5 view 婚活
婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ

婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ

  • Pairsをフォロー

婚活サイトは、知名度が高いものからそうでないものまでたくさんあります。なかには、悪質サイトと呼ばれるものもあるため、利用する前にしっかりとチェックしておくことが大切です。今回は、婚活サービスを使う前に確認しておきたいことや知っておきたいことについて紹介していきます。

サービスを利用する前に確認しておきたいこととは

婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ

信用できる婚活サイトかどうかをチェックしよう

婚活サイトを利用するときは、信用性が高いサイトを選ぶことが第一条件です。安心・安全にサービスが利用できるかどうかをチェックするには、特定商取引法、会社概要/運営会社情報、利用規約の3つを確認します。特定商取引法とは、事業者が違法な悪質勧誘等を行うことを阻止するために設けられた、消費者の利益を守るための法律です。

訪問販売や通信販売など消費者トラブルが起きやすい取引類型を対象にしており、もちろん婚活サイトも例外ではありません。すべての婚活サイトは特定商取引法に基づき、事業者が守るべきルールと消費者を守るルールを記載した契約書を取り交わすことが義務付けられています。そのため、契約書の提示が行われていないサイトは避けるべきです。

契約書の提示がされているサイトであっても、内容はきちんと確認するようにしましょう。見るべきポイントは、クーリングオフと中途解約についての記載があるかどうかです。クーリングオフとは、契約書を受け取ってから8日以内であれば、契約後であっても全額返金されるという制度のことです。悪質なサイトは、クーリングオフ制度を設けていないことが多いため注意しましょう。

中途解約は、クーリングオフ期間を過ぎていても一方的に契約を解除できるというものです。どちらも金銭トラブルを避けるうえで重要な部分となりますので、しっかりと確認してください。契約書には、この他に契約解除についての記載がされていることが多いです。クーリングオフと中途解約は消費者を守るルールですが、契約解除は事業者側が安全にサービスを運営するために設けるものです。

申込書に虚偽があった、他の会員の会員情報を漏洩したなど登録者が何らかのルール違反をした場合に、事業者側が登録者の契約を一方的に解除できます。長く利用するためにも、クーリングオフと中途解約とあわせて確認するようにしてください。次に、会社概要/運営会社情報について見てみましょう。信頼に足るサイトであれば、会社名や所在地、代表者、業務内容など細かく記載されています。

特に重要なのは、会社名と業務内容です。有名なサイトであれば信用性はアップしますし、業務内容を見ればどれだけ婚活事業に力を入れているかが一目でわかります。もし、簡易的にしか記載されていなければ、悪質サイトである可能性が高いため避けた方が良いでしょう。最後の利用規約は、ほとんどチェックしないという人や、まったく見ないという人も多いのではないでしょうか。

安全なサイトであるかを判断するためには、利用規約をすみずみまで確認することは大切です。解約についてのルールや損害賠償、禁止事項などサイトによってたくさんの項目が記載されています。不審な部分はないかしっかりと読んでおきましょう。いつでも見返せるように印刷しておくと安心です。

どのような婚活サイトなのかをチェックしよう

利用する前に必ずチェックしておきたいことは料金についてです。婚活サイトは無料プランを設けているのが一般的ですが、なかには女性は無料で男性は有料というサイトもあります。気軽に始められると勘違いして、料金が発生してしまうこともあるため注意しなければいけません。次に、口コミです。サイトの特徴を知るには、口コミをチェックするのが簡単です。

良い内容と悪い内容の両方を確認して、安心して利用できるかを見極めましょう。口コミは、自分にぴったりのサイトを見つけるのにも有効なので、できるだけたくさんの口コミを参考にするようにしてください。口コミをチェックしたら、男女比と年代層も見ておきましょう。男女比はより多くの異性と出会うために確認しておかなければならない部分です。

サイトによっては男女比の割合が8:2というところもあります。スムーズに婚活を進めるためにも、男女比と会員数はあわせてチェックしておきましょう。年代層は、サイトの運営がどの年代層で構成されているかをチェックします。学生向けや社会人向け、20代向け、30代向けなど年代層を細かく指定して運営しているサイトもあります。

30代の人が20代向けのサイトを利用しても出会いは限られますし、社会人が学生向けのサイトを利用するのも同様です。しっかりチェックして、出会いの幅が広がるサイトを選ぶようにしましょう。最後は、プライバシーがきちんと守られるサイトであるかどうかです。

氏名や住所、電話番号など自分の個人情報が漏洩した場合、犯罪に使われるリスクが高まりますし、何より知り合いに知られてしまう可能性が出てきます。婚活サイトを利用していることを他人に知られたくないという人は少なくないでしょう。個人情報を適切に管理しているかどうかの見極めは、プライバシーマークを取得しているかで判断します。

プライバシーマークとは、個人情報を適切に管理していることを一般財団法人が認めているというマークです。プライバシーマークを取得しているサイトは、適切な情報保護の取り組みを行っているため安全性が極めて高いです。プライバシーマークの有無を確認しておくと安心して利用することができるでしょう。

婚活サービスと恋活サービスの違いについて

婚活サービスと恋活サービスの活動内容はまったくの別物です。どちらも同じと勘違いして適当に利用してしまうと、自分が求める異性には出会えない可能性が高いので注意してください。まず、婚活サービスとは、その名の通り結婚相手を見つけるための活動を支援するサービスのことです。利用者は結婚願望のある異性を探すのが目的であり、結婚相手を見つけることがゴールになります。

反対に、恋活サービスとは、結婚は関係なく純粋に恋愛をするために異性を探す活動を支援するサービスです。恋愛がしたい、恋人が欲しいといった望みを持った人が利用するためのサイトです。そのため、婚活を目的としている人が恋活サービスを利用しても目的を達成できる可能性は低いですし、その逆も同様です。違いを理解していないと無駄に料金を支払ったり、時間だけが過ぎてしまったりということになりかねないので注意しましょう。

サービスを使う前に知っておきたいこととは

婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ

受け身では出会いは得られない

婚活サイトでありがちな失敗として、受け身な人が多いということがあげられます。婚活サイトは、結婚につながる出会いのために積極的に活動する必要があります。にもかかわらず、自分から連絡することはせずに、相手からのアプローチを待つというスタンスでは出会いを得ることは難しくなるでしょう。

20代なら受け身であっても異性の方から頻繁に連絡がやってくるかもしれませんが、年を重ねていくごとにアプローチされる可能性は低くなってしまいます。婚活サイトで出会いを求めるのであれば、男性も女性も受け身から脱却して積極的にアプローチする必要があるのです。

自分からアプローチすることは、結婚したいという強い意志を相手に伝えることでもあります。本気で結婚を考えている、結婚願望が強くあることを相手に伝えることができれば、より良い出会いを得ることができるでしょう。

連絡はまめが基本

婚活サイトを利用したら、連絡は毎日行うのが基本です。連絡をまめに行うことで、相手に誠実な人という好印象を与えることができるからです。逆に、連絡をほとんど取っていないと、相手は自分に興味がないのかもしれないと不安に感じますし、最悪の場合別の異性に気持ちが向いてしまう可能性もあります。返事が遅いという人も、相手を不安にさせてしまう恐れがあるため注意しなければいけません。

婚活業界では1日2回のやり取りでお互いの好感度が高くなるといわれています。忙しくて時間がないという人でも、最低2回は連絡を取り合うようにしましょう。さらに、朝、昼、夜と1日最低3回は連絡が来ていないかチェックしておくのがベストです。連絡はほとんどしない、連絡するのが面倒といった連絡不精の人などは、異性と深い付き合いをできるようにするためにも改善するようにしましょう。

ただし、連絡のしすぎはNGです。頻繁に連絡しすぎるのは相手にプレッシャーを与えますし、うざいと思われて相手の気持ちが離れていってしまう可能性があります。相手を不快にさせない連絡の取り方を心がけましょう。

プロフィールは細かく載せる必要がある

婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ
婚活サイトで良い出会いを探すためには、プロフィールを充実させることは必要不可欠です。もちろんすべて埋めなくても大丈夫ですし、自己アピール欄で「特になし」と記載するのも間違いではありません。けれど、プロフィールは自分の良さを売り込む欄でもありますから、できるだけ空欄はなくすべきです。とはいっても、見られたくない項目はどうしても出てきてしまうものですよね。

それが、写真です。婚活サイトのプロフィールでもっともつまずきやすい部分といっても過言ではありません。容姿に自信がないという人や顔を見られるのが恥ずかしいという人などは、写真なしにしたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、婚活サイトのプロフィールは、写真が何よりも重要になります。

写真の有無だけで、メッセージやいいねなど異性からのアプローチが大きく変わることがあるからです。写真なしでプロフィールを掲載した場合、異性からの反応はほとんどないものと考えていいでしょう。そのため、写真は必ず掲載するようにしてください。

自分の写真に自信がないという人は、友達と遊んでいるときに撮った写真や、旅行に行ったときの写真など、自分が笑顔で写っている写真を選ぶと良いでしょう。婚活サイト用に気合いを入れて撮った写真や、緊張して顔がこわばっている写真は避けた方が無難です。自分を表現するのにもっとも適している自然体の写真を選ぶようにしましょう。

婚活サイトのプロフィールでは、氏名や年齢、趣味、職業といった基本的な項目から、学歴、経歴、年収といった細かい項目を設けているところもあります。これらの項目は自己アピールにもつながるため、書いた方が良い出会いを得られる可能性が高くなります。ただし、書くことが特にないからといって嘘を書くのは避けてください。

経歴詐称はもちろんですし、年収をごまかすことも後々バレるリスクがあります。自己PR欄に「嫌い」など否定的な言葉や、ネガティブな言葉を書くことも配慮に欠けるため避けましょう。

遊びで登録している人もいる

婚活サイトとはいえ、なかには遊びで登録している人も一定数いるのが事実です。真剣な出会いを求めているのに、そういった人に出会うと不快に感じてしまうものですよね。気になっている人がもし遊びだったら…と不安が募ってしまうこともあるでしょう。そのようなときでも、実際に会う前の連絡を取り合っている段階で見極めるようにすれば問題ありません。

もっともわかりやすい特徴は、相手がすぐに会いたいと言ってくるかどうかです。すぐに会いたいと言ってくる人は、プロフィールのみで相手を判断している可能性が高いです。顔が好みであったり年収が高かったりといった部分で良し悪しを決めているかもしれません。連絡のやり取りがほとんどなく、信頼関係も結べていない段階であるにもかかわらず、向こうが会いたいと言ってきたら要注意です。

やり取りを中断して、別の人を探した方が安全といえます。自分が軽い存在と見られないためには、プロフィールに隙を作らないことも大切になります。記号や絵文字、顔文字をたくさん使った文章は、相手に付け入られる可能性が高くなります。丁寧で真面目な文章を心がけ、真剣に婚活サイトに登録しているという雰囲気を出すようにしましょう。

すぐに登録はNG!特徴や注意点を確認して婚活サイトを安全に利用しよう

婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ
無料プランがあることで気軽に利用しやすい婚活サイトですが、すぐに登録してしまうのは禁物です。会社概要や規約など信頼に足るサイトであるか、男女比や口コミなどを見て自分に合ったサイトであるかをきちんとチェックしてから登録するようにしましょう。

利用するときは、積極性を持つこと、連絡はまめに行うこと、プロフィールはすみずみまで書く必要があること、遊びで登録する人もいるということを頭に入れておいてください。これらは、サービスを利用する側が知っておくべき最低限のポイントになります。安心・安全に利用できる婚活サイトを選んで、運命の人を見つけましょう。

今一番読まれている記事

「彼氏いない歴2年」の友達にいつの間にか彼氏が…! その理由がすごかった

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー
  • HOME
  • Pairsコラム
  • 婚活
  • 婚活サイトで失敗しないために!利用する前に知っておきたいことまとめ