3 view 婚活
違いは何?婚活サイトと結婚相談所

違いは何?婚活サイトと結婚相談所

  • Pairsをフォロー

結婚相談所と婚活サイトには、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。今回は、結婚相談所と婚活サイトのどちらに登録しようか迷っている人のために、それぞれのメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

結婚相談所を利用するメリット

違いは何?婚活サイトと結婚相談所
結婚相談所は結婚を真剣に考えている人が登録しているため、結婚相手をスムーズに探すことができますし、出会いのチャンスも豊富です。職場や友人の紹介、合コンなどではなかなか自分に合った人を見つけることができないですよね。何より相手が結婚を意識しているとは限りません。結婚したい人にとってはそこが一番のネックなので、結婚相談所を利用すればそれに関しての不安は一切なくなります。

なお、基本的に結婚相談所は成婚してから退会するシステムです。結婚相談所に登録する人の多くは、結婚に対する意識の高い「成婚退会」を望む人たちです。そのため、カップル成立や成婚率が高く、それが理由で結婚相談所を利用する人も多くなっています。

結婚相談所では、専任アドバイザーが利用者にぴったりの相手を紹介してくれるところもメリットです。専任アドバイザーは、利用者が希望する見た目、性格、趣味、年収などさまざまな項目にマッチングする相手をとことん探してくれます。そのため、自分が理想とする相手と出会える確率が高いですし、何より自分で相手を探す手間を省くことができます。結婚相談所は、仕事などで結婚相手を探す時間がないという人にとってはとても便利なサービスです。

また、結婚相談所ではアドバイザーが自分に合った人を紹介してくれることで、交際から結婚が決まるまでの期間が短くなるケースが多いです。婚活パーティーや合コンなどでは出会いから連絡、デートといったすべての付き合いを個人で行わなくてはなりません。その場合、精神的にもストレスが溜まりますし、肉体的にも疲れてしまうでしょう。結婚相談所を利用すれば結婚までの道のりを短縮できる可能性が高いため、モチベーションも維持できますしストレスも最小限で済むのです。

結婚相談所を利用しようか迷っている人のなかには、サクラがいるかもしれないという理由で登録まで踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。しかし、結婚相談所を利用するには、独身証明書といった身分を証明するものが必ず必要となります。サイトによっては、学歴証明や所得証明、資格証明などの書類の提出を求められることもあります。結婚相談所では、入会時にプロフィールで嘘を付けないので、詐欺目的でプロフィールを偽る、冷やかしや遊び目的で登録することはできません。各種証明書の提出が義務付けられている結婚相談所は、安心・安全に利用できるというわけです。

結婚相談所を利用する場合、結婚に対して真剣な人が登録をしていること、アドバイザーによる手厚いサポートがあること、安心して利用できることの3つが大きなメリットです。効率よく結婚相手を見つけたい、セキュリティ面で不安なく利用したいという人などは結婚相談所を利用してみると良いでしょう。

費用が高額に?結婚相談所のデメリット

違いは何?婚活サイトと結婚相談所
結婚相談所のもっとも大きなデメリットは、成婚までにかかる費用が高額になりやすいというところにあります。

まず、入会時にかかる費用が高いです。登録にかかる主な費用は、入会金と初期活動費(情報登録・プロフィール作成など)です。これらをあわせると10~20万円ほどかかります。このほかにもちろん月会費も支払わなくてはなりません。月会費の目安は結婚相談所によって異なりますが、1~2万円前後に設定しているところがほとんどです。ただ、月会費にパーティーやセミナーなどの料金も含まれていればよいですが、含まれていない場合別途費用がかさむことになります。お見合い料金などは月会費に含まれていないことがほとんどです。

そのため、お見合いの回数が多ければ多いほど費用はかかります。お見合い料金の目安は、1回につき1万円ほどです。これらの費用は、結婚相手が見つからない場合にもかかってくる費用です。年間で計算すると30万円以上かかることもあるため、利用者にとって費用の負担は相当なものになるでしょう。結婚相談所を利用する場合は、費用が高額になりやすいこと、高いお金を払っても理想の相手と出会えない可能性があることを頭に入れておかなくてはいけません。

なお、晴れて結婚相手が見つかった場合にも成功報酬として成婚料が発生します。成婚の基準は両親への挨拶、同棲開始、2人での旅行など結婚相談所によって異なります。無駄な費用を支払わないためにも、あらかじめ確認しておくことが大切です。成婚料の目安は5~20万円と結婚相談所によって差が大きいため、費用の負担を軽減したい人は登録前に必ずチェックしておきましょう。

結婚相談所は、場所によって会員数が少ないというデメリットもあります。結婚相談所は全国に約3000以上もの事業所があり、利用者も年々増加傾向にありますが、主に利用者が集中しているのは大都市圏です。地方では会員数が十分に確保できていないケースが多いため、理想の人と出会える可能性が低いです。また、結婚相談所を利用する場合、自分に合った結婚相談所を探すこと自体も難しくなっています。

そもそも事業所の数が多いですし、たとえ評判の良い結婚相談所であっても、アドバイザーとの相性が悪かったり雰囲気が自分とは合わなかったりする場合があるからです。結婚相談所は基本的には成婚までの期間が短いといわれていますが、場合によっては長くかかることもあります。ストレスなくスムーズな成婚を目指すためにも、より自分に合った結婚相談所を見つけることが重要です。

手軽に婚活!婚活サイトのメリット

婚活サイトの一番のメリットは、手軽に婚活ができるということです。婚活サイトは登録するだけなら無料であるところが多く、気軽に始められます。一般的に、マッチングが成功した後のメッセージ交換から有料になるケースがほとんどです。婚活サイトにかかる月会費の相場は、1カ月約3000円です。長期プランを設けているところでは年間3万円以内で利用できるケースがあるため、とてもお得に利用できます。なお、サイトによっては「女性は完全無料」をうたっているところもあり、女性がよりお得に利用できるサイトもあります。婚活サイトは、できるだけ費用の負担を抑えたいという人や、気になる人ができてから料金を払いたい人にとって魅力的なサイトといえるでしょう。

婚活サイトでは、希望する異性を探しやすいことや気軽にアプローチができることも大きなメリットです。プロフィールでは年収、職業、学歴、性格、結婚相手に求める条件などがわかりますし、自己PRなども閲覧できます。顔写真も見られるため、会う前にどんな人なのかあらかじめチェックしておくことも可能です。気になる異性を見つけたら、相手にメッセージを送り、返事が返ってきたらマッチング成功です。簡単にメッセージのやり取りができますし、気になる人と複数人同時にメッセージのやり取りをすることもできます。やり取りをするなかでこの人と直接会ってみたいと思ったら、自分たちで約束を取り付けてデートをする流れとなります。結婚相談所と比べてあまり緊張せずに楽しみながら婚活できるため、恋愛初心者でも始めやすいのがポイントです。

また、婚活サイトは利用する場所を選ばないので、いつでもどこでもサイトを開くことが可能です。パソコンやスマホを使って空いた時間で結婚相手を探せますし、メッセージも確認できます。24時間好きなときに利用できるので、婚活する時間がないという人にもぴったりです。

なお、婚活サイトはネットで簡単に利用できるということで会員数が多いこともメリットとなっています。大手婚活サイトの場合、会員数は570万人ほどで、ほかの婚活サイトでも登録者数100万人以上というケースはめずらしくありません。会員数が多ければ多いほど、理想の人に出会えるチャンスは増えるので、より多くの人のなかから結婚相手を見つけたいという人にとっては嬉しいポイントでしょう。婚活サイトの場合、大都市圏のみだけでなく地方にも利用者が多いため、地方に住んでいる人でもマッチングしやすいのも特徴です。

良いことばかりではない!婚活サイトのデメリット

違いは何?婚活サイトと結婚相談所
婚活サイトを利用する場合、手厚いサポートが受けられないというデメリットがあります。結婚相談所では入会した時点で担当アドバイザーが付き、成婚までのサポートを行ってくれるのが一般的です。お見合い、交際、成婚まですべてサポートしてくれるため、利用者は特別何かをする必要はありません。困ったときや心配なことなどがあればアドバイザーに相談することもできます。

しかし、婚活サイトの場合は、アドバイザーによるきめ細やかなサポートは期待できません。婚活サイトでは、すべての手順を自分で行うのが基本です。そのため、相手探し、連絡、デートの約束などを積極的に行っていかないと、成婚までたどり着くことは難しくなります。婚活サイトでは、相手からのアクションを待っているだけでは何も始まりません。婚活サイトで重要なのは主体性です。そのため、内向的な性格であったり恋愛に積極的でなかったりすると、婚活が成功しづらくなってしまうのが大きなデメリットです。結婚相談所のように専任アドバイザーもいないため、婚活サイトのシステムに戸惑って利用をやめてしまう人もなかにはいます。

また、婚活サイトでは結婚に対する意識が低い人が多いこともデメリットとなっています。婚活サイトは入会しやすいメリットがある分、結婚を意識していなくても登録するというケースはめずらしくありません。良い人が見つかればいいなといった軽い気持ちで婚活サイトを始める人もいるため、自分で相手が本気かどうかを見極める必要が出てくるのです。

さらに、婚活サイトの場合は公的身分証明書(保険証やパスポートなど)のみの提出が義務付けられており、独身証明書などの提出は入会時には不要となっています。サイトによっては独身証明書などを提出できる場合もありますが任意の場合が多く、実際に提出している人はほとんどいません。そのため、婚活サイトを利用している人のなかに既婚者が紛れ込んでいる可能性があるのです。マッチングした相手が既婚者だった場合、最悪結婚詐欺の被害にあうことも考えられます。

婚活サイトに登録している多くの人は真面目に活動していますし、運営会社も不正防止のため監視を行っています。けれど、詐欺にあう確率はゼロではありません。婚活サイトを利用するのであれば、結婚相談所を利用するよりもより慎重に段階を踏んでいく必要があるでしょう。

自分に合うサービスを見極めよう

違いは何?婚活サイトと結婚相談所
結婚相談所の場合、場所によって良し悪しがわかれます。大都市圏に住んでいる人であれば利用者数の心配はないので、結婚相談所を選択しても問題はないでしょう。地方に住んでいる人であれば、全国的に利用者数が多い婚活サイトの利用を検討してみるのもいいかもしれません。なお、一般的に結婚相談所を利用する人のほうが、婚活サイトよりも年齢層が高めです。婚活サイトを利用する人は20~30代が多いため、それ以上の年齢ですと結婚相談所を利用したほうがマッチングする可能性が高いといえます。

結婚相談所と婚活サイトのいずれにも一長一短があり、どちらを選ぶかは自分次第です。自分の住んでいる環境や年齢などで、どちらのサービスを選ぶのが良いかを見極めるようにしましょう。結婚相談所を利用する場合には、料金や利用者数などをチェックすることを忘れずにしてください。婚活サイトはより信頼できるサイトを選ぶことが重要です。会員数の多さ、利用者の口コミ、プライバシーマークの取得などで優良サイトかどうかを確認しましょう。特に、プライバシーマークを取得しているサイトは利用者の個人情報をしっかり管理しているという目安になるため、必ずチェックしておきたいポイントになります。

似ているようで違う!婚活サイトと結婚相談所

婚活サイトと結婚相談所は、似ているようでまったく異なるシステムの下で運営しています。理想の人と出会って幸せな結婚をするためにも、自分に合った婚活を行うことが大切です。婚活サイトと結婚相談所それぞれの違いを考慮して、自分が求める出会いが得られるところを見つけるようにしましょう。結婚相手を探す場合、真剣に結婚相手を探している人向けの婚活アプリも人気が高くなっています。気になる人は婚活アプリもあわせてチェックしてみてください。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー