10,730 view 恋活

男性に聞いた! 女性の好感度を上げる言葉遣い

  • Pairsをフォロー

言葉遣い
良い人間関係を作る基本となる言葉遣い。

相手への配慮。相手への気づかいが言葉に表れるために、ビジネスではかなり重要視されています。そしてそれは、恋愛においてもその重要さは変わりません。

男性からの好感度を左右する女性の言葉遣いはどんなものがあるかご紹介します。

好感度を上げる言葉遣い

男性が好きな、女性の言葉づかい① 「あのね……」「だって……」

この2つは、言葉の出だしに効果的。

女性を「守ってあげたい」と考えている男性は少なくないはず。ゆえに、守りたくなるような「か弱さ」を感じさせる言葉は、男性のそういった心を刺激し、好印象を与えます。

おねだりをするにしても、言い訳をするにしても、この出だしで来られると男性は断りづらくなり、「仕方ないなぁ」という気持ちで受け止めてしまうようです。

男性が好きな、女性の言葉づかい② 「……だもん」

あまりに強調しすぎると、あざとくなってしまいますが、たまに使うと、男性の心をぐっと掴みます。

不特定多数の男性に対してや、高頻度で使ってしまうと、「軽い」、「あざとい」といった、ネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。

あくまで意中の男性と2人きりの時や、たまにしか使わないなど、「アクセントとして使う」ことをオススメします。

好感度を下げる言葉遣い

好印象を与える言葉づかいもありますが、やはり印象を悪くする言葉づかいもあります。

男性が嫌いな、女性の言葉遣い① 乱暴

男性が持つ理想の女性イメージは、「可愛らしいイメージ」や「美しい大人の女性のイメージ」です。

決して「男勝りな荒々しいイメージ」ではありません。

若者言葉に代表される「やばい」「きもい」などのような乱暴な言葉づかいは、女性の品格を下げてしまいます。

男性が嫌いな、女性の言葉遣い② おっとりしすぎている

度が過ぎたおっとりした言葉づかいは、男性の会話のペースをかき乱してしまいます。

おっとりした言葉づかいは、ある意味女性らしく、男性に好かれる要素ではあるのですが、ああまりにおっとりしすぎていると、男性は会話で居心地の悪さを感じるようです。

男性が嫌いな、女性の言葉遣い③ 堅苦しすぎる

TPOに合った言葉づかいが出来る女性は、男性から好印象。しかし、あくまで「TPOに合わせて」というところが重要です。

友人と過ごす時や、2人きりで話している時など、「プライベートな時間」の堅苦しい言葉づかいは、相手に心の距離を感じさせるので、逆効果になります。

言葉遣いはあなたの人柄を表す?

言葉づかいは、人柄をよく表します。なので、男性にとって女性の言葉づかいはとても重要!

毎日のちょっとした心がけで、恋が実りやすくなるかも?

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー