811 view 恋活
恋愛やカップルのコラムpairs

【アウトバストリートメント】人気ブランドのおすすめアウトバストリートメントをご紹介!

  • Pairsをフォロー

アウトバストリートメントとは

アウトバストリートメントとは、名前の通りお風呂から出た後に使う洗い流さないトリートメントです。種類は3つあり、液体のオイル、ミルクやクリーム系、ミストなどがあります。アウトバストリートメントは、ドライヤーの熱から髪を守る効果があったり、髪にツヤ感を出しツヤのある髪へと導く効果もあります。失われたキューティクルも栄養を与えることでダメージを修復させる効果もあります。湿気で広がる髪もしっとりまとめてくれる、主に日々のスタイリングにも役立つのがアウトバストリートメントです。

アウトバストリートメントを使うメリットって?

アウトバストリートメントはダメージを受けた髪を修復するために髪の内部から栄養を与えます。内部だけではなく、髪の毛表面をコーディングすることで指通りのいいサラサラした髪質を実現します。アウトバストリートメントにも色々な種類があり、スプレータイプのものからクリームタイプのものまで様々です。アウトバストリートメントは洗い流す必要がないのでお風呂場以外でも使える使いやすさがあります。補修も簡単なので時間がない時でもヘアケアしやいのが魅力でもあります。

アウトバストリートメントの種類にはどんなものがある?

アウトバストリートメントには主にミスト系タイプ、ミルクやジェル系のタイプ、オイル系のタイプがあります。ミスト系は水分量が多く、サラサラとした仕上がりが特徴です。ドライヤーで乾かす前につけると広がりのない軽い仕上がりになります。朝のスタイリングにも寝ぐせ直しにも使えます。保湿力が弱いので髪にあまりダメージがない方におすすめです。ミスト系は使いやすく色々な場面でも使いやすいのが魅力でもあります。ミルク系やジェルタイプはミスト系に比べるとしっとり感があります。ミスト系は水分が多い分つけてる感はミルク系やジェルタイプの方があります。ミスト系とは逆に特に髪の傷みが気になる方におすすめです。オイル系は水分が少ない分、油分が多いオイルです。ドライヤーの後に使うことで寝ている間でもキューティクルをしっかり守ってくれます。3つのタイプはそれぞれ特徴が違いますが、それぞれが髪に優しいアウトバストリートメントになります。

アウトバストリートメントの正しい使い方をご紹介

アウトバストリートメントの洗い流さないトリートメントの使い方をご紹介します。濡れた髪はダメージを受けやすいので丁寧にタオルで水分を取ります。強くこするように拭いてしまいますとつけたトリートメントが取れてしまうからです。アウトバストリートメントは髪を乾かす前に濡れた状態でつけることで効果は高まります。乾いた後ですと少量でコーティング効果があります。髪の長さによりますがだ大体は2~3プッシュが目安です。特に傷みやすい毛先を中心にトリートメントをつけます。つけた後はクシなどで髪を整え全体的にトリートメントがいきわたるようになじませるといいです。洗い流さないトリートメントは使用する上で注意点があります。それは頭皮につけないことです。頭皮からは皮脂が出ているためトリートメントはする必要ありません。また、シーン別での正しい使い方もあります。スタイリングで使用する際は、ブローの前によくもみこんでおくことです。夜の集中ケアは寝る前に行うことで寝ている間にダメージを補修します。しっかり髪全体に揉み込まなければあまり効果は感じられません。

ロレアル プロフェッショナルのMYTHIC OILってどんなアウトバストリートメント?

ロレアル プロフェッショナルのMYTHIC OILは、リッチ系アボカドオイルとサラッと系グレープシードオイルの2種類のボタニカルオイルにより、集中的な髪の毛のケアと軽やかな質感を生み出すことができるヘアオイルとなっています。ぬれた髪、乾いた髪両方に使える上品さ漂う可愛いデザインのボトルになっています。髪にうるおいを与え、ボリュームを抑える効果もありますので軽くしなやかでまとまりのいい髪へと仕上がります。ツヤツヤな質感へと繋がるおすすめのアウトバストリートメントになります。

大島椿のヘアスプレーってどんなアウトバストリートメント?

大島椿のヘアスプレーは、椿油100%のツヤ出しスプレーです。ダメージから髪を守りながらしっとりまとまる髪へと仕上がります。シンプルなスプレータイプなので使い方も簡単です。スプレーするだけでサラサラな髪へと導きます。ブロー後につけて寝ると翌日はしっとりまとまるのでスタイリングもしやいです。ただ、量に気を付けなければべったりしてしまうのでつけすぎには注意が必要です。髪1本1本をしっかりと保護し、1日中まとまりのあるツヤ感のある髪へと仕上がるアウトバストリートメントです。

マシェリのヘアオイルってどんなアウトバストリートメント?

マシェリのヘアオイルはゴワゴワしない、持続のいい集中補修オイルです。いやな匂いがつきにくいスモーキーカット香料が配合されており、きつすぎないフルーティーな匂いが持続します。傷んだ髪の内部までじんわりと浸透するので指通りのいいサラサラとした仕上がりになります。ドライヤー前にヘアオイルを馴染ませてからブローすることでより、サラサラ感があります。ヘアオイルとなると高いイメージがありますがマシェリのヘアオイルはお値段もお手頃で見た目も可愛くコストパフォーマンスもいいおすすめのアウトバストリートメントです。

ベータレイヤーのエマルジョンってどんなアウトバストリートメント?

ベータレイヤーのエマルジョンはダメージケア成分をふんだんに含んだインバスタイプと呼ばれるタイプのトリートメントパックとなっています。毛先にまとまりがあり、髪の毛も軽く柔らかくなるので髪の毛の量が多くボリュームがあるタイプの髪も抑えます。傷んだ髪も内部と外部から集中ケアしてくれるので髪に自然なツヤ感を与えサラサラとした仕上がりになります。毎日のトリートメントとしておすすめなアウトバストリートメントです。

柳屋あんず油のあんず油ってどんなアウトバストリートメント?

柳屋あんず油のあんず油はあんずの種子からとれる不乾性オイルで、髪を保湿、保護します。甘過ぎない甘い香りがふんわりと香ります。髪のパサパサもしっかり保湿してくれるので保湿力があります。つけすぎるベタベタテカテカになるので多くつけすぎないように注意が必要です。少量だけで十分に効果があるのでコストパフ―マンス抜群です。オレイン酸やミネラルを多く含み健康な髪へとサポートするおすすめのアウトバストリートメントです。

日本薬局方のオリブ油ってどんなアウトバストリートメント?

日本薬局方のオリブ油はオイル感の強いシンプルなオイルです。お値段もお安くたっぷり使える使いやすさがあるのでオリブ油の魅力でもあります。オイル感が強いのべたつきが苦手な方にはおすすめしません。シンプルなオイルなのに汚れはしっかり落とします。使用感も突っ張りなどなくしっとりとした仕上がりになります。オイルタイプなのにお肌に優しい感触でメイク落としにもいいアウトバストリートメントになります。値段が安いのでベタベタ感が苦手ではなくたっぷり使いたい方におすすめです。

ディーセスのエルジューダ エマルジョン+ってどんなアウトバストリートメント?

ディーセスのエルジューダ エマルジョン+は髪の毛との相性が抜群のケラチンの働きによって、髪の毛の先端部分、つまり毛先のダメージまでも補修して、髪の毛の強度を強くします。使い方は簡単で髪を乾かす前につけて乾かしている間も乾かした後でもやわらかな扱いやすい状態にします。水分量を保つアクアコラーゲンの保湿成分も配合されており髪も落ち着きのあるしっとりとした仕上がりになります。甘い香りでも甘すぎず、ほどよい香りでサラサラ感を持続してくれるおすすめのアウトバストリートメントです。

ディーセスのエルジューダ エマルジョンってどんなアウトバストリートメント?

ディーセスのエルジューダ エマルジョンは髪にもいい成分が入っていて香りもいいので甘い香りが好きな方に好まれます。手に出した時は甘い感じでも髪につけて乾かすと甘さが少し減り、美容院帰りのようなふんわりとした匂いになるのでキツイ匂いはしません。ボトルのデザインも可愛いく、指通りのいいまとまりのある柔らかい髪に仕上がるので甘い香りが好きでまとまりのある質感を求める方におすすめなアウトバストリートメントになります。

ロレッタのヘアバターってどんなアウトバストリートメント?

ロレッタのヘアバターはシアバターとローズ、ゼラニウム、ラベンダーの3つの種類の精油を混合する事で作られた、化学物質を一切含まないヘアトリートメントとなっています。天然素材なので髪に優しく、自然な仕上がりになります。髪のダメージを守るケアだけではなく、スタイリングもできます。気になるアホ毛もアレンジする際に使うだけで落ち着つきのあるヘアへと導きます。使う量も少量でいいのでコストパフォーマンスも抜群です。ただ注意点として夏は気温か高いと液体化するので涼しい場所への保管、冬は固まって取れなくなるので温かい場所での保管が必要になります。保管さえちゃんと行えばケアしながらヘアセットもできるおすすめのアウトバストリートメントです。

DHCのオリーブバージンオイルってどんなアウトバストリートメント?

DHCから提案されているオリーブバージンオイルは完全有機栽培オリーブから採った最高級の美容オイルです。濃厚なのに重く感じない上質なオイルで一度にワンプッシュ程度の少量しか使わないので長持ちもします。紫外線から肌を守り、肌荒れやニキビを防ぐ効果もあります。オイルとなるとべたつきが心配ですがべたつきもなく、使いやすさがあります。オイルとは思えない程サラサラしていて肌にすぐに馴染むアウトバストリートメントです。ただオイルなのでオイルのつけすぎだけには注意が必要です。

モロッカンオイルのモロッカンオイル トリートメントってどんなアウトバストリートメント?

モロッカンオイルのモロッカンオイル トリートメントは美しく髪の毛を整髪可能にするアルガンオイルを配合し、かつプロテインの補修成分や各種ビタミン類といった美容に働きかける成分も配合しています。ちょっと価格は高めですがシャンプー後のドライヤーをする前に少量つけるととても香りがよく髪の状態が落ち着き使用後の手触りもいいのが魅力です。幅広い髪質の方に髪のベースをつくるトリートメントとしてスタイリングにもお使いできるおすすめのアウトバストリートメントです。

アルマダスタイルのM3.5ってどんなアウトバストリートメント?

アルマダスタイルのM3.5はM3.4の力をよりパワーアップさせた、電子トリートメントです。原料は海洋深層水と野生植物から採った天然ミネラルを使用しています。髪を乾かす時や寝ぐせ直し、乾燥が気になる時など使用方法は様々です。ダメージが強いところはたっぷり馴染ませることでより効果は高まります。ミネラル豊富な成分なのでお肌に負担もなく優しいです。高いアルカリ性を持つため、髪や肌を健康な状態へと導いてくれるアウトバストリートメントです。

MARKS&WEBのハーバルオイルってどんなアウトバストリートメント?

MARKS&WEBのハーバルオイルは精油と、精油と相性の良いホホバ油を絶妙の配合バランスで配合させたハーバルオイルです。皮脂に似た性質を持つホホバ油が精油をおだやかに浸透。種類は全6種類でスキンケア、ヘアケア、ボディケアと様々な広さで活用できるおすすめのアウトバストリートメントです。軽い感触ですぐに肌に馴染むので使いやすさがあり、保湿力がよく肌にも優しい、香りもきつすぎないで香りなのでコストパフォーマンス抜群です。

オロフルイドのオロフルイドってどんなアウトバストリートメント?

オロフルイドのオロフルイドは見た目のデザインは凄くお洒落で上品さがあります。パサつきをなくし、毛先まで落ち着きがあり、輝きある髪に仕上げます。ヘアフレグランスとして香料を配合しているので、ふんわりといい香りが漂います。ヘアフレグランスは上品さもあり清楚でもある神秘的な香りが魅力です。その香りが髪全体を優しく包みこみます。気になる頭皮や毛髪の匂いまでも優しくヘアしてくれるおすすめのアウトバストリートメントです。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー
  • HOME
  • Pairsコラム
  • 恋活
  • 【アウトバストリートメント】人気ブランドのおすすめアウトバストリートメントをご紹介!