1,375 view デート
恋愛やカップルのコラムpairs

浅草のおすすめデートスポット30選!ディナーや遊びを楽しんじゃおう!

  • Pairsをフォロー

花やしき名物お化け屋敷で盛り上がりましょう!

花やしきは各浅草駅から徒歩5分くらいにある江戸時代から続く遊園地です。2人で楽しむ事の出来るアトラクションがたくさんあります。特におすすめなのが「お化け屋敷」です。開園当時から語り継がれる”桜の怨霊”をテーマにした怪談は本当に怖いです。怖がるパートナーの信頼を得るのも良し、2人で震えながら耐えるのも良しですね。他にも2つのホラーアトラクションが用意されていますのでコンプリートするのもおすすめです。

小腹が空いたら「ベイクパレット」に行ってみましょう。花やしきでしか食べられないベビーカステラ”パンダカー焼き”がとてもかわいいです。プレーン、つぶあん、カスタードがあるので2人で別の味を頼んで仲良く交換して食べるのも楽しそうですね。

浅草と言えばアンヂェラス!美味しいコーヒーはデートの必需品!

アンヂェラスは各浅草駅から徒歩5分程のオレンジ通り沿いにある老舗喫茶店です。外観はヨーロッパ風の山小屋をイメージしており、デートで立ち寄りたいスポットのひとつです。文化人手塚治虫や川端康成が愛した喫茶店で有名です。休日は混んでいる事も多いですが少し待ってでも入ってみる事をおすすめします。待ち時間にレトロな雰囲気のお店の前で一緒に写真を取って見てはいかがでしょう。イチ押しメニューは池波正太郎が随筆した事で知られる”梅ダッチ”です。水出しコーヒーに梅酒を入れて飲むという店主オリジナルコーヒーで、見た目もとてもきれいなので”梅ダッチ”が来た瞬間に盛り上がるでしょう。店内には著名な画家のアートも多く飾られておりデート中も話題が尽きません。つい長居したくなる喫茶店です。

浅草寺(せんそうじ)の仲見世をぶらり

浅草に行ったら、まず最初に行きたいのが各観光スポットの中央に陣取る浅草寺です。大きな提灯のぶら下がった入口の雷門は、誰でも一度はテレビで見たことがあるはずです。たくさんの日本人、外国人の観光客で混雑していますので、離れ離れにならないよう手をつないで歩きましょう。雷門から浅草寺までの参道は仲見世と呼ばれ、お土産、和小物のお店が並びます。夫婦箸や柄違いの手ぬぐいなど、お揃いのお土産を買うといい思い出になりそうですね。天井の高い大きな本堂ではたくさんの人がそれぞれの願いをこめて手を合わせていますが、日が暮れてからのお参りもおすすめです。夜になると本堂や周辺の五重塔もライトアップされていて、とってもエキゾチック!境内からはスカイツリーも見えて、まるで絵葉書のようですよ!

浅草の情緒たっぷりのどぜう飯田屋で大人デート

どぜう飯田屋は、浅草の下町で庶民の味として親しまれてきたどじょう鍋の老舗です。どじょう!?と尻ごみせずにのれんをくぐれば、親切な下足番の方が迎えてくれ、履物を預かり木札を手渡してくれます。店の中は下町情緒たっぷりで清潔感があり、長居したくなるような居心地のよさ。この店で必ず食べたいのが、ささがき牛蒡とねぎをたっぷり乗せて食べる、まるのままのどじょうを使ったどじょう鍋です。意外にくせがなくあっさりとして食べやすいので驚くはずです。まるのままは抵抗があるという場合は、開いたどじょうを煮て卵とじにしている柳川を頼めば安心です。ねぎを入れた木箱や艶の出た座卓、使いこまれた鉄鍋など、古い日本映画の中にタイムスリップしたような気分を楽しみましょう。

浅草の新名所!「和」を感じるショッピングゾーン・エキミセ

エキミセは東武浅草駅の駅ビルの中に新たに作られたショッピングセンターです。このビルは長らく松屋浅草店として営業していましたが、東京スカイツリーの開業に合わせて改装工事を行い、1931年建築当時のネオルネサンス様式の外観を再現。地下1階から3階を松屋、4階から7階をエキミセとして2012年にリニューアルオープンしました。

ファッションや家電・雑貨といったバラエティー豊かなショップが並ぶほか、カフェレストランも出店。また日本の伝統的なものづくりをテーマにした「わのいち」や、スカイツリーを一望できる展望台「浅草ハレテラス」なども人気スポットとなっています。個性的なショッピングゾーンであるとともに、新たな東京のランドマークとして注目される施設です。

メニューはユニーク・味は本格派!江戸もんじゃひょうたん

「江戸もんじゃひょうたん」は浅草駅から徒歩3分。下町グルメとして人気のもんじゃ焼きを思う存分楽しめるお店です。1・2階合わせて94席、座席と椅子席があって好きな方を選べます。メニューは明太もちチーズもんじゃ、マーボーもんじゃ、ベビースターもんじゃなど個性派ぞろい。自由に選べるトッピングもあります。生地に粉ではなくとろろいもを使った海老トロ天はふわふわした食感が人気です。

営業時間は午前11時からですが、人気店のため行列必至。ランチは早めに行くのがおすすめです。夜はビールや浅草名物「電気ブラン」などと一緒に楽しめばまた格別。仲見世から歩いてすぐという好立地で、浅草散策に行くならぜひ立ち寄りたいスポットです。

江戸趣味小玩具仲見世 助六でレアなプレゼントを見つけましょう!

浅草の一角にたたずむ「江戸趣味小玩具仲見世 助六」は、江戸時代から続く、老舗のおもちゃ屋です。入口からレトロな雰囲気を醸し出し、日本の古き良き歴史を感じる店内には、小さくてとても精巧に作られた人形型のおもちゃがところ狭しと並んでいます。日本で昔から縁起物や魔除けとされているようなモチーフのおもちゃも多く販売されていて、これらは助六オリジナルの玩具なので、プレゼントにおくると一生の宝物になるかもしれません。浅草ならではの歴史と人情味にあふれるお店で、雑誌にも多く取り上げられています。また、特に若い女性から根強い人気があり、リピーター率も高いです。店の方も気さくで、入りやすい雰囲気なのでデートでも楽しめるスポットです。

浅草でランチならヨシカミがおすすめです!

浅草でおいしい洋食を食べたいなら、老舗洋食店「ヨシカミ」がおすすめです。店頭に掲げてある「旨すぎて申し訳ないス!」というキャッチフレーズとコックのモチーフで親しまれています。昭和レトロな雰囲気を醸し出す店内で、どこか懐かしい感じのある洋食メニューを楽しむことができます。特に、定番メニューのビーフシチューは、長時間煮込んだとろとろのビーフと、こってりとしたコクのあるシチューが魅力で、他では食べることができない女性に喜ばれる絶品メニューです。メニューが豊富なので、メニューを選ぶ時間も楽しむことができます。ゆっくりと落ち着いた時間を過ごすことができ、デートにぴったりです。浅草を訪れた際には、ぜひ利用したい洋食店です。

染絵手ぬぐいのふじ屋

ふじ屋といえば染絵手ぬぐいで有名です。東京の浅草で創業65年続く老舗で、伝統的な注染染めにこだわって四季折々の図柄の染物を取り揃えています。種類はおよそ200種類にも及び、季節感あふれる絵柄や江戸小紋、京伝てぬぐいなどがあり、長きにわたってお土産などとして人気があります。

オススメポイントとしては誰もが使い慣れている手ぬぐいですが、職人さんによる手染めの技によって美しいものになっているということです。お土産としても最適で観光などで浅草に来たならふじ屋を覗いてみてはいかがでしょうか。200を超える種類の手ぬぐいがあり、見ているだけでも楽しくなってしまいます。自分用にも何枚か持ってみるとやっぱり手ぬぐいっていいと実感できます。

リバーピア吾妻橋知ってますか

リバーピア吾妻橋とは、旧アサヒビール吾妻橋工場跡地に建設された、高層ビル群の総称で、アサヒビールの本社ビルをはじめ、UR都市機構の集合住宅など多くの企業、多目的ホール、集合住宅、店舗などがつらなっている。

リバーピア吾妻橋をオススメするにところといえば立地の良さがあると思います。吾妻橋駅はもちろん浅草からのアクセスも簡単で自由度の高い場所だとおもいます。生活するにあたって不便に感じることもなく、移動もしやすいので快適に過ごすことができる場所です。遊ぶ場所も浅草は東京を代表する観光地ですし、美味しいお店も新しいお店から、昔からある老舗まで多くありいろいろな味を堪能することができるためオススメです。

フルーツパーラーゴトーで美味しいデート!

浅草駅からほど近い「フルーツパーラーゴトー」は、フレッシュでジューシーなフルーツをたくさん使ったメニューが幅広い年代の方から人気のフルーツパーラーです。女の子が大好きなパフェメニューがとても充実していて、また、内装もおしゃれなのでデートにおすすめのスポットです。

パフェのほかに、フルーツサンドウィッチも人気があり、定番メニューになっています。パフェやサンドウィッチに使われている生クリームは甘さがおさえられていて、フルーツ本来のおいしさを損なわない丁度良い甘さになっています。旬のフルーツをこれでもかというほどぜいたくに使ったメニューが、ふたりの思い出に残る素敵なデートにしてくれること間違いありません。

かっぱ橋道具街でお散歩デートしましょう!

人情味のあふれる街「浅草」の一角にある「かっぱ橋道具街」は、料理にまつわるたくさんの専門店が立ち並ぶ、全国の料理人が憧れるスポットです。金物専門店や、包丁専門店、珍しいところでは製菓機器専門店など、他の土地ではなかなかみることができないような面白いお店で気軽に買い物することができます。そのため、料理人だけではなく、台所に立つ方みんなが楽しめる場所なので、デートにおすすめです。

また、ただ買い物するだけではなく、お店の方とおしゃべりを楽しむのも、この街の醍醐味です。職人さんが直接店を開いているところもあり、道具の使い方や手入れの仕方など、職人さんから直接教えてもらえるかもしれません。食事をする場所も充実していて、一日楽しく過ごすことができます。

浅草でのデートはOCOMO(オコモ)でもんじゃ!

浅草のデートコースで、オコモでのディナーはかかせません。雷門から徒歩圏内だから、観光に疲れたころ、二人でゆっくり立ち寄れる場所です。もんじゃ焼きというと、わいわいがやがや・・・そんなイメージを持ってしまいますが、オコモはちょっと違います。リゾート感たっぷりの店内と雰囲気のある照明で、二人きりの時間を楽しめます。また、店内家具からこだわったバリのホテルのような空間で、絶品の料理を堪能できるのは嬉しいところ。ベースのもんじゃやお好み焼きはもちろんのこと、女性好みのイタリアンを感じられるもんじゃもおすすめです。土日や祝日はお昼からの営業時間で、ランチでもこのメニューを楽しめるのは嬉しいところですね。

デートは情緒あふれる浅草屋形船で決まり!

浅草ならではのデートコースに浅草屋形船があります。乗り場まで浅草駅から歩いて行ける距離です。ゆったりとした船の上から、スカイツリーやレインボーブリッジなど絶景に出会えます。非日常を感じる空間で、二人の時間も新鮮なものになるでしょう。また、昔から屋形船遊びは粋なものとして生活に取り入れられてきましたから、歴史を感じることもできます。嬉しいのは船の上でありながら、季節を感じる料理やお酒を楽しむことができることです。新鮮なお刺身や天ぷらで、気持ちまで満たされます。また、季節の風物詩も逃せません!船の上から見る、夏の花火大会は、圧巻の迫力。いつもと違う東京の風情に、二人で大きな感動を共有できそうですね。

レトロな雰囲気ですき焼きを堪能できる今半本店!

浅草に昭和からある老舗のすき焼き屋さんの今半本店はとてもレトロは雰囲気で昭和の空気を感じなら昔ながらのすき焼きを堪能できることができます。デートにすき焼きはちょっと・・・いう方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなか本格なすき焼きが食べれるお店はここだけです。ランチもとても人気でたくさんの人で賑わっています。お店の独特な味付けで歩き疲れた体に味付けもお肉もお野菜もしみ込んでいきます。さらに町歩きが充実すること間違いなしです。夜も来店することができますが、昼のデートの間のランチもとてもいいです。座敷やいす席もあるので、いつもたくさんの人がきているので、ここでデートをと考えているようでしたら、予約などしておいた方が無難です。

歩いて風情を感じることができる仲見世通り!

浅草で有名な仲見世通りは昔ながらのお店がたくさん並んでおり、観光客や旅行者で賑わっています。また、歴史が深いお寺などがたくさんあるので、歴史にもふれることができ、歴史に興味のあるカップルでしたら二人で楽しむことができます。食べ物の有名なお店もありますし、この際、思い切って様々な食べ歩きに挑戦することもできますし、探索するので、歩きやすい靴でデートに誘ってあげるといいかもしれません。そして、仲見世通りは表もとても楽しいですが、裏側のお店も情緒があって歩くだけで楽しいです。二人で新しい発見をして、楽しい思い出を作ることができます。あらかじめ、どんなお店にいくかデートを打ち合わせをしておくと楽しめますね。

浅草名物シチューの店フジキッチンで味わいランチデート

シチューの店フジキッチンは銀座線浅草駅より徒歩5分の商店街にある小さな洋食屋さんです。戦後から30年以上、変わらぬシチューの味を提供する浅草名物の老舗です。外観、店内はレトロな雰囲気が特徴のきれいなお店でランチデートにもぴったりです。

メインメニューはこだわりの2品のみ、タンシチューとビーフシチューです。どちらもおすすめなので、2人で両方注文してシェアして食べるのがおすすめです。シチューというにはあまりにも大きいお肉にびっくり、会話も弾むシチューです。味ももちろんお墨付きです。お肉は8時間、ソースは1週間も煮込むそうです。

定休日は水曜日です。曜日によって営業時間が異なるのでデートの前にチェックしてから出かける事をおすすめします。

アミューズミュージアムで一緒に日本アートを鑑賞しましょう

アミューズミュージアムは銀座線、伊勢崎線浅草駅から徒歩5分程、バスだと二天門で下車してすぐの浮世絵が描かれたビルです。和をコンセプトにした博物館で、布文化を中心としたアートやアーティストのアトリエを見学できます。6階にある浮世絵シアターではデジタル化した名作を視聴出来ます。絵に隠された秘密や謎を説明しているのが面白いです。2人で浮世絵について語るのもたまには有りですよね。

屋上はデートの穴場スポットです。展望デッキがあり、スカイツリーをより間近に見ることができます。浅草のお寺や神社も上から見るとまた違った雰囲気が味わえるのでぜひ訪れてほしい場所です。

18:00になると施設内でバーがオープンするので一休みにもちょうど良いです。

昼間とは違った顔を見せる雷門は夜の散策もおすすめ

外国人にも人気の、浅草でも最も知られた名所が浅草寺の山門である「雷門」です。正式な名称は「風神雷神門」で、941年に安房国の太守である平公雅が、武蔵国へ転封された際に、新天地での五穀豊穣及び天下泰平を祈願して創建しました。

「雷門」のおすすめの見所は、浅草のランドマークにもなっている「大提灯」です。高さ3.9m、直径3.3mの大きさがあり、10年ごとに新調されています。2人の写真撮影の時にも是非フレームに収めたい景色の1つです。

またこの地をデートで訪れる場合は、夜に赴くのもおすすめです。昼間こそ観光客などで人通りが多いですが、夜は混んでいないのでゆっくり時間を過ごせます。毎晩「雷門」は綺麗にライトアップされており、参道を良い雰囲気で散策できるのでおすすめです。

うなぎ料理老舗の初小川 (はつおがわ)はうな重が人気

「雷門」から徒歩5分ほどの距離にある初小川 (はつおがわ)は、創業明治40年の浅草の老舗うなぎ料理専門店として有名です。雷門通りから小路に入った少し閑静な場所にあるお店で、入り口の情緒ある暖簾や店内の内装は古き良き昭和の時代を彷彿させます。

初小川のおすすめのメニューは、「うな重」です。100年前から継ぎ足している秘伝のタレはここでしか口にできない絶品のタレであり、炭火焼きのうなぎは香ばしく、中までふんわりしているのが特徴です。また肝焼きも人気のメニューの1つです。独特の苦味と食感はうなぎの肝ならではであり、ビールにも合うので男性に特に喜ばれます。

事前に予約も取れるので、デートや観光で「雷門」に寄った帰りにも、おすすめの老舗です。

無料パンダバスで浅草観光を

浅草を中心に道路を走っているパンダの顔の付いた独特の形をしたバスを見かけることがあるはずで、これは通称「無料パンダバス」と呼ばれていて、浅草~両国、浅草~スカイツリー間を無料で運行している循環バスになります。バス停はそれぞれ名所近くにあり、誰でも自由に乗ることができますので、観光の力強い味方となってくれます。

1号車と2号車のふたつがあって、実はそれぞれ内装が少しだけ変わっています。また座席には「パンダバスパスポート」というクーポン付きの冊子が備わっていて持ち帰り自由となっています。周辺の店舗で割引サービスが受けられますので、ゲットしておきたいものです。観光に、交通手段にとお得に利用することができます。

浅草カフェラグランドカリス

浅草6区通りにある一際目を引く赤いテントが「ラグランドカリス」で、こちらはガラス張りの明るい店内となっていて、パリのカフェをコンセプトにした店つくりとなっている、ビストロ&カフェになっています。朝の7時から夜の11時30分まで営業していて、浅草界隈は早く閉店する店が多く、モーニングからディナー、バーとしてまでさまざまな用途で使用することができる便利さがあります。

特徴はこだわりの食材を使用した充実感のあるメニューの数々で、フレンチを主体としていますが、気楽に頼める料理もあるのでリラックスして利用することができます。母体が酒屋なのでアルコールメニューも充実していて、ワインも常時50種類が取り揃えられています。

散歩デートに最適な谷中霊園

浅草にある谷中霊園は、東京の三大霊園のひとつになります。敷地は大変に広大で、約10万平方メートルもあります。谷中霊園は春の桜並木が美しい事でも知られていまが、どの季節でも豊かな緑や花を楽しむ事ができます。その為、自然の中で散歩しながらゆっくりとした時間を過ごすデートにはぴったりなスポットです。園内では、小説のモデルとなった五重塔跡なども楽しめます。

最寄駅からは6分程度でアクセス可能で、大変に便利です。天気の良い日に散歩デートを楽しみたい方は、ぜひ谷中霊園に行ってみましょう。園内の自然の中でゆっくりと時間を過ごした後は、レトロな下町を味わえる谷中銀座に立ち寄るのも人気のデートコースとなっています。

心地よい空間のCafe Otonova(カフェ オトノヴァ)

浅草のCafe Otonovaは、大通りから少し中に入った場所にある隠れ家的なカフェになります。その為、ゆっくりとした時間を過ごすデートがしたい方には最適なお店です。外観は、緑が豊富でフランスにあるおしゃれな古民家風になっています。店内は、清潔で明るくおしゃれな雰囲気です。フード類はイタリアンが中心で、手作りのタルトやシュークリームなどのスイーツも楽しめます。ドリンク類は、厳選したコーヒーや紅茶、ビール、ワインなどがそろっています。

店内にはボサノヴァやジャズなどのレコードが心地よく流れ、ゆったりとした時間が流れています。その為、デートで利用する方も多く、店内の選び抜かれたアンティーク家具などを見るのも楽しいと評判です。

雰囲気抜群!上野公園デートを楽しもう!

JR日比谷線「上野駅」から徒歩数分で上野公園につきます。季節の自然を、肌で感じることができる癒しの空間で、浅草デートにはもってこいの場所です。園内に、カフェなど休憩できる場所もあるのでのんびりとした二人の時間を過ごせますね。

春は、満開の桜が圧巻です。一面ピンク色の世界が神秘的に感じることもあります。夜桜も風情があるので、一度は訪れたいですね。また、夏の納涼大会、秋の紅葉など季節ごとに違った顔を楽しめるのもおすすめポイントです。

明治維新の指導者、西郷隆盛の銅像や、世界的な細菌学の博士、野口英世の銅像なども、人気の場所です。二人で歴史にふれるのも新鮮ですよね。見どころが多い公園なので、足を運ぶごとに新たな発見があります。

大黒家天麩羅本店で歴史の味を楽しむデート!

浅草デートで食事をするなら、大黒家天麩羅は要チェックです。都営浅草線「浅草駅」から徒歩圏内のところにある、本格的な天丼を楽しめるお店です。清潔感のある店内は、クラシックな雰囲気で居心地もよく、二人の気分も上がるでしょう。

おすすめは、ご飯が見えないくらい大きな、きつね色の海老が特徴の海老天丼です。サクサクの海老と濃厚なタレとのコラボレーションが食欲をそそります。海老天はごま油だけを使っているので、贅沢に盛られているのに、飽きがこず、女性でもしっかり食べきれるのがうれしい点です。こだわりの味に創業明治20年という歴史を感じることができます。また、天ぷらの単品や、お刺身、お漬物などもあるので、ちょっと飲みにも最適ですよ。

伝法院通りはまるでテーマパークの様な雰囲気

浅草にある伝法院通りは、木造で建てられているお店が多く並び江戸時代の赴きのある通りです。江戸時代の雰囲気と言うのは、蔵屋敷などもその一つにありますが、下町の雰囲気が感じられ、より身近な物としてリアル感が高まります。浅草の中には江戸時代の雰囲気を感じさせてくれる場所は多くありますが、伝法院通りに集まっているため、よりその雰囲気が強まって来ます。伝法院通りは、デートスポットに最適な地域で、特別な空間が、より二人だけの特別な空間として感じさせてくれる場所です。それはまるで、テーマパークでデートを行なっている様にも感じさせてくる事もあり、高揚感が高まって来ます。江戸時代の人々の人形が街中に見られ、一緒に記念写真を撮って特別な思い出として残す事も出来ます。

浅草 時代屋のサービス利用で江戸時代を体で体験

浅草にある浅草 時代屋は、人力車の提供や日本文化体験など様々なサービスを提供されています。浅草 時代屋の名前は海外にも名前が知れ渡り、外国人の方も多く訪れています。浅草 時代屋内で体験できるサービスには、茶道教室や書道教室があり、日本人が忘れつつある和の文化その物を堪能する事が出来ます。又、体験として大正時代に着用する様な着物なども着用して写真に収める事が出来まして、二人でタイムスリップをした様な雰囲気を楽しむ事が出来ます。このお店のサービスで最も有名なのが、人力車になりまして人力車に乗って街中を観光する事が出来ます。周りの人々の目が二人に視線が集まる事もあり、恥ずかしい思いも感じる事もありますが、その恥ずかしさがより二人の距離を縮めてくれるため、デートを行なっている思いが強まって来ます。

大正の香り漂う谷根千の人気スポット・カヤバ珈琲

カヤバ珈琲は東京メトロ千代田線根津駅から徒歩10分の場所にある古民家カフェ。大正5年に建てられた町屋を改装して作られました。外観は建築当時ほぼそのままに、内装は梁や天井を元のまま活かしつつ1階はテーブル席、2階は和室に整えられています。定番のコーヒーのほか昔懐かしいミルクセーキなどドリンクメニューは豊富。フードではボリュームたっぷりのたまごサンドが人気です。

人気の谷根千エリアの一角にあり、上野・浅草からも近く下町散策で疲れた体を休めるにはぴったりの場所。看板・椅子・食器などは昭和時代のものを使用しており、レトロ感満点。2階では足を延ばしてくつろぐことができ、窓の手すりにも大正の雰囲気が濃厚に漂います。コーヒーは200円でおかわり可能。のんびりとタイムスリップ気分を楽しめる空間です。

これぞ「元祖」!並んでも買いたい浅草 花月堂のメロンパン

浅草名物「ジャンボめろんぱん」で知られる浅草 花月堂。外はカリッと、中はふんわりした食感が特徴のメロンパンは1日3000個販売されるほどの人気で、店の外には長蛇の列ができることも。浅草寺の境内に4店舗を構えており、本店と雷門店には和風カフェが併設され、コーヒーや紅茶のほかあんみつやかき氷などの甘味を楽しむこともできます。

ジャンボめろんぱんは出来立てのアツアツと粗熱をとったものの2種類を用意。お土産には少しさましたものを、すぐ食べるならアツアツを、と目的に合わせて選ぶことができます。浅草の町をメロンパンをかじりながら歩くのも乙なもの。また、昭和初期を思わせるレトロな店内でボリュームたっぷりのあんみつを楽しむのもおすすめです。

天気がいい日には隅田公園でのほほんデート

隅田公園は東京メトロ銀座線の浅草駅から徒歩5分のところにあります。隅田川沿いにあるため、川のせせらぎが常に聞こえてくる自然豊かな公園です。桜の名所として有名で、日本さくら名所100選にも選ばれています。桜並木は1キロにも渡り、満開になると多くの見物客が訪れます。桜にまつわる歴史は古く、江戸時代の8代将軍、徳川吉宗が桜を植えたと言われています。江戸時代の人々も、同じような景色を眺めていたのかもと思うと感慨深いのではないでしょうか。隅田川には屋台船もあるのでデートに利用すると、普段とは違う東京の景色を眺められ、会話も弾むに違いありません。夏には隅田川花火大会が行われます。四季を感じながら、特別なデートにも、普段のデートにもぴったりのスポットです。

カフェ ムルソーでおしゃれなデートを楽しむ

下町の浅草にあるカフェ ムルソーは、おしゃれな外観と大きな窓から見える景色が特徴です。隅田川沿いにあるため、川をのんびり眺めながら食事を楽しめます。昼は柔らかい光をあびながらのランチ、昼過ぎにはこだわりの手作りケーキを食べながらのおしゃべり、夜は夜景を見ながらカクテルなどを楽しむという風に、時間帯に合わせての利用が可能です。メニューは全ておしゃれで美味しいものばかりです。地下にはショップがあり、クッキーや紅茶などを販売しているため、デートの思い出にお土産を買うことができるのも嬉しいポイントです。特にお勧めのメニューが本日のケーキです。20種類ほどの中からケーキを選ぶのは、女性ならきっと嬉しくなるでしょう。

美しい星空の癒し空間。コニカミノルタプラネタリウム「天空」。

浅草駅から地下鉄で3分。コニカミノルタプラネタリウム「天空」は、押上駅「東京スカイツリータウン」の七階です。

チケットカウンターで指定席券を購入。混雑が予想されますので早めにチケットを購入し、上映時間までソラマチ内を散歩して待つと良いかもしれません。座席はやわらかなリクライニングシートになっていて、身体を心地よく休ませながら観覧を楽しむことができます。

おすすめはなんと言ってもアロマの香りを楽しめるヒーリングプラネタリウム。作品に沿ったイメージの香りに包まれ夜空を見上げれば素敵な癒しの時間になるでしょう。上映作品はどれも優しい音楽、夢のような映像で溢れています。お仕事帰りのリフレッシュに彼と二人で訪れるには最適なデートスポットです。

さくらCafeの名物、大迫力のスカイツリーパフェ。

浅草散策に疲れたら、とうきょうスカイツリー駅から徒歩1分のさくらCafeで一休みしましょう。雷門からとうきょうスカイツリー駅までは徒歩15分。席数18の小さなお店で赤い屋根が目印です。

カフェの名前通り、さくら色の着物に身を包んだ店員さんが笑顔で迎えてくれます。あんみつや抹茶の懐かしい上品な和の味はたまりません。可愛らしいさくらの人形焼きはお土産にもぴったりです。中でもお客さんから注目されているのはやっぱりスカイツリーパフェ。高さ63.4cm以上のパフェなんてなかなかお目にかかれません。

味は抹茶のIKI、ベリーヨーグルトのMIYABIの二種類。食べごたえ抜群でお腹いっぱいになるボリュームです。彼と一緒に注文すれば会話が弾んで楽しいひと時になるでしょう。

東京の名所東京スカイツリーに行こう

浅草にある東京スカイツリーは武蔵野国にちなんで634mもの高さに建設された新しい電波塔です。電波塔としては芝にある東京タワーに変わる新しい東京の名所としてショッピングを楽しめる商業エリアはもちろん、プラネタリウムや水族館がありデートに行けば1日遊んで楽しめるスポットとなっています。展望デッキはガラス張りの床に立てばまるで空中に立っているかのような感覚になれる『ガラス床』や、カフェやレストランがある『第1展望台』や、それより上のフロアに専用エレベーターで上がる『第2展望台』があります。晴れて星や月がきれいな夜にはカフェやレストランで食事をして夜景を見れば二人の距離は一気に近づくかも・・・しれません。

期間限定『大絵馬寺宝展と庭園拝観』に行こう

浅草寺には普段は立ち入りを禁じている幻の庭園があります。それが毎年3月下旬から5月上旬にかけて公開されるのを知っていますか?『大絵馬寺宝展と庭園拝観』では、都会の真ん中にある1万平米もの広さを誇る庭園を散策することができます。この伝法院庭園は平成23年9月21日に『国指定名勝』に指定されました。大絵馬寺宝展では浅草寺が所有する貴重な絵馬や本尊の由来や寺の歴史を描いた『浅草寺縁起絵巻』などの資料が拝観できます。仲見世の喧騒を離れゆったり時間の流れる緑の中を二人で散歩するのもいいかもしれません。庭園の五重の塔の向こうには東京スカイツリーも見ることができ、江戸を感じながら今の新しい東京を見ることができる貴重な機会です。

落語でもお馴染みの並木藪蕎麦

砂場、更科とあわせて「江戸三大蕎麦」に数えられる藪蕎麦。全国に「藪」と名のつくお蕎麦屋さんは数多くありますが、並木藪蕎麦は、藪蕎麦御三家と呼ばれるうちの一つで、歴史と伝統を誇る老舗のお蕎麦屋さんです。浅草雷門の近くにあり、ビルの谷間に挟まれるようにしてあるその建物は、昔ながらの風情がたっぷり。

「ざるそば」「かけそば」といったシンプルな料理にこそ、蕎麦の味がよくわかるとされています。数々のグルメガイド本や、観光ガイドに記載されているので、たいてい混雑していますが、並んででも食べる価値あり。混雑がはげしいランチタイムと、夕方との間の時間帯、つまり午後3時頃を狙って訪れると以外に空いていることもあります。

浅草文化観光センター

浅草文化観光センターは、雷門前に設置されている公的な観光案内所。英語、中国語、韓国語など4カ国語に堪能なスタッフが、世界中から訪れるたくさんのツーリストたちに有益な情報を提供しています。浅草観光について、知りたいことがあれば、たいていのことはここで知ることができるんです。無料無線LANや喫茶室などの設備も充実しており、疲れたときに一休みするのもいいですね。

しかし、浅草文化観光センターは、ただの観光案内所ではありません。9階の展望テラスからは、眼下に雷門や浅草寺、下町の家々の風景が一望できます。お天気が良ければ、副都心のビル群や東京スカイツリーなど、東京のいろいろな観光名所もばっちり見えます。夜10時までオープンしているので、夜景だって楽しめちゃいます。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー