9,229 view 恋活
彼女ができない男性がビンタされる

彼女ができない…彼女できない男の特徴や理由、作り方とは

  • Pairsをフォロー

恋愛を必要としない男性が増えているといいます。それでも女性と付き合いたいという気持ちを持っている男性は、圧倒的に多いはずです。ところがその希望をかなえることができない人も少なくはありません。では、どうしたら彼女ができるのでしょう。彼女ができない理由や、彼女を作るためのポイントについて、考えてみましょう。

彼女が欲しいのにできない、その理由は?

彼女ができない男性

前の彼女と別れても、すぐに新しい彼女を作る男性がいます。その一方で、彼女を作りたいのに、まったく彼女ができないと悶々としている男性も。彼女ができないその理由を、あなたはどんな風に考えていますか。以下を読んでモテナイ期を脱してくださいね。

彼女ができない男性の共通する特徴とは

彼女を作りたいのにできない人には、共通する特徴があるといいます。それは、どんな特徴なのでしょう。

腹黒い

腹黒いとは、心の中で何か悪だくみをしている人という意味です。よく、女の子は不良に惹かれるといいます。ですが腹黒いとなると、これは問題外。男同士でも友人を作るなら、裏表のありそうな人とは仲良くなりたくはないでしょう。女性だってそうです。恋愛すれば多くの時間を一緒に過ごしたり身体の関係をもったりするのに、腹黒いなんて危険そのもの。不良に女性が惹かれるのは、ファッションなど表向きが多少不良っぽかったとしても、時おり垣間見える一途さやピュアな気持ちとのギャップにときめくのです。腹黒男とは根本的にちがうことを、しっかり肝に命じましょう。

理想が高すぎる

実際の恋愛をあまり体験していない男性に限って、理想が高いということがあります。仮想の恋愛相手として、漫画のヒロインやアイドルを対象にしてきた時間が長いほど、その傾向があるようです。そして、それを知らず知らず口にしていたら、女性からみたらとんだ「勘違いオトコ」でしかありません。頭の中で築いた理想は、リアルなものではありません。現実の恋愛対象は身近にいる存在です。これまでの妄想を脱して、身近な女性たちと交流してみましょう。彼女たちは、自分の理想とは異なる存在かもしれません。でも、リアルな女性たちに接するうちに、これまでとは違った女性の魅力を発見するはずです。

自慢話が多く、人の話を聞かない

自分をひけらかす傾向がある男性は、実は自信のなさの裏返しということが多いものです。それでは女性から敬遠されがち。まだ知らない同士なのに自慢ばかりを聞かされたら、誰だって引いてしまいますよね。自分を語るなら、態度で語るべきなのです。また、人の話を聞かないのもNGです。なぜなら話を聞かないのは、自己チューの現われ。付き合ったとしても振り回されそうな人なら、女性は警戒します。また、相手の話を聞かないということは、その人に興味をもっていないというようにも感じさせるのです。それでは、女性も乗ってくることはありません。女性が求めているのは、さまざまな話を聞いてくれたり、相談に乗ってくれたりする彼氏です。そこのところ、よ〜く覚えておきましょう。

積極的に女性に話しかけない

もったいぶってなのか、女性と話し慣れていないせいか、女性に話しかけることが極端に少ない人もいます。話しかけなければ、女性との距離は縮みません。その人の趣味や好きな食べ物など、情報も乏しいので、余計に話すことができません。負のスパイラル状況です。話をしなくても目と目が合って恋に落ちるなんてことは、イマドキな恋愛小説でも描かれませんよ。彼女を作りたければ、まず女性に話しかけてみることです。会話をすることでしか、出会いは深まりません。これテッパンです。

余裕がない

「余裕がない男性」とは、どんな人でしょう。お金に余裕がない、時間に余裕がない……。それとも、態度に余裕がない男性のことでしょうか。実はこれら全てが当てはまりますが、ここで問題にしたいのは態度です。多くの女性は、男性と過ごすことで気持ちの充足感を求めています。一緒にいても余裕のない態度でいられたら、「この人、早く切り上げたいのかしら」と思ってしまうことでしょう。それでは一緒にいても楽しくありません。気持ちも落ち着かないでしょう。多くの女性は余裕のない男性は「ゴメンだよ」と考えています。

器が小さい

「余裕がない」とも共通する特徴です。例外はありますが、女性が男性に求めるものの中には「物事に動じない」「ゆったりとしている」などの要素が少なからずあります。例えば、何か心配ごとを持ちかけたときに「大丈夫だよ、一緒に考えようよ」などと悩みを受け止めてくれるような男性が理想です。年下の頼りない男性に惹かれる女性もいますが、たいていは安心感を感じさせてくれる男性が好き。ちょっとしたことで「どうしよう、どうしよう」などと落ち着かない態度を見せられたら、どうでしょうか。ちょっと「いいな」と思った人でも興ざめです。ですが、器を大きく見せようとしてお金を散財したり、大きな態度をとる必要はありません。ケチケチした態度はもちろんNGですが、傲慢にも感じさせるので、バランスを考えて行動してください。

自分に自信がない

人間は子どもの頃に褒められた経験を持たないと、自己評価は下がり気味になるといいます。そうした自己否定感の強い、自分に自信をもてない人は、一緒にいたとしても楽しくありません。どこか卑屈な部分を持っているので、何に対しても否定的な態度をとることも多いのです。そうした男性は、やはり魅力を感じられないもの。かなり親しくなった頃なら、彼女が気持ちの支えになってくれることもあるでしょう。ですが、つきあう前から自信がなさそうな人は、やっぱり「つまらなそう」と距離をとられてしまうのです。反対に、子どもの頃に肯定的に育てられた人なら、ゆったりとした態度で気持ちにも安定感があります。女性にとって、つきあいやすいのはどちらか、もうおわかりですね。女性とつきあったことが少ない男性は、余計に余裕ある態度をとることは難しいかもしれません。でも自分のよいところを見つけて、そこを明るくアピールできるようになればよいのです。また、多少の失敗はあっても、2人で笑え合えるような関係を築いていくように考えれば、気が楽になるでしょう。

話が面白くない、女性の前で上手にしゃべれない

女の子と会って場を盛り上げようとしても、相手が話に乗ってこないということがあります。そんなときは、話題の内容自体に問題があるのです。自分の興味がある内容でも相手がそれを望まないなら、ふさわしい話題とはいえませんね。会話とは、自分で話すだけでなくお互いに言葉をキャッチボールして盛り上がることです。独りよがりな話題では、興ざめするばかり。また、自意識が強くて「面白い話をしなくては」という気持ちにとらわれているため、女性を前にすると不自然な話し方になっているということも考えられます。

忙しいことを言い訳にする

彼女を作りたいのに、なかなかできないことを「俺、忙しいから」などと言っていませんか。それは周囲に対する言い訳とともに、自分自身に向かっての言い訳なのかもしれません。そうだとしたら、即、やめた方がよいでしょう。そんなことで自分自身を納得させているのなら、進歩はありません。恋愛できる機会を逃し、自分自身が素敵に成長するきっかけを放棄しているということを自覚しましょう。また本当に時間がないとしたら、毎日の時間の使い方を見直してみませんか。恋愛だけでなく、つまらないことで時間を費やしている毎日なら、とてももったいないからです。

ずっと敬語で話す

敬語で話していた間柄から、気取らずにカジュアルな言葉で会話するきっかけをつかむのは、意外に難しいことかもしれません。ですが言葉は、互いの距離を表します。ある日突然、敬語からタメ口に変わったら相手も驚きますが、最初の一言を相手が自然に受け止めてくれたら、二人の距離も縮まったということです。反対にずっと敬語でいたら、相手は「この人は私とは一定の距離をとろうとしているのだな」と思うでしょう。これでは、恋愛に発展することはありませんよ。

彼女の作り方って?抑えたいポイント5つ

ここまでは彼女ができない要因を探ってきましたが、では彼女ができるようになるには、どうすればよいのでしょう。これまでのマイナス面を頭に入れて、5つのポイントを探ってみましょう。

彼女を作る方法①女性と出会う

彼女を作りたいなら、さまざまな女性と出会う機会をもたなければなりません。当たり前のことですが、その一歩を踏み出せないアナタ。でも、ここは頑張りどころです。どんなことでもそうですが、最初の一歩がもっとも大変。それでも場数を踏んでいけば、少しずつ慣れていくはずです。共通の趣味の集まりや、職場の飲み会、友達同士のグループの外出など、さまざまな機会をおおいに利用しましょう。たとえ、気になる人がその時にいなくても、女性と一緒に過ごすことを繰り返していくと、態度も自然になっていきます。出会いを繰り返しているうちに、意中の彼女に出会える可能性も高くなります。女友達からタイプの人を紹介してもらえることだって、なきにしもあらずですね。

彼女を作る方法②清潔感のある服装を心がける

彼女を作りたいなら、やはり外観に気をつけたいもの。「あの人いつもかっこいいよね」といわれるようなセンスのよさを感じさせるファッションを身につけられたら素敵ですね。ですが、とびきりハイセンスでなくても清潔な身なりというだけで、好感度はかなりアップするものです。普段着慣れた服装でも、こまめに洗濯をしましょう。シワシワのシャツや、ヨレヨレのジャージはご法度です。アイロンをかけるまでしなくても、洗濯物を干すときに形を整えるようにするだけで随分違います。また髪型やヒゲ、爪なども定期的にケアしておきましょう。清潔な男性となら、女性は自然に距離を縮めてくるものですよ。また最近のファッション傾向は、肩肘張らないスタンダードなさりげない服装が人気です。カジュアルななかに、自分らしいポイントをおいたファッションができれば理想的ですね。

彼女を作る方法③女性との会話に慣れる

あなたが話し下手だという自覚があるのなら、とにかく場数を重ねていきましょう。何を話したらよいのか分からないというようなときは、自分の話題はひとまず置いておくというのも一つの手です。相手が日頃どんなことをしているかを聞いて、そして相手の好みにあった話題を振ってみましょう。もしあなたが知らない内容なら、相手に教えてもらうぐらいでよいのです。話し上手になることは大切ですが、まずは聞き上手を目指しましょう。いろいろ質問することで、相手に「この人、私に興味があるのかな」と思わせることができたら、しめたもの。また、どうしても女性との会話が苦手というのなら、自然のなかで過ごすイベントや、ものづくりのワークショップ、ライブなど、体験型の集まりに参加してみてはどうでしょうか。一緒に何かをするなかで、自然と話がはずむはずです。とにかく女性との会話に慣れていくこと。それが一番、大切です。

彼女を作る方法④誠実さを持つ

彼女を作りたいのに成功しない人は、モテモテの男性をうらやましく感じているのかもしれませんね。でもモテモテ君でも誠実さが感じられない男性は、つきあいが長続きしないことが多いのです。遊びで次々と女性を取り替えることを楽しんでいたとしても、やがて虚しさを覚えるかもしれません。単にモテたいということではなく心を許しあえる彼女がほしいと考えるなら、女性に対してどれほど誠実でいられるかは重要なポイントです。男女のつきあいとは、ある意味、鏡を見るような関係です。自分が誠実であれば、相手もそれにきっと応えてくれます。自分がいいかげんなら、相手にもそうした態度は伝染するものです。あなたが女性に不慣れで多少ぎこちない態度をとっていたとしても、誠実な言動を心がけていれば、そこに気づいく女性はきっと現れるはずですよ。いったん好きになったら、男性の不器用な部分さえ魅力的に見えるということを覚えておいてください。

彼女を作る方法⑤強い精神力を持つ

誰かを好きになると、多かれ少なかれ感情の起伏が激しくなります。女の子と仲良くなっても、ちょっとした行き違いでムッとすることもあるでしょう。ですが、そんな時にも声を荒げたり、彼女を罵倒するなんてもってのほかです。「常に平常心で」とはいいませんが、気持ちが安定的な人にはそれなりの相手が現れるものです。また、恋愛中に気持ちが不安定な人は、自己評価が低いために不安感に襲われるという傾向があります。自分は嫌われてしまうのではと、強い不安をもつのです。しかしこうした気分の浮き沈みは、女性との仲を深めるにはマイナスです。自分自身で、不安を克服できる強い精神力をもち、人間的な成長を遂げることが大切です。一方、恋愛においては、ここぞという時に決断できる強さも必要です。局面を見極めて行動に移すには、ある程度の経験や成熟が欠かせません。強い精神力をもち人間的な魅力を増すことで、女性との良好なつきあい方ができるようになるでしょう。

彼女を作るには、結局、人間的な魅力を高めることが大切

いかがでしたか。彼女を作りたいのに、できない人。恋愛ベタを克服したいという男性も、勇気を出して挑戦してください。最初はうまくいかないかもしれません。それでも少しずつ行動することで、モテ気流のスパイラルに乗ることが可能です。また、彼女ができるようになるということは、まぎれもなく人間として成長するということです。他人を思いやる心をもち、さりげなく優しい気持ちを伝えられることなど。あなたの真摯な態度に、心を動かされる彼女がきっと現れるはずですよ。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー