28,499 view 結婚

彼氏と結婚したい♡ 結婚のための行動とNG行動って?

  • Pairsをフォロー

「彼氏と結婚したい!」。素敵な男性と付き合っているのなら、必ずそう思うときがくるでしょう。せっかく付き合っているのですから、次のステップへと進みたいのは当然ですよね。でも、こちらが一方的に彼氏と結婚したいと思っていても、彼氏も彼女と結婚したいと思ってくれていないと結婚はできません。

この記事では、彼氏と結婚したい彼女がとるべき行動と、NG行動をご紹介します。

彼氏と結婚したい♡

彼女が冷たい

結婚適齢期を迎え、周囲も結婚し始めたころになれば、いよいよ彼氏との結婚を考えるようになるでしょう。大好きな彼氏ならずっと一緒にいたいですものね。結婚はふたりがずっと一緒にいることを誓う大切な契約みたいなもの。愛の証ともいえる結婚は女性の憧れですよね♡

彼氏と結婚するには?

彼氏と結婚するためには、彼氏にとって「結婚したいと思える女性」にならなければいけません。彼氏が自ら結婚したいと思える女性になれれば、こちらが何もしなくても彼氏からプロポーズしてくれるはずです。彼氏がプロポーズしたくなるような彼女になるにはどうすればいいの?

コミュニケーション能力を鍛える

彼女 結婚

彼氏と円滑なコミュニケーションがとれたとしても、彼氏の周囲の人とコミュニケーションがとれなければちょっと残念な女性になってしまいます。結婚するとなれば、彼氏のご両親はもちろん、彼氏の会社関係の人、彼氏の友人、その他多くの方と接する機会がでてきます。そんなとき、あなたがきちんと挨拶をしてコミュニケーション能力の高さをみせれば、彼氏から「素敵な彼女だなぁ」と思ってもらえますよ。コミュニケーション能力に自信がない人は、コミュニケーション能力が高い人と行動したり、コミュニケーションについて学べるセミナーに行ったりして鍛えてみましょう。

家事や料理を頑張る

結婚するうえで必要なスキルは家事や料理の能力です。これらがまったくないと、共同生活をするのは困難。逆にこれらをテキパキこなせるようになれば、一気に「結婚したい女性」の対象になれますよ。家事や料理が苦手な人は、ぜひできるように頑張ってみましょう。コツはハウツー本や参考になる資料の通りにやること。家事や料理に慣れていない人が下手にアレンジしたり自己流にしたりすると、正しいやり方が身につきません。気をつけてくださいね。

子どもの話題をふる

baby-1151351_640

残念ながら、女性には出産の期限があります。最近は高齢出産も珍しくなくなってきてはいますが、それでも年令を重ねれば重ねるほど出産のリスクは上がってくるでしょう。また、出産は女性だけの問題ではなく、男性も子作りの面で機能が衰えるという話もあります。早く結婚したいなら、彼氏に子どもの話題を振ってみましょう。「いつか欲しいなぁ」と言うようでしたら、その「いつか」はいつなのかと、年齢による具体的な出産のリスクを話せばいいですね。本気で子どもが欲しいなら早めの結婚をまじめに考えてくれるはずです。

真剣な交際か確認する

こちらは結婚する気満々だったのに、彼氏はそうでもなかった……となれば大変です。私たちは将来を考えた真剣な付き合いなのか、それともただ付き合っているだけなのか、ハッキリ確認しておきましょう。確認することで彼氏の結婚への意識も強くなっていくと思います。「そうだな、そろそろ結婚しようか」とか「今まであいまいにしていたけれど、ちゃんとしなきゃね」とか、彼氏なりに結論を出してくれるかもしれません。問いつめないように、だけどまじめに話してみてください。

周囲が既婚者ばかりだと匂す

sunset-1081739_640

ある程度の年齢になれば周囲の友達が既婚者ばかりという人も増えるでしょう。特に女性は男性より結婚適齢期が早いため、彼氏より自分のほうが既婚者の友達が多くなることもよくあります。彼氏の周囲が独身者ばかりだと、無意識に「結婚はまだ先のこと」と考えがちになるでしょう。「意外とそうでもないのよ、私の周囲は既婚者ばかりよ」と匂わせれば、現実に気づいてくれると思います。もしも彼氏に既婚者の友達がいるなら、その友達の名前を出すのもいいですね。

それなりの収入・貯金があると匂わす

結婚したくてもできない理由のひとつに、経済的な理由があげられます。結婚すれば一緒に住むぶん、家賃や生活費の負担は一人暮らしよりも楽かもしれません。しかし、子どもを作るとなれば多大なお金が必要となっていきます。特に男性は「家庭を支えなきゃ」と、女性よりも経済的な面を真剣に考えるはず。そんな彼氏を安心させるためにも、あなたにそれなりの収入・貯金があると匂わせてください。それを目当てにされるのは困りますが、少なくとも「きちんとお金の管理ができる女性」という印象は与えられるでしょう。

周囲を味方につける

いい女

周囲を味方につければ、周囲から彼氏にあなたとの結婚を勧めてもらったり、あなたの良さを吹聴してもらったりと、たくさんのメリットを得られます。つまり外堀を埋める作戦ですね。味方は多いほうがいいので、周囲の人間とは仲良くしておき、それとなく「そろそろ彼氏と結婚したいんだよね」と話していきましょう。きっと「協力するよ!」と名乗りでてくれる人がいるはずです。

結婚のメリットを話す

「結婚すると自分の時間がなくなる」「お金を好きに使えない」と、結婚のデメリット話は嫌というほど出回っています。もしも彼氏が結婚のデメリットに気を取られているのなら、こちらは結婚のメリットについて話してみましょう。一緒に住めば経済的に楽だとか、既婚者は社会的に信頼されるので出世しやすいとか。お小遣い制ではなく一定の生活費を納めれば、あとの給料は好きに使っていいというルールもいいですね。彼氏が考えるデメリットに対応したメリットを掲示してみてください。

二人の未来の話をしてみる

bridge-1038830_1280

「もしも私たちが結婚したら……」という、二人の未来の話をするのもいいですよ。未来を想像することで「そんな未来も素敵だなぁ」と思わせることができます。もしも彼氏がそう思ってくれたのならしめたもの。「こんな未来に二人でしたいね!」などと言って、結婚の方向へ話を進めていきましょう。彼氏としても憧れの未来に向かう話なので、抵抗せずに話を進めてくれると思います。

自分からプロポーズする

「プロポーズは男性から」という時代は過ぎました。今は女性からのプロポーズも増えています。結婚したいと思ったら、自分からプロポーズするのも手です。彼氏によっては、彼女からのプロポーズに感激する男性もいますよ。かなりの勇気がいるかもしれませんが、おすすめの方法です。ただし、彼氏が「控えめな女性」を好きならプロポーズは要注意。するとしても、とても控えめに「結婚したいな……」くらいの感じでいきましょう。

精神的に自立する

年下彼氏 結婚

結婚すればお互いに支え合って生きていくことになります。決して相手に甘えていくことではありませんよね。彼氏に甘えるのはいいですが、自分が甘えられても大丈夫なように、精神的な自立も大切です。精神的な自立ができているからこそ、彼氏は「彼女と一緒にいても大丈夫、お互いに支えられる」と確信できます。「ずっと甘えたいから結婚したい!」ではなく「彼氏を支えたい、支え合いたいから結婚したい!」という心構えでいましょう。

彼氏に寄り添う

彼氏が落ち込んでいたときは、彼氏に寄り添うようにしましょう。励ますのもいいですし、かける言葉がないのならそっとそばにいるだけでも構いません。弱っている彼からすれば、彼女がそばにいてくれるだけで心強さを感じられます。また、彼氏が悩み事を話しだしたらまじめに聞いてあげましょう。あなたが彼氏に寄り添うことで「彼女は俺にとって必要な人間だ」と思ってもらえます。

彼氏の悪い部分も認める

婚活 30代男性

結婚はいいことばかりではありませんよね。彼氏とずっと一緒にいるぶん、彼氏の悪い部分も目についてくるでしょう。ここで大切なのは、彼氏の悪い部分も認めることです。「悪いことは悪い」と何でも否定していると、彼氏は嫌な気持ちになるはず。誰にでも悪い部分はあるのです。それを大きな心で認めてあげれば、彼氏は「この女性ならどんな俺も受け入れてくれる!」と思い、そう確信したあとは「結婚したい」と彼氏が言う可能性がグッと上がりますよ。

交際してどれくらい経つか話す

まだ交際して間もないのならともかく、1年以上付き合っているのなら、そろそろ結婚を意識してもいいでしょう。もしも3年を超えているなら結婚していてもおかしくありません。それとなく「私たち、付き合ってもう◯年だね」と話してみましょう。どれくらいの期間付き合っているかだなんて、普段はあまり意識が向きません。一度交際期間について意識を向けさせれば「もうそんなに……結婚も考えなきゃな」と考えてくれるかもしれません。

彼氏が大好きだと伝える

i-1329349_640 (1)

愛情表現はとても大切です。彼女が自分を大好きだと実感しなければ、彼氏も彼女のことをあまり意識しなくなるかもしれません。彼氏に「大好き♡」と伝えれば、彼氏としても悪い気はしないでしょう。「こんなに俺のことを好きなんだ! それなら結婚したいな」と考え始めるきっかけになりますよ。長く付き合っていると愛情表現を忘れがちなので、一度彼氏への愛情表現を考えて直してみてください。

結婚を避けるNG行動

どれだけ結婚したいと思っていても、彼氏が嫌がる行動をすれば結婚を避けてしまうことに……。結婚をしたいのなら、絶対にやってはいけないNG行動があるはずです。結婚を避けるNG行動って、なにがあるかな?

結婚の話ばかり持ち出す

woman-1246224_640

結婚したいからと言って、いつもいつも結婚の話を持ちだされたら、彼氏はうんざりした気持ちになります。「結婚」というワードがでただけで嫌気がさすでしょう。結婚に意識を向けさせるのは大切ですが、アピールしすぎは逆効果。また、運が悪いと「結婚というものをしたいだけで、誰でもいいんじゃないの?」と余計な疑いもかけられてしまいます。

強引に結婚に関するものを見せる

結婚を意識させたいからと言って、結婚に関するものを強引に見せることもNG。例えば彼氏や自分の家にゼクシィを置くとか、デートの待ち合わせ場所をパーティードレスの置いてあるお店にするとか。ブライダルフェアに連れていくのもNGですね。たまたま目についたのなら別ですが、こちらから強引に見せていっては「勘弁してくれ!」と悲鳴を上げたくなるでしょう。

彼が忙しいときに結婚を迫る

婚活を成功させたい男性の手元

忙しいときは他のことを考えていられません。特に結婚は結婚式の準備や各種手続き、ご両親への挨拶など用事がたくさん。忙しいときにそれだけのことはやっていられません。最悪の場合「俺の忙しさわかってる? 今言うなんて無神経だろ」と、破局の危機に陥るかも……。忙しいときは結婚を迫らず、落ち着いたころを見計らいましょう。それなら彼氏も結婚を考えてくれるはずです。

彼氏の結婚したいサインを見逃す

結婚はあなただけが考えているわけではないときもありますよね。彼氏がすでに結婚を考えている可能性もあります。しかし、あなたが結婚を考えてる彼氏の行動を見過ごせば、彼氏は「結婚したいサインに気づいてくれない……もういいや!」と、結婚する気が失せてしまうかも。彼氏のサインを逃すと彼氏の結婚への意欲が急降下するため、いつでも気づけるよう気にしておきたいですね。

結婚の悪い面を見せる

結婚 めんどくさい

結婚するためには、結婚が良いものだと思わせなければいけません。そのため、結婚の悪い面はできるだけ見せないようにしましょう。もしも結婚の悪い面をみてしまったら「やっぱり結婚なんてするもんじゃないな」と思われてしまいます。仲の悪い夫婦には合わせないとか、過度に現実的な話は避けるとか、いろいろ工夫してくださいね。結婚のデメリットを見せるのも大切ですが、それは揺らぎない結婚の意思が決まってからにしてください。

結婚はタイミングも大切♡

彼女が冷たい

結婚のタイミングを逃すと「まぁ、またいつか……」と、ずるずる先延ばしになることがよくあります。結婚はタイミングも大切。あれこれと結婚してもらうための努力をすることは大切ですが、結婚できそうなタイミングがあればすかさずそのタイミングを掴んでくださいね。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー