1 view 出会い
合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法

合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法

  • Pairsをフォロー

異性との出会いを求めているときに、参加する人も多いのが「合コン」ではないでしょうか。合コンで気になる異性を見つけ、何とかして連絡先を交換したいときに便利なのが、メッセージアプリです。ここでは、合コンで役立つメッセージアプリの活用法を紹介します。

合コンのメッセージアプリ活用法

合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法
普段から利用している人も多いメッセージアプリは、メッセージのやりとりだけではなく、合コンの場でとても役立つツールです。合コンにおけるメッセージアプリの用途は大きく分けて2つあります。

連絡先を交換する

合コンはその場限りの関係ではなく、連絡先を交換して今後の関係をいかに発展させられるかが重要になります。しかし、異性に直接「連絡先を教えて」と声をかけることは、気が引けるという人も多いもの。こうしたケースに便利なのが、メッセージアプリです。現代はメールの他にメッセージアプリを使用している人が多く、連絡先の交換もメッセージアプリを介して行うことが主流になりつつあります。メッセージアプリは、メールに比べると気軽に連絡先の交換やメッセージのやりとりがしやすいというメリットがあります。合コンが終わった後にも積極的にアクションを起こしやすいため、友達から恋愛へのステップがスムーズに踏みやすくなるでしょう。

合コン中にメッセージアプリで同性側とやりとり

メッセージアプリは連絡先の交換にはもちろん、合コン中に同性同士で会話や相談が行えます。例えば、気に入った異性はいたのか、今後の会話をどのような流れに持って行くかなどをメッセージアプリで相談することで、合コンの雰囲気をより盛り上げやすくなるでしょう。なかでも女性は、合コン中にメッセージアプリでやりとりをすることが多く見られます。女性陣のなかでひとりが席を立ち、その後女性全員がスマホを操作している場合はメッセージアプリで会話をしている可能性が高いでしょう。男性陣はそのそぶりに気がついていても、「何をやっているの?」と絡まないことが無難です。もしも女性陣に聞いてしまった場合、気まずい雰囲気になったり印象を悪くしてしまったりするかもしれません。

自然な流れでメッセージアプリに話を持っていくテクニックとは

合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法
メッセージアプリは連絡先の交換がしやすいとはいえ、ノープランだとスムーズな交換は難しいものです。事前にきちんと計画を立てて、参加者が自然に連絡先を交換できるような工夫が必要です。

写真を共有するという名目を作る

メッセージアプリの交換をスムーズに行うためには、幹事が重要なポジションになります。異性から直接個別に連絡先を聞かれると、警戒してしまう人は多いもの。合コンの最中に男性・女性の両方の幹事が写真を複数枚撮っておき、合コン後に「写真を共有する」という名目でグループチャットへ誘導する流れを作りましょう。グループチャットに誘導することで、スムーズにその場にいる全員の連絡先を交換できます。個別だと連絡先の交換をしぶる人でも、写真を送るという名目とグループ全員で連絡先を交換するという名目を掛け合わせることで、警戒しにくくなるはずです。合コンの最中だと時間がかかってしまうので、幹事が合コンの前にあらかじめグループを用意しておくことがおすすめです。そして、用意しておいたグループに参加者を招待すれば、自動的に全員の連絡先が交換済みという形になります。このときのポイントは、写真を個別で撮るのではなく、全員が映っているものを用意しておくということです。個別の写真では、全体に写真を共有するという流れを作りにくくなってしまいます。合コンの最中に店員さんにお願いして、参加者全員が映っている写真を撮ってもらうことがおすすめです。

グループチャットへの誘導が難しい場合

グループチャットへの誘導が難しい場合は、個別で連絡先を交換することになるでしょう。意中の相手とスムーズに連絡先を交換するには、大勢の前ではなく「2人きりのとき」に聞き出すことが重要です。大勢の前で連絡先を聞き出すと、相手がシャイな場合、恥ずかしさや気まずさを感じてしまう場合があります。2人きりになれるタイミングを見計らって、連絡先の交換をするようにしましょう。おすすめは相手がトイレに席を立ったときです。相手が席を立ったときに、自分もさりげなく席を立ちましょう。飲食店のトイレは混み合っていることも多いため、自然と廊下で鉢合わせするタイミングをつくれます。そのときに声をかければ、周りの人にばれずに連絡先を交換しやすくなります。

アイコンと名前に注意しよう

メッセージアプリは自分で任意の名前とアイコンを登録できます。そのため、実名ではなくニックネームや関係のない名前などを登録している人もいるでしょう。しかし、実名でない場合は合コンで連絡先を交換した異性が「この人は誰だろう?」と判断が難しくなってしまいます。もしもメッセージアプリの名前が実名でない場合は、連絡先を交換する前にきちんと個人を特定できる名前に変更しておくことがベターです。アイコンも同様で、異性ウケのしない写真や画像の登録は避けたほうが無難です。特に、マイナーなアニメやマスコットのキャラクターなどは、子どもっぽいイメージを与えてしまう恐れがあります。アイコンは自分の顔写真を登録しておくと、合コン後に異性が「あの人だ」と個人を認識しやすくなるのでおすすめです。顔写真は、キメ顔のものよりも、笑顔や自然体の表情のものを選ぶと好印象につながりやすいでしょう。

連絡先交換後にはどんなメッセージを送るべき?

合コンが終わったら、全員にあいさつと感謝のメッセージを入れておきましょう。気になる異性がいたとしても、その異性にだけメッセージを送ることはタブーです。特に、女性は仲間内で情報を共有するケースが多く見られます。特定の異性にだけメッセージを送ったという情報が漏れると、印象が下がる原因になりかねません。合コン後には、きちんと異性全員に時間を割いてくれた感謝や、楽しかったというメッセージを送ると好印象につながります。メッセージは個別・グループのどちらで送っても問題ありません。個別で送る手間を省きたい場合は、グループチャットにメッセージを入れておきましょう。

意中の異性に連絡を入れるときのポイント

意中の異性にメッセージを入れるときは、長文になりすぎないことがポイントです。合コン後にいきなり長文のメッセージが送られてくると、ガツガツしているイメージを与えてしまいます。「合コン楽しかったね」や「今日はありがとう」というような、軽くて短いメッセージを送り相手の返信を待ちましょう。相手から返信が来たら、「もっと話したかった」というような好意をアピールするメッセージを送ると効果的です。特に、女性が男性にメッセージを送る場合は、好意をわかりやすく伝えることがおすすめです。男性は女性に比べると好意を察知しにくい傾向にあります。わかりやすく「また会いたい」や「お休みはいつ?」というようなデートの誘いをすると、男性側は「自分に気があるのかな?」と恋愛スイッチが入りやすくなります。このとき、男性・女性ともに注意したいのが、デートの誘いは複数人ではなく、意中の相手にのみ行うという点です。前述したように、やりとりの内容は同性同士で筒抜けになっている場合があります。複数人に気のあるそぶりを見せてしまうと、思わせぶりな人という印象になってしまうので注意しましょう。それから、合コン中に意中の相手に趣味や好きな食べ物の話を振っておくと、スムーズにデートに誘いやすくなります。特に食事の誘いは気軽に声をかけやすいため、合コン中にお気に入りのお店や行ってみたいお店を聞き出しておきましょう。

合コンの最中に使える!メッセージアプリの賢い使い道

合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法
合コン中は異性の視線が気になり、なかなか同性同士で本音の会話はしにくいもの。こうしたシーンでも、メッセージアプリを活用することで合コンを円滑に進行しやすくなります。男女ともに使えるテクニックなので、合コン前にチェックしておきましょう。

席替えの提案をする

合コンは参加前に異性の写真を送ってもらうことがありますが、写真と実際のイメージが違うというケースは珍しくありません。そのため、写真の情報のみで好印象を持っていた異性と、実際に合コンで出会ってから好意を持つ異性が違うこともあるでしょう。実際に会ってから好意を持った異性と話がしたくても、席が遠くてなかなか会話ができないというときは、メッセージアプリで同性に呼びかけてみる方法がおすすめです。その場でスマホを開くと異性から悪いイメージを持たれてしまう場合があります。メッセージアプリを使用するときは、トイレに立つフリや電話がかかってきたフリをすると無難です。席を立ったらメッセージアプリで同性に連絡を入れて、お互いに好意を持った異性の情報を交換します。このとき、幹事に席替えを行うタイミングと席順を相談しておくとスムーズです。その後席に戻ったら、幹事主導のもとタイミングを見計らって席替えをしてもらいます。このように、自分ひとりでは提案しにくいことも、メッセージアプリでやりとりを行うことでスムーズに恋を進めやすくなります。異性陣にばれないように、席に戻ってすぐではなく、しばらく時間を置いてから席替えを行うと自然でしょう。

意中の相手と上手くいくようにフォローしてもらう

異性と話すことが苦手な場合は、なかなか会話が弾まずに焦ってしまいがちです。このようなときにも、メッセージアプリで同性にフォローをお願いすると、その場を盛り上げやすくなります。例えば、会話が弾まない場合は盛り上げ上手な同性を交えて3人で会話ができるように協力してもらいましょう。同性の協力者にあなたの性格や良い部分を紹介してもらうことで、意中の相手の気持ちをつかみやすくなるはずです。それから、自然に2人きりで話しやすいように、同性の協力者に他の女性たちと会話を続けてもらうのも良いテクニックのひとつです。他の女性から声をかけられると、意中の相手と話す時間を確保しにくくなってしまいます。メッセージアプリで「2人きりにしてほしい」と伝えておくと、じっくり仲を深める時間を作りやすくなります。

2次会に行くかどうかの相談

合コンはメンバー同士の気が合い盛り上がることもあれば、いまいち相性が合わずに盛り上がらないまま終わってしまうケースもあります。盛り上がった場合は2次会に流れ込むことも多いですが、盛り上がりに欠ける場合は男性・女性ともに2次会に行くか悩む人もいるでしょう。特に同性で仲の良いメンバーが2次会に参加する・しないにより、行くかどうかを決めたいというケースも多く見られます。このような場合は、事前にメッセージアプリで2次会に参加するかどうかを相談しておくと良いでしょう。合コンが終わる前に同性同士2次会に参加する・しないの意思を確認しておくことで、それぞれが参加を決める判断材料になります。同時に好意を持った異性の名前をそれぞれ挙げておけば、2次会で座る席も自然に決めやすくなるというメリットもあります。
このように、合コンの最中にメッセージアプリでやりとりをしておけば、自然な流れで気になる人と話せるきっかけを作れます。意中の相手との距離を縮めるためにも、メッセージアプリの活用法をしっかり頭に入れておきましょう。

メッセージアプリを使いこなして恋のチャンスを逃さないようにしよう!

合コンでスムーズに連絡先を交換!メッセージアプリの活用法
メッセージアプリは、使い方を工夫することで合コンをスムーズに進める強い味方になってくれます。グループチャットを作り、「写真を送る名目で参加者全員の連絡先を交換する」というテクニックは、合コン初心者にも取り入れやすくおすすめです。それから、グループチャットへの誘導ができなかった場合に、「トイレに立つフリをして個別で連絡先を聞き出す」テクニックも併せて覚えておくと安心でしょう。連絡先の交換時には「名前とアイコン」に注意することも大切です。普段は自分好みのアイコンでも問題ありませんが、合コンの前後は個人を特定しやすいものに変えておきましょう。また、「連絡先の交換後に送るメッセージ」や「意中の相手に送るメッセージ」のポイントも押さえておくと、関係を進展させやすくなるはずです。合コンの最中に「席替え」や「意中の相手との関係をフォロー」してもらえるようにメッセージを送って協力を仰ぐことも、合コンを成功させるためのテクニックです。「2次会への参加」についての相談もしておくと、合コンをより有利に進めやすくなるでしょう。単純に見えて奥が深いメッセージアプリ。合コン前にしっかりと活用法をマスターして、恋のチャンスを逃さないようにしたいですね。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー