カップルライフ

「私の理想を検索してみたら彼が現れました」相性95%だった2人の出会い

2019年11月30日 27歳男性・27歳女性 兵庫
エウレカオフィスでのおふたり
お二人のプロフィール
Shigeyasuさん
生年月日:1991年12月8日生まれ
出身:滋賀県
職業:会社員(営業)
趣味:麻雀、お笑い、フットサル
Rinaさん
生年月日:1992年9月18日生まれ
出身:兵庫県
職業:モデル
趣味:ワイン、お笑い、ダンス、DIY

まずPairsを使い始めたきっかけを教えてください。

Shigeyasu:仕事で岡山へ転勤になったのがそもそものきっかけです。最初の1〜2年くらいは出会いがあるかなと思って、友人と飲み歩いたりしていたんですが、同世代の女性と知り合うことがほとんどなくて、ヤバいなこれはと思いマッチングアプリを始めました。

マッチングアプリも色々サービスがあると思うんですが、僕の周りではペアーズを使っている人が多かったので、それにならって僕もペアーズを選びました。

Rina:私の周りもマッチングアプリに登録している友達が多かったのですが、仲の良い友達が「最近ペアーズで彼氏ができた!」と教えてくれたのがきっかけで、私も登録をしました。ペアーズを始める前は合コンとかによく参加していましたが、社会人何年目かになると人脈がさすがに尽きましたね…笑

ペアーズを使うきっかけを話しているRinaさん

どんな条件でお相手を検索していましたか?

Shigeyasu:体型とか色々細かく絞っていました。あと譲れない部分というかこだわりで、僕はタバコを吸うんですけど女の子が吸うのは嫌なんですね。なので、タバコを吸わない人で検索をかけていました。結婚への意思に関しては、今すぐの人はちょっと温度差を感じさせてしまうかもしれないなと思ったんで、気が合えばくらいの人を選んでいました。

Rina:私も色々設定はしていましたが、相手の方が入っているコミュニティとかもけっこう見ていました。例えば音楽とか、コミュニティで気が合いそうだなと思ったらいいねをしたり、返したりしていました。

いいねはどちらからしたんですか?

Rina:私からしました。その時は、ちょっとお試しで自分の理想を全部盛り込んだ検索条件で探していたんですね。該当する人はあんまりたくさんは出てこなかったんですが、その中で彼になんだかビビッと来て、見てみたらPairs上の相性も95%で気づいたらいいねを押していました。

Shigeyasu:じつは、ペアーズを始めたあと半年か1年間くらい使ってなかったんですよ。でも久しぶりにアプリを開いたら、ちょうどその日に彼女からいいねが来ました。

もらったいいねを見てみると、プロフィールを見る限りすごく可愛い!無料会員だったので、彼女とメッセージをしたくて1ヶ月だけ有料会員を申し込んで、すぐやり取りを開始しました。

マッチングしたときの様子を話しているShigeyasuさん

初めて会ってからお付き合いするまでの経緯を教えて下さい。

Rina:いちばん最初に会った日、あんまり気合いをいれないで行ったんです。というのもPairsでのプロフィールがすごく理想に近い反面、もしかしたら盛ってるんじゃないかな?っていう疑いもあったんですね。なので、期待しすぎないよう服装もかなりラフな感じをあえてチョイスして行きました笑

Shigeyasu:「この人、ジム帰りなんかな?」って思いましたよ笑 自然体な感じで来てくれる人なんだなって印象でした。

その日は夜遅くまで飲みに行って、楽しかったから翌週また会って、意気投合した感じがありました。出会って1ヶ月も経たないくらいで僕から告白をして、お付き合いがスタートしています。

そこからご婚約までは?

Rina:付き合ってからちょうど1年で婚約、ということになりました。付き合うときに最初から結婚の話もしていて、何歳くらいで結婚したいか?子どもはいつくらいまでに欲しいか?とかをけっこう長い時間をかけて2人で話しましたね。

そこから逆算をしていったら、もう結婚してもいいのかもと思うようになりました。

Shigeyasu:告白をするときに、「結婚を前提に、1年後くらいには結婚も考えて付き合ってください」と伝えていたので、付き合ってから婚約まではスムーズだったかもしれません。

婚約までの流れを教えてくれるShigeyasuさん

同棲をされていると思いますが、家庭内の役割分担やルールはありますか?

Rina:基本的に家事は私が全部やっています。というのも今は週5で働いたりしていないので。

Shigeyasu:仕事や飲み会で遅くなっても、夜は終電くらいまでには帰ってくるくらいですね。2人のルールみたいなものでいうと。

家事はたまに皿洗いとかもするんですが、ほとんどは僕の仕事中に彼女が終わらせてくれています。

休日は何をして過ごしているんですか?

Shigeyasu:天気が良ければドライブを兼ねて一緒にゴルフに行ったり、雨の日だったら家でDIYですね!木を買って色を塗って組み立てて…DIY好きなんです。

Rina:あとは麻雀ですね。もともと麻雀はちょっと知ってたので、家にある麻雀牌で一緒に遊んでいます。

ご自宅で麻雀をしている様子

お互いのどういうところが好きだったり、尊敬していますか?

Shigeyasu:まず顔がすごくタイプで好きです笑 あとは前向きで、新しいことに好奇心旺盛なところも好きですね。さっき話していた麻雀みたいに、僕の好きなことを知ろうとしてくれたり、好きになってくれようとしてくれるので、その姿勢を尊敬しています。

Rina:優しいところです。私が初めて親知らずを抜くってなったときに、周りから痛いよと聞いていたので不安だったんです。そうしたら彼がどう痛いかどう腫れるのかなどを、自分でたくさん調べて最終的には歯医者さんにも電話して、私に説明してくれたりしました。

あと私以外にも優しくて、知らない人にも「手伝いましょうか?」ってよく声をかけています。普段からやってないとできないことだと思うので、その優しさと行動力が好きですね。

これから楽しみにしていることを教えて下さい。

Rina:結婚式を控えているので、いまはそれが楽しみです。式も楽しみですけど、2次会も楽しみでどんな会にしようかワクワクしています。

Shigeyasu:いまは結婚式より先のことは考えてないですね。あとは漠然としていますけど、将来海外に住んでみたいねとかは2人で話しています。

これから楽しみにしていることを話してくれるお二人

最後に、これからPairsを使う人にアドバイスがあれば教えてください。

Shigeyasu:やっぱり優しさというか、ジェントルマンみたいなメッセージの対応をするほうが絶対に良いなと思いました。たまに高圧的に接する人とかいると思うんですけど、それは違うんじゃないかなあと。

例えば、語尾とか絵文字や顔文字の一つでも受け取り方は違うと思いますし、返信のスピードとか相手が言っていることにちゃんと反応している返信をするとか、1つ1つ気をつけていけば良いと思います。

Rina:マッチングアプリって男の人からいっぱいいいねが届いて、ちやほやされてる感覚になっちゃう女性もいると思うんですけど、浮かれてこっちから選ぶみたいな姿勢は良くないと思います。たくさんいいねが来たとしても勘違いせずに、真摯に対応することが大事ですね。

インタビュー・文:Shu Kayashima
撮影:Hironori Suzuki

オフィスでポーズをとるお二人
関連するキーワード
20代 兵庫県 滋賀県
気に入ったらシェア!
facebook twitter line hatena-b