63,335 view 恋活
かわいい彼女

彼女を作る方法を徹底解説!かわいい彼女が欲しい方必見!

  • Pairsをフォロー

世の中には彼女が欲しいと思ってもなかなかできない人と常にパートナーがそばにいる人とがいます。その違いは一体どこにあり、どのように改善していけば良いのでしょうか?出会いの方法から思いが通じ告白に至るまでの一連の流れを解説し、その中でよりパートナーを見つけやすくするコツをご紹介します。

彼女を作りたい…彼女ができない原因とは

彼女にしたい女性
パートナーを見つけて、自分も幸せな日々を過ごしたい…そう思って積極的に動いても、自分の気持ちだけでは必ずしもうまくいかないのが恋愛の難しいところ。「結局、顔が良いヤツがモテるんだ!」とやさぐれてしまう気持ちもわかりますが、世の中を見回してみると彼女がいるからといって必ずしもイケメンであるとは限りませんよね。見た目が良いということは確かに大きなアドバンテージになるでしょうが、幸せを掴むコツはどうやらそれだけではなさそうです。では一体、恋人ができる/できないの差はどこにあるのでしょうか。

モテない

世の中に星の数ほど女性はいてもパートナーになるのはそのうちのたった1人ですから、必ずしも不特定多数の人に振り向いてもらう必要はないでしょう。しかしそれでも分母が大きくなればそれだけ可能性も広がりますから、モテるに越したことはありませんよね。でも自分をどう変えればいいのか…そんな人のために「こんな男はモテない!」という条件をまとめてみました。

そもそも周りに女性がいない

いくらモテたい!と思っていろいろと努力を重ねても、周りに女性がいなければそれを実現することはできません。大学生まではクラスに部活にアルバイトに…と自然と大勢の人が集まるコミュニティに属することができますが、一度社会に出てしまうとなかなかそうはいかないですよね。新たなチャンスを作るためにも、自分から積極的に外の世界へ目を向ける必要があるのかもしれません。

服や髪型のセンスがない

人の印象を左右するのは顔だけではありません。髪型や着ている服、あるいはニオイなどから女性はその人の“雰囲気”を見ています。せっかく顔が整っていても、「垢抜けない」「ダサい」と思われてしまえば隣で並んで歩くのを嫌がられてしまうことも。モテる男は身だしなみにもきちんと気を配り、自ら「カッコいい男」を演出しているのでしょう。

ナルシスト

自分をカッコよく見せたいあまり、自慢話をしたり自分をひけらかしたりといったナルシスト男は女性から煙たがられてしまいます。日本人は古くから「調和」を尊ぶ国民性があり、強い自己表現をする人があまり好まれない傾向があるためかもしれません。自分に自信があるのは結構なことですが、それが加速して自己アピールが過ぎないようにしたいものです。

会話が盛り上がらない

せっかくチャンスを見つけて女性と2人きりになれても、そこで会話が弾まないとなかなか次のステップへと進むのは難しいでしょう。女性は男性と比べて話好きで、言葉を多く重ねる中で相手との距離を縮めていこうとします。意味のない会話のように思えても女性にとっては必要なコミュニケーションですので、しっかりと話を盛り上げることが重要です。

モテると勘違いしている

自意識過剰で自分はモテると勘違いしている男もなかなか恋のチャンスに恵まれません。ちょっと笑いかけただけなのに「俺のこと、好きかも…!?」などと思われてしまってはたまりませんので女性にとっては遠ざけたい存在です。周囲に女性がいなくてはなかなか恋愛への発展は難しいですから、自分でチャンスを遠ざけているということに気付くべきかもしれませんね。

女性と接した経験が少ない

また、あまり女性経験がない男性にとっては突然チャンスに恵まれても「何を話せば!?」などと動揺してしまうこともあるでしょう。会話をしていてもメールをしていてもテンポが悪い、となると女性も「なんだかいつもと違う!」と動揺してしまい、長続きは難しいかもしれません。

モテるけど彼女ができない

また、見た目も性格も良く女性からの人気もあるのになぜか彼女ができない、そんな人も中にはいるかもしれません。恋愛に興味がないわけではなさそうなのに、どうして…?と不思議に思うかもしれませんが、そこには納得の理由があるようです。

ハードルが高い

「イケメン、性格良し、高収入!」もしこんな人が目の前に現れ、自分のことを好きだと言ってくれてもスンナリと信じられる女性はそう多くないでしょう。例え相手の誠意が伝わっても「自分なんかでいいのだろうか」と不安に思ってしまう女性もいるかもしれません。いわば“高嶺の花”的存在であり、そんな人の彼女になることにハードルを感じてしまうのです。

トラウマがある

あるいはツラい過去があってなかなか次の恋愛を考えられない、そんな人もいるかもしれません。モテるということはそれだけ様々な女性に接する機会が多いということ。そして近付いてくる人すべてが必ずしも誠実な人であるとは限りませんから、トラウマになってしまうような経験をすることもあるかもしれません。「今は彼女を作りたくない…」そんな思いを抱えているイケメンも中にはいるのでしょう。

自信がない

優しいけれど彼女ができない、そんな“いい人止まり”に悩んでしまう男性も実は多いのではないでしょうか。意中の彼女といい感じだと思ったのに、いざ告白してみたら玉砕…そんなことが続けば自信もなくなってしまいますよね。そうなると肝心なときに自信が持ちきれず、「どうせ俺なんか…」となって一歩が踏み出せずにチャンスを逃してしまうこともあります。

彼女を作る方法

以上見てきたように、モテない、あるいは彼女ができないことには原因があり、しっかりと自分の現状を把握し努力を重ねていけば恋愛のチャンスは広がることでしょう。しかし今まで経験もなく自信もない人にとっては具体的にパートナーを得るためには何が必要なのか、なかなかわかりませんよね。そこでそのプロセスについてご紹介します。

そもそも彼女を作る流れって?

世の中には「話し方」「伝え方」「聞き方」などとコミュニケーションに関するハウツー本が多く出回っています。そのことからわかるようにコミュニケーションにはやり方や効果的な手順があり、それは対人コミュニケーションの一種である恋愛も例外ではありません。いざというときに動揺せず、男らしくドンと構えておくためにもその流れを押さえておきましょう。

女性と出会う

素敵なパートナーを見つけて幸せになりたい!…そう思っても、運命の人に巡り会わないことには幸せは訪れません。恋愛への第一のステップはまずは女性と「出会う」ところから始まります。新学期や新生活が始まるなら自然と新たな出会いもありますが、なかなかタイミングがないという人は自ら探してみてはいかがでしょうか。

仲良くなる

友人同士の関係でもそうですが、相手との距離を詰めるためにはいくつかのステップが必要です。段取りを無視して突然近付けば相手はぎょっとして一歩引いてしまうかもしれません。「あなたともっと親密になりたい」、そんなアピールをするためにもまずは仲を深め、徐々に相手に近付いていくほうがベターでしょう。

両想いになる

相手との距離を深め、更なる一歩を踏み出すには思いが通じ合うことが必須です。初めから互いに通じ合う、というまさに“運命的な出会い”をすることもあるかもしれませんが、そうでなくとも仲を深めていく中でそれまで気付かなかった魅力に気付くということも大いにあるでしょう。

どちらかが告白する

そしてどちらかが相手に想いを伝え、相手もそれを受け入れれば晴れて「彼氏彼女」の関係になります。例え相手と「通じ合っている」という実感があっても、自分の想いをぶつけるというのはなかなか勇気がいることですよね。しかし、自分のために一生懸命になるその姿にまた心打たれるという人もいるかもしれません。

女性と出会おう!

彼女を作る第一のステップとして、新たな出会いが必要だということは既に述べた通りです。新生活など新たなコミュニティに飛び込むときには自然と出会いも増えますが、そこに落ち着いてしまうとなかなか出会いは増えないもの。本当に自分に合ったパートナーを見つけるためには自ら探しに行くというのも1つの手段です。実際にどのような場面で新たな出会いがあるのかを見ていきましょう。

合コンに行く友達から紹介してもらう

頼りになるのは遠い親戚より近くの他人、友人に助けを求めるというのも1つの手段です。友達ならば自分の性格をわかってくれていますから、より相性の良い相手と出会える可能性も上がることでしょう。また互いに最初から“その気”で会うので、その後の流れもスムーズに行きそうです。

ナンパする

肉食系のアナタならば、思い切って街で「良い!」と思った女性に声をかけてみるというのも立派な出会いの1つです。自然な出会いというのはどうしても数滴に限界がありますから、そのリミットを広げるために自分で動いてみるというのも重要なポイントです。

同じコミュニティで出会う

学校や会社、部活など同じコミュニティ内にも様々な出会いが待っています。同じ空間にいるからといって全ての人と深い関わりを持っているわけではないですから、既に互いに顔を見知っている人でも仲良くなること新たな一面を知ったり意外な魅力に気付いたりという可能性はあります。自分の周囲の女性をもう一度見回してみてはいかがでしょうか。

インターネットで出会う

一昔前は「インターネットで出会い」というとなんだか怪しげな雰囲気があり敬遠してしまう人もいたかもしれませんが、SNSの普及もあり最近では当たり前のツールとして受け入れられるようになっています。例えばFacebookを使ったマッチングサービス「pairs」なども健全な出会いを提供しているサービスの1つです。ステップを踏んでいく中で互いの情報を交換し合うので匿名性が高く、周囲の人にバレることなく安心して出会いを探せますね。

女性と仲良くなろう!

様々な方法で素敵な出会いを見つけたら、その次に進むためにはその女性との仲を深めなければなりません。人それぞれやり方はあるでしょうが、出会い方によっても効果的な距離の詰め方は変わってきます。手順を飛ばしてしまうと相手が驚いてしまうこともあるでしょうから、段取りを確認しておきましょう。

合コン編

合コンの場合、会が盛り上がれば自然と参加者全員で連絡先を交換する流れになることが多いです。最近ではLINEのグループ機能もあり、意中の女性の連絡先をゲットするのはさほど難しいことではないでしょう。まずは社交辞令的な挨拶メッセージを送るところから繋がりを持ち、何気ない言葉の端々から「あなたに興味を持っていますよ」ということを自然にアピールしていきましょう。

友達から紹介編

友達に紹介してもらった場合にはその友達に協力を仰ぐのも方法の1つです。さりげなく探りを入れてもらい、好感触なら自分で連絡を入れてみる…など、友達に間に入ってもらうことで次のステップへ進むための心の準備がしやすくなります。あるいは互いに「お試し期間」を設けるため、最初の何回かは友人を含んだグループで交流を深めていっても良いかもしれません。

ナンパ編

ナンパの場合は互いに「良い!」と思って繋がりを持ち始めることが多いですから、どんどん積極的にアプローチしても問題ないのではないでしょうか。一緒に出かけたり、食事をしたりする中で相手のことを知っていくいわば「OJT」のようなやり方で距離を縮めていくのもナンパならではの楽しみと言えるでしょう。

同じコミュニティ編

同じコミュニティ内に属している人の場合、仲良くなること自体はさほど難しいことではないでしょう。飲み会などのイベント時にさりげなく近くにいって会話をするなど方法はいくらでもあります。しかしそこから一歩踏み込んで、“2人きり”という状況を作るのはなかなか骨が折れるかもしれません。そういった状況を作りたいのなら相手の趣味や好みをリサーチし、それに合わせた話題提供などを重ねることでチャンスが作れるかもしれません。

インターネット編

インターネットの場合、相手の顔が見えない状態でコミュニケーションをとっていかなければなりませんから、他の方法に比べ一層誠実であることが求められるでしょう。いざ会ってみて「こんなはずじゃなかった」と思われないためにも、見栄を張らずにありのままの自分で接することがポイントです。そしてメッセージをやりとりしていく中で、自然と「会いたい」と思うようなったときに実行に移せば良いのではないでしょうか。

両想いになるポイント

しかし仲が深まっても、当然ながら相手に特別な感情を抱いてもらえない限りただの友人止まりです。自分が一方的に思いを募らせるだけではカップルにはなれませんから、相手に興味を持ってもらうためにできる限りのことをしておきたいものです。

「ザイアンスの法則」を活用!

心理学を学んだことのある人なら一度は聞いたことがあるであろう、「ザイアンスの法則」。接する回数が多ければ多いほど、その人に対し好意度や印象が高まるという法則で「単純接触効果」とも呼ばれ営業のハウツー本などでよく取り上げられます。恋愛においてもザイアンスの法則は有効で、やはりよく知らない相手と知っている相手ならば後者の方が好意を持つ確率は高いでしょうから、とにかく相手と接触して自分を知ってもらう機会を作ることは重要です。

相手の好みを知ろう

ザイアンスの法則を実践し、相手との触れ合いを増やすためにはその人の好みや共通点を知ることがポイントです。共通の趣味があれば自然と話が盛り上がりますし、そうなれば次に話をするきっかけを作ることも容易です。また例え自分が知らないことでも、「それ何?」と興味を示すことで会話の糸口を掴むこともできます。なかなか相手と話す機会がない!という人はそういうところから接触のチャンスを作ってみてはいかがでしょうか。

さりげない気遣いを

だんだん距離が近くなり、自然とLINEやメールでやりとりすることが増えるでしょう。文面からも人の印象は変わりますから、大事なプレゼンの前日には「頑張ってね」、何かミスをしていて落ち込んでいるようなら「大丈夫?」と気遣いを見せることで、「自分を気にかけてくれているのだ」と気付かせることができます。口にするのはなかなか恥ずかしくても、文章ならサラっと言えることもあるでしょう。

告白しよう!

そして想いが通じ合ったら、いざ告白!となりますが、やはり自分の気持ちを相手にぶつけるというのは少なからず緊張するもの。しかしこれから彼女になる(かもしれない)人ですから、緊張しつつもバッチリ決めて良い印象を与えたいものですよね。告白の際ハズせないポイントを押さえ、いつか来る“その時”に備えておきましょう。

告白で注意するポイント

告白とは自分の想いを伝える行為です。その想いをすべてぶつけたいという気持ちがわかりますが、ついだらだらと話してしまったり、あるいは恥ずかしくて言葉を濁してしまったりすると肝心な「好きだ」という気持ちが輪郭を失い相手にしっかりと伝わりきらないというリスクがあります。「結局何が言いたいの?」と女性をイラつかせてしまうこともあるかもしれませんので、回りくどい言い方はせずシンプルにバシっと伝えるべきでしょう。募る想いはそのあと時間をかけて伝えていけば良いのですから、まずは自分の気持ちを直に表現してみてはいかがでしょうか。

告白を成功させるポイント

相手を喜ばせたい、あるいは「他の男とは違うのだ」というところを見せるために奇をてらった告白をしたいという人もいるかもしれませんが、これは男性本位の告白であって必ずしも全ての女性が喜ぶとは限りません。プラスになるかマイナスになるか、一か八かの賭けをするくらいならシンプルにノーマルな方法で想いを伝えた方がベターかもしれません。

実際に成功した告白例

自分の想いを伝える、一見シンプルなこの「告白」という行為ですが、その方法やシチュエーションによって相手に与える印象は変わり結果を左右することもあります。しかし逆に言えばそれらをコントロールすることで成功の確率を上げることもできるということです。例えば相手の女性がパートナーを欲していると思われるときに積極的に動く、というのもテクニックの1つです。例えば女性の周囲で既婚者や彼氏持ちが増えたというようなタイミングなら自然と女性は恋愛に対する意識が向いているため、成功の確率を上げることに繋がります。あるいはクリスマスやバレンタインなどのイベント前を狙ってみるのも良いでしょう。

恋愛の方法は1つじゃない!

かわいい彼女
以上見てきたように、恋愛もまた人と人とのコミュニケーションの一種であり、うまくコントロールしていくにはいくつかのポイントがあります。出会い方や距離の詰め方などその方法は様々で、どれが正解というものではなく人によって合う・合わないはあるでしょう。しかし方法が1つではないということは裏を返せば現状がうまくいっていなくても改善の余地があるということ。なかなかパートナーを見つけられないという人は自分のコミュニケーションの方法を少し見直してみる、というのも重要なポイントかもしれません。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー