34,549 view カップル

恋人に嫉妬されないために理解すべき男女の違い

  • Pairsをフォロー

喧嘩
交際をしているとどうしても相手の言動が気になってしまうことがあります。

それだけなら問題ないのですが、中には「自分だけに冷たい」とか「他に気になっている人がいるのかも」と不安から嫉妬の炎が燃え上がってしまうこともあります。

でも、どんな人も嫉妬は情けないことだと分かりつつどうしようもなくなっているのです。

今回は、恋人に嫉妬されないためにはどうしたらいいのでしょうか?

恋人に嫉妬されないために① 男女の嫉妬対象を理解する

嫉妬するのに性別は関係ありません。

しかし、相手の性別とその特性を理解しないと本人にとっては予想外の展開になることがあります。

そんなことにならないように、男女それぞれが誰に対して嫉妬するのかを確認し、事前に防ぐ手を考えましょう。

恋人に嫉妬されないために② 男性の嫉妬とは?

男性、つまり彼氏が彼女に対して嫉妬するのは実在する男性に対してです。

彼女がイケメン俳優に釘付けになろうとも、趣味に没頭しようとも、彼氏が嫉妬することはありません。

彼氏が嫉妬するのは、彼女が親しくする友人、親しくする会社の同僚、親しくするバイト仲間などで、実際に会うことができる相手に限られます。

なわばり意識の強い男性は、「自分のもの」に触れられるのが我慢ならないのです。

恋人に嫉妬されないために③ 女性の嫉妬とは?

女性、つまり彼女が彼氏に対して嫉妬するのはすべてのものに対してです。

つまり、女性タレントやアイドルにも、彼女そっちのけではまっている趣味にも、彼女は嫉妬します。

要は彼氏の興味関心を独占しておきたいわけですね。それを妨げるすべてのものが嫉妬の対象になります。

女性は皆大なり小なり「自分が1番でありたい」という願望を強く持っています。そのため、彼氏が何をしても良いのですが、1番が自分でなければならないのです。

趣味に没頭していようと、彼女に呼びかけを最優先に応じる、そんな対応を望んでいます。

こまめな愛情表現

交際をしているわけですから、相手に対する愛情があるはずです。そうであるならそれをしっかりと表現しましょう。

それもできるだけこまめなアピールが効果的です。自分に愛情が注がれていることを自覚すれば、嫉妬を抑えることだって可能です。

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2014/01/22/170000.html

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー