56,150 view 失恋

元カレにもう一度会いたい! 元カレと復縁する方法

  • Pairsをフォロー

元カレが忘れられない、もう一度会いたい、女性だって引きずってしまうことはありますよね。あなたはどんなときに元カレに会いたくなりますか?今回は、元カレに会いたくなるときにとってしまいがちな行動や、復縁できるか見極める方法、とるべき行動をご紹介していきます。復縁が無理でやっぱり忘れたいという人のために、未練を断ち切る方法にも触れますので、ぜひ自分の気持ちに正直になって、次にとるべき行動を考えてみてくださいね。

元カレが忘れられない…

-shared-img-thumb-JK92_hohohiji20150222103753_TP_V

原因や事情はともあれ、恋人との別れというのは辛いもの。たとえ日頃からポジティブで切り替えが早いという人であっても、失恋だけはズルズルと引きずってしまいがちかもしれません。

何かしらの問題や不満があって別れを選んだのでしょうが、いざ離れてみると「やっぱり失敗だったかも」と思うこともあるでしょう。復縁したいという気持ちと吹っ切りたいという気持ちとの間で揺れていると、ずっとモヤモヤし続けてしまいますよね。

元カレが忘れられないというのは、一体どんな状態なのでしょうか?

元カレに会いたくなる瞬間

自分ではスッパリと切り替えたつもりでも、ふとした瞬間に元カレのことを思い出してしまうことって、ありますよね? それはまだ未練が残っているという証拠。それだけ元カレが大切な存在だっということですし、元カレと過ごした時間が楽しかったということです。

こういう時は、無理に忘れようとすればするほどかえって元カレのことで頭がいっぱいになってしまいます。世の中の多くの女性がどんな時に元カレと会いたくなってしまうのか、見ていきましょう。

友達と恋バナをしている時

恋愛というのは相手があって初めてできるもの。シングルの時であっても、友達と恋バナをする場合にはついつい誰か特定の人のことを思い浮かべてしまいがちです。

まして、友達が幸せそうに彼氏とのノロケ話を始めようものなら、自分だって幸せだった時間のことを思い出してしまうのは仕方のないことでしょう。「あの時もっとこうしていたら……」と後悔して会いたくなってしまうことはよくあります。

思い出の品を見つけた時

思い出は形に残らないものですが、物には思い出が宿ります。衣替えや大掃除、引っ越しなどで部屋の片付けをしていると、思わぬところから元カレとの思い出の品が出てくることもあるでしょう。プレゼントしてもらった物や写真などはもちろんのこと、何気ないメールさえも愛おしく感じるかもしれません。

恋人との思い出というのは、一度別れたら最後、二度と語られることのない思い出です。そんな大事な思い出がよみがえってきてしまうと、会いたくなってしまうのも仕方のないことですね。

思い出の場所へ行った時

記憶は場所と密接に結びついています。忘れてたはずの記憶が旅先で急に蘇るということも珍しくないですよね?

元カレとの思い出の場所へ行くと、すっかり記憶の彼方に消えていたような細々とした思い出までもが蘇ってくることでしょう。例えば、何の変哲もない自動販売機や立て看板さえも懐かしく感じます。すると、どうして元カレが隣にいないのかと寂しくなってしまうのは自然なことでしょう。

新しい恋がうまくいかない時

「いつまでも未練タラタラでは駄目だ!」と思い切って新しい恋をはじめる人もいるでしょう。しかし、そういう場合にはどこかから相手に気持ちが滲み出てしまっているのかもしれません。無理に新しい恋をしようとしてもうまくいかないことが多いです。

そんな時には、「元カレならこういう時はこうしてくれたのに!」とついつい比べてしまいがちです。離れてみると改めて元カレの優しさに気づきますよね。

誕生日や記念日などが近づいてきた時

女性にとって記念日は大切なもの。自分の誕生日はもちろんのこと、元カレの誕生日や付き合った記念日などが近づいてくるだけでもふと彼のことを思い出してしまうという人は少なくないでしょう。

せっかくの記念日なのに一人というのは寂しいものです。といって友達と楽しく過ごしていても、かえって虚しくなって頭の片隅で元カレのことを思い出してしまう人もいるのではないでしょうか。

元カレに未練がある時にとってしまう行動

恋愛感情は理性だけではコントロールできません。どんなに頭の良い人であっても、恋愛の問題で悩んでいるときはそれが言動に現れてしまいがちです。

知らず知らずのうちに次のような行動をしてはいませんか? だとしたら、まだまだ元カレに未練があるということです。じっくりと自分の行動を見つめ直してみましょう。

元カレの話題ばかりしてしまう

忘れようとすればするほど思い出してしまうのが元カレのこと。恋バナならばまだしも、全然関係ない話題について友達とおしゃべりをしていたにもかかわらず、いつのまにか元カレの話題になっていたという経験はありませんか?

元カレについての愚痴や悪口を吐き出すような場合も同様です。本当に嫌いになって憎んでいるのであれば記憶の奥深くに眠らせておけばよいのです。まだまだ未練があるからこそ、ついつい元カレの話をしてしまうのでしょう。

元カレの行動を気にしてしまう

未練が残っていると、元カレの行動をいちいち気にしてしまいがちです。一昔前であれば、元カレの情報を知る方法は共通の友達に聞くことぐらいしかなかったかもしれませんが、幸か不幸か現代は情報の発達した時代です。今は予期せぬところから情報が入ってくることもあるでしょう。

例えばSNSで共通の友達のタイムラインに、元カレが写っている写真がアップされたとしたらどうでしょうか? 気になってそのまま元カレのSNSをチェックしてしまったという経験のある人は多いはずです。

つい目で追ってしまう

元カレが職場の同僚や学校の同級生であった場合には、別れたあとも何かと接点が多いもの。別れてからまったく会う機会がないというのであれば、忘れることもできるかもしれませんが、毎日のように顔を合わせる環境では引きずりがちです。

意識しているつもりはないのに、つい元カレの姿を目で追ってしまっていたということはありませんか? 逆に、気にしないようにしようと意識しすぎても不自然になってしまいますから、接点があると未練を断ち切るのは難しいものです。

すぐに元カレと比べてしまう

意を決して、前向きに新しい恋を始めたという女性もいるでしょう。本当にその新しい相手のことが好きなのであれば別に構いませんが、「元カレを忘れるために恋をした」というケースの場合には注意が必要です。「忘れるために」と考えている時点でまだまだ未練が残っている証拠だからです。

こういう精神状態で恋をしていても、気持ちはその新しい相手には向いていません。何かと元カレと比べてしまってすぐに幻滅してしまうかもしれません。

思い出の品を捨てられない

少し前に「断捨離」という言葉が流行りましたが、未練を断ち切るにはまず物を捨てることが有効です。部屋にいつまでも思い出の品が残っていると、目に入るたびに元カレのことを思い出してしまいますものね。

しかし頭ではそうわかっていても、なかなか思い出の品を捨てることはできないのが人情というもの。何度チャレンジしても捨てられない場合には、未練タラタラのままの自分を認めてしまう方が楽かもしれません。

もう一度彼女になりたい!

bsN112_kaowoooujyosei

どうしても元カレへの未練を断ち切れないという場合には、思い切って復縁を目指してみるとよいでしょう。別れてしまったとはいえ、もともとお互いに好き同士だったからこそ付き合っていたのです。まったく知らない赤の他人よりも、フィットする部分は多いに決まっています。

一度離れてみることで、あらためて相手の魅力を理解できるというのはよくある話。どちらか一方がよほど酷い裏切りをしたのでないかぎりは、復縁への望みはゼロではありません。もう一度彼女になりたいのであれば、まずは元カレと復縁しやすいパターンかどうかを見ていきましょう。

元カレと復縁しやすいパターン

さて、それではどういったケースであれば復縁の可能性が高いのでしょうか? いくら忘れられないからといっても、感情的になって元カレに付きまとってしまっては単なる迷惑なストーカーです。

恋愛は2人でするものですし、2人で育てていくものなのですから、相手の気持ちを無視してはいけません。復縁しやすいかどうかを見極めることが大切になってきます。次のようなパターンであれば、比較的復縁の可能性は高いといえるでしょう。

彼もあなたへの未練を捨てきれていない

「好き同士なのに別れてしまった」というのはよくある話です。たとえば進学・就職・転職など環境ががらりと変わる状況では、いくら好きだったとしてもすれ違いが増えてしまって、あえて別れを選ぶというカップルも多いはず。また、特別なきっかけがなくても、マンネリ感を覚えて距離を置くカップルもいますよね。そんな時に、彼が落ち込んでいると友達からの噂で聞いたり、彼から実際にメールが来るような事があれば、未練があるのはあなただけではないかもしれません。期間をおいて落ち着いたことで、今度こそうまくいくとお互いに考えている可能性もあるでしょう。

別れ話をした時、彼が全く納得していなかった

お互いが完全に納得して別れるということは、なかなかありません。自然消滅のようなケースでないかぎりは、別れ話をされた側は寝耳に水のはず。あなたから別れ話を切り出したのだとしたら、彼は全然納得しないまま渋々別れたのかもしれません。

しかし、こう考えることもできます。納得していないにもかかわらず別れることに同意してくれたということは、それだけあなたのことを大切に考えて尊重してくれていたということ。この場合は、あなたからアプローチをすれば元カレはまた戻ってきてくれる確率が高いです。

別れの原因が完全に元カレにある

恋愛関係というものは、2人で一緒につくっていくものです。大抵の場合、別れたとしてもどちらか一方だけが悪いということはありませんが、中には完全に相手が原因だということもあるでしょう。その場では感情的になって、ついつい勢いで別れを口にしてしまったのかもしれません。

あなたの中でもう彼への怒りや不満が解消されていて、すでに許しているのだとすれば、復縁を迫ってみる価値はあります。元カレも許してもらえるのを待っているかもしれませんよ。

あなたの彼への気持ちが絶対に揺らがない

未練が捨てきれなくての復縁なら構いませんが、「彼氏がいなくて寂しいから」という軽い気持ちでの復縁はおすすめできません。こういったケースでは、きっとまた同じ失敗をして別れを選択することになりますし、ズルズルと何年も付き合ったり別れたりを繰り返すようなことにもなりかねないからです。

「彼じゃなければ駄目なんだ」と確信していて、何があろうとも彼への気持ちが揺るがないというのであれば、復縁にチャレンジしてみるのもありでしょう。

元カレと復縁しにくいパターン

反対に、復縁がほとんど望めないパターンというのも存在します。前向きな話し合いの末での別れであれば可能性は残りますが、喧嘩別れの場合はそう簡単にはいきません。酷い別れ方をしたカップルであれば、相手を憎むこともあるでしょう。

相手が1%すらやり直すことを望んでいないような状況で復縁を迫るのは、迷惑行為以外の何物でもありません。次のようなケースに当てはまる場合は、勢いで復縁を迫る前にもう一度冷静になって過去を振り返ってみましょう。

すでに元カレには新しい彼女がいる

男性は女性に比べて過去の恋愛を引きずりやすい傾向にあります。よく「男は別名保存だけれど女は上書き保存だ」と言われますよね。ただし、過去の思い出を大事にすることと未練があるかどうかはまた別問題です。現状に満足しているのであれば、わざわざ過去の記憶を引っ張り出す必要はないからです。

元カレにすでに新しい彼女がいる場合には、望みは薄いといえるでしょう。もし復縁を迫った際に彼が好反応を見せてくれたとしても、都合のいい女にされてしまうだけで彼女には昇格できないかもしれません。

仕事に精を出している

『もう恋なんてしない』という曲が昔大ヒットしましたが、実際のところ男性は、失恋後にはこういう心境になりがちなものです。「恋愛も女性も、もうこりごりだ!」と考えて、しばらくの間は別のことに没頭しようとします。

その没頭する対象が仕事であり、しかも結果が出ているという場合には、もう元カノであるあなたの入り込む余地はありません。男性にとって仕事がうまくいっている時というのは、仕事が楽しくて仕方ないものだからです。いつまででも待てるという人でないかぎりは、復縁はあきらめた方がベターでしょう。

元カレから別れ話を切り出された

別れ話を切り出したのはどちらからだったでしょうか? もし元カレから切り出されたのだとしたら、復縁の可能性はぐんと低くなります。

女性は一度別れようと決めたら彼氏への愛情がスッパリと消えてしまいやすいものですが、男性は感情を引きずりやすい傾向にあります。頭では「別れた方がいいかも」と思っていても、大きなきっかけがなければなかなか自分から別れを切り出すことはできません。

にもかかわらず元カレから別れを切り出されたのだとしたら、もうあなたにはまったく情が残っていないということです。もちろん個人差はありますが、やはり確率としてはあまり期待しない方がよいでしょう。

別れの原因が完全に自分にある

別れの原因があなたにあるとしたら、復縁は非常にむずかしくなります。特に、あなたが何らかの裏切りを行ったのだとしたら、元カレはもう完全にあなたのことを見限っているはずだからです。

好きになった相手のことを嫌いになるのは簡単ですが、嫌いになった相手のことをまた好きになるのは簡単ではありません。どうしても復縁したいのであれば、長期戦を覚悟しなければならないでしょう。

元カレと復縁するためのアプローチ方法

-shared-img-thumb-SEP_327215200714_TP_V

悩んだ末に「復縁しよう!」と気持ちを固めたのであれば、重要になってくるのが元カレへのアプローチ方法です。

一度別れた相手とやり直す場合には、ゼロから関係を構築する恋愛とはまた考え方が違ってくるもの。元カレはよく知っている相手ですが、相手も自分のことをよく知っています。駆け引きや小手先の恋愛テクニックは通用しないものだと思っておくべきです。だからこそ、慎重にアプローチをしていかなければなりません。

一度うまくいかなかったという事実があるだけに、元カレも復縁には慎重になるでしょう。本気で復縁を目指すのであれば、焦って短期間で結果を求めることのないようにしましょう。では、実際どのようにアプローチしていけば良いのでしょうか。

まずは相手の今の状況を確認する

こちらがいくら意気込んでいたとしても、相手にその気がなければどうにもなりません。まずは、元カレの現在の状況を確認してみましょう。新しい彼女がいるようであれば今はまだその時期ではありませんし、仕事で忙しいようであればかえって迷惑をかけてしまうでしょう。

元カレが恋愛をしてもいいと思っている状況かどうかが重要です。これは共通の友達に聞いてみてもいいし、SNSでチェックをするのもよいでしょう。とにかく、彼に負担をかけないよう細心の注意を図ることが大切です。

良い友達になる

「一度友達関係になってしまうと恋愛に発展しづらい」とよく言われますが、それはあくまでもゼロから関係を構築する場合の話。もともと付き合っていた同士であれば、むしろ友達関係を維持することのほうが重要になります。

男性にとっても女性にとっても、昔の恋人というのは特殊な存在です。元恋人と友達関係を築くことができれば、ふつうの友達には話せないようなことも話せますし、恋人には言えないような愚痴だって言える関係になるでしょう。そうやって自分が特別な存在であるということを認識してもらえば、将来的な復縁への近道となるはずです。

まずは、うまくタイミングを見計らってメールを送ってみてはいかがでしょうか。最初は復縁を臭わせたりはせずに、「あなたの理解者だ」というスタンスで友達関係を構築すると、自然と「最も仲の良い異性」というポジションにつくことができるはずです。

でもやっぱり未練を断ち切って元彼を忘れたいときは?

-shared-img-thumb-PAK82_namidagaporori1039_TP_V

ここまで、復縁を目指すことを前提に元カレとの関係について考えてきました。しかし、必ずしも復縁することが女性としての幸せに繋がるわけではありません。人生は長いものです。付かず離れずの関係をズルズルといつまでも続けるよりは、きっぱりと未練を断ち切った方が良い場合もあります。
どのような場合に、未練を断ち切って元カレを忘れた方が良いのでしょうか?またどうすれば、未練を断ち切る事ができるのでしょうか?

未練を断ち切った方が良いケース

「未練があるからやり直したい!」と考えるのは自由です。ただ、自分の気持ちだけで行動するのは自分勝手です。恋愛というのは一人でできるものではなく、相手ありきのものなのですから、「忘れられない!」と強く思っていたとしても自分の都合しか考えていないようであればそれはただのワガママにしかなりません。

スッパリと未練を断ち切った方が自分のためにも元カレのためにもなるケースをご紹介します。

元カレがすっかり過去と訣別している

思い出というのは美化されるものです。もしかすると、過去の思い出にすがっているのはあなただけかもしれません。

元カレが過去と完全に訣別して新しい人生の一歩を踏み出しているのであれば、あなたがしようとしていることは彼の人生の邪魔でしかありません。彼が新しい恋人とうまくいっているとか、結婚を考えているとかいう情報が耳に入ったとしたら、邪魔をしてはいけません。本当に彼の幸せを願うのであれば、これ以上深追いしてもあなたが傷つくだけです。

下手なことをして憎まれるよりは、良い思い出として彼の記憶の中で生き続ける方があなたにとっても幸せでしょう。

ただ寂しいから復縁したいだけの場合

記念日やイベントがある季節には、一人でいると何かと寂しいものです。友達がみんな彼氏と仲良くしているのを目の当たりにすれば、自分も誰かと付き合いたいと思うのは仕方のないことでしょう。

しかし、ただ「寂しいから」というだけの理由で元カレに連絡を取るのは、絶対にやめるべきです。もちろん、寂しさが恋愛の原動力となる場面はありますが、あくまでもそれはゼロから関係を築く男女の場合の話です。そこから深くお互いを知り合って強い信頼関係を築けるケースもあるでしょう。ですが、一度付き合って別れた男女の場合は、すでにある程度お互いを知っている状態です。

目先のことだけを考えて復縁しても、またすぐに別れを選ぶことになるでしょう。それならば、新しい出会いを求める方がお互い幸せなはずです。

元カレや共通の友達と疎遠になっている

破局したカップルには、別れを選んだあとも仲の良いカップルと、別れて以降は完全に疎遠になってしまうカップルとがいます。別れる理由や事情は人それぞれですから、どちらが悪いということはありませんが、復縁の可能性という点では大きく変わってきてしまいます。

一度付き合って別れた男女が復縁するには、まず仲の良い友達になる必要があります。しかし女性としてだけでなく、人間としても元カレに嫌われてしまっているとしたらどうでしょうか? いくら努力をしても、もう元カレの感情をプラスに変えることはできません。

完全に元カレや共通の友人から距離を置かれてしまっている場合には、素直にあきらめる方がお互いのためとなるでしょう。

未練を断ち切る方法は?

いつまでも思い出に縛られていては貴重な時間がもったいないとは思いませんか? 新しい一歩を踏み出したいという思いが少しでもあるならば、思い切って未練を断ち切るという選択肢もあります。

きっと、本当はあなただってわかっているはずなのです。元カレをヨリを戻したところで、また同じ衝突を繰り返すだけでしょう。それならば、意を決して新しい道を歩み出しした方が、より楽しい未来を迎えることができます。未練を断ち切るための最適な方法を紹介しましょう。

元カレの悪いところ書き出す

どんな人にも、良いところと悪いところがあります。完全無欠な聖人なんて存在しません。元カレを忘れるためには、彼の悪い部分を書き出してみることが有効です。

もちろん、元カレには良い部分もあったことでしょう。良い部分に惹かれたからこそ過去に付き合っていたのだと思います。しかしここは心を鬼にして、悪い部分だけをピックアップしてみましょう。性格が悪いと思われるかもしれませんが、他人に見せるわけではないので気にせずどんどん書いていきましょう。大切な人を忘れるためには荒療治が必要です。

別れたことによるメリットを考える

元カレと別れてからどれだけの月日が流れたでしょうか? それからの歳月で、あなたの生活は少なからず変化したはずです。ここで、改めて別れたことによるメリットを書き出してみましょう。

別れたことによるデメリットも当然あるはずですが、そこは一切無視をしましょう。彼のことを忘れたいのであれば、悪い部分にだけ目をつけるべきです。

「やっぱりヨリを戻したい!」と思った場合にも、別れたことによるメリットを改めて確認すれば、連絡する気は失せるはずです。

思い出の品をすべて捨てよう

最も大事なのは、元カレとの思い出をすべて捨ててしまうことです。プレゼントされた品物はもちろんのこと、残っているメールや写真なども全て消去してしまいましょう。

物に宿っている記憶はとても雄弁です。自分では忘れたつもりのことすら思い出してしまいます。未練があるうちは、少しでも元カレの断片があればそこから記憶がよみがえってしまうはず。だからこそ、すべてを消去するのです。

思い出の品が部屋から消え失せれば、生まれ変わったような感覚になれることでしょう。心機一転して新しい生活をはじめるには最適です。

元カレとの復縁はきっかけ作りが命運を分ける

-shared-img-thumb-0I9A351215032114onepoint_TP_V

復縁を目指すにせよ未練を断ち切るにせよ、大切なのはきっかけです。一時期だけとはいえ、元カレというのは人生をともに過ごしてきた存在なのですから、簡単に忘れることはできないでしょう。だからこそ、一歩を踏み出すためのきっかけが命運を分けることになります。

復縁するのが幸せなのか、きっぱりと忘れることが幸せなのかは、状況次第で違うと思います。しかし、いずれにせよウジウジせずに新しい一歩を踏み出そうという点では同じこと。自分でじっくりと考えた上での行動であれば、どう転んでも後悔はしないはずです。

そのためにも、よく自分自身を見つめ直して、適切な一歩を踏み出すように心がけたいものです。

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー