1,292 view 婚活

婚活中の告白を成功させる秘訣とは?

  • Pairsをフォロー

婚活をしていくなかで、いよいよ理想の人と出会ったとき、そこから2人の関係をスタートさせるステップが告白だ。しかし具体的にどうすればいいのか、どうしたら受け入れてもらえるのか。告白を成功させるためのアプローチの方法を見ていく。

婚活中の告白について知っておくべきこと

StockSnap_V8YB1PH7W5

婚活中に理想の人、この人だと思う人と出会ってから告白をしようと思ったとき、意識しておかなければならないことがいくつかある。

婚活中の告白=結婚ではない

婚活パーティーなどに参加したり、個人的に婚活をしたりする中で、とうとう理想の人、この人だと思った人と出会ったとする。そこから告白をしようと思ったとき、忘れてはならないのは婚活中の告白=結婚ではない、ということだ。自分が結婚を意識して出会った相手でも、相手にとってはそうであるとは限らない。例え婚活パーティーなど結婚相手を見つけるための場で出会った相手でも、最初から相手に結婚への意識を求めすぎるのはよくない。結婚に至るまでには恋愛期間を踏まえるものであり、その中で見たり気づいたりして結婚を意識していくが普通である。もちろん結婚を意識して付き合うことを考えているわけだから、結婚する気もないのに付き合うなんて時間の無駄だ、と思うかもしれないが、逆に自分も付き合っていくうちに初めの印象から変わっていくこともある。恋愛期間を踏まえなければわからないことも多い。婚活中という立場であっても、告白はプロポーズとは違うわけだから焦る必要はないのである。

好きな気持ははっきり言わないと伝わらない

告白はかなり勇気のいることである。自分と相手との関係性に自信が持てないときは特にそうだ。それでも、結婚を意識するのであればなおさら、告白は必要である。デートを重ねたりしているうちに、なんとなく雰囲気で恋仲のようになっていくこともある。お互いの印象もよく、これはもう付き合っていると言えるのではないか、と感じることもあるかもしれない。そういったとき、本気で結婚を意識した相手であるならなおさら、なあなあの関係にしてはならない。この雰囲気を相手も感じているだろう、相手も同じ気持ちだろう、というのはやはり自分の考えであって、相手が本当にそう感じているとは限らない。また、自分に自信が持てず前に踏み出せないときに、相手が好きという気持ちをはっきり口にしてくれると安心するように、相手も気持ちをはっきりと伝えてもらったほうが安心するはずである。本当の気持ちは、やはり伝えなければ伝わらない。けじめをつけるためにも、思っていることや感じていることははっきりと伝えなければならない。

告白は場所・タイミングが大切

いざ告白をしようと決意してから、どう告白するかが一番の問題である。その際場所やタイミングは告白には重要である。あまりそういうのを図るのは得意ではない、好きではない、と思う人もいるかもしれないが、告白する場面を間違えてしまうと相手に本当の気持ちが伝わらない場合がある。そのため告白しようとするのであればある程度計画を立てるなりして備えることが必要である。告白する場所は意味を持った場所がいい。例えば二人の共通の話題に上った場所や、思い入れのある場所などは、相手に自分の告白が真剣であることが伝わる。他にも相手の性格に合わせてロマンチックな雰囲気の場所や、相手の好きなものがある環境や好きな場所などで告白をすると喜んでもらえる。もちろん相手の性格によっては何気ないときに告白されることを好む場合もあるが、喜んでもらえる告白をするなら少しサプライズがあったほうがいい。またタイミングは相手の気持ちが高ぶったときに告白するのが最も効果的である。計画してその通りに行く場合もあるが、その時の雰囲気や話の流れの中でタイミングが来ることもある。タイミングを外してしまうと相手に違和感を与えてしまったり、次のタイミングまでしばらく期間をあけなければならなかったりと、告白するタイミングを計るのは難しい。なので、そのタイミングを見極められればその時に、もしもなかなかそういった機会がない、またはわからない、という場合であれば計画を立てることがおすすめである。

婚活中の告白を成功させる秘訣

先ほど告白には場所やタイミングが重要だということを説明したが、具体的にはどうすればいいのか。 ☆出会ってから告白するまでの期間 一般的に出会ってから告白するまでの期間は2~3か月であることが多いが、それも人それぞれである。また出会い方によっても違う。もしも婚活パーティーなどで知り合った場合、お互いに相手を見つける目的で知り合っているわけだから、もう少し早くなる可能性もある。逆に例えば仕事関係などで知り合った場合、もう少し長い期間をおいて告白する場合もあるだろう。告白とはつまり好き、ということを伝える行為なわけだから、相手のどこが好きか、なぜ好きなのかがしっかりとわかっていることが重要になる。この人がいいと思ってからデートなどに誘って、だいたい3,4回ほど行くとお互いのことを知ることができる。しかしそのあとすぐに告白していいというわけではなく、相手との会話の雰囲気や距離感を見て告白するのがいい。少し壁を感じるようであればもう何回かデートを重ねたり、相手の中に踏み込むような会話をしたりして打ち解けることが重要である。相手がまだ自分のことを信用していないときに告白をしてしまうと、本気だと思ってもらえない場合がある。逆に早い段階で打ち解けてくれている場合は、3,4回目ぐらいのデートで告白する。早すぎると、真剣だと思ってもらえず、これ以上遅くなると相手が不安になり、見限ってしまう可能性もある。恋に落ちることは予期せぬことなので、時と場合によるが、自分の中で相手が好きな理由が何か見つけた時に告白するのがいいだろう。

告白のタイミング

では相手との距離感や雰囲気もいい感じになってきて、いざ告白するときにどのタイミングでするのがいいのか。ここからは少しテクニック的な部分を見ていく。

朝よりも夕方

朝よりも夕方に告白するほうが、実は成功率が高い。朝、人の心理状態はやる気があり活発で、冴えているが、夕方から夜になるにつれてだんだんと鈍っていき、センチメンタルになっていく。そういった少し精神が不安定のときに告白をされるとそれを受け入れやすくなるので、タイミングでいえば朝より夕方、のほうがおすすめ。 ・別れ際 最後の別れ際は、なんとなく離れがたい、帰るのが惜しい気持ちになる。そんな時に告白をすることで自分もそう思っていた、と相手が感じやすいので、告白するにはいいタイミングである。

ロマンチックなムードになった時

これは相手の気分が高ぶっているタイミングを狙っての告白だ。もちろんロマンチックなムードを演出して告白をする、という方法もある。嬉しいと感じるタイミングでの告白はそれを受け入れやすくなり、まるで自分が映画の中の登場人物のような気分になる。

告白する場所

告白するタイミングも大事だが、それを盛り上げるための場所も重要である。

夜景が綺麗な場所

夜景が綺麗な場所は、ロマンチックな雰囲気を演出してくれる。レストランやデートの帰り道、夜景が見える場所へのデートなど、いろいろな場所があるがどこも最適である。

公園

公園は街の喧騒から少し離れた空間で、いつもと違う雰囲気を演出できる。自然もある公園はリラックス効果があり、二人でゆっくりと歩きながら、話しながら告白のタイミングを計るにはぴったりの場所である。

車の中

車の中は二人だけの空間になるので、告白するのはかなり成功率が高い。ドライブデートなどは心を開いていないとなかなかできないので、デートを数回重ねてから誘うといい。

2人の思い出の場所

2人の共通の話題に上った場所や、初めて出会った場所、デートした場所など何か思い入れのある場所は2人にとって意味のある場所になるので、そこで告白されるということは、自分のことを真剣に考えてくれている、という思いが伝わる。2人ならではの告白になるので特別感が増す。

告白のセリフ

タイミング、場所をおさえたら、最後に最も重要なセリフ。いったいどんな言葉で告白するのがいいのか。だが結局のところシンプルで直接的な言葉のほうが女性からは好感がある。

結婚を前提にお付き合いをしてください

ある程度お互いに結婚を意識しているうえで、この直接的な告白は女性に響く。かなり本気であることがストレートに伝わるので、好感を持つ女性が多い。この告白は自分のことを、自分との将来を本気で考えてくれている、という安心感も与える告白になるので、プロポーズにも似た喜びを女性に与えることができる。

好きです。付き合ってください

こちらもシンプルで女性から人気のある告白の言葉だ。ストレートに伝えるほうが、正直な本当の気持ちが伝わり、女性からの好感が高い。またこれは比較的どの年齢、どんな関係性でも使える告白なので、もしもどんな告白をしたらいいかわからない場合は、ストレートにこの言葉で告白するのがいいだろう。

告白の成功率を高める!女性から好かれるポイント

今まで告白を成功させるためのポイントをいろいろ見てきたが、やはり最終的には人柄である。女性から好感を持ってもらえるようなポイントをいくつか挙げる。

自分の事を沢山知ってもらう

まずは、自分のことを多く知ってもらうことが必要である。仕事のこと、プライベートのこと、趣味、家族のことなど。自分のことを受け入れてくれる人かどうか、相手にできるだけ多くの情報を伝えて、判断してもらう。自分のことをたくさん話したうえで、自分に好感を持ってくれているか、自分も相手に好感を持てる人かどうか、話していく中で見極めていく。自分を偽って相手を探しても、いずれどこかで破綻してしまうので、できるだけ早い段階で自分のことを話しておくといいだろう。相手も将来の相手を見つけようと思うのなら多くのことを知りたいはずである。

女性への誠意を大切にする

女性へ尊敬を持ち、誠意をもって接することが大事である。人として当たり前のことだが、嘘をついたり誤魔化したり、女性に余計な不安を与えることは避ける。秘密にしておきたいことや話したくないことなど全部をさらけ出す必要はないが、それでも誠意をもって接すれば理解してもらえる。信頼を得ることは簡単なことではないので、普段から意識をし、特に婚活中はいろいろな女性と連絡をとったりするので、誠意を持って接することが大事である。

女性の話は興味を持って聞く

女性は話を聞いてもらうことで自分に興味を抱いてくれていると感じる。そのため自分の話だけをするのではなく、同じくらい女性の話も興味をもって聞くことが大切である。少し質問をしたりして多少踏み込んだ話をしてもいいだろう。とくに婚活関係の出会いなら早い段階で多くのことを聞いてもいい。

リアクションは多少オーバーなくらいが丁度いい

話をしたり聞いたりするときは多少オーバーなくらいのリアクションのほうが、相手が「自分といることを楽しんでくれている」と感じ、好印象を抱く。心の中では感じているが、普段はあまりリアクションを取らないという人も、最初のうちは表に出さないと伝わりづらい。静かに話したり聞いたりするよりも表情や相づちなどを少し大きめにリアクションする方がいいだろう。

連絡をめんどうくさがらない

やはり男性からすると連絡をまめにとるというのはなかなか難しい部分ではあるが、女性は連絡が来る分だけ自分に興味を持ってくれていると感じる。気になる人からの連絡はめんどうくさがらずにしっかり返信することが大事だ。もしもメッセージが来なくても、こちら側からすることが必要である。回数は相手の女性の性格にもよるが、1日1回は必ずするべきである。そうすると相手に自分を印象付けることもできる。

一人ひとりと真剣に向き合う

婚活中はいろいろな女性と出会うが、どの人とも真剣に向き合うことが大事だ。どの人も真剣に自分の将来を考え、相手を探している。その気持ちをないがしろにしてはいけないし、もしも話しているうち、デートを重ねているうちにこの人とは少し違うと感じても放置するのではなく、誠意をもって関係を変えていくことが必要である。

告白は関係をスタートさせるための最初の一歩

この人だと思える人と出会い、その人とのこれからを考えたとき、そのけじめとなるのが告白だ。その人がなぜ好きなのか、どこが好きなのかを踏まえ、しっかりと自分の気持ちを言葉にすれば、必ず気持ちは伝わる。誠意をもって、相手のことを考えた告白をしよう。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー