10 view 婚活
婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編

婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編

  • Pairsをフォロー

決心して婚活サイトに登録したはいいものの、どうやって進めていったら良いのか分からないという人は意外と多くいるものです。ここでは、婚活サイト初心者のために、男性向けのプロフィールの書き方や写真の撮り方について解説していきます。

婚活サイトでプロフィールはなぜ重要なの?

婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編

プロフィール写真がなければそもそも連絡すら来ない可能性が高い!

婚活サイトではプロフィール写真が重要といわれています。なぜそこまでこだわる必要があるのかというと、写真を載せていなければ相手の目に止まることがほとんどないからです。婚活サイトに登録している人が自分の好みのタイプを見つけるために、最初の判断材料とするのは写真です。他の会員がプロフィール写真を載せているなかで、自分だけ写真なしだったら女性はどう感じるでしょうか。

まったく興味を示さずに、そのままスルーしてしまう可能性が高いでしょう。自分から連絡を送ってみても、写真を載せていない人からメッセージが来たら女性は開封すらしないかもしれません。さらに、女性は「顔写真なし」を除外して検索する人もいますし、プロフィール欄で「顔写真なしの方はNG」などとはっきり明記している人もいます。

自分のプロフィールページをしっかりと見てもらう第一歩として、写真は何よりも欠かすことができないのです。また、写真なしのプロフィールにしていると女性に不信に思われたり、よっぽど顔に自信がない人なのかなと思われたりする可能性もあります。婚活サイトでは、写真を載せていない方がデメリットは多いです。見られたくない、恥ずかしいといった気持ちは捨てて思い切って写真を載せるようにしましょう。

プロフィール文章がなければ相手に興味を持ってもらうことは難しい!

婚活サイトのプロフィールは、基本的なことから細かい部分までさまざまな項目が設けられています。年収や経歴、趣味、文章など細かい項目は、なるべく埋めることが大切です。自分をアピールすることができますし、婚活に真剣に取り組んでいるという意思表示にもなるからです。なかでも、重要なのはプロフィール文章です。プロフィール文章を見て、女性は自分と相性が会うかどうかを判断します。

自分が好きなこと、物、気になっていること、ハマっていることなどを文章にすることで、お互いの共通点が見つけやすくなるのです。書くことが見つからないという場合は、仕事について書いても良いでしょう。自分と同じ仕事をしているというつながりで、女性から連絡が来る可能性があります。プロフィール文章は、相手とつながりを得るための重要な項目です。

性格や趣味、仕事などで何かひとつでもつながる部分があれば、女性からも連絡がしやすいですしその後の会話も弾みます。好みの女性と出会う機会を増やすためにも、プロフィール文章はしっかりと書く必要があるのです。

婚活サイトのプロフィール写真を撮るときのコツ

婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編

服装のポイント

服装は、清潔感を重視することがもっとも重要です。ヨレたシャツやだぼっとしたパンツなど、だらしない印象を与える服装は避けた方が良いでしょう。また、特別オシャレにする必要もありません。気合を入れすぎた服装は相手に引かれてしまう場合がありますし、ナルシストな印象を与えてしまう可能性が高いです。

服装はスーツが無難といえますが、堅苦しいイメージを避けるため「ビジネスカジュアル」を意識すると良いでしょう。清潔感を意識しつつさわやかにまとめることができます。男性のビジネスカジュアルというと、白やパステルカラーのシャツにチノパン、ジャケットが定番です。シャツの代わりに、女性ウケの良いニットなどをあわせても良いでしょう。

ビジネスカジュアルは、清潔感に加えて誠実なイメージも加わります。真面目そう、しっかりしてそうという第一印象を与えることができれば、女性からの好感度もアップする可能性が高くなります。

ヘアスタイルのポイント

髪はセットしすぎないようにしましょう。セットしすぎてしまうとチャラい印象を与えてしまう恐れがあります。真剣に結婚相手を探している人にとって、遊んでそう、軽そうといった雰囲気の人は対象から外されて不利になります。万人受けされるように、髪型はシンプルなスタイルを選びましょう。黒髪&短髪が幅広い女性に受け入れられやすい髪型です。

さっぱりとした短髪は清潔感を与えることができますし、黒髪は誠実な印象を与えます。反対に、カラーやパーマをした髪、長髪は婚活サイトではあまり受け入れられることはありません。一般的に、好印象を与える髪型ではないからです。べたついている髪やフケがついている髪なども不衛生な印象で良い印象を与えません。清潔感のある髪で撮影に臨みましょう。

写真を撮るときのポイント

写真を撮るときは、明るい場所で撮影することがもっとも重要です。暗い場所で撮影された写真は全体的に暗く、ぼやけた仕上がりになってしまいます。暗いイメージのある写真では、女性に興味を持ってもらうことは難しいでしょう。明るい写真で、さわやかそう、明るそうといったイメージを連想させることが大切になります。撮影にベストなロケーションは公園です。

広い公園を背景にして木や草、花など自然を感じられる場所で撮影すると、さわやかで明るい写真を撮ることができます。撮影するときは逆光を避けて、顔に影ができないようにしてください。屋外で撮影できないという人は、天気と背景に注意して撮影しましょう。曇りの日に屋内で撮影すれば全体的に暗くなりますし、背景に散らかった部屋などが写っているとマイナスです。日光が差し込む明るい部屋で、背景をすっきりさせて撮影するのがコツです。

写真を撮るときの表情は?

撮影するときは、笑顔で撮ることが基本です。無表情ではその人がどういった人なのかわかりづらいですし、場合によっては怖い印象を与えてしまうかもしれません。口角を上げて、歯を見せるくらいの笑顔で撮影しましょう。笑顔の写真を撮りたいときは、少し大胆なぐらいがベストです。

特に、普段写真慣れしていない人や緊張しやすい人などは、自分で笑っているつもりでもうまく笑えていないことが多いです。大げさなくらいの笑顔で撮影した方が、出来上がった写真はちょうど良い笑顔で仕上がるでしょう。笑顔がうまく作れるか心配という人は、口を大きく開けたりすぼめたりして顔の筋肉をほぐしてあげるのがおすすめです。気心の知れた友達などに撮影を頼むのも効果的です。

写真のレイアウトは?サブ写真って?

本人8割、背景2割のレイアウトをイメージすると良いでしょう。スマホから利用する人も多いため、はっきり見えるくらい本人が大きく写っているものがわかりやすいです。写真を撮るときは、肩から上のアップを撮るのが基本です。ただし、これはあくまでもメイン写真の撮り方です。婚活サイトでは、メイン以外にも載せられるサブ写真というものがあります。

サブ写真では全身を撮影した写真や、旅行に行った際に撮った写真、趣味や仕事中の写真などさまざまなものを載せられます。サブ写真はプライベートの写真なので、多くの女性に興味を持たれる可能性が高いです。会話のネタにもなるため、メイン写真と一緒に載せるようにしましょう。

婚活サイトのプロフィール写真で絶対にやってはいけないことはある?

婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編

複数人で写っている写真

友達と一緒に撮影したなど複数人で写っている写真は、本人がどれかわかりづらいため避けた方が良いでしょう。特に、異性と一緒に写っている写真は禁物です。グループで撮っていてもそのなかに1人でも女性がいれば、婚活サイトを真面目に利用していないと見られてしまう可能性が高いからです。恋人がいるのに登録している遊び人と受け取られてしまうかもしれません。

真剣に利用していることを伝えるためにも、写真は1人で写っているものを選ぶようにしましょう。また、友達がかっこいい、もてるからといって自分以外の人の写真を使うことは絶対にNGです。これは、完全に相手の女性をだますことになりますし、もし友達が知ってしまったらいい気分はしないでしょう。自分以外の写真を使うことはもってのほかです。

プリクラや加工済みの写真

プリクラで撮影した写真や、加工したことがわかる写真を使うのはNGです。確かに、写真を載せるときはできるだけ自分がかっこ良く写っている写真を使いたいと思うものですが、実物とかけ離れた写真は避けた方が良いでしょう。親しくなった女性と実際に会うことになった場合、相手の女性ががっかりしてしまう可能性が高いからです。

プリクラやアプリ、ツールなどで加工した写真を使っていると、相手に本当の自分を知ってもらうことは難しくなります。婚活サイトの写真で重要なのは、自然体で撮影した写真です。飾っている自分にアプローチしてくる女性よりも、自然体の自分に興味を持ってくれる女性と出会うことが大切です。

正面を向いていない写真

婚活サイトで残念な写真というのが、横や下を向いている写真です。このような写真は表情がわかりにくいため、その人が持つイメージをうまくつかむことができません。場合によっては、暗い印象を与えてしまうこともあります。婚活サイトのメイン写真は笑顔で撮ることが基本なので、表情がうまく伝わらない写真は避けましょう。

婚活サイトのプロフィール文章を書くときのコツ

自分で考えて書く

プロフィール文章は、テンプレは使わずになるべく自分で書くことが大切です。調べればテンプレはたくさん出てきますし、婚活サイト内でもテンプレを紹介しているところがあります。参考にするぐらいであればもちろん良いのですが、完全にテンプレで書いてしまうと手抜きと思われて良い印象を与えることができません。

婚活サイトで相手を探すときは、1日のうちに何人ものプロフィールを閲覧する人がほとんどです。テンプレを使っているかいないかはすぐにわかってしまうことが多いため、テンプレをそのまま使うことは避けましょう。

趣味はしっかりと書く

趣味や気になっていることなどを細かく書くことは、相手に興味を持ってもらうのに有効的な方法です。この人となら同じ趣味で一緒に楽しめそうといったようにお互いの共通点を見つけると、女性のなかで男性の良いイメージがどんどん膨らんでいくからです。共感を得られる可能性が高い項目は積極的に書いていきましょう。

本気の気持ちが伝わるように書く

婚活サイトは結婚したい相手を探す場です。結婚したい、結婚できる女性とお付き合いしたいという真剣な気持ちが伝わる文章を意識しましょう。効果的なのは、これからどうしたいかなど将来的に考えていることを書くことです。付き合ったらこんなことがしたい、理想のカップルのイメージ、結婚後の理想の生活など相手が将来のことを具体的にイメージできる文章を考えましょう。一緒の時間を過ごしたい、結婚するならこんな人がいいと女性に思わせることが成功する秘訣です。

引け目はネガティブにならないように書く

婚活サイトでは自分を取り繕う必要はないので、短所などは特別隠す必要はありません。短所や引け目を感じている部分があれば、ネガティブな感じを出さないように書きましょう。できない、無理というようなネガティブで否定的な言葉は女性に良い印象を与えません。短所や引け目を感じている部分のみで文章を終えるのではなく、苦手だけど変えられるように努力していますといったようにプラスの言葉を付け加えると良いでしょう。

ポジティブに言い換えることもひとつの方法です。女性と話すのが苦手という人は代わりに聞き上手であることをアピールしても良いですし、人見知りの人は性格はおだやかで協調性があるといったように書いてみましょう。言い換えるだけでネガティブなイメージをがらりと変えることができます。

文体は性格に合わせて書く

プロフィール文章は、自分の性格とマッチする文体(明るい、知的、静かなど)を意識して書きましょう。文章はその人の人柄が出るものです。本来の自分が話しているような感覚で書くと、相手の女性は性格や雰囲気などをイメージしやすくなります。実際に会ったときのギャップを少なくして、自然と会話が楽しめるようにするためにも性格に合った文体を心がけましょう。

婚活サイトで成功するためにはプロフィールに力を入れよう!

婚活サイト登録後の進め方!プロフィールの書き方と写真の撮り方・男性編
婚活サイトのプロフィールは自分をアピールする重要なものです。適当に済ませてしまっては、女性からアプローチされることがないばかりか目に止まることすらない可能性もあります。写真や文章にどれだけ力を入れられるかで、その後の出会いに大きく影響するのです。出会いの幅を広げるためにも、プロフィールはしっかりと作るようにしましょう。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー