15,029 view 婚活

婚活が成功しやすい写真のポイントとは?

  • Pairsをフォロー

婚活で使う写真を選ぶのは、簡単なようで難しいもの。婚活のスタイルによっては撮る場所だけでなく、服装まで変わってきます。ですがどのようなケースでも共通するのは、自分らしさ!肩肘張らず自然体で臨めば、自分らしさは内から現れてくるものです。自信の対象は容姿ではなく、これまでの生き方であることも忘れずにいたいものですね!ここでは自分らしさを伝える写真についてご紹介します!

そもそも婚活において写真って重要?

婚活 現実

これから婚活を始めようという人も、今現在婚活に勤しんでいる人も、婚活の写真をおろそかにしていませんか?どんな写真を使っても成果は同じだとか、写真の重要性がわからないとかのたまっているあなた。断言します、婚活をするにあたって、写真は超、超!超‼︎重要です。婚活の最初にして最大の難関ともいえる写真選びを杜撰にしてしまっては、せっかくの出会いのチャンスをみすみす逃しているようなもの。ここでは写真選びのコツや、シチュエーションごとの使い分けについて、紹介しましょう。

婚活で写真を使用するケース

婚活では様々な機会で写真が必要になってきます。むしろ必要とならないケースの方が多いのですが、ここではその代表的なものを紹介しましょう。

お見合い

まずはお見合いですね。多くの人がイメージするように、現在でも全身写真をお見合いで使うことはよくあること。今回紹介する事例の中では、もっとも様式ばったスタイルで写真を撮ることとなるでしょう。

結婚相談所

結婚相談所の登録でも、写真は必要となります。登録時の他にも、マッチングサービスを利用する際にも使用されますから、なにげなく選んだ写真が相手選びの判断基準として使われていることも。

婚活サイト・アプリ

ネット上の婚活サイトでも、そのほとんどが写真を必要としています。このケースでは相手を選ぶ際だけでなく、信頼性を高める意味でも効果があります。写真の有無だけでも連絡を取ってくれる相手の数は何倍も異なりますから、必ず登録したいものです。

婚活において写真の良し悪しはどのくらい違うの?

selfie-photo-self-photo-woman-beautiful-charm

写真がどんなケースで、どんな風に使われているかはわかっていただけたでしょうか。では、写真の良し悪しによって、どんな違いが現れるのでしょうか?

写真が残念なケース

残念な写真であればあるほど、婚活のそもそもの目的である、「出会い。そして結婚」を達成することが難しくなります。自分の身になって考えてみればわかることですが、残念な写真を使っている人と良い写真を使っている人、どちらと出会いたいかは歴然としていますよね。写真があまりに残念なケースでは、せっかく登録したのに一度も出会うことなく退会する、なんてことにもなりかねません。

良い写真のケース

では良い写真ならばそれだけで多くの人と出会えるのか、というと残念ながらそうではありません。写真は相手を選ぶ上で重要な要素のひとつですが、それが全てではありませんよね。更に言うなら良い写真を使うのは、婚活をする上で最低限度の条件。多くの人が自分のベストの写真を何度も撮り直して、挑んでいるのが婚活です。良い写真を使うことは、婚活という土俵に上がるためには欠かせない条件なのです。

婚活・お見合い用の写真の注意点やポイント

ipad-tablet-technology-touch-computer-screen

写真選びの重要性をわかっていただいたところで、実際に写真を撮る際・選ぶ際の注意点を見ていくことにしましょう。いくつかのポイントに注意するだけで、あなたの婚活用写真は劇的によくなるはずです。

実物とあまりに違う写真は使用しない

第一印象は非常に大切。それだけに写真に写る自分をよく見せたいという気持ちは、痛いほどよくわかります。ですが実物とあまりに違う印象を与える写真は、使わないのが無難。写真と実物とのギャップに動転してしまって、話をするどころではなくなってしまいます。大事なのはあくまで自然体の自分。自分らしい写真を意識して、その上でほんの少しの背伸びを自分に許してあげれば、思い通りの写真が出来上がるでしょう。

派手すぎるメイク・服装をしない

婚活と対極に位置するのが派手すぎるメイクや服装です。これらは男性に「遊んでいる」という印象を与えるもの。そんな印象を与えたいのであれば話は別ですが、真剣に婚活をしている人にとってはもっとも避けたい印象ですよね。落ち着いた雰囲気、家庭的な雰囲気をイメージしましょう。

顔がはっきり分からない写真は使用しない

容姿に自信がない人ほど、顔がはっきりしない写真を使いがち。ですがそんな写真を使うと、相手に与える印象もぼやけてしまって、インパクトを残せません。容姿に自信を持つ必要はありません。自信の対象は容姿ではなく、自分の生き方。これまでの自分を肯定できるようであれば、その自信は自然で好ましいものとして、表情に表れてくるものです。

婚活・お見合いの写真はスタジオ撮影?それとも自撮り?

写真はどこで撮影するかによっても、相手に与える印象が大きく変わるもの。ここではスタジオ撮影と自撮りという、対極にある二つの撮影法について見ていきましょう。

スタジオ撮影のメリット・デメリット

まずはスタジオ撮影。写真のプロに撮ってもらえるとあって、その出来栄えは保証付きです。クオリティの高さは約束されていますが、撮り直しが難しい上にお金がかかるのが欠点。現在は何枚も撮ってもらえて、その中から気に入った写真を選ぶスタイルがスタンダードですが、その中でも良いものがなかった場合、ちょっと残念なことになってしまいます。

自撮りのメリット・デメリット

スタジオ撮影の対極にあるのが自撮りです。自分で撮影しますから、気軽に何度でも撮り直しができるのも嬉しいところ。その一方で、写真の解像度や技術の面ではプロのカメラマンに当然劣ります。また、全身写真を撮るのには適していないでしょう。

スタジオ撮影に適したケース

スタジオ撮影の写真が活用される一番のケースは、お見合いでしょう。きちんとした格好をして、全身写真を撮ってもらうことになりますから、スタジオ撮影以外の選択肢はほとんどないといえます。結婚相談所に仲介してもらう場合、お見合い写真を撮ってもらえるサービスや写真店を紹介してくれるケースもありますから、有効に活用したいもの。

自撮りに適したケース

一方自撮りに適しているのは、婚活サイトや婚活アプリなど。ネット上で婚活をする場合、固い写真は逆に敬遠される要因ともなりかねません。自分らしい自然な写真を撮ることができるのも自撮りの利点ですから、自然な写真が撮れるまで、何度でも不自然なほどの撮り直しをするのもよいでしょう。自分の気に入った写真が撮れるまで何度でもやり直せるのが、自撮りの特権なのですから。

婚活・お見合い写真の服装のポイント【女性編】

ここまで写真の撮り方や使い分けについて紹介してきましたが、本当に大切なのは被写体であるあなた自身。ここからは写真に写る際の注意点について見ていくことにしましょう。まずは服装について。

女目線ではなく男目線で

女性の場合、自分や友人がおしゃれだと思う服装を選ぶことが多いでしょう。日常的にはまったく支障がありませんが、婚活となると別問題。相手は男性です。男性の視線を意識した服装選びも、婚活では必要となってきます。もし服装のことを相談できる男兄弟や男性の友人がいるのであれば、相談してみるのもよいのではないでしょうか。

ボトムスは自分に合ったタイプを

ボトムスをスカートにするか、パンツスタイルにするかは大きく意見のわかれるところ。女性らしさを見せるのであればスカートでしょうが、普段まったくスカートを履かないという人にとっては抵抗もあるでしょう。男性ウケを考えた場合、スカートのほうがやや有利のようにも思います。ですが普段からパンツスタイルに慣れており、それがサマになっているのであれば、それほど気にしなくともよいでしょう。

気合が入りすぎた服装は避ける

あまりに気合が入りすぎた服装は、相手に重い印象を与えてしまいます。特に気をつけたいのが、ウェディングドレスをイメージさせるような白のドレス。確かにゴールが結婚であることはまちがいありません。ですが二人はまだ出会う前。顔を見る前から結婚式を意識させられるのは、結婚願望が強い男性にとっても、重すぎます。

婚活・お見合い写真の服装のポイント【男性編】

女性の服装の注意点を見てきましたが、次に男性が注意する点を見ていきましょう。

清潔感

よく言われることですが、女性は男性の着こなしはもちろんのこと、清潔感があるかを重要視しています。清潔感とは漠然とした言葉ですが、具体的にいえば襟が曲がっていないか、シャツの裾は汚れていないか、きちんとアイロンはかかっているかといった、社会人としてごくごく当たり前のことに過ぎません。逆にいうと女性は、社会人として当然のことができるかを見ているといえるでしょう。

スーツにしばられなくてもOK

男性の場合、フォーマルな服装といえばまずスーツが思い浮かびます。ですが婚活用の写真はそこまでフォーマルな服装が求められるケースばかりではありません。清潔感が出る服装であれば、スーツでなくとも構いません。新しく綺麗なシャツにジャケットを一枚羽織るだけで、それなりの形になるもの。もちろん自信がなければスーツがもっとも無難なのは間違いないでしょう。

自分の人柄が出る服装を

スーツにこだわらない場合、自分らしさが発揮出来る服装をするのもよいかもしれません。普段から着慣れている服装であれば、肩肘張らず自然な姿を見てもらえるでしょう。とはいえ、ある程度のフォーマル感は必要。Tシャツに短パンが普段着だとしても、そこはもう少し背伸びをしたスタイルで臨みましょう。

婚活写真の髪型・メイクのポイント【女性編】

次にメイクや髪型のポイントを見ていくことにします。

髪型のポイント

奇抜な髪型がダメなのはもちろんのこと、派手すぎたりキメすぎたりしてもNG。ですが髪型は第一印象に大きな影響を与えますから、入念な準備をしたいもの。普段社会人としてそれほど違和感のない髪型をしているのであれば、普段のスタイルを崩さずに、そこに多少手を加えるだけが手軽でかつもっとも無難だといえるのではないでしょうか。

メイクのポイント

メイクのポイントも同様に、派手すぎず・キメすぎず、が基本。流行りのスタイルを取り入れるのも良いですが、多くの男性はナチュラルメイクを好むもの。女性らしさを演出することはもちろんのこと、家庭的な雰囲気を出すことを心がけましょう。婚活のゴールは恋人同士になることではなく、結婚です。「この人と温かい家庭を築いていきたい!」と男性に思わせることが肝心なのです。

婚活・お見合い写真の髪型のポイント【男性編】

男性の場合、服装の項目でも紹介した通り、清潔感が大きなポイントとなります。髪型の場合でも同様のことがいえるでしょう。手入れをしていない長髪や目にかかるような前髪などはもちろんNG。それだけでなく、眉毛やヒゲなどの手入れも怠らないようにしたいもの。またたとえ写真に写らないとしても、日頃から爪が伸びすぎていないかは気をつけたいポイントです。女性は案外男性の指を見ているものですからね。

婚活・お見合い写真の撮り方とは

ここではスタジオ撮影の場合と地鶏の場合にわけて、それぞれに注意すべきポイントを見ていくことにします。

スタジオ撮影の場合

スタジオ撮影を利用するのは、お見合いや結婚相談所といった、比較的固めのシチュエーションがほとんど。撮り方もある程度スタイルが決まっているだけに、逆に撮影者の能力が問われるものでもあります。

ショーウィンドウはその写真館の得意分野を見せている

街の中にたくさんある写真スタジオ。注目すべきはショーウィンドウに飾られている写真です。飾られているのはもちろん、そのスタジオの撮影者が撮った自慢の作品。ここに並べられているのが家族写真や子供の写真ばかりであれば、お見合い写真は専門外かもしれません。逆に成人式の全身写真が前面に押し出されているようなスタジオは、大人の写真を撮り慣れている証拠といえます。

結婚相談所の提携サービスを上手く利用する

結婚相談所には提携する写真スタジオがあることがあります。そのような写真スタジオは、当然お見合い写真を撮り慣れていますから、利用しない手はありません。料金面でも割引をしてくれることもありますから、相談所を使って婚活をしているのであれば、ぜひ活用したいものです。

自撮りの場合

では、自撮りの場合はどうでしょうか?いくら何度でも撮り直しができるといっても、ポイントを押さえておかなければ、いつまでたっても理想の写真を撮ることはできません。

自分がよく見える角度を知った上で、少し外す

どうすれば自分がキレイに見えるか、わかっている女性は少なくないでしょう。ですがそうした写真はどうしても、わざとらしさが出てしまうもの。よく見せようとし過ぎるあまりに、キメすぎ感が出てしまいます。自分がよく見える角度を利用した上で、あえて少し外すことでわざとらしさを回避することが可能です。

自然体を装う

自撮りにはどうしても自意識過剰な印象がつきまといがち。ここまで何度も述べている通り、わざとらしさ、あざとさが出てしまうのですね。自分がキレイに見えることも大切ですが、それ以上に自然な写真となることを目指しましょう。理想は「ふとした瞬間に誰かに撮られた」ような写真。もはや自撮りの範疇からは外れてしまいますが、友人に協力してもらうのもありかもしれません。

ネットの婚活サイト・アプリでのプロフィール写真の撮り方・選び方

婚活サイトやアプリで使用する写真は、なにも自撮りに限りません。旅行先で撮ったり、これまでに撮った写真を使ったりするのも良いでしょう。

撮影する場合のポイント

婚活用の写真としてわざわざ撮るよりも、普段の生活で撮った写真の方が、より自然で自分らしいもの。友人といった旅行先で撮ったもの、スポーツ観戦や友人との食事会で撮ったもの、なんでも構いません。気をつけたいポイントを挙げるとすれば、自分が心から楽しめるイベントの際に写真を撮ること。そうすれば自分らしさが十分に発揮出来るだけでなく、同じ趣味の人であれば、一気に距離が近づくでしょう。

もともと持っている写真から選ぶ際のポイント

これまでの写真から選ぶ場合、一番気をつけたいのは異性の存在を感じさせないこと。たとえ自分の部分だけを切り取っていても、隣にいた元カレや元カノの存在はわかるもの。同じように、異性の友人が一緒に写っているような写真も避ける方がよいでしょう。

自分らしさを見つけよう

barrow-1244534_640

婚活で利用する写真について、さまざまな角度から見てきました。最後に、婚活用の写真を撮る・選ぶ際のポイントを一言で。それはズバリ、「自分らしい自然体の写真を選ぼう」ということ。必要以上によく見せようとしたり、キメすぎたりしてしまうのは逆効果になりかねません。いくら写真がよかろうと、最後にものをいうのは自分自身だと考えれば、当然の結論だといえるのではないでしょうか。

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー