18 view 恋活
ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは

ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは

  • Pairsをフォロー

交際を始めて2ヶ月目は、カップルにとって重要な時期といえます。この2ヶ月の過ごし方により、今後の2人の関係に変化が生まれる可能性もあるため、しっかりと特徴や注意点などを知っておくことが肝心です。ここでは、一般的に付き合って2ヶ月目のカップルとはどのようなものなのかという特徴や、良好な関係を継続させるためのポイントなどを紹介します。

付き合って2ヶ月目のカップルはラブラブ?

ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは
付き合って2ヶ月目のカップルの様子として、多く見られるケースは以下のものが挙げられます。まずは「ラブラブ」なケースです。交際から2ヶ月目の段階は、まだお互いに気持ちが高まっている状態であり、付き合ったばかりのドキドキ感が継続している時期です。また、交際前よりも一緒にいる時間が増えた場合は、より相手を好きな気持ちが大きくなりやすい時期でもあります。

一方、2ヶ月という短い期間であっても、カップルによっては「マンネリ化」が始まるケースもあるようです。2ヶ月という期間をともに過ごすと、相手の知らない部分を目にすることが多くなり、交際前の隠れていた部分が徐々に明らかになります。すると、相手のミステリアスな魅力が減ってしまい、ドキドキ感が薄れてしまう原因になってしまうのです。それに、付き合ったばかりのころは手をつないだりキスをしたりするだけでもお互いに照れるものですが、2ヶ月ともなればその行為にも次第に慣れてしまいます。こうした理由により、交際2ヶ月であっても気持ちがマンネリ化してしまうことがあるのです。

それから、交際2ヶ月目は「ケンカしそうな時期」でもあります。交際した当初は発言に気をつけたり意見を譲ったりと、相手に対して気を遣うことが多いものです。しかし、一緒にいる時間が長くなると次第に遠慮がなくなり、お互いに気が緩み始めます。すると、言い方がきつくなったりお互いに意見が食い違ったりして、ケンカが起きやすくなるのです。

さらに、お互いへの気持ちが「冷静になってくる」のも、2ヶ月目が多い傾向です。付き合いたてはどんなに情熱的なカップルでも、時間の経過とともに段々と気持ちは冷静になり、落ち着いていくものといえます。気持ちが冷静になると、相手の良い部分だけではなく悪い部分にも気付くきっかけにもなるのです。きちんと冷静に相手を観察することで、お互いの相性を確認できるでしょう。

2ヶ月カップルのあるあるを調査

ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは
カップルによっては、まだラブラブだったり、反対に気持ちが冷静になっていたりする2ヶ月目の時期。そんな2ヶ月カップルには、どのような「あるある」が存在するのでしょうか。思わず「あるある」とうなずいてしまうケースの代表例には、「束縛をし始めること」が挙げられます。交際当初はただそばにいれば満足できた人でも、交際期間が長くなると独占欲が強くなり、相手を束縛し始めてしまう場合があります。

特に、相手よりも自分の方が「好き」という気持ちが大きいと感じている場合に、多く見られる傾向です。相手が好きで他の誰にも渡したくないという気持ちが強くなるあまり、束縛という行為に走ってしまうのです。適度な束縛なら、人によっては「愛されている」と感じる材料になることもあります。しかし、過度な束縛は相手の気持ちが離れてしまう原因になり得るため、注意が必要です。

それに加えて、「どちらかが依存してしまうこと」も、あるあるの一つです。2ヶ月が経ち気持ちが冷めるのではなく、逆に相手への愛が強まる人は珍しくありません。こうした愛が強すぎると、相手に対して依存心が生まれてしまう場合があります。依存が強くなると相手への要求が増えてしまい、精神的な負担を与える原因になりかねません。相手に夢中になって周りが見えなくなりがちな恋愛体質の人は、依存しすぎないように気をつけることが大切です。

それから、「結婚の話」が出ることも多く見られます。交際から2ヶ月はお互いへの気持ちが高まっている時期であり、「挙式はどこでするか」「子どもは何人ほしいか」など、結婚に対する憧れが話題に上りやすいのです。ラブラブな時期に2人で未来の家庭像を話すことは、とても幸せな時間といえます。

あるあるのなかには、「友人との付き合いが悪くなること」も存在します。付き合いたてのころは友人関係よりも、恋人関係を優先する人も多い傾向です。独占欲が高まりやすい時期なので、なかには「友達よりも自分との時間を優先してほしい」と相手にプレッシャーをかけてしまう人もいます。ただ、恋人を優先しすぎてしまうと、次第に友人関係が疎遠になってしまうこともあるため、きちんとバランスを考えることが大切です。

2ヶ月で別れるカップルの特徴

あっという間に過ぎてしまうことも多い、2ヶ月目の時期。ただ、2ヶ月の間に何かしらのトラブルが生じると、別れを選択してしまうカップルもいます。一体、付き合って2ヶ月で別れてしまうカップルには、どのような原因や特徴があるのでしょうか。きちんと原因や特徴を把握しておくことで、関係を長続きさせやすくなります。

まず、2ヶ月目のカップルが別れる原因になり得るのが「性格の不一致」です。たとえば、デートのたびにケンカをするほど性格が合わなかったり、ライフスタイルが違っていたりすると、別れを選ぶカップルもいるようです。交際前は相手のわからない部分も多く、付き合ってから性格や価値観の不一致が起きてしまうことは、仕方のないことといえます。こうした性格の不一致による別れを避けるには、交際前によく相手を知ることが大切です。付き合う前に何度もデートを重ねたり、恋愛観について語り合ってみたりすると、交際後のギャップが生まれるリスクを低減させられます。

また、「束縛のしすぎ」も、別れの理由として多い原因です。どんなに好きという気持ちがあっても、束縛をされ過ぎると息が詰まってしまいます。お互いのプライバシーや自由を尊重することが、居心地の良い関係を築くうえで重要です。

このように、2ヶ月という期間で別れてしまう理由には、さまざまなものがあります。もしも、2ヶ月で恋人と別れてしまった場合、復縁することは難しいのでしょうか。結論からいうと、相手の気持ちや自分のがんばり次第では、復縁を目指すことが可能です。具体的な復縁の方法としては、「自分を見直す」「性格の改善」などが挙げられます。

恋人と別れた後はどうしても気分が落ち込んだり、相手に対して怒りを感じたりする人もいるでしょう。しかし、別れることになってしまったのは、必ずしも相手だけが悪いとは限りません。まずは、冷静に別れることになった原因や、自分に悪い部分はないかということを考えてみる必要があります。もしも、自分が悪いと感じる部分があったのなら、反省や謝罪をきちんと相手に伝えることが大切です。素直に謝罪したうえで「もう一度やり直したい」と伝えることで、相手に誠意や真剣さが伝わり、復縁できる可能性があります。

2ヶ月目のカップルがした方がいいこと

ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは
交際2ヶ月目は、まだラブラブで新鮮な気持ちが残りやすい時期といえます。ただし、油断は禁物です。ずっと仲良しな2人でいるためには、日ごろから細かい部分に意識を向けたり、良好な関係が続くように努力をしたりすることが欠かせません。

まず、2ヶ月目のカップルがしておいた方がいいことには、「本音で話す」という点が挙げられます。付き合い始めはお互いに気を遣い、本音で話すことが難しいものです。しかし、2ヶ月目ともなれば、お互いに少しずつ本音を伝えていくことが必要になります。なぜなら、ずっと本音を隠して接していると、上辺だけの関係になってしまったり、一緒にいることが疲れてしまったりする原因につながるからです。腹を割って話すことは勇気の要ることですが、お互いの関係をより親密にするには避けて通れないポイントといえます。もしも、相手に対して伝えたいことがあるのなら、勇気を出して本音で話してみることが重要です。

それに加えて、「自然体で過ごす」ことも大切な要素になります。恋人の前では常にすてきな自分でいたいと考える人は少なくありません。しかし、いつまでも良い部分だけを見せていたり相手にとって理想の自分を演じていたりすると、ありのままの自分をさらけ出す機会が失われてしまいます。交際2ヶ月を過ぎたのなら、徐々に普段の自分を見せていきましょう。お互いの素の部分をさらけ出すことで、ぐっと心の距離を縮めやすくなるのです。

さらに、「マンネリ防止の対策」を行うことも忘れてはいけない要素です。何度もデートをしていると、次第に相手の行動が読めるようになってきたり、出かける場所がワンパターンになったりします。すると、新鮮さが失われてしまい、気持ちがマンネリ化してしまう原因につながります。そこで、大切になるのが「デートの仕方を工夫する」ことです。デートの行き先を変えてみたり、普段とは違う時間帯に会ったりすると良いでしょう。たとえば、休日の昼間にデートすることが多い場合は、仕事帰りに待ち合わせしてみるのも良い手です。普段とは違うシチュエーションでデートすることで良い刺激になり、マンネリを予防できます。

デートの仕方に加えて「おしゃれをする」ことも大切です。いつも同じ服や髪型だと、見た目に変化が少なく、相手の気持ちがマンネリ化してしまう場合があります。デートの際は新しい洋服を着たり、ヘアアレンジをしたりするなどの工夫を行うと効果的です。いつもとは違う雰囲気の自分を演出することで、相手も自分も新鮮な気持ちになることが期待できます。

また、2ヶ月目のカップルにとって、控えた方がいいこともあります。特に、「束縛」「結婚の話」「なれ合い」などは控えた方が無難です。束縛や干渉は、相手の自由を奪う原因になり得ます。そのため、どんなに相手を大切に思っていたとしても、束縛は控えることが大切です。それから、結婚の話をすることも、避けた方が良い行為といえます。なぜなら、結婚は大きな責任を伴うからです。交際2ヶ月目の段階で結婚の話を持ち出すと、相手に「重い」と思われてしまうおそれがあります。結婚の話は慎重に、タイミングや雰囲気を見計らったうえですることが重要です。

さらに、「なれ合いにならない」ように注意することも、良い関係を築くうえで欠かせません。親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、どんなに心を許した相手であっても、思いやりを持って接することがポイントです。関係が深まるにつれてなれ合いになってしまうもケースも多いため、充分注意しましょう。

2ヶ月目のカップルは結婚や同棲もあり?

ラブラブな時期?付き合って2ヶ月のカップルとは
順調に交際を進めているカップルのなかには、2ヶ月で結婚や同棲を考える人もいます。しかし、安易に結婚や同棲を決めてしまうのは、避けた方が無難です。まずは、「本当に相手のことを信頼できるか」という点を考えることが大切です。交際期間が2ヶ月だと、まだ相手のことを深く理解できていない可能性があります。冷静に相手を見極めてから、行動に移すことを心がけましょう。

それから、「金銭面のことを考えること」も重要です。一緒に生活をするには、家賃や食費、光熱費などのお金がかかります。金銭面のことをあいまいにしたまま結婚や同棲を始めてしまうと、思わぬ金銭トラブルに発展しかねません。きちんと家賃や生活費などの支払いについて話し合っておくことが、後々のトラブルを避けるコツです。

それに加えて、「ルールや目的を明確にする」ことも欠かせません。家事や生活のルールを決めずに一緒に住み始めると、不満が生まれる原因につながります。お互いが気持ちよく生活するためにも、家事の分担や守るべきルールなどは、しっかりと決めておくことが重要です。また、目的を定めておくことも大切でしょう。結婚を前提に考えての同棲と、思いつきの同棲とでは、意味が大きく異なります。きちんと「何のために一緒に住むのか」という目的を定めておくことで、意義のある時間を過ごすことができます。

もしも、結婚する場合は「相手の身元を確認」をしておくことがポイントです。結婚はお互いの家を結ぶ、大切なイベント。交際から結婚までの期間が短い場合は、相手の情報が充分ではないことも多く、身元の確認をしっかりと行う必要があります。また、「覚悟を決める」ことや「経済状況の把握」なども重要です。勢いだけで結婚を決めてしまうのではなく、一生その人と添い遂げる覚悟はあるのか、冷静になって考えてみましょう。それに、生活をしていくにはお金がかかります。「2人の給料で生活ができそうなのか」「将来のライフステージの変化に向けて貯金ができそうであるか」など、細かい部分まで話し合いをしておくことが肝心です。

2ヶ月の壁を乗り越えて2人の絆を深めよう!

交際から2ヶ月目は、関係や気持ちにさまざまな変化が表れやすい時期といえます。カップルによっては、それらの変化が大きな壁に感じる場合もあるかもしれません。しかし、こうした変化をきちんと受け止めて壁を乗り越えることで、より強い絆が生まれます。関係を長続きさせるためのポイントをしっかり把握し、2人で幸せな未来を目指しましょう。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー