211,171 view カップル

独占欲を持つ男女の心理とは!彼氏・彼女の独占欲への対処や克服法について

  • Pairsをフォロー

男女限らず独占欲が強い人はいますよね。あまりに独占欲が強い彼氏・彼女には手を焼くこともあります。今回は、そもそも独占欲や嫉妬心が強い男女はどんな心理なのか、独占欲が強い人をどのように見分ければ良いのかご紹介します。また、独占欲が強い彼氏・彼女を持ったときにどのように対処してどのように克服すれば良いのかについてもまとめましたので、参考にしてみてください。

そもそも独占欲って?

-shared-img-thumb-PAK86_dakiyoseru15182330_TP_V

パートナーの独占欲が強くて困っている、という話は良く耳にしますが、そもそも独占欲とはいったいどういったものなのでしょう。私たちを困らせる「独占欲」の正体を探ってまいりましょう。

独占欲とは

独占欲とは「ひとりじめ」の欲求のことを言います。自分だけが有しているという状況への強い執着心を意味し、失うことや他者の手に渡ることを強く恐れるもととなるものです。ひとりじめの状況を脅かす相手には強い敵意や激しい嫉妬心が働き、失いたくないという恐怖や執着心から強引にでも自分の手元に置いておこうとする衝動的な行動の原因になります。独占欲が強いと、実際にはひとりじめの状況を脅かすことの無い人間に対しても強い警戒心や嫉妬心が働き、人間関係に様々な悪い影響を与えます。

独占欲があるってだめなこと?

独占欲自体は決して悪いものではありません。ひとりじめの状況を生むため、あるいはその状況を守るため、人は様々な努力や工夫を重ね、自己を向上させます。独占欲は自分のスキルや人間性、社会的地位などを高めるためのモチベーションとなり得るものです。問題は独占欲が過剰に強過ぎる場合です。独占欲が強過ぎると、努力や工夫無しでも強引にひとりじめの状況を保持しようとし、冷静さを欠いた衝動的な言動を引き起こす原因となります。

嫉妬が原因?独占欲はなぜおきる?

例えばカップルがコンビニで買い物をする場面。レジが異性であったというだけで恋人に嫉妬し、同性の店員がいるレジに並ぶよう求める強い独占欲の持ち主もいます。この極端な状態は嫉妬が原因になっているのでしょうか。その原因を探っていきます。

失うことへの不安

独占欲は強い執着心がもとになっています。独占したい人への執着が強いほど、もし失ったらという可能性を考えただけでも強い恐怖を感じます。失うことへの恐怖が強過ぎるあまり、心は常に不安を抱えています。その不安を失くすために、常に安全な状況を求めるのです。カップルの例で言えば、恋人が自分ではない他の異性を選ぶことを恐れ、そうなる可能性がゼロになる安全な状況を求めます。その結果、自分以外の他の異性との接触そのものを恐いと感じ、自分以外の異性とは誰とも話すな、関わるな、といった極端な要求をする強い独占欲の原因となります。

愛される私を愛する

人がある特定の人物に対して強い執着心を抱くまでの過程には、自分は選ばれている、自分は愛されている、という自己愛の満足があります。この人は自分を選んだ、この人から選ばれたのは自分が素晴らしいからだ、そうやって自己を肯定する要因となっています。他人から選ばれることによって自分を肯定できるという人は、他人から愛されることによって自己愛を満足させることができるのです。ある人物を独占したいという欲は、その人への愛情だけでなく、自分自身の強い自己愛を満足させたいという動機が原因になっています。

この人には自分が必要だという思い込み

人は頼られることによって得意になってしまうこともあります。俺がいないとダメだな。私がいないとダメね。そうやって誰かに必要とされることで満足感や幸福感を覚える人は少なくありません。この満足感や幸福感を過剰に欲してしまうと、他人が必要とする以上に自分を必要としてほしいという欲が高まり、自分の必要性を押し付けるようになります。この押し付けるという迷惑行為を美化あるいは正当化させるために、「この人には自分が必要だ」と思い込むようになり、だから常に自分と一緒に居なさいという独占欲へと繋がって行きます。

独占欲がある人の心理って?

-shared-img-thumb-shinjyuku-kabuki20140921225442_TP_V (1)

独占欲の原因は分かりましたが、どれも大なり小なり全ての人にあるものではないかと思われます。にも関わらず、独占欲が強い人と、そうでもない人と、差が生じていますし、多くの人は独占欲が強くなり過ぎないように上手に自分をコントロールしているように思われます。独占欲が強くなってしまう人の心理とは、一体どういうものなのでしょう。

独占欲が強い男性の心理

男性は女性と比べ力が強いため、強過ぎる独占欲を満たすために力尽くで実行に移すことができてしまいます。こういう面では女性よりも性質が悪いと言えるでしょう。独占欲が強くなってしまう男性の心理を覗いてまいりましょう。

自信が無いから彼女を信じることができない

彼女と付き合えたことがラッキーだと思っている男性や、彼女または自分以外の男性に対してコンプレックスを抱いている男性は、彼女がこれからも自分を選び続けてくれるだろうかという点に強い不安を抱いています。自分よりもっと魅力的な男性の下へ彼女が行ってしまうのではないかという恐怖から、彼女が自分以外の男性と接触する機会を禁じ、自分だけが男性であるという世界を望むようになります。

彼女は勲章

トロフィーワイフという言葉があるように、男性は女性を自分が獲得した勲章のように思う所があります。それはつまり他人に自慢できることとして彼女の存在を認識しており、失うことはカッコ悪いことであり、不名誉なことなのです。彼女が自分以外の男性と仲良くすると、お前は俺の勲章じゃなかったのか、お前は俺のことが好きなんじゃなかったのかと、プライドを傷付けられたように感じてしまうのです。自分の名誉を守るという身勝手なプライドのために彼女を独占しようとします。

自分が正しいという思い込みが強い

独占欲が強い男性は良くも悪くも想像力が豊かで、もしこうなったら、もしああなったら、という「もしも」の話を頭の中でどんどん膨らませてしまいます。そしてその「もしも」に対して、if ではない絶対的な確信を勝手に抱いてしまいます。彼女が自分以外の男性と仲良くしていると、このままだと浮気に発展するに違いないと不安に思い、そしてその予想は正しいと勝手に思い込み、彼女を男性から遠ざけようとします。

独占欲が強い女性の心理

女性は男性よりも勘が鋭く、男性の不審な面に良くも悪くも気付いてしまいます。そのため、恋人を信じることが男性よりも難しいと言え、付き合っている恋人がいる時の心理は男性よりも複雑です。独占欲が強い女性の心理を見てまいりましょう。

愛される私を見せたい

男性に無い女性特有の行動に、「見せ付ける」という行為があります。例えば女性は、街中などの他人の目がある所を彼氏と一緒に歩くことに誇らしさを感じるところがあります。これは、この男性は私のことが好きなのだということを周りに誇示したいという、自己顕示欲の表れであると見られます。周囲に誇示するためには常に自分が愛されている状態である必要があり、男性は自分だけを見ていなくてならず、一緒に歩いている男性が他の女性を目で追うことなどあってはならないことなのです。

頭より心が大事と思っている

男性が理屈で物事を考える傾向があるのに対し、女性は自分の気持ちに素直になるという心の部分を大切にする傾向があります。理屈に関係なく、イヤなものはイヤなのです。独占欲が強い女性は特にこの傾向が顕著で、頭で考えて理屈を並べる男性に嫌悪感を抱きます。自分がイヤと言うことはするな、自分がして欲しいことをして、という極端な願望を、「好きだったらできるはず」という極端な感情論で語る傾向があります。

「尽くす」の意味を履き違えている

独占欲が強くなってしまう女性の多くは良くも悪くも一生懸命です。彼氏に対しても自分なりに一生懸命に尽くします。そうやって頑張るからこそ、見返りを求めてしまう心理が働くのです。私がこれだけやっているんだからと、彼がその努力に対する十分な恩賞を自分に与えることを望みます。尽くしてあげているのだから自分が大切にされるのは当たり前だと、その権利を振りかざし、男性に様々な束縛を設けるのです。

独占欲強い人の見分け方って?

-shared-img-thumb-PAK85_virssearch20140531_TP_V

恋人または友達と一緒にいる時に、何か窮屈な感じになってしまうことはないでしょうか。それは相手の独占欲の強さが原因かも。独占欲の強い人の見分け方をご紹介します。

独占欲が強い男性の特徴とチェックするポイント

彼氏に甘えられたり、やきもちを妬かれたり。これは男性から愛されている証拠でもあるのですが、嬉しさよりも「窮屈だ」と感じてしまうのであれば、男性の独占欲が強いのかもしれません。独占欲が強い男性の特徴とチェックするポイントを見てまいりましょう。

友達が少ない

人はいろんな人から支えられ生きています。例えばこの人とは共通の趣味を楽しめるとか、この人は自分が辛い時に慰めてくれるなど、自分と関わりのある色々な人に様々な役割を見出して、依存しながら生きています。友達が少ないということは、その少ない友達に様々な役割を兼任させていることであり、その分一人当たりの依存度が高いのです。こういう男性と付き合っている場合、恋人以外の母性や友情などの様々な役割を同時に求められ、強く依存されて執着される可能性が高いです。

無趣味

人に対する独占欲が強くない人には多趣味な人が多いです。ゲームや映画、読書やスポーツ、マンガ、アニメなどのいろんな趣味を持っていて、一人でも退屈しないという人には強い独占欲は無いようです。反対に趣味が無い人や一人の時間が充実していない人は、他人に対する依存が強く、独占欲が高くなってしまいがちなようです。趣味を尋ねた時に「無い」と答える男性には注意が必要かもしれません。

一人っ子、末っ子に多い

一人っ子、または末っ子の男の子は、親から非常に甘やかされて育った可能性が高く、欲しいものが手に入らなくても我慢するという経験をあまりしたことが無いかもしれません。甘やかされて育って来た男性は、とてもわがままで独占欲も強いです。もちろん一人っ子、または末っ子でもしっかりした人はいますので一概には言えませんが、確率的には独占欲が強い可能性が比較的高いようです。

独占欲が強い女性の特徴とチェックするポイント

一般的には恋人の独占欲の被害に遭っているのは女性の方が多いように思われますが、逆に恋人を苦しめる強い独占欲を持った女性も実際にいるものです。独占欲が強い女性の特徴とチェックするポイントを見てまいります。

育ちが良い

親がとても裕福な家庭で育った女性は、娘ということもあって大事に大事に育てられています。結果、わがままで他人に甘える女性に育ってしまう人も少なくなく、友人や恋人に対して強い独占欲を抱くようになります。自分は大切にされているという状況に強い執着を持ち、自分以外の誰かが自分以上に大切にされることを嫌い、自分だけを見るようにという独占欲の原因になります。もちろん育ちが良くても独占欲の強い人にならない女性も多く居りますので一概には言えません。

恋愛経験が少ない

好きな人ができて、付き合って、別れて、という経験を何度か繰り返した女性は、今の彼氏と別れても次があるということを経験的に理解しています。彼氏から愛されたという経験があまり無い女性は、今の彼氏に逃げられたらもう自分を愛してくれる人は今後現れないのではないかという恐怖心を抱いてしまい、彼を失う恐怖から独占欲が生まれてしまいます。年齢に対して付き合った男性の数が少ないと独占欲が高くなる傾向があるようです。

記憶力が良い

女性は男性と比べ、脳の記憶を司る部分が大きく進化しているそうです。そのため女性は男性よりも記憶力が良く、男性が忘れがちな2人の記念日などの思い出を女性はよく覚えています。女性の中でも特に記憶力が良い人は、彼が忘れていて自分が覚えているという状況が非常に多く、「なんで忘れるの?」という男性に対する不満や不信感が他の女性に比べて強くなりやすいです。そのため男性を信用できず、常に自分の監視下に置こうとする独占欲の原因となります。

独占欲が強い人とはどうやって付き合ったら良いの?

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V

独占欲が強い人の特徴が分かったとは言え、既に付き合いのある人物が実は独占欲の強い人だと後で分かった場合は、上手に付き合うより他にありません。では、独占欲の強い人と上手に付き合うには、一体どうすれば良いのでしょうか。

独占欲が強い彼氏と上手く付き合う方法

付き合ってから「この男性は独占欲が強い」と気付いてしまうと女性は大変苦労するものです。その苦労を少しでも軽くするための上手く付き合う方法をご紹介します。

自信を持ってもらう

独占欲が強い男性の多くは自分に自信を持っていません。自信が無いからこそあなたが離れてしまうことを恐れ、そうならないようにあなたを囲って独占してしまおうという発想に辿り着いてしまうのです。あなたが「やっぱり〇〇くんは素敵だね」「〇〇くんが一番」と彼に自信を与えることで、彼は囲わなくても大丈夫と思うようになり、自由を奪われる機会も少なくなります。

不安を無くしてあげる

独占欲が強い彼は常に不安を抱いています。あなたが自分以外の他の男性の所へ行ってしまうのではないかという強い不安です。その不安を解消してあげることで彼の機嫌は良くなり、上手に付き合うことが可能になります。「飲み会があったけど他の男の子が来るから行かなかったよ」とか「男友達はいないよ」などの言葉で彼を安心させてあげましょう。実際に彼氏以外の男性と一切の接触を断つことは現実的に困難です。言葉で安心させることが大事なのです。

共通の友達を作る

独占欲が強い男性は「自分だけを見ろ、他の男は見るな」という風に、とてもとても視野が狭い状態になっています。彼女が何を言っても耳を傾けないでしょう。こういう男性の視野を広げるためには、彼女以外の信頼出来る誰かから意見を言ってもらうのが効果的です。共通の友達を作り、その友達から意見を言ってもらうと良いでしょう。第三者からの客観的な事実を聞かされることで、男性の視野も多少の広がりを見せるでしょう。

独占欲が強い彼女と上手く付き合う方法

優しくて気の弱い男性ほど、女性の独占欲を助長させ、様々な束縛を受けるものです。そうなると辛いばかりの恋愛になってしまいます。2人の恋をもっと楽しいものにするために、独占欲が強い彼女と上手く付き合う方法をご紹介します。

「好き」と言い続ける

女性はいつも、この人は私のことが好きなのか、どれくらい好きなのか、ということを不安に思っています。この不安を解消し安心させてあげることで、彼女の機嫌は良くなり、楽しい恋をすることが可能になります。彼女を安心させてあげるには常に「好きだ」と伝え続けるしかありません。男性は恥ずかしさから、なかなか「好きだ」とか「愛してる」などの愛の言葉を口にしたがりませんが、女性が求めているのは正にそこなのです。

こまめに「ありがとう」と言う

独占欲が強い彼女と上手に付き合うには、基本的にその独占欲を満たしてあげることが求められます。彼女は男性から必要とされることを強く求め、独占することで「私がいないとダメ」という状況を作ろうと考えていますので、その欲求を満たしてあげることが大事です。具体的には、掃除や食事、彼女のちょっとした気遣いなど、事有る毎に彼女に「ありがとう」と言ってあげましょう。感謝を伝えることで、彼女は自分が必要とされている、あるいは自分は彼のために役立っていると感じ、独占欲を満たすことができます。

時には叱る

女性は男性に男らしさを求めます。優しくて気の弱い男性は彼女に合わせる場面が多いため、彼女は「私がリードしている」「私が彼をコントロールしている」という認識が高まり、どんどん独占欲が強くなってしまいます。自分がリードしている、あるいは彼をコントロールしているという場面を好む一方で、やはり男性には男らしくあってほしいという願望も持っているのです。彼女の独占欲から来る甘えやわがままに対し、時には男らしく叱ってみせるのも良いでしょう。

独占欲が強い友達と上手く付き合う方法

独占欲は恋人にのみ働くのではなく、同性の友達にも見られるものです。いつも一緒にいることを望み、違う友達と仲良くすると機嫌が悪くなるという人もいるでしょう。こういった独占欲が強い友達と上手く付き合う方法をご紹介します。

2人の違いを諭す

仲の良い友達がいるということはとても素晴らしいことですが、一方が「この友達には自分だけ、自分にはこの友達だけ」という強い共依存の関係を求め出すと、友達として付き合って行くことが苦痛になってまいります。こういう友達にははっきりと「私とあなたは違う」ということを言葉で伝えてあげることが大事です。私には私の世界があり、あなたにはあなたの世界がある。決して同じ一つの世界を共有し、同じことを感じ、同じ選択をするという同一の人物ではない、あなたと私は違う人なのだ、ということをはっきり伝えるようにしましょう。

自立を促す

独占欲が強い友達が求めているのは強い共依存の関係ですので、他者に依存しない「自立」の素晴らしさを友達に語るのは非常に有効です。独占欲が強い友達はあなたと自分が同じ考えであることを強く求めますので、あなたが「誰にも頼らない、自分ひとりで生きて行くという考え方はカッコイイと思う」といった趣旨のことを言うと、友達は「自分もそう考えないといけない」と思い、独占することで得られる共依存の関係を自ら解消するよう努めるでしょう。

笑顔で「NO」と言う

友達は基本的にあなたのことが好きです。好きだから独占したいと考えています。そしてその「好き」という気持ちは良いことなのだと信じ切っていて、自分が友達を独占したいという欲も良いことなのだと思い込んでしまいます。こういう友達に「いや本当迷惑だから」と伝えても「なんで!?良いことなのに!」と、ラチが開きません。こういう友達には笑顔で明るく「NO」を言うようにしましょう。笑顔を見せられることで友達は安心し、NOという否定を受け入れる余裕が生まれます。

独占欲を克服するにはどうしたら良い?

-shared-img-thumb-PAK85_lalamaittawai20140321_TP_V

独占欲が強い人と上手く付き合ったとしても、いずれは自立してもらい、相手からの依存を断たないといけません。そうでないとあなたが壊れてしまいます。相手に独占欲を克服させ自立を促すにはどうすれば良いのでしょう?

恋愛独占欲を克服するにはどうしたら良い?

恋愛の独占欲は主に不安が原因です。不安にならないように恋人を独占しようとします。こういった相手に独占欲を克服してもらうためには、不安を克服してもらう必要があります。その具体的な方法を見てまいりましょう。

自分を磨く

不安になるのは自分に自信が無いからであることは先に述べました。これを克服するにはやはり自分を磨き、自分に自信を持ってもらうしかありません。独占欲が強くなり過ぎると努力無しに選ばれようとする危険な思考が働いてしまいますが、ちゃんと自分を磨く努力をしている人はその努力が自信の根拠となり、独占しなくても恋人は自分をきっと選んでくれるという余裕のもととなります。余裕が生まれれば不安も無くなり、独占欲も弱くなるでしょう。

恋人を信じる

恋人同士の信頼関係は、幸せな恋愛をするためにとても大切です。浮気をするんじゃないかという不信感を抱かれてしまうと、そうさせないように相手の行動を監視してやろうという発想に繋がります。監視なんかしなくても裏切らない、浮気なんかしない、ということを信じてもらうには、実績を積み重ねるしかありません。経験は何よりの教科書となります。自分は浮気をしないという所を恋人に見せ続け、実際に浮気をされなかったという経験を相手に積ませることで、信頼を得ることができるでしょう。

恋愛以外の幸せを見付ける

恋愛は私たちに幸福感を与えてくれる素晴らしいものです。しかし、幸福感を与えてくれるものは恋愛以外にもたくさんあります。恋人にそれを気付かせてあげて、恋愛とは違うもので幸福感や満足感を得るように促しましょう。独占欲が強い人は視野がとても狭くなっており、恋人以外の幸せや楽しみといったものが目に入らなくなっています。そういう人には、例えば仕事で成功する喜びや、趣味やスポーツで得られる達成感や爽快感、友達と友情を育むことの素晴らしさなど、幸せにはいろんな形があることを知ってもらいましょう。

友達独占欲を克服するにはどうしたら良い?

友達が強い独占欲の持ち主である場合は、2人だけの狭い世界を好む友達に、世界はもっと広く、私たちはもっと自由に世界を行き来できる存在であることを知ってもらわないといけません。その具体的な方法を見てまいりましょう。

「自慢の友達」になる

独占欲が強い友達は「自分はあなたしか見てない。あなたも自分だけを見て」という心理状態にあります。この2人だけの視点しか持たない友達には、2人以外の第三者からの視点を持ってもらわないといけません。そのためには他者からの評価を気にしてもらう必要があります。お互いが他人に自慢できる友達になろうと提案することで、友達はあなた以外の人間からの評価も気にするようになり、あなたに集中していた意識が分散され独占欲も弱まるでしょう。

たくさんの人と交流する

多くの人は、家族や兄弟姉妹、幼馴染やクラスメイト、部活の仲間、恋人、恩師などのように、いろんな人と交流しながら生活しています。友達に対して独占欲が強い人の多くは、その友達以外の人との交流があまり無く、友達以外に頼れる人が少ないため、依存が強くなり独占欲も生まれます。これを克服してもらうには、やはりたくさんの人と交流を持ってもらうのが一番です。例えば共通の趣味を持った人たちが集まる場に顔を出したり、あるいは習い事を始めて同じことを学ぶ仲間を作ったり、こういった広い交流が独占欲を克服させてくれます。

何かに打ち込む

独占欲は特定の対象に生まれるものですので、それ以外の何か一生懸命打ち込めるものを見付けることで克服することが可能になります。友達が強い独占力の持ち主であった場合は、その友達が打ち込める何かを一緒に探してあげましょう。例えばゲームは達成感や満足感を得るために非常に有効だと言えます。現在はオンラインゲームが盛んに行われていますので、ゲームの中で他者と交流することも可能です。もちろん仕事でも良いですし、ゲーム以外の趣味でも良いので、何か打ち込めるものを探してあげましょう。

独占欲の正体とは

-shared-img-thumb-0I9A351215032114onepoint_TP_V

独占欲の原因や、独占欲が強い人の心理、特徴などを見てまいりますと、その正体は「不安」や「依存」であることが分かりました。つまり、独占したい対象ではなく、独占欲を抱くその人自身に原因があるのです。独占欲が強い人に捉われて困っている人は、そのことを相手に気付かせてあげて、お互いが解放されるように優しく諭してあげましょう。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー