10,214 view 恋活

30代独身女性の特徴とは?

  • Pairsをフォロー

いまや30代の独身女性は全体の三分の一にも上る。こうした女性はキャリアも積んで自立していることが多く、婚活するにしても仕事が忙しかったり男性を見る目が厳しかったりするため、なかなか恋愛までに行くのが難しい。ここでは30代独身女性がうまく恋愛するためのコツや、婚活のポイントなどについて詳しく紹介します。

30代独身女性の特徴とは?

ls4_qixfbeq-i-m-priscilla

いまや30代女性の3人に1人が独身という時代。女性の社会進出が進んでいる中、気にせずこのまま独身でもよさそうにも見えるが、実際は多くの女性が「いつかは結婚したい」と願っているのである。しかし同年代の男性は20代の女性を好む傾向があり、自分の方を振り向いてもらえないと言ったミスマッチも生じている。

仕事にやりがいを感じている

30代独身女性の多くは何かしら仕事をしており、キャリアも積んでちょうど仕事が楽しくなってきた頃だ。入社して間もない20代の頃は仕事を覚えるのが精いっぱいであり、仕事の面白さを感じる余裕もない。しかし社会経験を積んで10年程度経つと経験も豊富になり、周りからも頼られたり期待されたりすることが多い。新たな後輩も入ってくるため人材を育てなくてはならないし、後輩に頼られることでさらに仕事に貢献しようという意識も高まるのである。また昔と違い「女性は結婚して退職するもの」という考えはあまり浸透しなくなった。独身女性に対し「お局様」などと言うのはセクハラにあたり、女性も働き続けられる環境が整いつつある。こうした背景から30代になっても仕事を続けている女性は多く、やりがいを感じながら働くことができる。

収入面が安定している

女性が仕事を続けられる背景の1つに、女性のキャリアアップがある。一昔前までは男性が役職につくことが一般的であったが、最近では実績のある仕事をする女性は仕事でも認められ、役職に就くことができる人も多い。そのため30代独身女性特徴としては「収入面が安定している」人が多いことだ。もちろん職業などによって違いはあるが、中には男性社員よりもはるかに収入の良い30代独身女性も少なくはない。

将来に不安を抱えている

しかし仕事のやりがいや安定した収入があったとしても、自分の将来に不安を抱えている30代独身女性は多い。30代前半はさほど20代の頃と比べても体力が落ちることはないが、30代後半独身女性になると、20代の頃に比べて体力は衰える。これまでのようにこなしてきた仕事の量をキープするのも難しいし、残業をする体力も落ちる。しかも子供を持ちたい場合は30代後半独身女性にとってはそろそろタイムリミットとなる。このまま仕事を続けて行って良いのか、多くの30代独身女性が悩んでいるのである。

自分の時間を楽しむ趣味を持っている

その一方で、30代独身女性の多くは自分の時間を大切にし、人生を楽しめるような趣味を持っている。昔は男性しか行かないイメージのあった「登山」や「キャンプ」などのアウトドアに至っても、最近では山ガールという言葉があるように多くの女性が楽しんでいる。収入が増えた分自分の趣味に投資できる余裕も増え、いまや男性の手を借りずとも女性同士で趣味を楽しむことが増えているのだ。

自立している

首都圏の30~40代独身女性で、一人暮らしをしている人の割合はおよそ50%。独身女性の半数の方が自立した生活を送っている。逆に残り50%は実家で同居していることになるが、最近では男性でも実家暮らしという方は珍しくない。実家暮らしでは洗濯掃除、食事などの世話を親にやってもらっていることも多く、自立した女性から見ると子供っぽい印象がある。一方自立した女性は仕事をしながら生活費を稼ぎ、身の回りのことは何でも一人でこなすことができる。つまり一人で生き抜く力を持っていると言える。

30代の独身女性の婚活事情とは?

仕事も充実し、安定した収入や生きがいの趣味もある30代独身女性。しかし多くの女性がこのままの生き方に疑問を持ち、いつかは結婚したいと考えている。ではそんな30代独身女性恋愛事情はどうなっているのか。いまや3人に1人が独身という30代の女性、その背景にはなかなか思うようにいかない恋愛事情が隠されていた。

30代独身女性が抱える恋愛の悩み

20代の頃に比べると30代は、肌のツヤが衰え、全体的に年齢を重ねているのは否めない。それを見透かしたかのように、男性は20代の女性へ行ってしまう。しかもある程度の人生経験を積んだ30代独身女性は、恋愛においても若い頃とくらべて慎重になり、なかなか踏み出せない実態がある。

理想が高くなる

社会経験を積んだ30代独身女性は、職業や外見で人を判断するようにもなる。例えば20代の頃好きになった人はフリーターだが背が高くてカッコいい男性だった。しかし30代になると、フリーターの仕事は福利厚生がなくて将来的に安定しないし、背が高くてカッコいい人は浮気をするのでは、と心配になる。できれば年収は500万円以上あって、ある程度の役職を持ち、家を継がなくて済む次男が良いなど、知恵と経験がある分男性選びが慎重になり、理想が高くなってしまうのだ。

出会いがない

30代後半独身女性になると、周りの友人も結婚をして家庭を持つようになる。若い頃に比べて誰かを紹介してもらう機会も減り、自らお見合いなどに行かないとなかなか出会いがない。しかし30代独身女性の特徴として、お見合いや婚活に抵抗が多いことが挙げられる。そんなものに頼らなくても、いつかは素敵な出会いが訪れる。そう信じてどんどん年齢を重ねてしまうのが30代独身女性である。

好きになった人は既婚者

30代独身女性は男性との出会いが少なく、職場以外の男性と知り合う機会も減る。すると結局職場で優しい声を掛けてくれる男性を好きになってしまうことが多い。相手が既婚者という場合も多く、不倫関係になってしまう女性も少なくない。また独身男性よりも既婚者の方が大人で包容力もあるイメージがあり、気になる男性はいつも既婚者ということもある。 ・忘れられない恋人がいる 過去の恋愛を引きずるのは男性の方が多いと言われているが、女性も例外ではない。事情があって別れてしまった恋人を今でも思い、新たな出会いがあっても以前の恋人と比べてしまい、なかなか前に進めない女性もいる。特に若い頃知り合った男性の思い出というのは美化され、あれ以上の恋愛は一生出来ないと思い込んでしまうケースもある。

一生独身かもしれないと焦る

30代後半独身女性になると、友人が結婚したら「取り残された」という感覚になる人が多い。自暴自棄になり、どうせこのまま一生独身だと考えてしまう人もいる。焦って手当たり次第にお見合いの予約を入れたり、逆に出会いのチャンスがあっても「どうせ」と考えて行動しなかったり。将来に希望が持てず、人生に目標が持てなくなってしまうこともある。

30代独身女性におすすめの婚活方法

自分が恋愛相手に望む条件は増えるのに、逆に男性からはやや敬遠されつつある30代。このまま自然な出会いを待っていても、どんどん年齢を重ねるだけかもしれない。結婚を望むのなら、30代独身女性は自ら動き出すことが大切だ。

結婚相談所

結婚相手を探してくれる結婚相談所は、30代女性には特におススメしたいものである。恋愛相手に求める条件が多い場合も、結婚相談所なら一目でプロフィールが分かり、自分の条件とマッチするかが分かる。相手の男性も真剣に交際相手を探しているので、お互いの気が合えばすぐに交際に発展することもできる。また結婚を求めている男性は子供が欲しいケースも多く、40代よりも30代の女性に好感を持つことが多いだろう。

お見合い

昔からあるお見合いは、多くの場合プロが中間に立って男女を引き合わせてくれるものである。この女性にはこの男性が合うといった目利きもあり、自分が相手を選ぶよりもうまくいく可能性がある。また仲介人が恋愛に関するアドバイスをしてくれることも多く、友人では指摘できない厳しいアドバイスを受けることもある。

婚活パーティー

婚活パーティーは都内を中心に行われることが多く、大人数の独身男女が集う会である。立食形式が多いが、最近では料理やキャンプなど趣味を介した婚活パーティーも多い。女性は格安の料金で参加できることも多く、一度の参加で多くの男性と知り合うことができる。一対一の緊張したお見合いとは違い、多くの人達と関わりながらおしゃべりができるので、気軽に参加できるのが魅力だ。

婚活アプリ

他人に婚活をしているのがバレたくない、そんな人におススメなのが婚活アプリだ。これは自分のプロフィールを入力し、登録している相手のプロフィールで気に入った人がいれば連絡が取れるシステムだ。はじめはメールやチャットで連絡を取り合い、うまくいけば実際に会うこともできる。しかし中には結婚ではなくその場限りの出会いを求めて登録する人もいる。始める前はサイトを比較し、信用できるアプリを見つけることが大切である。

街コン

商店街などを活性化させる目的で、地元でお見合いパーティーをしようと始まったのが街コンだ。通常の婚活パーティーとは違い、地元など行き慣れた場所で開催されるので参加する方も安心感がある。また参加者も地元の人が多いため、知り合った後会いやすいメリットもある。参加者に知り合いがいる懸念もあるが、自治体が主催していることが多く、提供される料理やお酒も美味しいのがメリットだ。

30代独身女性が婚活を成功させる秘訣

最近ではスマホ一台あれば婚活ができ、自分のやる気次第でたくさんの男性と知り合うことができる。しかしいくら多くの男性に会っても、成功するかどうかは自分の考え次第だろう。まずは理想を求めすぎず、自分はどのような相手と結婚したいのか見極めることが大切だ。

理想を追いすぎない

30代独身女性はいろいろと結婚に対し要求が出る時期でもある。結婚しても仕事は続けたい、でも子供もほしい。できれば今の生活ステータスを守りつつ自由時間もほしいなど。しかし結婚して一緒に暮らす人が出来るということは、今までの生活様式が一変することでもある。まずはその覚悟をし、結婚は自分の理想通りにはいかないという覚悟も必要だ。

運命の出会いを求めるのではなく、出会いの数を多くする

30代独身女性特徴で言えることは、「いつかは運命の人と巡り合える」と信じてなかなか自分から行動を起こさないことである。特に20代の頃に恋愛経験が豊富な人ほど、30代になっても同様に男性と出会う機会が多いと信じ、婚活をしない女性も多い。しかし年齢を重ねるは男性との出会いが少なくなることだと自覚し、積極的に婚活をして多くの出会いを経験したほうが結婚には近づけるのである。

男性を減点方式で見ない

「あの男性は仕事をしっかりしているけれど、お酒もたばこも吸う。しかも長男でいつかは実家に戻らなければならない。結婚相手としては相応しくない。」このように男性を見ていないだろうか?もし自分が同じように「あの女性はキレイだけど年齢も30過ぎだし家事はヘタそうだ」などと言われたら傷つくだろう。男性を見るときは相手の欠点ではなく、良いところに着目しよう。自分にとって100点満点の男性なんていないのだ。

不要なプライドは捨てる

「結婚はまだ?」と言われるとプライドが傷つく人もいるだろう。お見合いを勧められても「自分はそんなものしなくてもいつかは結婚できる」と思っていないだろうか。しかし時にはプライドを捨て、周りに助け求めることも大切だ。例えば「良い人がいないので募集中なの」と周りに言ってみる。すると「実は知り合いに良い男性がいるよ」と紹介に結びつくケースもある。プライドが高くて男性を紹介しにくい女性よりも、困っていると素直に話してくれる女性の方が周りもサポートしやすいのである。

結婚に求めるものを書き出す

そもそも自分はなぜ結婚したいのか。まずはその本質を見極めてみよう。子供が欲しいから、一人では寂しいから、将来誰か側にいてくれた方が心身ともに安心するから、理由は人それぞれである。紙に書きだしてみると、意外と自分はこのようなことを考えていたのだと発見することも多い。中には「みんながしているから結婚したい」というケースもある。そうした場合本当に婚活は必要なのか、改めて考え直すきっかけにもつながる。

優先順位を考え直す

婚活したい、けど仕事が忙しくてできない。そろそろ子供が欲しい、でも相手が見つからない。30代独身女性恋愛はなかなか思うようにいかないのが現実だ。しかしそう言っているうちにどんどん時間は過ぎていく。40代になればますます出会いは少なくなるし、子供を生める可能性も狭まってくる。まずは今自分が一番どうしたいのか、優先順位を考えることが大切だ。自分の人生を後悔しないためにも、例えば10年先はどうなっていたいのか、じっくり考えてみよう。譲れない目標を考え、それが現実するためにはどうするのか実行する。するとおのずとやるべきことの優先順位が決まってくる。

もう若くはない!?30代独身女性

結婚年齢が上がり、最近では40代で出産する人も珍しくない。そうした話を見聞きするたび「30代の自分はまだ大丈夫」と考える人も多いだろう。しかし実際に高齢出産した人の多くは「もう少し早く結婚しておけばよかった」と言う。40代で結婚や出産ができても、実際の生活は体力や精神力が衰え、キツイと感じることも多いのだ。今は「女子」という言葉を平気で30代も使う。しかし男性の目から見る女子は明らかに20代であり、30歳を過ぎた時点で男性からアプローチを受けることは減るものと自覚したほうが良い。仕事や趣味に忙しい30代だが、結婚をしたいという気持ちがあるのなら今すぐにでも自分から動く必要があるだろう。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー