOME
  • Pairsコラム
  • 恋活
  • 【ミルククレンジング】人気ブランドのおすすめミルククレンジングをご紹介!